うつ病日記2005年5月分

5月1日

 昨晩も寝付きが悪かった。原因ははっきりしていて、TV の録画を PC と VHS で行なっていたために PC のファンの音がうるさくて眠れなかったのだ。室内が暑かったというのもある。熟睡できたのは 2 時前だろうと思われる。

 朝は早朝部屋の明るさで眠りが浅くなり、時計を確認すると 6 時半だった。もう一回寝て朝起きたのが 7 時半。起きたくないなという気分はあったが、出かける日だったのでそのまま起きた。洗面とかしていると気分は普通になってくる。

 朝食を取り、髭剃り等を行なってから、昨晩の TV 番組の録画をチェック。佐野元春のライブ番組だったので期待していたのだが、設定を間違えていたらしい。VHS も PC も録画に失敗していた。ショックである。

 今日の遊び&飲み会は大丈夫かなと心の片隅で思う。半年前の飲み会のとき、詳しく書かなかったが、かなり「早くうちに帰りたい...。」という思考に襲われていたので(つまり脳のエネルギーが少なかったということである)、今日はどうなんだろう、と少々不安になる。

 何となく眠気の残る中、9 時過ぎに家を出て電車に乗って八景島へ向かう。今日の昼の遊びは半年前に行った「シーサイドスパ八景島」での入浴とマッサージがメインである。休日の 9 時過ぎの電車は行楽地へ向かう人が多いせいか割と混んでいて、若干のストレスを感じた。何となく、復職リハビリの難しさを感じ取ったように思える。平日の通勤ラッシュはかなりエネルギー使うから...。

 11 時に八景島の駅で友人と待ち合わせて入浴とマッサージを行なった。昼食はビールを飲みたいところだが疲れが出るのを懸念して、コーラで我慢。初めてアルコールを飲まない状態でのマッサージを受けることとなった。

 マッサージを受けているとマッサージ師のお兄さんが「上半身すごい凝りですよ。お仕事大変なんですか。」と尋ねてきた。その場では「体壊して会社を休んでいるんだけども」とお茶を濁しておいたが、何で休職しているのにそんなに体が凝っているんだ ? と我ながら不思議になってしまった。このマッサージの時間は何となくうとうとしていたみたいである。

 16 時にはクアハウスに来なかった別の友人たちと合流して、友人宅に移動。もちろんスーパーで惣菜を買ってそれで飲み会のおかずにしようというのである。友人の一人は相当不摂生しているらしい。お腹の出方が半端じゃない。まさに中年太りそのものである。なんだか僕だけ体重維持というか、若干落ち気味な感じである。

 友人宅での飲み会は馬鹿な話に終始したが、前回のときと比べれば、脳にエネルギーが回復してきているなという気はした。結構楽しめたし普通に近い感覚だった。まああまり終了時間が遅くならないといいけどもとは思っていたけれど。

 21 時に飲み会はお開きになり、22 時 40 分に自宅に帰宅。帰宅途中は何となく眠気が襲ってきた。体までエネルギー切れという感じではなかったのでまあよしとすべきではないだろうか。

 

5月2日

 昨晩は 23 時 30 分にはベッドに入った。あっさり眠れた。朝はいつものように眠りが浅くなり、7 時 50 分に目覚めた。最近はアラームをかけなくても 8 時前には起きれるようになってきたようだ。とは言うものの、朝食を食べると何となく眠気が増してくるのが気にはなるのだけれども。次は 7 時に起きれるように練習しないといけないなと思う。

 本日は天気予報が外れていい天気である。今日は図書館が休館日だと聞いていたので(月一回だと思っていたら月二回休館日があるとのこと)、復職リハビリできないしな、どうしよう、と考えてしまった。どこか出かければお金もかかるし、第一これっ ! という興味を引くイベントもないのが実態である。

 とりあえず 10 時になったら駅の商店街に食料の買出しに出かけた。ついでに小説も買ってきた。また図書館で読む用としてであり、またまた福井晴敏氏の「川の深さは」を入手した。

 何となく眠気は残るもののここのところ失敗している輸入 DVD の鑑賞を昼食後に行なった。今日の映画は「ファインディング・ニモ」。子供でも楽しめる映画だから英語も理解しやすいかなと思っていたのだが、思ったほど台詞の理解度は高くなかったようだ。うつ病になると脳の機能が低下するとは聞いていたが、英語理解力は確実に低下してしまっている。ただストーリーが王道を行くストーリーだった為、映像と音響だけでも十分に楽しむことは出来たし、話の大筋は理解できていたのが幸いである。観ているうちに眠気も取れてきたようだ。

 映画鑑賞後はコーヒーを飲みながらいつものようにレビューを書いていたが、こういうのもリハビリの一つになるのだろうか。どう書いたらいいのか少々悩んでしまい、時間がかかってしまった。

 夕方は数日振りに「スタートレック・ディープスペースナイン」も鑑賞した。ここ数日脳に無理な負荷をかけていないせいか、今日はちゃんと観ることができた。ちゃんと日本語字幕は読み取れて、タイミングが良いと英語のヒアリングも出来ていた。「ファインディング・ニモ」を観たお陰で英語のリズムに馴染んだのかもしれない。

 続けて「スター・ウォーズ:クローン大戦 Vol.2」を視聴。これは CS で放送しているもので、夏に公開される「スター・ウォーズ:エピソード 3」の前哨戦となるアニメである。この作品は日本語吹き替えだったので楽だったが、半日でまじめに映画・ドラマ物を続けてみると少々疲れる。

 今日の夕食は野菜中心になってしまった。エシャロットにキュウリにたまねぎに。あっさりしているので良かったと思う。野菜はちゃんと食べないといけないなと思う。

 

5月3日

 昨晩の寝付きは多少悪かったかな、という気がする。今日からまた復職リハビリを行なおうかなと思ってアラームを 7 時少し前に設定した為、若干のストレスがかかっていたものと思われる。

 朝の眠りの浅さは感じなかったものの、夢を久しぶりに見た。一昨日友人と飲みに行ったばかりだというのにこのゴールデンウィークに愛知万博に行こうとかいう話しになっている夢で、「えーっ、それは辛いよー。」と僕が思っている、という内容だった。

 朝はアラームがないと起きれなかった。しかし目が覚めるとまずまずの気分である。朝の身だしなみも朝食もごく普通に出来た。

 今日は 7 時 43 分に家を出て 20 分ほど近所を散歩した。先日の病院の診察のとき、主治医に怒られながらも、復職リハビリの手段の一つとして通常の出社時間に散歩してみる、というのがあったのでそれを試してみたのだ。20 分という時間は単に有酸素運動の効果が出てくる時間に合わせたに過ぎない。少し涼しげの朝は気持ちいいが、やはり眠気は残る。

 一度家に戻り、9 時前に図書館に向けて出発。30 分をかけて徒歩で図書館に向かった。図書館は意外と混んでいる。ゴールデンウィークといっても皆が皆どこかに行くわけでもないようだ。まず毎日新聞を 1 時間近くかけてじっくり読んだ。今日は憲法記念日なのでその特集記事が多い。少々考えさせられる内容だった。

 新聞を読み終わった後は、一呼吸をおいて「川の深さは」を読書開始。最初はどうも頭の中にすんなり入っていかない。まだ頭の中がすっきりしていないせいもあるし、近くにいる人が思いっきり寝息を立てて寝ているので気が散ってしまったこともある。途中 1 時間に 1 回の割合で少し休憩を入れながら 12 時 10 分まで小説を読んでいた。

 昼食休憩 50 分を挟んで午後はちょうど切りのいいところまで小説を読み続けた。時計を見ると 3 時半近かったので、先週に比べると多少時間を延ばせているように感じる。

 その後はスーパーで夕食のおかずを買ったりしながら家に向けて帰宅。到着は 17 時だった。

 ちょっと一息入れてから「スタートレック・ディープスペースナイン」DVD を鑑賞。多少疲れを感じるものの、字幕はちゃんと読めるし、ストーリーも楽しめた。観終わった後、スカイパーフェクTVを見ているとゴールデンウィーク特番ということで「スタートレック傑作選」をやっていたのでまたまた見てしまった。本当、我ながらよく見ているよな、と思う。

 夕食も美味しかった。徐々に夏に近づいているせいか、トマトが美味しくなってきたな、と思う。

 

