うつ病日記2005年4月分

4月1日

 昨晩家についてから何となく気分が沈んだ感じがしていた。いつもだと自宅に戻ってくるとほっとするものだが。母に言われた一言が少々効いているのかも知れない。

 寝付きはよかったが朝の眠りの浅さは相変わらずだった。しかもくしゃみをしたい状況が続くので余計にその眠りの浅さが不愉快に感じた。

 朝目覚めたのは 8 時過ぎ。昨日とは逆に抑うつ感を感じる朝だった。起きてしまい、洗面、朝食と続くにつれ抑うつ感は薄まってきたが、昨日のようなさわやかな気分にまで至ってはいない。

 FM ラジオをつけると春の番組改編ということで毎朝聞き馴染んでいた女性アナウンサーの木島京子さんが今日を持って番組卒業であることを知る。さびしいものである。陽気な女性で朝起きるのが楽しかったものなのだが。ただこの 1 年は朝起きるのが辛かった為、その陽気さが少々鬱陶しく感じられたのが残念である。

 起きたはいいが、鼻水が止まらないのと、何となく意欲がないので、午前中はまたベッドにもぐりこんでいた。実際眠り込んだわけではないが、ベッドの中にもぐりこんでいるとほっとする。しかしベッドの中に入っているとお腹の調子が悪くなってくるし、となかなか落ち着かない。

 昼前にいつものように買物に出かけた。今日も徒歩で駅まで向かう。意欲がないのに歩くというのも変だが太陽の光にちゃんと浴びたほうがいいと思って歩きにした。残念ながら気分がよくなるところまで持ち上がってこなかった。

 昼食はいつものようにお腹がすいていなかったがチェーン店のカレー屋に入った。レギュラーサイズを食べただけで胃もたれがする。食事が終わって会計を済ませる前にトイレに行って戻ってきたら、席の食器などが片付けられていて、花粉対策のマスクもごみ扱いで片付けられてしまった。帰りはマスクなしで大量花粉飛散の中歩いて帰らないのかと思うと相当憂鬱になる。

 案の定帰りは鼻水が垂れかけていた。出来るだけ鼻で呼吸しないように努力していたがどれほど効果があったか。帰りながら今日の調子はどうだったのかな、と考える。朝は抑うつ感あったよな、昼はまあ安定しているけどそのレベルは低いよな、とか考えていた。

 家に帰ってしばらくするとなぜか心地よい気分になってきた。歩いたのがよかったのか。

 その後は FM ラジオを聞きながらぼーっとインターネットを見ていた。最近マッサージを受けたいな、と思っているのだが、つい値段に躊躇してしまっているのでインターネットの体験談を見て気分だけでもマッサージを受けたような気になっている。そういう心地よい思い出とか楽しい思い出を思い出すのもうつ病の治療にはいいそうである。

 夕方また寒気が襲ってくるので部屋着の上にガウンを羽織ってしまった。相変わらず自律神経が狂っているようだし、体を冷やすというコーヒーを飲んだせいかもしれない。

 今日の夕食は小あじのから揚げとザーサイ。お腹はすいていないがまあまあ食べれる。それよりビールがようやく美味しく感じられるようになって来た。ビールも体を冷やすそうだが。

 

4月2日

 昨晩も食後胃もたれが激しかった。若干吐き気も感じていたように思う。ルボックスの副作用だろう。ひどい人になると吐き気のためにルボックスの服用ができない人もいるらしいが、僕の場合そこまではひどくない。まあ我慢できる程度である。

 いつものように就寝前に小説を読んで寝ようとしたとき、上の階の部屋から音楽が聞こえてきた。何かのロックの CD だろう。ドラムとベースの音が気になるくらいの音量で、少々就寝の邪魔になった。寝付けないとまた考えなくてもいい事を考え出してしまう。ただ悲観的な考えでなかったのが幸いだった。

 昨日花粉症症状悪化を抑えようとセレスタミンも服用していたのが効を奏して早朝の眠りの浅さを感じなかった。目覚めかけたときも幸せな気分で起きれた。

 起床後はこの日記を最初から読み返してみた。途中読み飛ばした部分もあったが、読んでいるとやはり病気なんだなと実感する。もちろん日によって調子が違うし波もある。良くなったかと思えば逆に落ち込んでいく。客観的に見ると良くなっているのだか悪くなっているのだか良く分からなくなってきてしまった。日記はその日その日の状態しか書いていないから長期的な視点であまり書けていないなと思う。何を持って復調しているのかが良く分からない。

 今日も足元を中心に寒気がしている。もちろん風邪ではない。昼食を食べても体が温まらない。今日の昼食は昨日のうちに買っておいた寿司弁当で量もそんなにないからちょうどお腹にいい。

 午後病院に出かける前に少しだけ「スタートレック」の特典映像を観てみた。集中力的には今ひとつで 15 分程度のメイキング映像 2 本観たら飽きてしまった。

 今日のメンタルクリニックへの通院も歩いていくことにした。そんなに億劫感もなかったので散歩気分で出かけたほうがいいと思ったからだ。血行も良くなって寒気が和らぐだろう。

 クリニックではここ 2 週間のことをいつものように話した。今回は出かける前にじっくり自分の日記を読んでいったから大体言いたいことは話せたと思う。今回はルボックスの服用量が増えた。朝晩 2 回の服用は同じだが、錠剤の量が倍になった。まあこれは当然予期していた。坑うつ剤は副作用に耐えられる範囲内で処方する量を多くしたほうが効果的らしい。それと今回も「生活のリズムを崩さないように。」ということと「好きなことをしてください」ということ、「運動できるときは軽い運動をしてください」ということを言われた。生活のリズムといっても昼夜逆転のリズムにしないようにということなのでそれについては何の問題もないだろう。

 「次回の診察はどうします?」と尋ねられたのでいつものように 2 週間後にしておく。会社に行っていないのでストレスが少ないから大丈夫だろうと思った。後は昼間の集中力とか意欲がどう戻ってくるかだと思う。これは結構時間がかかるのではないかと思っている。

 夕食を食べながら TV を見ていた。いつものように美味しい回転寿司特集とか、旅物を見ていた。今日は多少内容に興味がわいたみたいで少し「あの寿司食べてみたいな。」とか「いい値段しているよな。」とか思っていた。

 

4月3日

 昨晩も寝る前に小説を読んでいた。「終戦のローレライ」の前半のクライマックスでいいところだったのだが、時間が 23 時を迎える時点で読むのを止めてベッドに入った。

 今朝も眠りは浅くなった。眠りが浅くなると感覚的には寝た気がしない。朝は廃品回収業者の声で起きた。起きるのは少々しんどかったが起きてしまうと体は動かせる。外も晴れていて少し気分が持ち上がってくるのを感じる。今日は久しぶりに洗濯、掃除をした。花粉が入ってくるので窓は開けたくなかったがどうしても最小限開けざるを得ない。案の定その後症状が悪化した。早速セレスタミンを服用する。頓服でもらったはずなのに何か服用回数が多いような気がする。

 小説の続きが気になるので掃除の後読み始める。最初は FM ラジオをつけながら読もうとしたが、やはりラジオに気を取られてしまい集中できないのでラジオは消してしまった。小説のみに集中出来たお陰で昨晩のクライマックスの続きを一気に読むことが出来た。しかしこの小説、まだ後半がまた異常に分量があるのでラストまで時間がかかりそうである。

 昨日 TV で「マトリックス」を放送していたので今日は「マトリックス リローデッド」を観たいなと思っていた。そこで買物は原付自転車で出かけた。外はとても心地よく、一瞬どこかに出かけたくなったが、 DVD を観る気力があったので今日はそちらを優先させた。今晩から天気が悪くなるとのことで最初明日の食料も買おうかと思っていたが、いざスーパーに行くと明日のことまで考えたくなかったので止めてしまった。明日天気が悪ければ近所のコンビニに行けばいいだけである。

 午後からは予定通り DVD を鑑賞した。実際鑑賞してみると、まだ少々集中力と理解力に欠ける部分があって英語字幕の理解が低いところもあったが、それでも 138 分という長さの作品を一気に観る事は出来た。実はこの作品、既に一度 IMAX シアターで日本語吹替え版を観ているからストーリー自体は知っていた。それでも改めて観てみると少し印象が変わるようである。IMAX シアターとはよく万博などのイベントで登場する超巨大スクリーンのことである。普通の映画のフィルムの 10 倍大きいフィルムを使いビルの 5 階建て程度の高さのスクリーンに映像を映し出すのだからその迫力たるや想像を絶する。まさに映画の中にいるかのような感覚を覚えるのである。その印象が強いから自宅のホームシアターシステムでは少々さびしい感じがした。

 映画を観終わるといつものようにレビューを書く。今回も好き勝手に書いているだけだが「スタートレック 5 」のときより書きやすかったような気がする。コーヒーを飲みながらレビューを書いていると気分も良くなってくる。FM ラジオの番組がつまらなく頃でもあったので久しぶりに PC の iTunes でポップミュージックを聞く。最初は気分がよかったが聞き始めて 30 分ほどで早くも飽きてきた。ランダム再生にしたのが失敗だったかもしれない。

 18 時からはいつも見ている旅物の TV 番組を見た。今日は大阪食い倒れの特集で、番組前半はたこ焼きなどが映し出されていたのでお腹が空いてしまった。ようやく食に対する関心が少し戻ってきたみたいである。ただ後半の焼肉のほうはあまり関心をもてなかったけど。

 ちょうどお腹も空いたので夕食を食べる。ビールも美味しく飲むことが出来た。そろそろルボックスの副作用が収まってきているのかもしれない。

 夕食後は TV もつまらないので消してしまい、再度 iTunes で MP3 サウンドを聞く。今度は自分が聞きたいと思う曲だけを選択して聞くことにした。これだとあまり飽きも来なくて済む。ラジオもつまらないからちょうどいいかな、と思う。

 

4月4日

 昨晩も寝る前に小説を読んでいた。寝る前に「ちょっと今日は疲れたな。」という感じを持った。映画を観て、小説を読んで、という頭を使うことをしたからだろう。寝付きも良かった。

 例により今朝も眠りは浅くなる。かなり浅い眠りを感じていたので時計を見るとまだ 6 時半だった。その後も 1 時間ごとに目が覚め、起きたのはいつものように 9 時少し前。眠剤の影響もあると思うが毎日 10 時間近く寝ていられるのが不思議である。

 不思議といえば今朝起きて FM ラジオを聞いていると平日の朝にのんびりしていることに何か違和感を感じた。いつもなら当然会社に行っている時間である。ここ 2 週間時々そういう思いが頭をかすめることはあったが朝一番でそういう気持ちになったのは初めてである。大体そういう気持ちになるのは昼間スーパーに買い物に行くときだからである。

 昨晩雨が降ったためか今日はとても寒い。冬に逆戻りしたかのようである。買物に出かけるのにどうしようかなと思ったが、今日も原付自転車にした。寒いので歩く気にならなかった。また暖かくなってから歩けばいいだろう。

 昼食もどうしようかなと思ったが寒いので暖かいものをということでラーメン屋に。前に一度入った評判の良くない店に再度入る。やはり 2 度目に食べてもいまいちの店である。某掲示板では「ワニですら吐くくらいまずい」とか言われているらしい。それでもつぶれないのはまあリピーターがいるんだろうな、と思う。

 食後は満腹になったので本屋によって立ち読みをする。買い物に行くとき毎日本屋に寄っているのだが、飽きない。元々本好きだったからだろう。昨日も本屋に寄って「終戦のローレライ」後半 2 巻を買ったところである。その本屋で藤臣柊子さんの本も見つけたが、文庫じゃなくて単行本だったので「終戦のローレライ」を読み終わってから手を出そうと決めた。

 家に帰ってきてからは DVD を観る。「スタートレック」のメイキング映像をまだ観終わっていなかったので今日はそれを観るか、という気になったのである。最初はあまり面白みを感じていなかったのだが、観ているうちに面白みを感じてきて、結局最後まで観てしまった。一区切りついた気分である。

 夕方、太陽が顔を出してきて部屋の中に光が差してきていた。光が顔に当たり心地よくなってくる。日光に当たるというのは本当にいいものである。夏はちょっと勘弁してほしいけど。

 夕方になって便意を催してきて何回かトイレに行ってしまう。便秘であるよりはいいけど、トイレに行く回数が多いのもなんだかなと思う。

 夕方のニュース番組を見ながら夕食を食べる。どのチャンネルを見ても似たような特集をやっているので面白くない。「ラーメン特集」とか、「主婦のお薦めレストラン」とかそんなものばかりである。食に興味がないわけではないが、ランチに 1,500 円をかけるような店を紹介しているのを見ても「高いな。」とかしか思わない。サラリーマンなんかやっていると会社の食堂でも 4 - 500 円、外食でも 1,000 円以内が普通だろう。何か感覚がずれているなとか思ってしまう。

 そういいながら自分が食べている夕食はといえばナスの肉詰めあんかけとキャベツだったりするので割と質素である。それでも十分お腹はいっぱいになるし、不満はない。

 

4月5日

 昨晩は夕食後目が痒くなってかなり厳しかった。早めにシャワーを浴びて目の中に浮いているであろう花粉を洗い流す。

 寝付きも悪かった。中途半端な鼻詰まりと何となく垂れてくる鼻水に苦しめられた。そしていつものように眠りが浅くなる症状も発生した。一度 7 時半に目覚めたが、そのままベッドの中にいた。実際に起きたのは 8 時 40 分ぐらいである。9 時過ぎて起きるのと 9 時前に起きるのにはわずかな差だが気分的にはゆとりが出来る。

 起きて洗面を行なっているとき一瞬憂鬱感が襲ってきた。「今日何をしたらいいんだろう ? 」と。その憂鬱感はすぐに過ぎ去ってくれたが。外は今日はいい天気で少し気分がよくなる。朝しっかりと明るい外を見るのは大切なようだ。

 今朝も鼻水が止まらず辛かった。またセレスタミンを飲む。もう抗アレルギー剤のクラリチンだけでは症状を抑えられなくなっているのだろう。今年の花粉飛散量は既に当初の予想を大幅に超えてしまい過去最悪の状況だそうである。そのせいで症状が悪化しているのだろうと思う。会社に行っていないだけ抑うつ感を感じないのが幸いである。これで通勤していたらかなり苦痛だったのではないかと思う。

 天気がいいので今日も花粉症対策をして散歩に出かける。しかし相変わらずの鼻詰まりと鼻水のせいで気分がよくなってこない。それでも河川敷をぶらぶら歩いているとなんというのか知らないが小さな白い花をいっぱい咲かせた植物を見かけて春らしい気分になってくる。

 散歩に出かけると大体昼食時間をはさんでしまうのでここのところ外食ばかりである。大体500円前後を目処に昼食を探しているのだが割と選択肢は狭くなってしまう。今日は中華丼を食べた。どうしても野菜不足になりがちだからちょうどいいのではないだろうか。食事中だけは鼻づまりも解消されていた。

 家に帰るときも最初のうちは鼻づまりがなかったのでかなり心地よい気分を感じていたのだが途中から鼻づまりが復活し、その心地よさもどこかに行ってしまった。

 最近妙に餡子物が食べたくてしょうがないので今日はこし餡団子を午後のお茶菓子に食べた。そういえば散歩の最中コンビニの張り紙を見ていたら昨日はアンパンの日だったそうである。いろいろな日があるなと思ってしまった。

 鼻づまりは夕方になっても続き気力をそがれる。もっとも巨大掲示板 2 ちゃんねるをのんびり見ているだけなので我慢できるが、いやなものである。元々僕の鼻の構造上、鼻づまりを起こしやすい体質になっているらしい。鼻腔が曲がっているのだそうだ、耳鼻科の医師に言わせると。

 不思議と夕食時付近になると鼻づまりが解消される。何なのだろう。食事もまずまず食べることが出来る。口で息をするから喉も少し痛くなっているのでビールの炭酸が心地よい。

 夕食後 2 ちゃんねるで自分の会社の裏事情を見ていたらうつ病で会社を休むと復職するのに時間がかなりかかるのでうつ病で休まないほうがいいという書き込みがあった。休職時に話は聞いていたが、社内の復職判定委員会の判定がないと復職出来ないらしい。医師の診断書では 4 月いっぱいの休養を要す、と書いてもらったが実際どうなるのだろう。何となく不安感を感じてしまった。もっとも簡単な内容でも日常業務に耐えられないようでは復職も何もあったものではないが。ここのところ抑うつ感はあまり感じていないので気力と思考力、対人折衝力(というか他人と会話したいという意欲)がどれだけ戻っているかだろう。

 

4月6日

 昨晩眠りに入るときにふと考え事をしていた。別に悲観的なことではなく、小説を読んでいてふと感じた日本のあり方に思いをはせていたのである。こういう思考が出てくること自体また少し脳が回復をしてきているような気はする。抑うつのときはそんなこと考えていられないし。この日本のあり方については小説をすべて読み終わったときに何か見えてくるような気がする。

 今朝も少し早く眠りが浅くなる。誰かが出勤する音で意識が戻る。時計を見ると 6 時半。さほど早い時間ではない。そのまま寝てしまい、次に意識が戻ったのは 8 時過ぎだった。意識は戻るのだが体が動かない。脳の一部だけ眠りから覚めたような感じである。それでも意識の力を利用していつもより早めに起きてみる。

 いつものように朝食、薬の服用を終えると佐野元春のファンクラブ会報誌を読む。小説だとラジオとか TV がついていると集中力を欠いて読めないが、会報誌はラジオを聞きながらでも読めた。内容の差もあるのだろうが朝から文字を読む気になっているのがちょっと驚きである。

 今朝も鼻水は止まらず、ティッシュペーパーが手放せない。鼻づまりがないだけ楽だが、それで不愉快であることには変わりない。

 今日は 30 分いつもより早起きしたので、日中の散歩も 30 分早く出かける。部屋の中は何となく寒かったが、外に出るととても暖かい。天気予報によると今日は 5 月下旬の気温になるそうだ。

 出かけた時間は早かったのに、歩くスピードが遅かったのか、駅前商店街に着いた時間はいつもとそう変わりない時間になってしまった。ちょっと足腰も重い感じがする。たかだか 2km 程度しか歩いていないのだが。

 ここの所ずっと頭の中にあったマッサージを今日は受けてみることにした。とあるマッサージ店がお試し価格 15 分 1,000 円でやっていたのでそれだったら受けてみようかなと思ったのだ。ただお試し価格というだけあって全身ではなく局部マッサージになるということなので肩と首を中心にやってもらった。首周りをお願いしたのは脳の活性化を狙ってのことである。首を回すだけでも脳内のセロトニンの増加が見られるそうなので坑うつ効果が期待できるかなと思っていた。

 マッサージを受けている最中はそんなに心地よい感じを受けなかったのだが、実際終わってみると肩と首周りがとても軽い。逆に腰から下がとても重く感じるようになっていた。マッサージの効果はあったみたいである。

 午後のお茶を飲みながら「スタートレック・ディープスペースナイン」の第三シーズンの第一話を鑑賞。少しずつ集中力が戻ってきているのか、話にはのめり込めるし、日本語字幕の後ろで聞こえてくる原語(英語)も何となく理解できる。今日のストーリーはなかなか面白かった。

 そろそろ夕飯でも食べようかな、とキッチンに行ったら炊飯器のスイッチを入れるのを忘れていたことに気づいた。どうしようか考えたが、1 時間ぐらい夕食の時間が遅くなってもいいかと思い、しばらく待つことにした。しかし、お茶の時間に炊飯の準備しているのに最後のスイッチを入れるのを忘れるとは。ちょっとお間抜けさんである。

 

4月7日

 昨晩はかなり早くシャワーを浴びてしまい、小説を読み始めたら 1 時間半近くも集中して読んでしまった。集中できるようになってきたのはいいが、それが脳の興奮を呼んでしまい、寝付きがまた悪かった。寝付きが悪いときは大体いろいろな考えが浮かんでくるものだが楽しい空想の域の思考だったので幸いである。

 今朝も少し眠りが浅くなったようだがあまりはっきりと覚えていない。最初に目覚めたのは 8 時過ぎ。相変わらず起きたくないなという気分を断ち切ってそのまま起きてしまう。起きてしまったら特に憂鬱感を感じなかった。

 いつもなら昼食後 PC に向かってネットを見たりしているのだが、小説の続きが気になったので今日はそちらにする。やはりラジオをつけながら読もうとすると気が散るのでラジオも消してしまい、作品に没頭した。ただいつものように朝は鼻詰まりと鼻水が止まらないので集中力という点では夜読むときに比べ落ちているのは否めなかった。作品に対する快楽という点も多少落ちているようだ。どうも朝は駄目なようである。それでも第三冊目まで読みきった。ラスト一冊である。

 いつもなら昼は散歩するところなのだが、今日は散歩する気分になっていなかったので自転車に乗って出かけた。せっかくなので桜を見に行く。ここ 2 日間の気温のせいか満開に近くなっている。桜の木のトンネルを潜り抜けながらゆっくりと桜を鑑賞する。ただ以前だったら桜を見ると感じる心のざわめきが今回は起きてこなかった。美しいなとは思うのだがそれが感動の域に達してこない。そんな感じだった。

 いつものように昼食を食べ(今日はハンバーグ定食 500 円)ワイパックスを飲むと何となく心地よい気分になってくる。食事前に日光に 1 時間近く当たっていたことも関係あるのかもしれないが、何となく鬱陶しく感じていた午前中とは気分が変わってきたようである。もう少し自転車でどこか行こうかとも思ったが風が強く目がごろごろするのと相変わらずの花粉症状の為、早めに自宅に戻った。

 午後のお茶とともに今日もまた「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞。昨日のエピソードの続きなので間を空けないほうがいいかなと思って観ていたが、昨日ほどにはのめり込めず。

 夕方になるにつれ花粉症の症状が悪化し、気分が抑うつのほうに引っ張られる。目薬を指しているにもかかわらず目は痒いし、右鼻は鼻づまりを起こしたまま。それなのに鼻水は止まることがない。昼間の突風で相当量の花粉が飛んだのではないかと思う。