5月4日

 昨日の昼から何となく目が痒く鼻水も出始めていたが、夜になっても収まらなかった。少しヒノキ花粉が大目に飛んでいたみたいである。部屋の窓を開けていたせいもある。こう暑くなってきては部屋を締め切りにしておくわけにもいかないから妥協せざるを得ない。

 昨晩の寝付きは良かった。図書館での読書は意外に疲れるようだ。それ以外にもビデオ観たりしているせいもあると思う。その代わり久々に深夜 3 時 50 分にトイレと鼻がむずむずするので目が覚めてしまった。花粉症の後遺症が出てしまったようだ。

 朝は今日も 7 時少し前にアラームで起床。精神状態は安定しているものの、頭が重い。多少頭痛を起こしているようにも感じる。それでも先週のリハビリ失敗に比べればマシかな、というところである。朝食は美味しく食べられた。

 朝食後は着替えて 20 分の散歩へ出かけた。犬の散歩をしている人を途中で見かけた。犬とか猫って心が癒される感じでいいなと思う。ただ自分で飼えるかというと世話しきれないだろうから無理だなと思うけど。

 9 時少し前には再度家を出ていつものように図書館へ出かけた。相変わらず頭が重いな、という感じである。今日も最初に毎日新聞を 1 時間かけて読んだ後、「川の深さは」の続きを読み始めた。新聞を読み終わる頃には徐々に頭の重さも軽くなり始めていた。もっとも最終的には昼まで残っていたけれども。

 今日の昼食はラーメンにした。小説の中で出てくる脇役の登場人物がラーメンを食べているシーンが何度かあり、なんだかラーメン食べたくなってしまったのだ。今日のラーメンはまずまずだった。

 午後も引き続き小説を読んで過ごした。ちょうどすべてを読み終わったのが、15 時半近かったので、そこで止めにしていつものように夕食の惣菜を買って家に戻った。この時間帯になると、朝の頭の重さとは違った脳の疲れが出てくる。本当、リハビリのリズム作りとか難しいなと思う。

 家に着いてしばらく脳を休息させてから、DVD で「スタートレック・ディープスペースナイン」をいつものように鑑賞。今日も字幕はちゃんと読めたし、物語自体も楽しめた。で、続けてスカイパーフェク TV で放送している「スタートレック傑作選」まで観てしまった。何せ全シリーズ合わせると 700 話近いエピソードがあるのだからとんでもない作品だと思う。

 「スタートレック傑作選」を観ていた為、今日の夕食の時間は少々遅くなった。といっても会社に行っていたら残業を 1 時間か 1 時間半してから帰ってきて夕食を取る時間と変わらないので、これも体内リズム作りにいいかなという気はしている。

 

5月5日

 昨晩の寝付きも良かった。図書館で本を読んだりするのが疲れるのだろう。珍しく完全熟睡のまま朝を迎えた。朝はアラームがなければ起きることができなかっただろう。一瞬「もう朝かよ。」というちょっと不機嫌な気分が頭をよぎったが、昨日と違って変な頭の重さは少ない。朝食も美味しく食べられた。

 朝食後の散歩はコースを変えてみたら道に迷って 20 分の予定が 30 分以上歩いてしまった。早くも少々疲れる。途中でトイレに行きたくなったのも辛かった。

 今日も 9 時前に家を出発して図書館に向かう。着いたらまずは毎日新聞を一読する。ここのところ休日が続いているせいか、記事もめぼしいものがない。それでも読み終わるまでに一応 1 時間はかかった。続いて小説を読み始めた。ここのところ福井晴敏氏のものばかり読んでいたので、気分を変えてホラー小説の帝王、スティーヴン・キングの短編集、「いかしたバンドのいる街で」を読むことにした。大学時代はスティーヴン・キングの著作物をそれこそむさぼるように読んだものだが、社会人になってからは段々縁遠くなってしまった。何せ彼の作品はとにかく長いのである。しかもその長さは年を経るごとに増大化していくものだから社会人になってゆとりのなくなってしまった僕には辛くなってしまったのである。そういった意味では本当久々に戻ってきた、という思いを抱いていた。

 今日は 10 時ごろからお腹が空いていたので、いつもの東秀で食べた焼きそば&餃子がとても美味しかった。しかし店が混んでいて、しばらく待たされてしまったのには驚いた。週末に行っても待たされたことなんかなかったのに。

 午後もキングの小説を続けて読んでいた。これが結構疲れることに気がついた。短編集ということは、一話一話は短いが、その代わりに話の筋が全く違う物語を次々に読んでいくことになる。つまり、仕事的にいえば、福井晴敏氏の長編小説を読むということは一つの仕事をずっと淡々と行なっていることであり、キングの短編集を読むということは別々の仕事を次々に行なっていることと同じことである。そのギャップが脳の疲労を呼んだのかもしれない。今日も 15 時半には読書を止めたが、図書館を出たらなんだか頭がくらくらしてきた。

 家に帰ってきてちょっと疲れたので暑いがコーヒーを飲む。お陰で疲れが和らぐようだ。それからは少々この日記を書いていたりした。日記を書くのも少々苦労した。文章をまとめるというのも意外と難しい。

 その後は今日も特番で放送しているスカイパーフェク TV の「スタートレック傑作選」を鑑賞していた。特に今日の放送分では日本未放映のエピソードが二話分放送されるので、日本語吹き替えで楽とは言うもののまじめに 2 時間観てしまった。続きが気になるが、5 月末まで待たないといけないようである。しかもその続きが放映を開始するということは、また一つ観なくてはいけない作品が増えることになるわけで、どう時間の都合をつけたらいいんだよ、とひそかに悩んでしまう。体調が万全ならば、土日で「スタートレック」シリーズのエピソードを二話観て、輸入盤の映画 DVD を観ることも容易だと思うが、今の状態ではどこまでいけることやら。趣味の面でも多少の不安は残る。

 

5月6日

 昨晩はまた、TV の録画の設定のために PC を立ち上げたまま寝ることになってしまった。先日の佐野元春の特番のダイジェスト版が地上波で深夜に放映されるので(先日録画に失敗した放送はスカイパーフェク TV での完全版だった)、その予約を PC で行なったためである。当然 PC のファンの騒音が気になって眠れなくなることが予想されたので、あらかじめ買っておいた耳栓をして寝ることにした。しかし、耳栓をすると騒音は全く聞こえなくなるものの目覚ましアラームもまともに聞こえないことに気づいてしまい、23 時にベッドに入ろうとしたのにその後 30 分ほどいろいろ耳栓のはまり具合を調整したりする羽目になってしまった。

 深夜か明け方はまた眠りが浅くなると同時に耳栓が鬱陶しくなったので、かすかな意識の中で耳栓は外してしまった。何回目かの眠りの浅さのときに時計に目をやると 6 時半。何だかアラームに頼らなくても起きれそうである。

 朝の気分は微妙に抑うつ入っているかな、という印象だった。眠りの浅さが不満なのも関係していると思う。それでも朝食はまずまず食べられた。

 朝食後は、会社に普段通勤しているのと同じカジュアル Y シャツとパンツに着替えて革靴を履いて散歩に出かけた。今日は夕方会社の産業医との面談があるので、いつものように図書館で本を読んでからそのまま会社に向かおうと思っていた。そのために服装も会社用に変えたのである。散歩は気分がよくなってくるものの眠気が増してくる、というか頭がくらくらしてくるような感じを覚えた。まるで低血圧で貧血気味の状態になっているかのようである。

 TV の録画は今回は成功だった。次は完全版の録画を成功させないと、と思う。

 今日も 9 時少し前に家を出発して図書館に向かう。図書館に着くといつものように新聞を読む。といっても今日は新聞休刊日なので、昨日の分しかない。昨日は毎日新聞読んだので今日は日経新聞を読んだ。経済専門新聞だから記事もいろいろ違って読み甲斐はあるだろう。相変わらず頭が重い状態ではあったが、一応 1 時間近くはじっくり読んでしまった。続いて昨日から読み出したキングの短編集の続きを再開。どうしても最初の取っ掛かりには気力がいるが、一度物語に入り込んでしまえば割と続けて読めるものである。でも疲れるのは確かだが。

 昼食は牛丼屋(といってもあるのは豚丼だが)で済ませる。どうしても予算を抑えて食事を済まそうとすると、ファストフードが多くなってくる。栄養バランスを考えるとあまりよくないのだが、やむを得ない。先日会った友人も残業で帰りが遅くてコンビニ弁当ばかりだ、とこぼしていたし、なんだか僕らの世代は不健康そのものだな、と思う。