 夕食はメカジキの照り焼きとトマトを食べた。食事自体は最近それなりに楽しめるようになってきている。

 夕食が終わる頃電話が鳴るので出てみると母からだった。「調子はどう?」と聞いてくるので「まあまあだけと花粉症の症状のほうがひどい。」と返事しておく。まあ普通の親からすれば心配でしょうがないのだろう。ちゃんとした病気であるにもかかわらず一番理解されにくい病気なのだから。そういえば父に渡した「うつを治す」、読んでくれたかな、と思う。とても分かりやすい本だと思うのだけど。いくつかのサイトでもそのような評価がされているようだし。

 

4月8日

 昨晩、夕食後に更に花粉症の症状が悪化した。ネットサーフィンすら辛いくらいでどうしようもなかった。早めにシャワーを浴びて顔に付着しているであろう花粉を洗い流すがそれだけでは症状は治まらない。結局セレスタミンを服用した。

 セレスタミンの効果が出たおかげか寝付きは悪くなかった。朝は一度 5 時半に起きてしまった。いつもの眠りの浅くなるタイミングにトイレに行きたくなる欲求が強く出てしまったためである。トイレに行った後は再度ベッドに入るがその後はあまり深い眠りにはならなかった。最終的に起床したのは 8 時半である。昨日の朝に比べると悪い気分ではなかった。やはり少し昨日は抑うつ状態だったのかなとも思う。ラジオから流れてくる洋楽を聞いていると少しご機嫌な気分になってくる。自分の好きな曲だったせいもある。

 更に耳が痒かったので耳掻きをすると快くなってくる。気のせいか鼻づまりも一時的に解消されるみたいだ。ふと耳掻きしながらネットで「耳掻き」と検索してみるとまあいろいろ出てくる。耳掻きの歴史だとか、様々な種類だとか。本当、インターネットって便利だなと思うときである。

 今日も 11 時ごろから軽い運動をする。昨日に引き続き自転車でゆっくりと体を動かす。暖かいので心地よいが今日も少々風があるため目にくる。今日も桜並木を眺めながらのんびり 1 時間ほど走った。

 昼食後は珍しく図書館で軽く読書をした。精神科医の林公一氏の「うつ病の相談室」という本を見つけたので読んでみたのだ。本自体は患者の質問に対して回答する形式となっているので読みやすい。ただしうつ病全体をきちんと説明した本ではないので注意は必要かもしれないが。

 図書館だと椅子があるので本屋で立ち読みするのに比べるとはるかに心地よい。せっかくの公共施設、積極的に利用するのもありかもしれない。僕自身はあまり感じていないが、サラリーマンがうつ病などで休職して自宅でぶらぶらしているのに抵抗感を感じる人も多いと聞く。そういうときには図書館とか博物館見学はありだと思う。もちろん意欲があるとき限定だが。

 今日も花粉は良く飛んでいたようだ。自宅について鏡を見たら目が充血していた。早速目薬を差しておく。

 今日も夕方に「スタートレック」を鑑賞した。最初観るのどうしようかな、と若干の億劫感を感じていたのだが、爆笑コメディのエピソードだったので楽しく観る事ができた。

 今日は今年最初の夏日を観測したとのことで部屋の中も暑いくらいであるが、窓が開けられないのが辛い。スギ花粉が収まるまでまだしばらくかかりそうとのニュースもあるし、辛い日々が続きそうである。

 夕食が終わってしばらくするとまた電話が鳴った。また実家からかなと思ったらその通りだった。今日は父からだった。わざわざ 2 日続けて別々にかけてこなくても、という気もするがよっぽど心配らしい。アルコールの影響で鼻づまりがひどくなっているから会話をするのも一苦労である。

 電話の内容はこちらの調子がメインだったが、弟の話も出てきた。また転職するらしい。これで何回目だろう。ある面動きの軽い弟がうらやましくなるときがある。

 

4月9日

 昨晩時間を経るにつれ花粉症の症状がひどくなっていった。ビールを 1 缶しか飲んでないのに症状の悪化に拍車をかけていたようで、ネットサーフィンをするのですら苦痛になってきた。いつもならシャワーを浴びた後小説を読んで寝るところだが、そんな気力すらなくなっていた。「早く横になりたい。」という思いだけで早々にベッドに入った。もちろんセレスタミンと眠剤をちゃんぽんにして服用した後である。

 睡眠の質も悪かった。途中腕を中心に寝汗を掻き、鼻呼吸が出来ないから口呼吸をしているみたいで喉を痛めてしまった。朝は一度 8 時前に意識が戻ったが当然起きれるわけもなく、次に意識が戻ったのは 9 時。抑うつ状態のように起きれなさそうだったが無理して起きた。とにかく薬ぐらいは飲まないと。

 起きたはいいけどやはり花粉症の症状のせいで抑うつ気分が強い。何もしたくない気分だったので、今日は寝逃げの日に決めてしまう。午前中は 1 時間ほど再度寝てしまった。

 今日は内科に診療に行く日だったので昼前に医院に行き診療を受ける。いつものように抗アレルギー剤等もらってくる。その後ざっと昼食まで含めた買物をしに駅に出る。今日はもう運動する気もなかったので原付自転車を使った。原付自転車も時々動かしておかないとエンジンの調子が悪くなるからちょうどいいところだろう。

 家に帰ってきて昼食を食べた後は予定通り昼寝である。昼寝はちょっと寝すぎた。薬の影響とちょうどいい気温のせいだろうが 2 時間も寝てしまった。昼寝は 1 時間以内にしておいたほうがいいらしい。夜の睡眠に影響が出てくるからだそうだ。

 起きた後はコーヒーで眠気覚ましをする。ようやく PC の前に座ってネットを見ようという気力ぐらいは戻ってきたようだ。ただ昼にセレスタミンを飲んでおいたにもかかわらず鼻水、鼻づまりは解消しない。症状自体は軽くなっているもののやはり少々不愉快である。

 鼻づまりが不愉快なので今日医師に行って処方してもらった点鼻薬を早速噴霧してみる。効果てきめんである。鼻づまりが解消された。

 夕方掲示板でガンダムネタの投稿を見ていたら何となくガンダムを見たくなってきた。夕食時にいつも見ている旅物番組が特番でなくなっているのもあって映画版のガンダムをレーザーディスクで見る。いい歳してという気もするけど、やはりガンダムは面白い。富野監督独特の世界観が作品に反映されているからただのロボットアニメになっていないと思う。今年はシリーズの一つである「機動戦士 Z ガンダム」が再編集されて映画版になるそうだから実はひそかに楽しみにしている。

 夕食は今日はちょっと美味しいとは感じられなかった。昼もそうだったし、昼寝も体調回復にまでには至らなかったようだ。

 

4月10日

 昨晩 Yahoo! NEWS を見ていたら今年の花粉飛散はゴールデンウィーク辺りまで続きそうだとの記事を見て、愕然とする。まだしばらくは辛い日々が続きそうだ。幸い昨晩はあまり症状が悪化しなかった。外出を控えたりしたせいもあるのだろう。

 散々昼寝したので寝付きは多少悪かったが、思っていたほどではなかった。その代わりしばしば眠りが浅くなった。掛け布団の調整も難しく少し暑かった事もある。

 朝は 8 時半に目覚める。いつものように意識は目覚め始めているのに体は寝ている。意識的に起きないと起きれないようである。

 今日は若干意欲の弱さが残っているようだが、昨日ほどひどくはないようだ。普通にネットも見れる。多分今日が桜の見納めだろうと思ったので、川崎市内では桜の名所のひとつに上げられている生田緑地までサイクリングをしに行った。

 外に出ると今日も風が強いのでまた先日のような花粉症状悪化を心配する。

 生田緑地の桜は山の頂上にあるので少し山登りをする。幸いなことに杉の木は植えられていないので気分的に楽である。頂上の桜は見事だった。風も強いため花吹雪が美しく、ほんの少しだが心が揺さぶられた。頂上ではあちらこちらで宴会が広げられている。宴会には興味ないのでしばらく桜を楽しんだ後、生田緑地を後にした。

 昼食後、今日の夕食はどうしようかな、と考える。明日は雨なのが確定的なようなので久しぶりに野菜炒めを作ってみようかと考えた。野菜を買うとちょうど 2 回分になるからである。それにスーパーの惣菜も少々飽きてきた。肉だけは豚と鶏肉と多少変えてみた。

 夕方はいつものように「スタートレック」鑑賞。本日は少々英語の聞き取りが出来ていなかったが、ストーリー的には楽しめた。

 夕食は予定通り野菜炒めをおかずに作った。肉は鶏肉を使い、味付けにキムチソースを使った。考えたら本当の自炊をしたのも久しぶりである。とにかくここのところは手間を少なくしようとしていたからである。食器洗いすら少なくするように手がけていたぐらいだから。久しぶりの野菜炒めはなかなか美味しかった。ただキムチソースの味付けのお陰で汗を掻いてしまったが。

 

4月11日

 昨晩は寝る前かなりの胃もたれを起こしていた。いまさらルボックスの副作用でもないだろうし、食べ過ぎかなとも思ったが野菜炒めだと野菜がメインだから思ったほど量もないはずだし、思い当たる節がなかった。

 今朝も早朝眠りが浅くなる。新聞配達のバイクの音を聞いたから 4 時か 5 時だろう。続けて 6 時 52 分にトイレに行きたくなり起きてしまう。汗でパジャマが濡れていて気持ち悪い。そのせいでいつもなら再度寝るところだがそのまま起きてしまった。普段会社に行っていればこの時間に起きているところである。その分眠い。

 早起きしてしまった為、珍しくネットで新聞社のサイトを覗いて見ることにした。最近ニュースで話題になっている中国の反日デモとかの詳細が知りたくなったので検索エンジンでニュース関係の記事を探す。どうも今回の騒動は政治的パワーバランス、特に国連への日本の常任理事国入りが気に入らないようだ。韓国との竹島 / 独島問題といい、近隣諸国といろいろややこしいことになっているような気がする。

 しばらくニュースとか読んでいると眠気が増してきてしょうがなかった。抑うつ気分ではなかったからどうも眠剤の効果が残っているのだろう。部屋の掃除をしたかったが雨が本格的に降ってくるまで待ちたかったので一眠りしてしまった。結局睡眠時間としてはここのところの睡眠時間と変わらなくなってしまった。

 昼少し前に目覚めると雨が本降りになっていた。少しふらつく体で窓を全開にして部屋の掃除を始めた。雨が降っているということは花粉の飛散量がかなり少なくなっているはずだから部屋の換気と埃等の掃除には理想的なはずである。あちらこちらをはたきではたいた後、掃除機で床を吸い取る。これで理論上は部屋の花粉も減ったはずである。

 続いて眠気が抜けないまま昼食に突入。自宅で昼食をとるときの定番、蕎麦とおにぎりで済ませる。食事をすると眠気も取れてきたみたいだ。

 雨も降っていることだし、今日は映画の DVD を観るか、と思った。今日手に取ったのは「X-MEN2」。アメコミ物の映画化である。この作品もサマーシーズンムービーということもあって理屈抜きに楽しめた。少々ラストシーン辺りで集中力が切れた気もするが、まずまず自分の趣味が楽しめたところでよかったと思う。最初は午前に続いて昼寝に入ってしまったらどうしようと思っていたくらいである。