 午後も小説を読み続け、15 時には図書館から会社へ向かった。ちょうどいい時間に会社に到着したので健康管理室に赴く。

 16 時からは産業医との面談を行なった。ここ 2 週間の生活リズムのことを話す。ぼくのこの 2 週間での復職リハビリでの感触ではまだ復職にはちょっと早いなという思いがあったので、そういった方向性で話していったら、産業医も「そのほうがいいでしょう」というような話しになった。もっとも産業医は前回主治医からの復職可能の診断書を僕からの依頼で書いてもらったことを話しているので僕が「復職できます」と言うと思っていたらしい。以前の僕なら多分無理してでも復職しようとしただろうが、この 1 年間のうつ病闘病生活と 1 ヶ月の休職と復職リハビリで何となく、自分の状態が少しつかめるようになってきたようだ。だから無理するのは止めた。もちろん今まで残業代込みで貯金だとか、生活費だとかを計算していたので、残業代が丸々消えるのはかなり痛いのだがやむを得ない。健康第一である。ちなみに復職してもしばらくは残業禁止と言うのが会社の方針らしいので、収入減はしばらく続きそうである。

 とりあえず 4 日間とはいえ、今週は朝は 6 時 52 分に起床ができ、午前中は頭が重い感じはするものの昼寝をすることなく図書館で読書を続けられ、挙句に夕方にはドラマまで観ることができていたので、少し復職に向けての自信が付いてきた。でも来週が次の正念場だろう。丸一週間続けられるか。読書の時間を延ばせるか。無理をせずに努力していこうと思う。と書いている19時18分現在、お腹も空いているが眠い! やはり疲れた! と言うのが実感である。

 

5月7日

 疲れている割には、昨晩の寝付きは少々悪かった。ちょっと雑念が頭の中を駆け巡ってしまったのだ。それでも 1 時間はかからずに熟睡に入ったと思う。ぐっすり眠れたらしく、明け方の地震すら気づかなかったくらいである。どうも震度 3 程度の微妙な地震が明け方起きたそうだが、それも知らなかった。

 今朝は 7 時半に目覚めた。もちろんアラームなしである。睡眠時間からすると復職リハビリの時とさほど違いはないのに今朝の頭はすっきりしている。変な重さも感じない。何なのだろうと思う。

 朝食後、ふと思いたって部屋の中のいらないものを少し片付け始めた。いろいろなチラシとかがたまっていたのでまとめてゴミ袋に突っ込む。なかなか気分がいい。もっとも片付け終わったあとの部屋の様子を見ても大して物が減っているようには見えないのだが...。その後はそのまま掃除に突入し、部屋の埃をきれいにする。妙に朝からテンション高いなと思った。

 掃除の途中で洗濯しなきゃ、と思い出し、洗濯も始めてしまった。天気が悪いので乾くかなという気がするのだが、これも日常生活のリズム作りと考えて洗濯を続行した。

 その後はのんびりネットでも見て過ごした。途中コンビニに行って昼食おにぎりとインスタントスープを買いに行った以外はだらだらしていた。何も考えない(正確には少しは考えているのだけど)でのんびりするのは確かに楽だ。ちょっと退屈な部分もあるけど。本来なら内科に行って抗アレルギー剤をもらってくるタイミングの日なのだが、花粉症も収束に近づいてきているので、通院を終了することに決めた。まだセレスタミンは大量に余っているのでいざとなったらそちらを服用すればいいと考えていた。

 午後からはネットでストリーミングされているうつ病啓蒙ドラマ「第三の訪問者」を鑑賞する。まあ製薬会社の坑うつ剤のプロモーションドラマとも言えなくもないが、割と面白いので毎月一話ずつ観てしまう。一話 10 分程度という長さも適当に短くてよい。

 夕方は、メンタルクリニックに通院。先週の予想通り休職延長の診断書をもらうのが目的である。主治医との面談ではこの 1 週間の内容を話しておく。主治医からは「このままリハビリは続けてください。」とのことだった。しかし、先週の面談のときに叱られたことが何となく心のしこりになっているようで今ひとつ素直になれない気分ではあった。よくよく考えると先週の診察はあまりいい感じではなかった。患者が多くて主治医も苛立っていたのかもしれない。だがそれが何となくこちらの気分を害しているのも確かである。

 「次回の面接はいつにします?」と主治医に尋ねられたので、いつもどおり 2 週間後にしてもらう。それは 1 週間後という選択肢を最初から考えていなかったこともあるし、診察代が金銭面で負担になるというのがその理由なのだが、後で考えると 1 週間後の方がもう少しアドバイスもらえたかもな、とも思ったし、別の面で考えてみると主治医がそういうようなことを言う場合は実は容態を詳しくチェックしたいときなのではないかと言う気もしてきた。いまさら遅いけど。あまりくよくよ考えると脳によくない。先ほどの気分を害していることも含め 2 週間と言う期間は妥当に思える。

 診断書は前回と同じく今月末まで休養を要す、と言う内容だった。まあ妥当な期間だろうと思う。しかし前回の復職可能と書いてもらった診断書の費用、無駄になったなとちょっと後悔している。無駄は控えるようにしているのに、余計なところで出費が重なる。

 家に帰ってきてからは洗濯物の片づけを行なった。奇跡的に午後から晴れた為、洗濯物はちゃんと乾いていた。

 その後はいつものように「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞した。最初は通院での心のしこりが気になって物語に入り込みにくくさせていたが、徐々にそれも収まってきて最後はちゃんと楽しむことが出来た。

更に夕食でビール一缶飲んだことで、気分も安定してきた。350ml のビール一缶ぐらいなら精神安定にも効果あるようだ。

 

5月8日

 昨晩の寝付きはすばらしく良かった。特に一日何した訳でもないのにすぐ熟睡できた。

 朝は少し眠りが浅くなったようだ。目が覚めて時計を見ると 6 時 52 分。平日の起床時間だった。「何も休日のときに平日の起床時間にアラームなしで目覚めなくてもいいのに。」と思いつつ、とりあえずトイレに行って再びベッドへ。最終的には 8 時ちょうどに起床した。

 朝食は珍しく趣向を変えてベーグルを食べたら美味しかったが満腹になってしまった。お腹が苦しい。朝食の量としては少々多すぎたようた。

 昨日で花粉症対策の抗アレルギー剤がなくなったので、飲む薬が一つ減って少し嬉しい。ここ 2 - 3 ヶ月は薬が多すぎてなんだか訳が分からなくなりかけていたので、これで服薬管理もしやすくなるだろう。

 今日はベッドのマットを久しぶりに洗濯。かなり汚れている。心地よい睡眠をとるにはベッド周りも清潔にしておかないと。

 ラジオでは「今日は連休最終日です。有意義な一日を。」とか連呼しているが、連休中も復職リハビリ行っていた身としては、何か実感がわかない。ゴールデンウィークも平日と大して変わらないようなものである。次の夏休みはちゃんとした楽しい休みにしたいな、と思った。

 午前中は昼食と夕食の買物に出かける。あっさりしたもの食べたいなと思っていたらアジのたたきと韓国風冷麺を見つけたのでそれに決定。特に冷麺はさっぱりしていそうだ。

 午前中はかなりだらけた気分。抑うつというのではなくてただぼーっといている感じだった。

 午後は意欲があったので映画の DVD を鑑賞。既に何回か観ている「バッドボーイズ」というコメディアクション映画だったので大まかなストーリーは分かっていたが、今日は英語字幕がよく理解できたのでギャグが楽しめた。

 DVD 観た後はお茶飲んで一呼吸入れてからレビューを書く。言いたいことはいろいろあるのだが、これを文章にまとめるというのは大変である。作家とか批評家を尊敬してしまう。

 レビューを書いたらちょっと疲れたが、一呼吸おいて「スタートレック・ディープスペースナイン」も鑑賞。ミステリー仕立てではあったが、アメリカ人も 30 歳になるということにある種の感じ方をすることが分かって思わず共感を覚えた。何か 30 歳になるって若くないんだな、というような気持ちを思い出した。

 更にその後「スターウォーズ:クローン大戦 Vol.2」も見てしまう。いい加減ここらで映像観るのも疲れてきた。観終わった後のビールの美味しかったこと。アジのたたきもあっさりとしていて美味しかった。疲れが癒される感じである。