 ただし夕方は少々疲れが出たみたいで PC に対する興味が少し低下していたようである。

 夕食は予定通り野菜炒めを作った。今日は中華味風味にしてみたのと、豚肉を使ったところが昨日と違う。TV を見ながら夕食を食べていたが、TV では大食い選手権なるものを放送していて、挑戦者の食の太さに唖然としてしまった。先日書いたように下手するとたこ焼き 8 個でも今の僕には十分なのに、TV に出てくる挑戦者は 180 個も食べるのである。見ていて食欲無くしそうだった。

 

4月12日

 昨晩は珍しく 22 時から少しだけニュースを見た。小説を読もうかと思っていたら最初のニュースで反日デモのことやっていたのできょっと興味深くなったのである。TV でデモ映像を見ていると事態の深刻さが伝わってくる。ネットでニュースを見るときより理解しやすいかなと思った。その後はいつものように小説を読んだ。

 睡眠の浅さはいつもより少々多かったように思う。最初は多分早朝だったと思うが、その後、誰かが出勤する音。子供が小学校に通学するときの話し声。そんな声も聞こえてきた。何となく寝た気がしなくなる。

 起床時間はまたいつものように 8 時 50 分。そろそろ少しずつ起床時間を早めないとまずいかなという気がしている。実は先週と今週の月曜日、朝起きたときに妙な違和感を感じていた。「今日は会社に行く日なのに休んでいる。」という違和感である。入社以来ずっと「月曜日は休みを取るな。」と上司に叩き込まれてしまっているためその感情が出てきているようだ。休職し始めの頃はやはり脳が疲れていたせいかそんな心境にはならなかったのだが。

 今日の天気は雨こそ降っていないもののいつ降り出してもおかしくない状況である。しかも寒い。いつもの散歩をどうしようかなとも思ったが、出来るだけ軽い運動はしたほうがいいので、買物だけのために歩いて駅まで行くことにした。念のために折り畳み傘を持って出かけた。案の定行く途中から霧雨が降ってきだした。微妙なところだが早速傘を使うことにした。

 そんな状況だから昼食をとって買物を終わらせると早々に家に帰宅した。帰宅してしばらくしたら雨は本降りになってきた。タイミングは良かったなと思った。

 今日も午後のコーヒーを飲みながら「スタートレック」を鑑賞。集中力はあったのだが途中郵便局からの配達を受け取るために一時停止してしまったため、その後の集中力が若干欠けてしまった。

 届いた荷物とは、先日注文した輸入盤 DVD だった。今回の注文は娯楽作だけを注文していた。抑うつ状態の時にはあまりまじめな作品は観たくないものである。まじめな作品にはいい作品も多いのは知っているのだが。

 夕方はだらだらとネットを見つつ御飯を炊いて夕食の準備をした。ちょっとネットを見るのも飽きた感はある。

 夕食を食べながら TV のチャンネルを回す。どの局もろくな番組を放送していない。たまたま BS を見てみたらプロ野球の中継を放送していた。プロ野球には興味なかったが、画像の美しさに思わず見とれてしまっていた。霧雨が降り続いているのがはっきりと見えるのである。映像の再現性のよさに多少の感動をしてしまった。些細なことだが、こういう感動を感じられることが大事な気がする。

 

4月13日

 昨晩も夕食後少々鼻の調子が悪化する。花粉の飛散量とは関係なく鼻の機能がいかれてしまっているみたいである。多少の集中力を欠いたままネットを見たり、小説を読んだりして過ごした。

 寝付きも当然鼻水が何となく出てくるため良くない。鼻詰まりになりそうでならないところが厄介である。

 今朝も早朝眠りが浅くなる。久しぶりにその時間当たりに夢を見た。どうも小説の影響が夢の中に出てきているようだ。今朝の眠りの浅さは割とはっきり出ていて、7 時前にトイレに行きたくなったこともあって目が覚めてしまった。再度ベッドに入っても鼻水が止まらないのでそのまま起きてしまった。

 早く目覚めたのでごみを捨てに外に出る。水曜は週一度の缶やペットボトル回収日なので忘れると部屋の中がひどいことになってしまう。今日も天気は一日中良くないようだ。霧雨が降っていた。

 朝食後は昨日届いた DVD チェックを行なった。朝一番からそんなことやる気力があるのも不思議だが見ていると思わず見入ってしまう。いつもなら朝はぼーっとしているのだが。

 昨日の買物で一つ買うものを忘れていた。どうしようかと思ったが、寒いし霧雨も降っているので駅まで出るのは諦め近所のコンビニに出かけた。ほんの 10 分かそこらの外出なのに鼻水が鼻から垂れてくる。朝にセレスタミンも飲んでおいたのに。

 朝が調子良かったのと天気が悪かったこともあったので今日も午後から DVD を観ようかな、とソフトをプレイヤーに入れたのだが、やはり眠気が襲ってきたので観るのを止めにしてしまう。ベッドにもぐりこんで寝ようかと思ったが付けっぱなしにしていた TV の会話が面白くて寝るに寝れない。"みのもんた"の人生相談がちょうどそのときの番組だったが親身になっているんだかなっていないんだか、しょせん他人事だよな、と思ってしまった。

 そんな状態のとき、会社の T 課長から TEL がかかってきた。話によると会社内で携帯を持てるのが部長クラスだけに制限がかかってしまったらしいので僕に支給されている携帯の契約も解除するというものだった。別に普段内勤で携帯はほとんど使ってなかったので解約には異存がなかったが、新年度早々そんな施策を打ってくるとは会社の状況は相変わらず悪いようだ。下手すれば今年も追加リストラ策を打ってくるかもな、とふと思った。

 その電話を受けたあと今度こそ昼寝に入ってしまった。起きてみると 1 時間半寝てしまったことに気づいた。この前もそうだったが、朝の起床時間を日常生活に近い時間に設定するとどこかで帳尻合わせのように寝てしまい、結局毎日 10 時間ほどの睡眠をとってしまっていることになる。もし何の問題もなく 5 月の連休明けから職場復帰したとしてもこれでは少々まずいかも、と思い始めた。その前にメンタルクリニックの医師の診断書と、会社の産業医との面談による復職判定がスムーズに行ったとしての仮定だが。

 起きてからはコーヒーを飲んで眠気を取り、小説を読み出した。長かった「終戦のローレライ」もラストを残すのみとなっていたので一気に読んでしまおうと思ったのだ。ラストまで読み終わって今の日本に対する問いかけをされているような思いに駆られた。エンターテインメント作品なのにもかかわらずきちんと現代の日本に対する問題提起がされているというのは良い出来である。日本は過去の過ちを繰り返しているのではないかという気がしてきた。

 続けて「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞。最初は多少集中力に欠けていたが途中からはきちんと物語に入っていけた。こちらも少々考えさせられる内容だった。

 昼寝をしてしまったこともあって夕食はいつもより 30 分だけ遅めにした。ニュース番組では日中問題、フジテレビ対ライブドアの対決などを放送していた。しばらくまじめにニュースを見ていなかったので、フジテレビ対ライブドアの進展には少々驚いた。

 

4月14日

 昨晩の寝付きは久しぶりに最悪だった。夜中の 3 時近くまで熟睡できなかったのである。最初はすぐに寝られそうだったのだが、なぜか昼の会社からの電話のことから考えなくてもいい悲観的な方向(つまりリストラという内容)に思考が走ってしまったのだ。ベッドに入ってから 1 時間経っても寝られなかったので久々にデパスを飲んだのだが、悲観的な思考はあっという間に消失したものの(さすがデパスの坑不安効果はすばらしい)、そこから悲観的ではない雑念が止まらなくなってしまい、結局 3 時近くまで熟睡できない事態に陥っていたのである。どうも浅い眠りが持続している感じだった。昼寝も悪い方向に作用してしまったかもしれない。医師からも「もし昼寝をして夜寝られなくなるようなら、昼寝は我慢してくださいね。」と言われていたし、今後昼寝も考えないといけなさそうである。

 朝は、8 時ぐらいには起きるよう少しずつ体を慣らして行こうと思って PHS のアラームをセットしていたのだが、実際にはそれより多少は目が覚め始めていたようである。昨晩寝付きが悪かった割には朝の目覚めはあまり悪くない。どちらかというとすっきりとした朝を迎えられた感じである。数日振りに天気もいいからそれも関係しているかもしれない。

 雨の後の後の晴れの日ということで花粉の大量飛散が気になるところなので「ヘップチンの花粉情報」と三共株式会社の「花粉症 / アレルギー」のページでリアルタイムの花粉の飛散状況を見てみる。「ヘップチン」の方はさほど飛散していないようだったが、「三共」では大量飛散の印が出ていて、「どっちが正しいんだよ!」と頭を抱えてしまう。ただ、自分の鼻の状態を見る限りではさほど飛散していないようである。

 いつもより多少早起きしたので今日も早めに散歩に出かけた。一応花粉症対策はしていったが、あまり鼻水も出なかったところを見ると飛散量が少ないのだろう。早めに散歩に出て河原を歩いた後、区民図書館に向かった。せっかくの公共施設を有効活用させてもらおうと思ったのだ。残念ながら今日は読みたい本が特に見当たらなかったこともあったので経済新聞を読む程度にとどまった。図書館に着いたとき、多少眠気が襲ってきたが、さすがに寝ることはしなかった。エアコンが効いているから椅子に座って寝るのも心地よさそうだけど。

 昼はいつも悩むところだが今日はカツ丼を自分に奢ることにした。ランチメニューということでおひたしと味噌汁がついて 570 円だったから割と得な値段ではないかと思う。よく考えると揚げ物を食べる回数が多くなってしまっているが自炊をしない限りはやむをえないところだろう。今日のカツ丼は割と満足した。「かつや」と言うとんかつ料理のチェーン店だから可でもなく不可でもないと言ったところではあるが、「吉野家」のソースカツ丼よりはよっぽどマシである。

 家に帰ってきてからはしばらくコーラでも飲みながらネットを見ていた。少し眠気が来ていたが、コーラのカフェインで眠気を抑えていた。今日みたいに暖かいとコーヒーもいいけどコーラも美味しいなと思う。

 今日も恒例のように「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞した。日本語字幕があるとはいえ、ここのところ毎日観る気になっているのは悪いことではない。でも今日も宅配の荷物が観ている途中で届いてしまい、ちょっと集中力が途切れてしまった気はしたのであるが。

 「スタートレック」鑑賞後は CD ショップでもらってきた無料 DVD を観ていた。F1 レーシングカーのイメージ映像に小室哲哉の新曲がかかっているというもので、小室哲哉の新曲に興味があったからもらってきたようなものである。イメージ映像の後には小室哲哉のインタビューも入っていたが、彼の姿を見て驚いた。以前に比べとても人間的に丸くなったような印象を受けたのである。人間変わるものなんだな、と改めて実感した。

 

4月15日

 さすがに昨晩の寝付きは良かった。当然だろう。前日の睡眠の質が良くなかったのだから。

 今朝は早朝の眠りが浅くなると同時にトイレに行きたくなったので一度起きてしまった。時間を見ると 6 時。そんなに早朝でもないし、外はかなり明るくなっている。そのまま起きてもいいくらいだったが、やはり再度ベッドにもぐりこむ。次は PHS のアラームで予定通り 8 時に起きた。この時間当たりに起きると薬の服用間隔といいゆとりがあるように感じる。

 残念ながら鼻の具合はまた良くなかった。まだ花粉の影響があるのだろう。朝のうちはティッシュペーパーにお世話になってしまった。

 本日も 10 時半過ぎごろからだらだらと散歩。何となく薄い雲がかかっているのですっきりした青空とは行かなかったが、春らしい陽気である。歩きながらでも何となく眠気が来る。運動していれば眠気など飛びそうなものだが。でもこの眠気が心地よさとなって何か脳内麻薬物質がひたひた染み出してくる感じである。

 本日も図書館に寄ってぱらぱら本をめくる。新書版で韓国料理について書かれた本とか、世界のビールについて書かれた本をざっと流し読みしたりしていた。たまには美味しいビール飲みたいな、とふと思ってしまった。いつもは第三のビールしか飲んでいないからである。理由は単純で価格である。スーパーの特売のときに買いに行けば大体 2,500 円ぐらいで 1 ダース買えるのだから安いと思う。だからこそたまには本場ドイツのビールとか、イギリスの黒ビールなどを飲んでみたくなるのである。量はいらないから。

 昼食は 500 円で定食の食べられる居酒屋に入った。毎日のように昼食を考えて店を探してみると以外に低料金の店があったりするので面白い。量は値段の分少なめだったが、なんか朝から少し胃のむかつきを感じていたので程々に感じた。

 家に帰ってきて午後のお茶を飲むものの、何となく眠気が取れない。とはいっても夕方に寝るのはまずいだろうということで我慢をする。

 PC でネットを見ているのも眠気を誘っているような気がして、今日も「スタートレック・ディープスペースナイン」を観てしまった。今日は何の邪魔も入らず、ゆっくり観ることができた。

 続けてたまにはプレーヤーを動かさないとという思いでレーザーディスクを取り出し 2 - 3 の映画のハイライトシーンを観ていた。かつては高画質メディアの代名詞だったレーザーディスクも今となっては DVD にはかなわないなという気がした。ただジャケットサイズの魅力は未だに色褪せていないと思う。

 夕方のニュースを見ながら夕食を取っていた。反日デモは中国のみならず韓国でも活発のようで、難しいなと感じるばかりだった。

 

4月16日

 昨晩は寝る前に TV でニュースを見ていた。中国および韓国の反日デモのニュースは当然として、その他に興味を引いたのは、去年の 11 月に起きた奈良の少女誘拐殺人事件の犯人小林被告と 10 数年前に同様の犯罪を行なった宮崎被告の関連性についての特集だった。実のところ去年の 11 月頃は世間のニュースにたいして関心がなかったので宮崎被告との関連性については思いも及ばなかったのであるが、考えると似たような事件が多いような気がする。番組の締めでも話が出ていたが、このような事件を起こす犯罪者は及びその予備軍は意外と多いのかもしれない。

 昨日はしばしば昼間眠気が来ていた事から当然寝付きは良かった。しかし、早朝の目覚めはいつものとおりである。今日も 6 時に目が覚め、トイレに行く羽目になった。6 時が早朝かどうかは少々判断に苦しむが、普段起きる時間ではないのは確かである。

 その後はうとうと意識が戻ったり失ったりしながら、9 時近くまで寝ていた。土日は無理に 8 時に起きなくてもいいだろうという考えからアラームはセットしていなかったのである。お陰で寝起きは割とさっぱりしている。

 今日はメンタルクリニックへの通院の日なので昼の散歩どうしようかな、と思っていたのだが、鼻づまりがしていることと今ひとつ気分が乗ってこなかったので止めにした。午前中はベッドに横になったりして(寝はしなかった)、過ごした。花粉の飛散は減少傾向にあるようだが、まだしばらくは我慢の日々が続きそうである。

 そんなわけで昼食は近くのコンビニでおにぎりとカップラーメンの小を買ってきた。スーパーだと 100 円前後のカップラーメンもコンビニでは 150 - 170 円程度と意外に高い。満腹になって昼寝に入ってしまっても困るので少なめの量でもいいやと考えてしまった。

 午後一番はのんびりしてからメンタルクリニックに歩いて出かけた。天気予報だと雷雨になるということだったので原付自転車などで出かけるとまずいかなと思ったのだ。歩きなら最悪帰りはバス乗って帰ってくればいいだけだからと考えてのことである。結局雨は降らなかったのだが。

 メンタルクリニックではいつものようにここ 2 週間のことを話す。基本的にはストレスがないからさほど話すこともなかったのだが、医師から「日常どうされています ? 」と聞かれるので「昼間は大体散歩するようにしています。」と答える。後「睡眠時間を 10 時間取らないと満足しない。」ということも告げておいた。

 そして復職の診断書についての相談をする。医師からは「まだ少し復職には早いと思いますよ。」と言われてしまったが、「あまり休みすぎても。」と僕が言うと一応ゴールデンウィーク開けに復職可能、という診断書を書いてくれた。それにしても医師から「まだ少し早い」と言われたということは医師の目から見たらまだ危ないというところなのだろう。この辺の加減が分からないのが自分でも悩むところである。まあ順調に行ってもまだ三週間は休めるから状況もまた変わってくるだろう。

 最後に医師からは「徐々に電車に乗るとか人込みのするところに出かけてみてください。」ということも言われた。いわゆる社会復帰の練習みたいなものであろう。これは徐々に挑戦してみるつもりである。花粉の飛散も減りつつあるようだし。

 家について早速インターネットで休職からの復帰について検索してみるが、なかなかこれというものはないようだ。やはり心の病気ということで手探りの部分が多いのと、それについて書かれたページがあまり存在していないのが原因である。本当、うつ病は厄介である。前にも書いたが、「うつと喧嘩」するのではなく「どう折り合いを付けていく」かを覚えていかないといけないなと思う。

 

4月17日

 昨晩もまた寝付きがひどく悪かった。また鼻づまりがひどく、目も痒くなってきていた。しばらく我慢していたが鼻詰まりと目のかゆみがひどいので再度起きて薬を使用した。ぱっと時間を見るとベッドに入ってから 45 分も経っていた。その後もなかなか寝付けなかったが先日のように 3 時近くまで寝付けないというところまでは行かなかった。多分 1 時か 1 時半ぐらいだろう。表向きは前述の症状のせいだと思うのだが、心の片隅に復職に対しての不安が早くも芽生えてきたことも影響しているのではないかと思う。全開寝付きが悪かったときも会社からの電話があったときだったし、復職可能診断書を書いてもらったのは少し早まったかなという気がしてきた。

 朝はいつものように眠りが浅くなる。どこかで大工仕事のような音が聞こえるが何時だろうか。最終的に今朝は 8 時半に目覚めた。朝から鼻詰まりと鼻水全開である。杉花粉は終わりつつあるからヒノキにもやられているのではないかと思ってしまう。年々春の苦痛度を感じる期間が長くなってきてしまった。

 今朝の天気予報によると、5 月下旬の陽気になるという。となると花粉症の症状は出ているがどこかに出かけたくなってくる。そこで久しぶりに長距離サイクリングをしてみることにした。行き先は川崎駅の繁華街である。通勤用の革靴が 2 足駄目になっているのでせめて 1 足は買い換えておきたかったこともある。前々から気になってはいたのだが前回映画を観に出かけたときもそこまで気力が残っていなかったので買いそびれていたのである。

 その前にビールが底をついたので近所のスーパーに原付自転車で 1 ダース買いに行った。さすがにビール 1 ダースを歩いて買いに行く訳にもいかないし、自転車でも無理である。

 それから 11 時ごろに自転車に乗って出かけた。気持ちいいというより少し暑いくらいである。それと目がとても痒い。やはり何らかの花粉に反応しているのだろう。

 昼頃川崎駅に到着したので何食べようか考える。が結局値段に負けてラーメンと半ライスのセット 610 円に落ち着いた。隣の人は生ビールを飲んでいる。とても美味しそうだった。飲みたい欲求が出てきたが我慢する。昼にビールを飲んでしまうと意外に疲れが出ることが分かっているので。

 食事が終わると早速靴を買いに ABC マートというチェーン店に赴く。前に 6,000 円前後でいい靴を買えたことがあったので期待していたのだが、今回はそういうセールをやっていないようだ。最低でも 10,000 円はしている。5,000 - 6,000 円程度で靴を買いたいところなので、駅周辺の靴屋を探し始めた。

 久々に買物をする楽しみを感じながらも靴屋を見つけては値段を見るとどこも 10,000 円どころの騒ぎではなく 20,000 円、30,000 円と値の張る靴ばかりである。最後に見つけた店でちょうど 6,000 円程度の牛革靴を見つけたのでそれに落ち着いた。ちょうど小 1 時間ほど探していたことになる。

 その後は本屋に寄ってまたうつ病関係の書籍を立ち読みしてみる。もちろん探している内容は休職時からの復職についてである。平井孝男著「うつ病の治療ポイント」によると 6 項目の内容を満たしていることが復職の目安だと書かれていたが、その内容を見る限り僕の復職判断はやはり早いと言わざるを得ないようである。でもその 6 項目をすべて満たす状態になるには相当の時間もかかりそうなので現実的ではないような気はするが。そんな本を中心にやはり小 1 時間ほど本屋をうろうろしていた。結構疲れてくるものである。

 午後のお茶の時間は当初スターバックスのコーヒーでもと思ったが、あまりに暑いのでコンビニでサイダーを買って飲んでしまった。冷たいドリンクが美味しい季節になってきた。

 その後は途中スーパーに寄って夕飯のおかずを買ってから家に戻った。ここのところの散歩のペースからすると外出時間は長かったと思う。

 家に着いたら花粉症の症状が悪化した。鼻づまりはひどくなり、目の痒みも我慢できなくなる。思わずしばらくベッドに横になってしまった。

 昼のラーメン + 半ライスが効いているのか、あまりお腹減っていないのだが、いつものように食事はとる。途中でもう満腹感が出てきてしまい驚いてしまう。更に花粉症の影響のせいだと思うがあまり美味しいと思えなかった。ただビールだけは美味しかった。昼の欲望を夜で果したぞ、といったところである。

 

4月18日

 昨晩は寝付きが良かった。昼間の運動が効いていたのだろう。その代わり、睡眠途中しばしば眠りが浅くなっていた。あまりはっきりしない浅さなので時間まで分からないが早朝というわけではないようだ。

 朝はアラームで 8 時に起きた。さほど苦にもならず起きれたが、さっぱりした気分というわけでもないようだ。微妙に抑うつ入っているような感じもしないでもなかった。

 天気は今日は薄曇り空で気温は昨日と比べ 2 ヶ月近く季節が戻るくらい低いらしい。これでは体も気温についていけずストレスになりそうである。

 今日も散歩に出かけたが、出る時間を早くして 10 時に出かけた。少し社会復帰慣らしの意味合いも含めて午前中は図書館で本でも読んでようかと思ったのだ。ところが運悪く今日は月一度の図書館の休館日だった。どうしよう、と困ってまった。

そこでちょっと遠くなるが BOOK OFF にまで足を延ばしてみることにした。往復4km程度歩く距離が増えてしまうが、まあ歩いてみるか、と思った。

 しかし昨日の運動から体力が回復しきれていなかったらしい。多少歩くのに疲れてしまった。

 BOOK OFF で何か掘り出し物ないかなと探してみるが、特になかったのでしばらく店内をうろついた後、再び駅前商店街に向けて足を向けた。

 ちょうど駅前商店街に戻ると昼になっていたので昼食を何にしようかなと考える。最終的には中華丼にしたのだが、入ったお店はあまり客に対しての愛想が良くないようだ。あまり気にしなかったのだが、愛想が悪い店よりは愛想のいい店の方が気分がいいのは当然である。あまり客も入っていない感じてある。中華丼の味は悪くなかったが。