 

5月9日

 昨晩は 22 時半にベッドに入ったが、いつもより少し早めの就寝時間であったためか多少寝付きは良くなかった。それでも変に長時間眠れない、というものではなかった。

 就寝中は多少眠りが浅くなるが深夜のようである。最近は日の出が早くなってきているから早朝だとカーテン越しに日の明るさを感じるのだが、それはなかったから深夜だろうと思った。

 朝はいつものようにアラームで起床。気分はまずまずである。朝食を食べてから診断書を届けに会社に向かう。会社側は郵送でもいいと言ってくれたが、ラッシュ時の心理状態がどうなるのか試してみたくなってのであえて通勤時間に会社に向かった。

 ラッシュ時の電車の込み具合は思ったよりストレスを与えるようだ。電車に乗っている間、そこはかとない不安感に襲われていた。幸いなことに電車に乗っている時間はわずか 15 分程度に過ぎないからひどいダメージにはならなかった。来週以降はちょっとラッシュ時の訓練もしないといけないかなと思ってきた。

 診断書を会社に届け、そのまま来た道を戻る。何か変な気分である。そしてそのまま図書館に直行した。今日も読書によるリハビリを行うためである。

 いつものように最初は毎日新聞を 1 時間以上かけて隅から隅まで読む。多少記事によっては読むことに拒絶感を感じたが、それでもちゃんと読みきった。続けてスティーヴン・キングの小説に取り掛かり始めた。

 途中 PHS が鳴るので誰だろうと思ったら T 課長からだった。そういえば、人事と直接やり取りしていたために、休職期間延長の連絡を T 課長に入れるのを忘れていた。T 課長からは「えーっ、本当ですか ?! 」と言われてしまった。ちょっとした失敗である。

 今日もちゃんと空腹感を感じるので、500 円定食を昼食に選ぶ。連休中はしっかりとその店は閉店していたので食事に困ってしまっていた。今日からは平常営業しているようだ。

 午後からも小説を読み続ける。「いかしたバンドのいる街で」は読み終わってしまったので、「ヘッド・ダウン」という同じく短編集を読み出す。今日はさほど疲れを感じることなく、16 時近くまで読むことが出来た。更にその後少し「ニューズウィーク」を読んで、16 時半に図書館を後にした。あまり疲れは残っていないようだが、正念場は明日である。月曜は週末の休養で割と調子のいいことが多いが、火曜はその反動で(というか月曜に無理がかかるから)調子が悪くなることが多い。

 話は少し戻って、小説を読んでいる最中、また PHS に電話がかかってきた。今度は人事からで、また面談を行ないたいので 11 日の朝 9 時 45 分に会社に来てほしい、とのことだった。今回出した診断書と関係あるのかな、という気がしたが、とりあえず 11 日はまた会社に行くことになった。

 家に着いて一息いれてから今日も「スタートレック・ディープスペースナイン」を観る。今日はやはり調子がいいみたいで、ストーリーが楽しめるだけではなく、オープニングテーマ曲に感動すらしていた。

 夕食は、オリジン弁当で買ってきたコールスローと、こんにゃくと麩の煮物。肉っ気がなくてなんだか健康的な食事である。

 

5月10日

 昨晩の寝付きは微妙であった。雑念が湧き出てきて寝付きが悪くなりそうだなと思っていたが、予想外に早く寝入ってしまったからである。

 深夜から早朝にかけての眠りの浅さは少々回数が多いような気がしたが、あまりはっきりしたものではない。以前に比べれば弱くなっているようである。

 朝はいつもと変わらず普通の気分だった。朝食もちゃんと食べられる。朝食後の散歩では何故か足が強張っているのを感じる。昨日はあまり歩いていないはずなんだが。

 今日もリハビリのために図書館に赴く。いつものように毎日新聞を読もうとしたら、一足違いで他人に取られてしまったので、日経新聞を読むことにした。

 昨日心配していたような調子の悪さは感じられなかった。安定した状態で日経新聞を隅から墨まで読んでみた。しかし記事のなんと多いこと。1 時間半読み続けても読み終わらない。最後は面倒くさくなって一部読み飛ばしてしまった。しかも一面に掲載されている次世代 DVD の規格統一についての記事は日経お得意の既成事実作りの内容らしい。各社が一斉に否定の声明を出していた。よく考えるとこの新聞って何なんだと思ってしまう。よく「ビジネスマンたるもの日経新聞ぐらい読まないと」という話を聞くが、記事の内容が怪しいときがあるようなのであまり鵜呑みにもできないなという気はする。

 新聞をとりあえず読み終えた後は今日もスティーヴン・キングの短編集「ヘッド・ダウン」を読み始める。短編集といいながら一編の長さが短編とは思えないくらい長いので気づいたら 13 時近くになっていた。かなりお腹も空いていた。

 昼食を取りに行き(今日は牡蠣フライ付のカレーだった。牡蠣フライは久々なのでグッドだった)、45 分の休憩の後、午後から再び小説を読み出す。何編か読んでふと時計に目をやると、16 時半を過ぎていたので、切りの良い時間だと思って図書館を後にし、夕食のおかずを買って家に戻った。多少脳が疲れた感じがする。

 家に着いてから日記を書いて、いつものように「スタートレック・ディープスペースナイン」を観ようとすると、ちょっと脳が疲れていて字幕が読みにくくなっていたので 15 分ほど休憩を入れてから、再度最初から観始めた。観始めてしまうと物語にしっかりとはまり、字幕もちゃんと追えていた。

 それでも観終わると「疲れたー」という感じだったので夕食の時間にした。今日もビールが美味しく疲れが取れる感じだし、スナックエンドウのサラダがなかなかいけた。

 

5月11日

 昨晩は、食後しばらくすると疲れを感じ始めた。ちょっと頑張りすぎたようだ。脳もそうだが、体全体が何となく強張っていて痛い。図書館での本を読む姿勢が関係しているのだろう。お陰でベッドに入るとすぐに寝てしまった。

 残念なことにこれが熟睡にはつながらなかった。眠りの浅さが前日に比べ長く感じられた挙句、トイレに行きたくなり目を覚ますと 5 時 35 分だった。また早朝覚醒が復活してしまったみたいである。前日のリハビリが少々無理があったのかもしれない。

 それでも朝の起床時の気分は悪くない。朝食は美味しく食べられるし、体も動く。いつものように軽く散歩に出かける。今日は天気も悪く寒いとのことだったが、本当に寒い。眠気も一瞬にして覚めてしまうような寒さである。天気予報によれば3月下旬の気候らしい。

 午前中は会社の健康管理室で面談があるので、8時45分に家を出る。やはり混雑した電車に乗ると若干の不安感に襲われる。

 健康管理室での面談はほんの 5 分で終わってしまった。月曜に提出した診断書の確認に過ぎなかったからである。そのまま戻るのも何なので職場にちょっと顔を出して、社内積立金についての資料等を持って帰る。今月は年に一度の社内福祉の募集期間なので仕事は別にしてこれだけはしっかりやっておかないといけない。でもよく確認するとどこかで会社に出てきて手続きしないといけないみたいである。休職中は会社に行ってはいけないのだがやむを得ないかと思っていた。

 朝、会社に行ったことで図書館に着いたのは 10 時 45 分といつもより 1 時間以上遅い到着となった。早速毎日新聞を読み始める。ちょうど読み終わる頃には昼食の時間になったのでそのまま昼食に出かける。

 昼食後、昨日の続きでスティーヴン・キングの「ヘッド・ダウン」を読み出すが、昼食後すぐのせいかそれとも昨晩の眠りの若干の悪さが祟っているのか、何となく眠気が来る。首を回したりして眠気をはらいながら「ヘッド・ダウン」の残りを読み切った。時間も 16 時半になっていたのでここらで切り上げることにする。やはり脳が疲れているようだ。最後の方は文字を追うのを脳が拒絶し始めていた。

 スーパーで夕食を買って家に帰るが、今日は会社に出かけたこともあり原付自転車を使っていたので、家までの所要時間が短くて済んだ。その分脳の休息をとる時間が確保できたようだ。「スタートレック・ディープスペースナイン」を観る頃には脳がある程度回復していた。今日のエピソードは昨日のエピソードの続きなので、ちゃんと観ていないと話が分からなくなってしまう。その点では幸いだった。