 食後はいつも立ち寄る本屋に向かった。午後は 1 時間ほど本屋でねばるつもりだった。専門書のコーナーに行ってうつ病関係の本をいろいろ読んだりして過ごした。よく見ると店内には椅子もあってゆっくり本が読めるようになっているのでしっかり座って読んでしまった。足も疲れていたのでいい休憩である。

 自分がうつ病になって気づくのは、作家や漫画家といった人たちのうつ病体験者が異様に多いことである。想像力を使う仕事だからだろうか。「えっ、あの人が...。」という感覚を感じることも多い。

 家に帰ってきてから会社に連絡を入れ、主治医から復職可能の診断書をもらったことを告げる。それを受けて会社側では本当に復職可能かどうかの面談の設定を行なうそうで、連絡を後刻入れるとのことだった。

 夕方になると相変わらず鼻づまりがする。いつものように「スタートレック・ディープスペースナイン」見るが多少集中力が落ちているようだ。

 夕食でもおかずはまずまずそれなりに食べれたが、白米を食べているときはちょっとしんどかった。

 夕食が終わった頃、会社から連絡が入った。水曜日に面談の設定をするから来てほしいとのことである。夕方の出社になる。

 そろそろ復職に対するプレッシャーがうすうすとかかり始めているようだ。とりあえず面談のときは正直に自分の状態は話そうと思う。会社の産業医との面談で復職が早い、と判断されればそれはそれで受け入れようと思うし、復職可能となったら症状が悪化しない様より自己管理していかないといけなくなると思う。

 

4月19日

 昨晩、また寝付きが悪かった。いろいろ原因はあるのだが、鼻づまりによる呼吸がスムーズでないこと、布団をかぶった状態での体温が暑くて汗をじっとりかくほどだったことなどがあるだろう。もちろん復職に対するプレッシャーが心の片隅になかったわけでもないがそれで思考が占められることもないので原因としては ? である。それでもベッドに入って 1 時間ぐらいで熟睡に入ったような気がする。

 夜中か明け方かは知らないが 2, 3 度眠りが浅くなった。そのたびに鼻づまりで苦しくて寝返りを打ったのを記憶している。寝付きの悪さの主要因は鼻づまりかもしれないな、とぼやけた思考で思った。

 朝は 7 時 46 分に目覚めてしまった。そのしばらく前から眠りが浅くなり、「何か部屋の中が明るいな。」と感じていたので時計に目をやったらその時間だったのだ。アラームが意味なかったがまあよしとしよう。朝の気分は普通である。しかし、相変わらず鼻づまりと目の痒さが気分を悪くさせていた。

 起きてしばらくしてからも鼻水は止まらないし、鼻づまりも解消されない。やむなくまたセレスタミンを服用する。この薬、ステロイドが含有されているためあまり連続して服用しない方がいいのだが、飲まないと我慢できない。本当にスギ花粉だけでなくヒノキ花粉症まで発病してしまったようである。

 今日も 10 時ごろ家を出ようと思ったが、鼻の調子が収まってくるまで少し待ってから出かけた。今日は図書館は開館していたので午前中は雑誌を読んで過ごした。週刊新潮か何かだったと思う。

 昼になったので一度図書館を離れて駅の商店街に向かった。今日も 500 円ランチである。バジリコのスパゲッティが本日のランチだったのでそれに決めた。なかなか美味しかった。でも考えたら家で作ったら 2 - 300 円程度で出来そうだけど。

 昼食ごは再び図書館に向かう。昼間に読書が出来るかどうか試してみたのだ。選んだ本は永井隆著「ビール 15 年戦争」。タイトルが面白かったので読み出したら、何のことはない、ビジネス書だった。内容はアサヒビールがスーパードライで息を吹き返す辺りからの各社の戦いを描いたものだった。最初は身構えて読んでいたが途中からさっくりと読むようになっていた。ちょうど 2 時間程度で読み終わったので、それをいいタイミングに途中総菜屋によって夕食のおかずを買ってから家に戻った。

 また今日は 5 月下旬の気候ということで歩いていると暑い。よくもこう毎日気温が変わるものだと思う。花粉症さえなければ窓を開けてさわやかな空気を部屋に取り入れたいところなのだが...。

 家に着いてからはちょっとネットを見て、今日もまた「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞。まだ残り 130 話近くあるから観終るのはいつになるやら。

 今日の夕食は美味しく食べられた。昼食の量がさほど多くなかったこともあるし、とにかく鼻づまりが一応解消されていたことも大きい。しかしビールを飲むと多少鼻づまりが発生するようだ。それでも昨日よりマシだあったと思うが。

 

4月20日

 昨晩は布団を工夫して少し薄くしてしまった。寝付けない原因の一つが体温調節がうまくいっていないことのようだったからである。お陰で寝付きは悪くなかった。

 しかし朝に関しては失敗である。室温が若干下がったことと、早朝の体温低下に伴い何となく薄寒い感じで 5 時半頃目が覚めてしまったのである。そこで布団をかけなおせばよかったのかもしれないが結局そのまま浅い眠りのままここのところ定時としている 8 時に起きることになってしまった。お陰で朝の寝起きの気分は多少よくない。天気も今にも雨が降りそうな状態なのでそれも関係あるかもしれない。

 いつものごとく鼻詰まりは発生しているし、鼻水も止まらないほどではないがそれなりに出てくる。考えたら花粉飛散時期前から抗アレルギー剤クラリチンを服用しているにもかかわらず全然効果を発揮していないような気がする。

 いつものようにラジオを聞いていると、朝の番組でレポーターの方が毎日神奈川県内をくまなく歩いて地元紹介をしているコーナーがあるのだが、今日はどうも自宅の近くに訪れるらしい。タイミングを見計らって家を 10 時 20 分頃に家を出たら雨が降り出してきた。早速傘を持ってレポートされるであろう場所に向かっていった。運良くレポーターの藤田優一さんを見つけることが出来、ステッカーを貰って、生レポートの様子を見ることが出来た。結構僕はミーハーな部分があるみたいである。

 雨は本降りになってきたので昼食はコンビニで電子レンジで温めるタイプのリゾットを買って帰った。

 家につくと若干緊張感というか不安感が出てきた。当然午後に会社に行かなければならないからだ。約 1 ヶ月ぶりに顔を出すことになる。

 昼を少し回った頃、LP ガス保安センターというところから「お宅の法定点検をしたい。」と訪ねてきた。最初は変な勧誘の類かと思ったが、正規の LP ガスの法廷点検だった。そこで今まで自分が使っていたガスコンロのホースが法定違反であることを知り、ちょっと驚いてしまった。何でも 4 年に一度ガスホースは取り替えないといけないらしい。うちのガスコンロは元々弟が一人暮らしを始めた頃のものだからガスホースは 10 年以上前の物ということで交換してもらった。もちろん料金は取られなかったので安心する。

 14 時半に家を出て会社に向かった。産業医との面談を受けて復職可能かどうか判定してもらうためである。出かける途中、まるで受験を受けに行く受験生のように緊張してくる。リラックスをするために久々に佐野元春の「THE SUN」を聞いていた。

 まずは人事との面談である。ここでは復職可能とかの話ではなく、現状のおかれている状況についての話が主であって、どちらかといえば雑談に近いものであった。現状ではまだ僕が所属しているのは 3 月の時点での職場になっているとのことである。

 続いて産業医、そして診療士との面談を受けた。おおよそ 1 時間ほどであったと思う。現状の状態を包み隠さず話をしたところ、「生活習慣がまだ職場で仕事をする状態になっていない。」と言われた。また、「眠剤が多いのが気になる。」とも言われた。主治医からの診断書についても包み隠さず、自分からお願いして書いてもらった旨を伝えた。その結果、まだ復職には少し早いというようなニュアンスの話になった。実際主治医から「復職してもいいですよ。」という話が出てこない限り無理に復職しても失敗する例が多いと言われてしまった。

 この面談で、これから 2 週間、平日と同じような生活を続けてみて大丈夫かどうかテストしてみてほしい、との話になった。それを受けて 5 月 6 日の再面談で復職可能かどうか判定するということである。もちろんテストが耐えられないようなら休職延長になるだろう。まずは 7 時に起きることから始めないといけない。そしてそれが抑うつ感を伴っていないことが大前提である。後は勤務シミュレーションだろう。図書館通いを長くしていかないといけないようである。まあ図書館だけでなくどこかレジャー施設に出かけるのもありだが。

 もっとも今日の面談を受けたことで少しプレッシャーから開放されたのは事実である。無理して復職してすぐにダウンではかえって周囲にも迷惑だし、自分の自信喪失にもつながってしまう。あせらないように勤務シミュレーションをやってみようかと思う。

 家に帰ってきてからはいつものように「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞。もちろん面白かったのだが、集中力が少々欠けた。原因は少し調子がよくなると原語である英語をヒヤリングをしようとしてしまうのだが、まだ完全にその辺が回復していないのでヒアリングが出来ず、結果日本語字幕も読み損なってしまうためである。

 DVD を観た為、夕食の時間は久々に会社に行っているときの時間に近くなった。食事中また母から電話が来た。僕が全然連絡入れないから心配で電話してきているようだ。一応大丈夫だということと休職期間が延びる可能性があることは伝えた。それよりもうつ病と引きこもりを混同しているのが困ったものである。まあ母に理解してというのも酷だとは思うけど。

 

4月21日

 昨晩の寝付きはまたひどかった。なかなか寝付けず、結局 1 時半になっても熟睡に入れないのでデパスのお世話にならずを得なかった。寝付けない原因は良く分からない。その代わり恒例の朝の眠りの浅さは感じなかった。

 朝は、復職リハビリテーションを少しずつ進めるべく、7 時半にアラームをセットしたのだが、正直きつかった。無理に起きたが、最初から思いっきり失敗している感じである。ただ気分は安定はしている。

 ラジオではここのところの輸血用血液不足を受けて献血のお願いのアナウンスをしている。体調万全で薬を飲んでいないのだったら献血に協力したいところなのだが、現状は無理である。

 今日は 9 時に家を出発。いつものように図書館に向かう。最初はスティーヴン・キングの短編集を読み始めたが、集中力に欠けるし面白みが感じられなかったので、雑誌「アエラ」に変更する。こちらも興味ある記事ない記事いろいろあったが、まあ何とか大体のページは読み終えた。それにしても今日の調子は良くない。抑うつというより完全な睡眠不足で朝から疲れているような感じである。

 それでも昼近くなると妙にお腹も減ってくる。12 時を過ぎた辺りで昼食を食べに行こうかなと思って図書館を出たらなんと雨が降り出してきた。天気予報とは大違いである。ただ雲の様子からしばらく待てば止みそうだったのでまた図書館に戻り雑誌を読んで時間をつぶした。

 昼食は吉野家で炙りチャーシュー丼を食べた。なかなかいける味である。お腹もぺこぺこだったので美味しく感じた。

 昼食後は再び図書館で雑誌を読んでいたが、睡眠不足による疲労はいかんともしがたく、15 時でギブアップ。夕食のおかずを買って家に戻った。

 家につくと疲れがどっと出て寝たくなってきたが、夕方に寝ると夜の寝付きが悪くなりそうなのでコーラを飲んで何とか目を覚ましておく。

 夕方はおなじみ「スタートレック・ディープスペースナイン」の鑑賞。昨日の話の続きなのだが、本日の調子の悪さのせいか今ひとつ昨日のストーリーを思い出せないまま観る羽目になってしまった。それでも楽しめたことは楽しめたのだが...。観ている途中からまたお腹が空いて来た。今日は食欲だけはあるようだ。

 夕食はキャベツのぶつ切りがメインのような食事だったので(味のピリから揚げもあったけど)なんだか牛か何かになったような気分になってくる。陽気もいいからビールは美味しかった。

 

4月22日

 昨晩は「眠い。だるい。」という状態を我慢しつつ 23 時よりも少し早くベッドに入った。さすがにすぐに寝入ってしまった。

 いつもの早朝の朝の眠りの朝もなく、7 時過ぎに目が覚めてしまったので起きることにした。若干憂鬱感があるようだ。

 特に髭剃りをするときが「面倒だな。」と感じていた。これまでは、二日に一度、夜お風呂に入っているときに剃っていたのを日常生活リズムに治そうと朝に変えたこともある。

 朝食はいつものトーストに変えてメロンパンを食べた。先日買っておいたものを昨日、今日と二日に分けて食べたのだが、これは美味しかった。

 9 時過ぎに家を出て今日も図書館に。9 時 45 分から 12 時 10 分まで日経新聞とオーディオ誌を読んでみた。昨日に比べると頭がすっきりしているからそこそこ読める。オーディオ誌は実は図書館のものではなく自分で買ったものだが、図書館に読みたい本が見当たらないのでしょうがない。こっそり持ち込んだ。

 昼食は盛岡ラーメンなるものを食べてみた。前にどこか東北の地方の名前の冠をつけたラーメンを食べたことがあったが、それと同じような感じだった。煮干などで出汁をとっているようで、見た目スープはどす黒いのに味はあっさりしている。いつも豚骨ラーメンばかり食べているが、たまには醤油ラーメンも美味しい。

 13 時に図書館に戻り再びオーディオ誌の読書を続けた。予定では 15 時 30 分ぐらいまで読んでいようと思っていたのだが、14 時 45 分ごろには脳が「もうこれ以上文章を読みたくない。」と拒絶し始めたので、そこで本日の読書は終了した。まだ長時間の集中には耐えられないようだ。

 その後は夕食を買ったりしてから家に帰った。家につくと脳の回路がオーバーヒートしているかのようにぼーっとしてしまった。若干眠気も出ていた。ネットを見るのも少ししんどいくらいだった。それでもしばらくぼっとしていると TV を見るくらいには回復してきた。

 お腹もちゃんと空いてきたので、夕食は美味しく食べられた。今日のおかずはカツオのたたきとトマトだった。今日のかつおのたたきは特に美味しかったと思う。

 

4月23日

 昨晩も寝付きは良かった。疲れていたためだろうと思う。その代わり早朝の眠りの浅さは復活した。それもトイレに行きたくなり実際に起きてしまうほどであった。時間を見ると 4 時 20 分頃だった。

 その頃から鼻づまりを感じており、再び布団に入った後もしばしば眠りが浅くなる症状を発していた。最終的には 8 時過ぎにアラームなしで起きた。憂鬱感は感じなかったが頭に霞がかかったような感じはしていた。

 朝食を取り、髭剃りなどをしていても何となく、気だるい感じはする。まだ体が目覚めていない感じはする。

 ネットでニュースを見ているとタレントのポール牧さんの自殺の続報が入っていた。昨日そのニュースを聞いたとき、何となく「うつ病」によるものかなと感じていたのだが、今朝のニュースの続報によるとその予感が当たってしまったようだ。残念なことである。ご冥福をお祈りしたい。

 気だるい感じはするが天気もいいことだし、横浜の野毛の大道芸を見に行ってみようかな、という気分になってきたので、出かけようとするその直前トラブルが発生した。PC の定期的なウイルススキャンにおいて突然スキャンできなくなってしまったのだ。正規の手順でスキャンを停止させようとしてもプログラムがハングアップしてしまって止まらないので強制終了させたら、今度は Windows が起動しなくなってしまった。とはいえこれの修復に取り掛かり始めたら出かける時間が遅くなってしまうので、いったん諦めて 10 時 40 分に家を出た。

 まずは内科に寄って抗アレルギー剤をもらい、それから横浜のみなとみらい地区を目指した。順調に電車に乗り換え等出来たので昼前にはみなとみらい地区に到着した。

 それからは昼食にサブウェイのサンドウィッチを食べるために 15 分ほど費やした他は 16 時過ぎまでいろいろ大道芸を見てまわった。みなとみらい地区と野毛地区を往復して様々な芸を見せてもらった。本当に楽しくて、もう少し見て回りたかったのだが、PC の不具合も気になるので、後ろ髪をひかれる思いで会場を後にした。

 大道芸を見ている間はあまり気にならなかったが、帰りの電車で座席に座るとかなり腰に疲労が来ているようだ。無理もない。大混雑のショーを背伸びしたり、腰をかがめたりしながら何とか見ていたのだから。

 家に帰ってきて早速 PC の修復に取り掛かる。どうも原因はウイルススキャンソフトにありそうだったのだが、Windows が正常起動しないため確認が出来ない。やむなく緊急モードで PC を起動しネットで確認をすると予想通り、ウイルススキャンソフトの問題だった。早速手順に従って対策を取ると無事元に戻ったようだ。とりあえず安心である。

 TV の旅物を見ていると妙にお腹が空いてくるので、夕食にした。TV 内の寿司も美味そうだが、今日のおかずであるアジのから揚げも美味しかった。

 

4月24日

 昨晩も寝付きは良かったが、4 時半にトイレに行きたくなり目覚めてしまった。二日続けての早朝覚醒である。あまり兆候としてはいいことじゃない。

 その後は 1 度眠りが浅くなった以外は昏々と眠り続け、起きたら 8 時 50 分だった。土日はアラームをかけていないのだが、ここまで寝てしまうとまだ脳の疲労回復が十分じゃないのかなと考えてしまう。その分のんびりした気分で起きることは出来た。

 昨日の PC の不調はなんと全国規模で企業の業務用端末まで巻き込んだものだったようだ。 JR 東日本や共同通信まで被害にあっているという、ニュースが出ていた。予想外の不具合に正直驚いた。

 今日は午後から映画の DVD を観ようかなと思っていたので午前中に買物に出かけた。いろいろ買うものがあったので原付自転車で出かけた。精神的には安定状態だが何となく頭が重い。睡眠がまだ足りないのか。

 昼食を取ってから DVD を観ようとするが、やはり駄目だった。英語の台詞と英語字幕に全く頭が追いついていかない。眠気もあったのでおとなしく昼寝をすることにした。昼寝も寝すぎると夜の睡眠の質に影響が出るのでタイマーをかけて 1 時間だけ寝るようにしておいた。

 予想通りしっかり眠ってしまっていたらしく、アラームがなければまだ寝続けていただろう。起きても頭がすっきりしない。でも何か DVD は観たいなと思っていたので、既に観た映画からアクションシーンとかだけセレクトして何本か観た。途中コーヒーを飲みながらだらだら映像と音響を楽しんだ。そうすると夕方になってようやく頭がすっきりし始めてきた。

 今日の夕食は焼き魚とキュウリ。今日も美味しく食べられた。食事が美味しいのはいいことである。

 

4月25日

 昨晩は 21 時半頃にはネットを見るのに疲れてしまったので、22 時 20 分にベッドに入ったのだが、やはり寝付きが悪かった。雑念は浮かんでくるし、ちゃんと夕食を取っているのにもかかわらずお腹が空いてしょうがないのである。特にお腹が空くということがこれまでなかったことなので「どうしてしまったんだ!」と自分でも不思議になってしまった。

 結局 0 時近くになっても寝付けないのでまたまたデパス君にご登場願った。やはりデパス君はすぐに効く。まもなく熟睡に入った。

 朝は何となくトイレに行きたくなり眠りが浅くなってきたので目を覚ますと 7 時少し前。日常の会社に行くときの起床時間とほぼ同じだった。トイレに行き、もう 30 分ほど寝ていようかと思ったが眠れなさそうなのでそのまま起きた。朝の気分は可でもなく、不可でもなく。眠気が残っているせいか少し頭が霞がかっている気はする。

 今日の天気は不安定そうだ。いつも持って行くリュックサックの中には折り畳み傘が入っているのでいざというときにも安心ではある。

 今朝も 9 時には家を出発。30 分かけて図書館に到着する。まだ頭の中に霞がかかっている感じなので最初に新聞を 30 分ほど読む。その後は昨日買ってきた福井晴敏著「Twelve Y.O.」を読み始めた。「亡国のイージス」、「終戦のローレライ」とここの所彼の小説にハマってしまったのでこの作品を読むことにしてみたのである。

 午前の読書は 12 時 15 分に終了させ、昼食に出かける。最近異常にお腹が空く。昼前から空腹を感じていたぐらいである。

 ちょうどそのとき雨が降っていた。折り畳み傘がとても役に立った。雨が止むのを待っていたら空腹に耐えられないところだった。

 午後は 13 時から再び読書を再開。しかしやはり午後になると集中力、思考力低下が否めない。15時を少し前にして読書を断念。これでは残業なしの勤務ですら耐えられなさそうである。

 図書館を後にしてゲームセンターでちょっとだけ遊び、スーパーで夕食のおかずを買ってから自宅に戻った。家に着いたら疲れがどっと出て少し横になってしまった。何となく頭痛はするし、腰は痛いしでエネルギー不足を感じる。

 今日もいつものように「スタートレック・ディープスペースナイン」を観ようとするのだが、字幕にすら追いついていかないので結局観るのを止めてしまった。

 TV のニュースを見ながら今日も夕食を取った。夕御飯は今日も美味しく食べられた。

 

4月26日

 昨晩は 23 時に就寝。寝付きはかなりよかった。当然だろう。昨日の夕方を待たずに疲れきっているのだから。途中眠りが少し浅くなったが頻発はしていなかった。

 今朝は試しに会社に行っている時の時間、6 時 52 分にアラームをかけてみたのだが、全然起きれず。15 分ぐらい寝過ごし、少し意識が戻った段階で無理やりベッドから身を剥がした。とにかく眠い。頭が重い。朝食も牛乳で流し込んでいる状態であった。でも憂鬱感は感じない。

 ぼっーとした頭のままいつものように図書館へ向かって 9 時に出発。35 分かけて図書館に到着した。図書館までの距離がやけに長く感じる。

 着いて最初に新聞を読み、小説の昨日の続きを読もうとするが、全く読めないので、「アエラ」に切り替えるが、それでも最初の数ページで挫折。結局今日は昼を待たずにリハビリを止めることにした。

 昨日まで感じていた空腹感も今日はあまり感じない。それでもスーパーで昼、夜両方の惣菜を買って早々に家に帰った。

 昼食はチャーハン弁当を食べたが、思ったより美味しく食べられた。少なくとも朝よりはよほどマシな食欲だったと思う。

 こういう不調のときは昼寝して脳の休養を図った方がいいので、またタイマーをかけて 1 時間ほど寝ることにした。結局はタイマーで目覚めるもベッドから出られず、追加で 30 分近くうとうとしてしまった。