 DVD を観終わった後は、お腹も空いたので早めの食事を取る。今日は大根が安かったのでそれを適当に切り刻んで塩を振りかけて食べてみた。おかずがいつものように揚げ物なので塩味の大根のさっぱり感はなかなかいいものだった。

 

5月12日

 昨晩の夕食後、ネットサーフィンしていると目が痛くてしょうがなかった。いまさら花粉症の影響でもあるまいし、疲れが目にまで現れて来たかなと思った。とりあえず花粉症用の目薬を差しておいた。

 睡眠はほぼ熟睡に近かった。ベッドに入ると程なく眠りにつくことが出来、恒例の眠りの浅さもあったかないかよく分からないほどだった。ただ何かの夢は見たような気がする。

 起床時の気分は今日も普通だったが、そろそろ体全体に疲れが残っている感覚があった。仕事のある平日に段々疲れがたまっていくのと同じような感覚である。脳の思考は割とはっきりしている。ラジオのコメントを聞いてケタケタ笑っているくらいだから安定しているのだろう。

 今日も図書館に徒歩で通う。昨日に続いて寒い朝だった。到着して早速新聞を読み始める。今日は朝日新聞を読んだ。じっくり読むと(正確にはスポーツ欄だけは完全に飛ばしていたが)、2 時間もの時間を経過していた。その後は岩佐陽一著「 70 年代カルト TV 図鑑」というサブカルチャー物を読み始めた。小説に比べると文字のサイズも大きいし、内容が軽めなのでかなり気楽に読める。この本は、昼食を挟んで 16 時前には読み終わってしまった。

 午後の読書中 PHS が鳴りだす。誰だと思っていたから会社の宣伝課の人からで仕事の手伝いの話だったが、こちらは病気療養中なので、はっきりと断っておく。大体うちの会社は休みの日まで仕事をするのが好きな人が多すぎる。しかもそれが美徳と思っているから始末に終えない。更にそれを人に押し付けてくる人もいるからたまったものじゃない。

 会社からの電話の後しばらくすると、また PHS が鳴りだす。「次は誰だよ」と思ったら弟からだった。個人の携帯電話の番号が変わったという連絡と、弟が所有する PC についての相談だった。弟の PC の OS は Windows Me だが、それを Windows 2000 か XP にヴァージョンアップしたいらしい。相談を受けてもヴァージョンアップするのには PC メーカーによっていろいろ方法が違うので一概には言えないから、弟に「メーカーのホームページで確認して」とだけアドバイスしておいた。

 話は戻って本を読み終わった後、まだ少し時間があるなと思って雑誌の「アエラ」にざっと目を通す。そうこうしているうちに 16 時半になったので図書館を後にする。今日はあまり疲れを感じないが、安定したリズムを作るのが目的なので無理はしないようにする。

 図書館にいる間、なんだか徐々に喉が痛くなってきた。風邪を引き始めているみたいだ。家に帰ってからはしっかりとうがいして、喉スプレーで喉の消毒をしておく。

 今日も一息入れた後「スタートレック・ディープスペースナイン」を観るが、風邪の症状が徐々に悪くなってきたようで(鼻水も出始めていた)、若干気がそがれている感じがした。早めに風邪の症状を抑えておいた方がよさそうなので、夕食後は坑うつ剤の他に風邪薬も服用しておく。でもこれで明日の朝、起きるの辛そうだな、という気がしてきた。寝る前に飲む眠剤と合わせれば眠さ倍増だろう。

 

5月13日

 昨晩風邪薬を飲んだのは多少効果があったようで、鼻水はとりあえず止まった。就寝時間もいつもより早く 22 時半にはベッドに入っておいた。少しでも体力回復を考えてのことだった。さほど時間がかからないうちに熟睡できたが、やはり深夜にしばしば眠りが浅くなっていた。特に喉が痛いのが分かるからその眠りの浅さが意識上に強く残っていた。

 朝はいつもどおりに起きれたがやはり喉は痛い。どうしても風邪を引いたりするとそちらに気がそがれてしまうのでさすがに今日は平常な気分というわけには行かなかった。それでも我慢できる範囲である。朝食は牛乳で流し込むまでは行かないものの今ひとつ美味しく感じられなかった。朝食後は風邪薬を飲むとともに、喉トローチもなめておく。喉が痛いときは喉トローチの方が効果があるような気がする。

 一応今日も散歩に行ってみると、喉の痛みが緩和されれば気分的には安定していることがよく理解できる。歩いていても苦痛さは感じない。抑うつ状態まで行ってしまうと歩くのも億劫なのだが(昨日の図書館からの帰りは少々その気があった)、今朝の散歩はそこまで行っていなかった。

 今日は昨日と同じく寒い。風邪を引いたこともあって、服装を厚着にして図書館に徒歩で向かう。今日は汗すらかかない。季節が逆戻りしたようである。

 いつものように毎日新聞を 1 時間半程度かけてじっくりと読む。やはり喉の痛みのせいで多少気が散るようだ。それでも早めに風邪薬を飲んだり、喉トローチをなめていることもあって若干は楽である。明確な抑うつ状態まではいっていない。

 新聞を読み終わった後は、17 時近くまで 2 冊の新書を読んだ。一冊目は、浜田和幸著の「ネット・ウォーズ - 世界情報戦争の読み方」というビジネス書。内容的にはインターネット革新によるビジネス変革がメインの内容だったが、なにぶん発行日が今から 5 年前なので、さすがに内容的には古い、としか言い様がない。現実の世界は本で予言した内容をはるかに超えて変革してしまっているのだから。ただ一部の内容については、現実の世界を言い当てている面もあって、興味深い内容だった。

 二冊目は岡崎玲子著「 9・11 ジェネレーション - 米国留学中の女子高生が学んだ「戦争」」という一人の日本人女子高校生から見た、アメリカ同時多発テロとその後のアメリカの動向に対する意見提起書である。普通の女子高校生が書いたとは思えない内容の濃さに驚いてしまった。彼女はかなり長い間アメリカに留学しているらしく、自分で物を考えるということに慣れているようだが、日本人の大人でも彼女にかなわない人が多いのではないかと思ったくらいである。

 これまで小説を読んでいたときはかなり疲れたものだが、今日は思ったほど疲れを感じなかった。図書館でのリハビリ訓練の中で一番長い時間を過ごしたのにもかかわらず、である。脳の回転が少しよくなってきたのかな、という気がしてきた。それとも本の内容が読みやすかったせいか。

 家に帰ってきてからは TV を観る。今日は「スタートレック・ディープスペースナイン」を観るのを止め、「機動戦士 Z ガンダム」を観てしまう。まあ映画観たり、SF ドラマ観たり、アニメ観たりと忙しいなと思う。とにかくジャンルを問わず映像物が好きなんだな、と改めて思う。

 夕食は微妙に味覚が狂っている感覚を受ける。不味くはないのだが、美味しいとも感じない。変な気分である。ちなみに昼食に食べたラーメンは気候が寒かったこともあって美味しく感じられたが。

 

5月14日

 昨晩の就寝時間は 23 時。昨晩も実にスムースに熟睡に入れた。朝まで熟睡できたようである。今朝は 8 時半に起床。気分はすっきりしている。喉の痛みも大分治まっている。徐々に体のリズムを慣らしていることもあって、土曜の朝だな、というのんびりした気分にさせてくれる。

 昨日の天気予報では午後から雨だといっていたが、今朝の予報を見ると雨は降らないようなので洗濯、掃除と進める。掃除も自分で言うのもなんだがそれなりに丁寧に行なったような気がする。

 掃除も物のついでにトイレと風呂場まで行なってしまった。意外と汚れている。しばらくまじめ掃除していなかった(というか行なう意欲がなかったから)からしょうがないけど。

 掃除が終わると食料の買い込みに出かけた。今日は特にビールと米がなくなってしまったので荷物がかさばる。原付自転車じゃないと無理である。

 いつもの土曜なら自転車に乗って運動するところだが、ここ毎日図書館に行くのに歩いていることと、のんびりしたかったので本日は運動は止めにしておく。

 もっとものんびりすると言っても「スタートレック・ディープスペースナイン」及び「スタートレック・エンタープライズ」を観たり、新譜 DVD の注文書を書いたりしているので結構忙しい。それなりにいろいろ活動している感じである。本当はぼーっとしている時間がほしいところだが。食事も昼、夜とも簡単だが自炊(昼は蕎麦を茹でて食べたし、夜は野菜炒めを作った)をしてしまった。食事は今日も美味しく食べられた。

 「スタートレック・エンタープライズ」は以前にも観ているエピソードだが、今月末から放送される日本初放送エピソードの発端となるエピソードなので再確認の意味で観た。「スタートレック・ディープスペースナイン」とともに連続した物語になっていくので記憶力が回復してこないと少々辛くなりそうである。最近は大分自信が増してきた気はするのだが、まだ完全ではないのでもう少し訓練をする必要はありそうだ。(訓練というか治癒といった方がいいかも)

 休職して以来、残業代がなくなってしまったので金銭の節約に努めてきたところだが、今回の DVD の新譜リストに DVD プレイヤーの販売の広告も載っていた。今使っている DVD プレイヤーに少々不満があるので、今の DVD プレイヤーが壊れていないのにもかかわらず、つい衝動的に注文書にプレイヤー購入の申し込みもしてしまった。うーん、少しずつ貯金が減っていく...。でも、元々の趣味の世界に興味が強く出てきたのはいいことだと思う。去年に TV 買い換えたのも単に元々使っていた TV が壊れたためでしかないし(それでもそのときの病状にしてはこだわったと思っているのだが)、趣味としての選択をあまりしていなかったので今回の欲望はうつからの改善の兆候なのかなという気がしている。

 

5月15日

 昨晩夕食時に久しぶりにビールのほかに焼酎を少し飲んだら(喉の消毒の意味で)、後で頭が痛くなって少々辛い目にあってしまった。酒に弱くなったのか、薬との副作用が強く出たのか。しばらく酒は缶ビールだけにしておこうと強く心に決めた。

 就寝時、掛け布団の厚さで少々悩んだ末、夏掛けを外した。ここのところ気温が低いとはいえ、どうも夏掛け、毛布、掛け布団と三枚かけると体が熱い感じだったためである。そのおかけで寝付きは良かった。

 その代わり眠りの浅さは少しあったようだ。特に早朝に顕著だったように思える。それで時計に目をやると 7 時少し前。平日と変わらない時間だった。トイレに行きもう一度寝るかと思ってベッドにもぐりこんだのだが、残念ながら目が完全に覚めてしまったので 7 時半には起床してしまった。休日はのんびり起床するという楽しみが奪われたようでちょっと悔しい。

 その代わり朝の時間にゆとりがあったので少しのんびりネットサーフィンができた。大したページを見てはいないし、ざっと斜め読みしているだけだから気も楽である。

 10 時少し前に買物に出かける。原付自転車の税金を払ったり、調味料を買ったりとやることが多いのであらかじめメモを持って出かけたが、それでも危うくクリーニングに出したコートの引取りを忘れるところだった。

 11 時前には家に帰ってきて少し TV を観る。夜だけかと思っていたら朝の 11 時半からも「スターウォーズ:クローン大戦 Vol.2」を放送していたのでそのまま観てしまった。これで夜は神経使わずともすむ。

 昼食は寒いのにもかかわらず冷麺を作って食べた。本場韓国だと寒いときこそ冷麺がおいしいということだが...。でも美味しかったのは確かである。

 今日も映画 DVD を観る気があったので「バッドボーイズ 2 バッド」にチャレンジ。少々ストーリー展開が判りづらくなるところもあったが十分に楽しめた。しかし観終わった後、頭が痛くなってきた。少々疲れたかな、という気がする。

 コーヒーを飲んでからは映画のレビュー書き。これも結構頭を使う。やはり疲れる作業である。何だかんだで 1 時間以上かかって書き上げた。なんだか土日も趣味といいながらリハビリしている気分になってくる。土日ぐらい何も考えず脳をゆっくりさせた方がいいのかなとも思うのだが。

 映画を観ていたとき音のバランスが少々気になっていたので、久しぶりにアンプの調整を行なう。調べてみると調整が狂っていた。正確に言うと部屋の物の置き具合とかで以前のときとバランスが変わってしまったのだろう。一応調整し直したが、ホットカーペットをしまう辺りで再度調整が必要かもしれない。

 頭痛が取れないが夕食は今日も野菜炒めを作る。自分でいうのもなんだが、今日は絶妙な仕上がりになった。ビールを飲みながら食べる野菜炒めはほっとするものを感じる。

 

5月16日

 昨晩は食後も何となく頭痛がしたままだったので、22 時半と早めにベッドに入った。寝付きはまずまずというところ。しかし、眠りの浅さは少々はっきりしていたようだし、目が覚めたのは朝の 6 時。トイレに行きたくなっての起床だが、ちょっと起きるのには少し早い。でもなぜか気分はすっきりしている。まだ時間があるから再度ベッドに入るが鼻水が止まらなくなってしまったので再度寝付くことなくベッドから起きる羽目になった。

 残念なことに頭痛が少し残っているが、気分はまずまずなのでいつものように朝食を食べ、会社へ向かう。今日は図書館を始めほとんどの公共施設が休みなのでリハビリが出来ない。ちょうどいいところに会社の福祉(財形貯蓄とか持ち株購入制度とか)の募集期間に当たっていたので、それの手続きをしようと思ったのである。会社からはその貯蓄等に対して年間 10 万円分の補助金額が出るので、それを財形貯蓄の足しとかに出るようになっているからその手続きをしておかないともったいない。でその手続きがここ 2 週間しか受付していないのである。本当は休職中会社に出てくるのは違反なのだが、仕事をするつもりは全然ないから出社リハビリの一環としてもいいかなと思っていた。

 しかし会社に来ると T 課長とかが「仕事して行きましょうよ」というようなことを言ってくるので、笑いながらも「仕事はしませんよ」と釘を刺しておく。実際 1 ヵ月半会社に行っていなかったら e メールが多すぎてメールサーバーの容量をオーバーしていたみたいである。とりあえず受信だけはしたが、一切目を通さなかった。

 会社について 1 時間ほど考えた末に会社から出る補助額の割り振り方を決定し、それで申し込みをする。それが終わったあとは久しぶりに都内をぶらつこうかなと思っていたのだが、まだ少々早いなと思って会社の PC のメンテナンスを始めたらハマってしまい、思わぬところで脳みそフル回転をさせる羽目になってしまった。ちょっと疲れた。

 結局メンテナンスは昼少し前までかかってしまったのでついでに会社の食堂で昼食をとってから都内に行くことにした。久しぶりの社食はやはり安い。なかなか外食だと食べにくい鯖の照り焼きを食べることが出来た。

 で昼食後は都内・秋葉原と神田の本屋街に出かける。秋葉原は特に何がほしいとかなくて、久々にぶらついて見たいなと思ったのだが、去年の夏以来出かけていないので、また街の様子が変わっているのに驚く。

 昨年の夏の時には生産完了で買えなかったオーディオ用アクセサリーがリニューアルして再販売していたのを発見したので、「ラッキー」と思いつつ購入する。

 しかし相変わらず少し頭痛はするし、喉の調子はよくないし(痛みはないが咳が止まらない)、都内をぶらついていると鼻水と目が痒くなってきた。また花粉の影響が出ているのかと思ってしまった。

 秋葉原の次は神田の本屋街に赴く。これには目的があって、僕の好きな「スタートレック」の出演者の自叙伝が発売されて、来週サイン会を行うという情報をキャッチしたので整理券を貰いに行ったのだ。運良く整理券は入手できた。ということは来週の夜、また都内に出かけることになるわけだが。

 夕方の帰りの電車も込んでいたが、朝の混雑に比べるとまだ少しゆとりがあるせいか、変な不安感は感じなかった。今朝の通勤時はやはり少々不安感を感じていたものである。

 帰ってきてからは脳の疲れは取れてきた感じなので「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞する。ちゃんと観ることができた。しかしかなりお腹が空いた状態で観ていたので多少気が散ったような気もする。

 

5月17日

 昨晩の寝付きは良くはないが悪くもなかった。最初どうも布団が暑い気がしていてまた寝付けないのでは ? といういやな予感がしてしまったのだが、ひどくなる前には寝付けたようだ。

 恒例の眠りの浅さは少しあったようだ。一瞬「寝ているのか起きているのか分からない」という思考が頭の中に浮かんだのを覚えているので少なくとも一回は意識が戻っていたのだろう。

 今朝はアラームがないと起きれなかった。昨日に比べると精神的に落ちているが昨日の朝はむしろ精神的に高揚しすぎのような気もするので今朝の方が普通といったほうがいいのかもしれない。やはり月曜は調子いいが火曜はテンションが下がる、という法則が働いているように思える。