 起きた後も目が覚めず、何かをする気力が弱かったので、ベッドでごろごろ横になったり、ネットサーフィンをだらだら続けていた。

 夕方になって少し映像が見たくなってきたのでレーザーディスクや DVD などを適当に見ていた。この頃になると眠気、というか気力も復活してきたようである。まさにうつ病の日内変動そのもののようである。

 夕食も昼と同じくらいには美味しく食べられた。食事が崩れたらおしまいだと思う。

 

4月27日

 昨晩は何となくいやな予感がしたのだが、その予感が的中してしまった。またまた寝付きが悪くなってしまった。昨日の体調の悪さと昼寝が体内時計のリズムを崩しているような気がしたのだが、その通りになってしまった。0 時半まで何となく眠れず、今回もデパスのお世話になってしまった。でもデパスは本当不眠時にはよく効くなと思う。元々ただの効不安剤なはずなのに。

 今朝も 6 時 52 分にアラームで起きてみた。寝付きが悪かった割には割とすっと起きられた。もっとも脳の一部では眠気が残っているようだが、気分は悪くない。昨日に比べたら天と地との差がある。食事も美味しいとまでは行かないまでも昨日みたいに牛乳で流し込むというところまではならなかった。

 朝食を取ると眠気が増してきた。何でかな、と思った。その眠気をしょったまま、今日も図書館通いを行った。

 今日は若干だけ早く家を出たので今朝の新聞がほとんど残っていた。早速日経新聞をざっと30分ほど読む。時期的に企業の業績発表の記事が多いようだ。もっともトップはJR西日本の事故であることには変わりなかったが。なんだか合理主義を推し進めていった結果としての事故のようにも思える。

 新聞を読み終わると、昨日は全く読めなかった「Twelve Y.O.」の続きを読み始めた。昨日の昼寝が効果あったのか、今日は脳の回転も悪くないようだ。調子良いペースで午前中は読み進めていった。でも何となく眠気はあったのだけど。

 今日の昼はまた空腹感があったので、ちゃんとした定食食べようと思い、東秀という中華料理のチェーン店に入り、ホイコーロー定食を食べた。野菜たっぷりだし、栄養バランスいいかな、と思っているのだが、どうなんだろう。

 昼食後再び図書館に戻る。また眠気が少し強くなってきたので、ほんの数分、目をつむっていた。このほんの数分が割りと効果的で眠気が弱くなったところで小説の続きを読み出した。

 15 時ごろには小説が読み終わってしまった。その後もしばらく図書館にいたが、まああまり無理することもないだろうと思って駅前商店街に行き、なぜかそこで本屋に入って雑誌を斜め読みし、夕食のおかずを買って家に着いたら 17 時を回っていた。疲れていないようで疲れていた。

 一息を入れてから先日断念した「スタートレック・ディープスペースナイン」のエピソードを観てみた。今日はちゃんと観ることができた。ただストーリー的には重い内容だったので、気分がすっきり、というわけにはいかないのだけれども。

 今日の夕食も美味しく食べられた。今日はひき肉の茄子包み揚げ。スーパーの惣菜だとあんかけ風のものしかないのが残念である。たまにはしょうが醤油で食べたいな、と思ってしまう。

 

4月28日

 昨晩の夕食後、薬の服用をしていてふと残りを勘定してみると、なぜかルボックスの残り錠数が足りないことに気がついた。このまま服用していると土曜の朝に飲む分がないのである。「何でだろう、無くしたということはないと思うし、どこかで間違えて一回多く飲んでしまったかな。」と思いつつ、どうしようか考えていた。金、土と実家に帰る用が出来てしまった為(それも弟夫婦も顔を出すということなので)、体調不良を金、土に起こすのはまずいなと思っていた。どこかで一回薬を抜かざるを得ないが、どこで抜くかだった。

 昨晩は寝付きがよかった。21 時ぐらいから何となくネットサーフィンするのが少々困難になっていたくらいだから、疲れが出ていたのだろう。

 朝の眠りの浅さは多少あったようだが、トイレに行きたくなって起きたのは 6 時 37 分と少々早い時間だった。割と気分はさっぱりしているものの眠いことには変わりない。頭が鈍い感じがする。

 朝食後、薬をどうするか考えたが、とりあえず朝は飲むことにした。気分だけで言えば夜に抜いた方が、寝ている時間が長い分抑うつ気分も少ないだろうという判断をしたのである。

 食後はまた眠気が増してきた。今日は最初から図書館に行く気がなかったので余計である。もう一度ベッドに入り 30 分ほど寝てしまった。横になったときに体がだるかったから疲れが取れていないのだろう。

 起きた後は久しぶりに窓を全開にして部屋の隅々まで掃除をした。そろそろスギ花粉も終わり、ヒノキ花粉だけになってきたので症状は相当軽くなってきている。少し目が痒くなることと鼻水が多少出ることぐらいである。ぼやけた頭で隅々まで埃をはたいた。

 今日図書館に行かなかった理由はクアハウスに行きたかったからである。そのほかにもコートをクリーニングに出したいというのもあった。しかし、二度寝した後の気分がどうもすっきりしない。微妙に出かけたくなくなってきたのだが、とりあえず出かけてみる事にした。

 まずコートをクリーニング店にもって行き、商店街で昼の時間まで少々時間をつぶし、昼食を取ってからクアハウスに向かった。クアハウスとは前にも訪れたことのあるよみうりランドの「丘の湯」である。

 「丘の湯」に向かう途中、多少悲観的な思考に襲われ、「何か今日はまた不調だな。」思っていた。コートのクリーニング代が高かったこともその引き金になっている気はする。

 「丘の湯」に入場し、露天風呂に浸かっていると、少しずつ心も落ち着いてきた。特に寝湯で体を横たえていると気分がよくなってきてまた眠気が襲ってくる。「まずい、またここで寝てしまうと、夜の寝付きが悪くなる。」とか思いながら眠気と戦いつつ心地よい太陽の光を存分に浴びて時間を過ごした。

 家に帰ってきてからもだらだら過ごした。今日はそれが正解なような気がする。

 夕食はまずまず。でも TV で放送している韓国料理のほうが美味しそうだなと思ってしまった。夕食後の薬の服用は、ワイパックスのみ。これで明日の朝どうなるのか少々不安である。とにかく明日は目覚ましかけないから目が覚めたときに起きるというようにするつもりだけど。

 

4月29日

 昨晩は暑そうだなと思って掛け布団を薄くしてみた。結果は正解だったみたいである。心地よく睡眠につくことが出来た。

 朝は 6 時 37 分に一度目が覚めてしまった。もちろん今日は起きる気が全くないのでそのまま再度睡眠に入った。何となくうとうと気味だったが8時過ぎまで寝ていることが出来た。気分は普通だった。少し頭が重いかなという気はする。昨晩ルボックスを飲まなかった悪影響は出ていないようである。

 朝食を食べ、薬を飲む段になってふと考えるとワイパックスも土曜日 1 回分がないことに気づいた。それどころか、就寝前に飲んでいる眠剤は一晩分多いことも発覚した。ルボックスが足りないときには「どこかで間違えて 1 回多く飲んでしまったのかな。」と思っていたのだが、ここまで薬の分量が違っていると薬局での調合数が間違っているとしか思えなくなってきてしまった。

 午前中はだらだらと実家に戻る準備をしながら(たいした準備でもないけれど)、ネットを見て楽しんでいた。しかし相変わらず眠い。何故ここまで眠いのか、とても不思議である。

 11 時過ぎから着替えを始め、実家に向かう。今日はほとんど真夏である。湿度が低い分だけ楽だが、4 月とは思えない。途中で昼食としてうどんを食べた。ゴマだれにつけるつけ麺タイプでおいしかったのだが、量が少ない。少々不満である。案の定後でお腹が空いてしまった。

 ヒノキ花粉の飛散が多少多いせいか、何となく鼻水が止まらないのでセレスタミンを飲んでおく。スギ花粉に比べると症状は軽いのだが。

 実家に着いてしばらくの後、午後のお茶を飲む。ロールケーキが出てきたので丁度小腹にいい感じである。

 お茶の後は父にくっついて行って両親がやっている家庭菜園の現場を見に行った。家庭菜園と書いたが、いろいろな野菜を作っている点では小規模の農業ともいえなくない。昼の暑さも少し和らいで、散歩としては丁度良かった。

 その後は TV を見たりしてのんびりした後、夕食になった。あっさり味の料理が多かったのでいつもの味の濃いスーパーの惣菜と違って美味しかった。弟夫婦はこちらに来るのに時間が掛かっているので、両親と先に食事してしまった。

 ワイパックスは服用を止めておいた。これで明日の分が確保出来る。

 20 時半過ぎにようやく弟夫婦が到着。途中から家族揃っての会話となった。22 時過ぎまでそれは続いた。弟は結局転職したのだが、住居も盛岡から横浜に転居になったとの事でちょっと驚きである。

 

4月30日

 昨晩も寝付きは良かった。その代わり明け方少々眠りが浅くなったようである。自室の時計の音が聞こえてくる。

 最初に目覚めたのは 6 時半過ぎ。続いて 7 時半過ぎに目が覚めた。実際に起きたのは 8 時過ぎである。気分はまずまずだが、車のギアがローから入っていく感じである。

 実家での朝食はいつものように量が多い。かなりお腹が苦しくなってしまった。

 弟夫婦は今日新居に引越しをするということで、9 時過ぎに家を出発していった。僕はと言えば、特に何をするわけでもなく、TV 見たり、ネットを見たり、本をぱらぱらめくったりしていた。

 ヒノキ花粉のせいかどうも今日も目が痒いし、鼻水も何となく出てくる。残念ながらセレスタミンを余計に持って来ていなかったので我慢するしかない。

 昼食は 12 時前に食べた。朝食の量が多かったのでどうかなと思ったが、すんなりお腹に入っていった。

 14 時少し前に実家を出た。実家を出る前に父の PC を使ってこの日記を印刷しておいた。この 2 週間どういう状況だったのか病院に行く前に確認しておきたかったのである。電車の中で日記を読み返し、頭の中でまとめを行なっていた。

 病院は結構混んでいた。昨日が祝日で休診だったからかもしれない。僕の診察も 20 分ほど予約時間より遅くなってしまった。診察でこの 2 週間の件、特に復職リハビリがうまくいかなかった件を話すと、主治医から笑いながらも「まだ休んでいた方がいいじゃないんですか、と言ったとおりでしょう ! 」とお叱りを受けてしまった。すいません、言われるとおりです、という気分になってしまった。

 とりあえず次回の診察は 1 週間後にしてもらった。5 月 6 日に会社の産業医との再度の面談で多分間違いなく休職延長の指示が出るだろうから診断書をまた書いてもらうにはこのタイミングだな、と思ってのことである。

 しかし復職リハビリをどうやっていこうとふと考えてしまった。難しい問題である。

 家について電子メールを見ると友人との遊びは明日になったようなのでまた実家近くにもどることになりそうである。何か行ったり来たりしているけど、これも一種の復職リハビリと考えれば悪いことではない。どこかに出かけようという意欲があるだけは回復しているのだから。