 それでも精神的には安定している気はするのでいつものように、散歩、図書館通いとリハビリを続ける。

 今週は更に図書館にいる時間を延ばして、会社の定時退社時間まで読書をするということにチャレンジしてみるつもりである。まずは新聞を読み始める。少し頭がクリアではないせいか、最初はテンションが微妙に低い状態で読み始めたが、段々頭もすっきりしてくる。約 2 時間をかけてスポーツ欄以外はほぼ全ページを読みきった。(スポーツ欄は最初から興味がないのでパス)

 続いて新しい小説に取り掛かる。また福井晴敏氏の「月に繭 地には果実」という作品である。ここの所彼の小説を読み続けていたことで、段々彼のストーリー展開法が把握できるようになってきたこともあり、最初からとっつきやすかった。

 空腹感は感じているのだが、特に何を食べたいという強烈な欲求がなかったので昼食はまたまた豚丼を食べてしまった。でも牛丼が姿を消してから久しいが、別に豚丼でもなんら不満を感じない。いつだったか一日限りの牛丼復活日に行列をなしているというニュースが流れたが、そこまでする価値があるのかな、という気がする。

 午後も小説を読み続ける。昼一番は食後すぐということもあって少々集中力に欠けるが、時間が経つにつれてその集中力は増していく。ふと気づくと、16 時近かった。切りのいいところで小説を読むのを止め、今度はビジネス雑誌を読み始める。

 ただ、17 時に近くなる頃から少々集中力が欠け始める。脳が少し疲れてきているせいもあるが、ずっと同じ姿勢で椅子に座って読書しているので体が強張ってきてしまい、そちらのほうが気になってくるせいの方が多い。適当な時間に首を回したり腕をぐるぐる回したりはしているのだがあまり改善はしない。もう少し適当な休息(というか体操)を入れた方がいいようだ。

 それでも 17 時半という会社の定時時間まで読書は続けることが出来た。その後は総菜屋で夕食のおかずを買って帰る。スーパーの惣菜ではないので揚げ物以外のおかずも多く助かる。

 家に着いてからはどうしようかなと思ったが、一息いれてからやはり「スタートレック・ディープスペースナイン」を観てしまった。ちゃんと観ることができたのでよかったところだが、あまり無理しすぎてもという思いはある。

 夜もちゃんと空腹感を感じていたので夕食は美味しく食べられた。ここのところ毎日食べていたキムチ(賞味期限が少し過ぎていた)もすべて食べ終わり、一安心である。捨ててしまうのはもったいないし。

 

5月18日

 昨晩、夕食後日記を書いてネットサーフィンをしていたらかなり疲れが出てきた。お陰で寝付きはとてもよい。だが残念なことに途中夢を見てしまうとともに 3 時半にトイレに行きたくなって目覚めてしまった。最もトイレから戻った後は再び完全ともいえる熟睡に入れたのだが。

 今朝もアラームなしでは起床不可能。しかも昨日の疲れがなんだか取れていないような感じが少ししていた。ルボックスが効いているせいで気分の落ち込みはないが、昨日より更に少々テンション低めな状態での起床となってしまった。今日は夕方に「スタートレック」を観るの止めよう、と心に決めてしまった。でも後一話で切りのいいところなんだけど。

 今日はまた風が強く、気温も高めのようである。いつものように散歩をし、一度家に戻ってから再度図書館に出かけた。

 いつものように新聞を読み始めるが、やはり少々集中力に欠けている感はある。正確にいえば微妙に頭がぼーっとしているというか。今日の新聞は広告が多かったこともあって、1 時間半で読み終わった。その後は小説の続きを読み始める。この辺りからは頭もクリアになってくる。

 今日の昼食は、醤油ラーメンだった。なぜか昨日豚丼を食べ終わったあと、醤油ラーメンが食べたいと思ってしまったのだ。いつもはあまり行かない中華料理屋に行く。味はいいのだが店内がとても狭く、すぐ混雑してしまい窮屈な状態で食事をしなければならないことが多いのでちょっと敬遠気味の店だった。今日は少しゆとりがあったので、久々に入ることにした。醤油ラーメンは量も多く、なかなかのものだった。

 午後からはまた読書に戻る。あまり疲れを溜め込まないよう、途中トイレ休憩などを入れるように気をつけてはいたが、それでも物語に入ってしまうとつい長時間読み続けてしまい、疲れが出てきてしまう。16 時ぐらいになると、目が痛痒くてしょうがなかった。ちょうど小説も切りが良かったので、いったん休息を入れ、それから「アエラ」という雑誌に切り替えた。雑誌のトップに来ていた内容は、自分の世代には痛い記事だったが、まあしょうがないかという気もしていた。何せ一番最初に「うつ病で休職していた社員が復職したら役付きが下がっていた」という文章から始まるバブル入社組みの悲劇を描いた記事だったからである。

 17 時近くなる頃から時間の経ち方が遅く感じる。それでも今日も 17 時半まで図書館に入ることが出来た。夕食のおかず等を買って帰る途中は、何となく頭痛もしていた。

 そんな状態なので本当に今日は「スタートレック」を観ずに洗濯物をたたみながら脳を休ませていた。そしてそのまま夕食をとった。夕食をとっているときはほっと一息入れられた、という感じがする。

 

5月19日

 さすがに昨晩はこの日記を書くのが少々億劫な気分だったが、書き始めてしまうと何とかなった。しかしネットサーフィンを行なっていても目が再び痛くなるし、疲れがたまっているなという気がした。

 当然寝付きは良かった。あっという間に熟睡してしまい、朝のタイマーが鳴るまで完全に熟睡した状態だった。

 その代わり朝の起床は少々辛かった。ラジオの軽妙なやり取りには笑っていられるのだが、頭は重い感じがする。とにかく眠い。散歩に行ったときも体自体がこわばっている感じで最初どう体を動かしたらいいのかかすかに考えてしまった。

 そんなところだから、「今日は駄目かな」と思いつつ図書館に通っていたのだが、実際に図書館に入って新聞を読み始めると、むしろ昨日よりスムースに読めるぐらいである。ちょっと不思議な気がした。

 2 時間以上かけて新聞を読み終えた後は、いつものように小説に取り掛かる。といっても新聞を読む時間が長かった為、昼食の時間まではそうあるわけでもない。早々に昼食時間になってしまった。

 今日はカレーのチェーン店でラムカレーを食べた。なんでも最近ジンギスカンがブームになりつつあるようで、このチェーン店もラム肉を使ったカレーをメニューに加えたようだ。ラム肉特有の匂いは感じないので非常に食べやすかったが、さて、いつまでブームが続くことやら。ずいぶん前にモツ鍋ブームがあった時は、あっという間にそのブームも去ってしまったけれど。

 午後も小説を読み続ける。集中力が一番高くなる時間帯である。全 3 巻に分割されている小説の 2 巻目を読み切ってしまった。そこで次は「ダヴィンチ」という本を紹介する雑誌に手をつけ始めた。

 昨日もそうだったが 17 時近くなると疲労が出てくるみたいである。目が痛くてしょぼしょぼするし、集中力が欠け始める。しばしば首を回したりして疲労を軽減させながら今日も 17 時半まで読書を乗り切った。

 帰りはさすがに頭が放心状態だった。「疲れたー」という意識の中、家にたどり着いた。家に着くとほっとする。

 家に帰ってしばらくは何となく TV を見ながら休息に努めた。そのうちに空腹感を感じてくるので早々に夕食をとる。今日は暑くてビールがとても美味しかったこともあって、焼酎にまで手を出してしまった。でも今日は頭痛を引き起こさないようだ。食事も美味しかった。

 

5月20日

 昨晩ネットサーフィンし終わった後、時計を見るとドラマ 1 本分ぐらいの時間があることに気づいてしまったので誘惑に負けて「スタートレック・エンタープライズ」を観てしまった。こちらは幸いにも日本語吹き替え版だし、ゴールデンウィークのときに観たエピソードの再放送だったので鑑賞はかなり楽だった。

 昨晩も寝付きはスムースだった。しかし今朝は残念なことに眠りが浅くなり、また 6 時過ぎにトイレに起きる羽目となってしまった。今日は気分も高揚していないし、腰が痛くてまたテンションが下がっていた。腰が痛いのは図書館でずっと座っている事と無関係ではないだろう。

 更に朝食を食べると血流が胃袋に集中するためか、頭がぼーっとしてきて、何となく頭痛も感じていた。さすがに今朝は微妙に抑うつ入っているとしか言いようがなかった。

 今晩は実家に帰らなければならない用事があるので、着替え等の支度を行なっておく。今住んでいる賃貸マンションの契約更新時期が来ていて、これに保証人のサインとハンコが必要なためである。

 ということで荷物もあるので今日は原付自転車で図書館に向かった。いつものように新聞を読み始める。さすがに今日は読むのが少々辛い。疲れが残ったまま無理しているな、という感じで昼近くなっても頭がクリアになってこなかった。

 新聞をそれでも読み終えた後は小説の続きを読み始める。やはり集中力が落ちている。昼食の後の午後の読書で久々に睡魔が襲ってきて、つい昼寝までしてしまった。30 分ほど寝てしまったようだ。その後はしばらく頭の回転が鈍く、結局 17 時半までテンションがあがってくる事は無かった。

 図書館を後にすると実家に向けて足を向けた。帰宅ラッシュの時間なので辛いかなと思ったが、昼寝して体力が回復したせいか、電車に乗っているのも苦にはならなかった。

 実家に着くころになると、週末の開放感もあってかなり普通の状態に戻ってきていた。夕食も大量に食べてしまった。

 夕食後、住居の契約更新書に父に保証人の署名をしてもらう。とりあえずこれで今回の帰省の目的は達成できた。

 

5月21日

 昨晩は親とだらだら会話しながら過ごしてしまったため、就寝時間はいつもより 30 分遅かった。親が先日ベトナムに旅行に行っていたため、その写真とかを見せてもらったりしていたのた。昼寝をしたにもかかわらず寝つきは良かった。疲労が溜まっていたのだろう。

 残念な事に昨晩の睡眠も完全熟睡には至らなかった。3 時半にトイレに行きたくなって目覚め、その後しばしば眠りが浅くなっていた。ただその浅さはあまりはっきりしないものであったが。

 今朝の起床時間は 8 時 50 分。割と眠れたなという気はしていた。気分も安定しているし、疲れも大分取れている。朝食もまずまず食べられた。

 実家にいると当然やることはないので実家においてある大量の DVD を適当に見ながら午前中は過ごした。のんびりという言葉が正に当てはまる時間だった。

 昼食は蕎麦。かなりお腹一杯になった。美味しいのでつい食べてしまうのだ。食後のコーヒーも美味しかった。ベトナム旅行の土産であるベトナムコーヒーだったが、風味といい、味といい普通のコーヒーとはかなり違う。考えたら昨日の昼の居眠りもコーヒーを飲んでいれば無理やり起きていられたかな、という気もしてきた。

 昼食後一服してから自宅に向けて出発。電車に乗っていると天気も良いのでやはり眠気を催してくる。いつも思うのだが、何故電車に乗ると眠気が増すのか面白いところだ。

 自宅に着いてから不動産屋にそのまま足を向け、賃貸契約の更新を行なってくる。最近人と話をするのも苦にならなくなってきているのでちょっとした世間話をしながら契約更新の手続きを行なった。

 少し家で休憩してから病院へ通院する。例によりここ2週間の状態を話す。図書館でのリハビリを続けていることを話すと、「ずいぶん長い時間図書館にいますね。」という話の後、いろいろ主治医から質問があり、最後に「がちゃんさんとしてはどうですか、復職については。」という話が出てきたので、「来週も同じようにリハビリを行なった状態での判断をしたいけれど、何となく好不調の状態がつかめてきたような気はしますよ。」と返答した。主治医がそういう話を出してきたということは、ある程度復職しても大丈夫だろうという判断をし始めているのだろう。どちらにしても休職期間の診断書は今月末までとなっているので、復職するにしろ休職延長するにしろ診断書がまた必要になるので、次回の診察は来週にしてもらう。

 夕食のおかずを買って家に帰ると、数日振りに「スタートレック・ディープスペースナイン」を観た。7 年続いた作品のちょうど 3 年目の放送の最終話に当たるエピソードなのでかなりテンションが高い。話にぐいぐい引き込まれていった。

 夕食のおかずはいつものスーパーの惣菜なので格別美味しいものではないが、実家からもって帰ってきた炊き込みご飯は美味しかった。お腹一杯になり、満足である。

 

5月22日

 昨晩もいつものように 23 時に就寝。寝付きは良くもないが悪くもないといったところで、まあストレスにはならなかった。

 今朝の眠りの浅さは少しあったようだがかなりあいまいな状態だった。瞼を通して感じられる明るさからして 5 時以降らしい。

 今朝の起床時間は先週に引き続き 7 時。アラームもないのにきわめて自然に目が覚めた。もう 1 時間ぐらいと思ってベッドに横になっていたのだが目が覚めるとトイレに行きたくなるとかいろいろあり、ベッドからは 7 時半に離れた。それにしても平日だと 7 時起床が少々きついのに何故休日に自然に目が覚めるのか不思議といえば不思議である。

 朝早く目覚めてしまったので早々に洗濯、掃除と行なっていく。実家に帰ると、どうしても日曜日の時間的ゆとりがないような気がする。

 洗濯、掃除が終わった後は「スターウォーズ:エピソード 3 」のプレミア上映会の応募をせっせと行なう。Web サイトでの応募だったり、葉書による応募だったりといろいろあるので手間がかかる。当たるといいなと思いつつ、日程を観ると 6 月 18 日、土曜日の朝一番からの上映のようなので、もし当たっても体力的に大丈夫かなという気がしてきた。まだ週五日間のリハビリをしているだけでひいひい言っているのに...。その前に当たらない確率のほうが大きいけれど。

 その後は食糧を買い込みに出かける。たいしたものは買ってこなかった。例によりスーパーの惣菜である。

 昼食後は「スタートレック・ディープスペースナイン」のメイキング映像をすべて見てしまう。大体 70 分程度の分量だったのでさして疲れも感じなかった。

 その後、先日衝動買いをしてしまった DVD プレイヤーのセッティングを始めた。本当は来週ゆっくりやろうかなと思っていたのだが、部屋の中がかなり狭くなってついプレイヤーの箱を蹴飛ばしたりしてしまっているので、箱を片付けるために早々にセットすることにしたのだ。それでも一応オーディオ機器の使いこなしのテクニックにしたがって配線とかをするものだから少々手間取ってしまった。ここで先日買ったアクセサリーも活用した。でも新プレイヤーはなかなか良い。今まで使っていたプレイヤーでは途中でエラーの発生した DVD ソフトも楽々再生してくれる。また映画を観るのが楽しみになってきた。

 午後のコーヒーを飲んだ後は、洗濯物をたたむ。何かこの時間辺りから明日のことを考えて憂鬱な気分になってくる。まるで「サザエさん症候群」みたいなものである。

 その後は DVD プレイヤーで適当に映画のアクションシーンのみ見る。今まで使っていた機種より性能が上がっているから当然とはいえ、あまりの画像の美しさに息を呑む。それで今まで使っていた機種より値段が安いのだからデジタル家電の凄さを目の当たりにした感じである。だからメーカーの儲けが少なくなるのも実感できる。

 夕方に「スターウォーズ:クローン大戦 Vol.2」を見た後は夕食をとった。なんだか DVD プレイヤーの方に興奮してしまっているせいか空腹感も感じなかったが、まあ普通に食べられた。しかし、炊飯器で炊いた御飯、水加減が少し多かったようで少し水っぽい。失敗だな、と思った。

 

5月23日

 昨晩はシャワーを浴びた後、4 月に失敗した佐野元春のライブドキュメンタリーの再放送に備え、VHS と PC のセットを何回も確認していた。ふと何気にスカイパーフェク TV の信号受信レベルを確認してみると、なんと基準値を大幅に下回っていることが分かってしまった。先日上の階の住人の浴室の足拭きが落下してきたのを思い出して、それでアンテナの位置がずれてしまったのではないかと思い、慌てて再調整を行なった。せっかくシャワーを浴びてさっぱりしているのにまたベランダで作業しなければならないというのも情けなかった。

 そんなことをやっているからちょっと疲れたかなと思って 22 時過ぎにベッドに入ったのだが、そんな早く寝られるわけはなかった。何回かトイレに行き、寝付いたのは 23 時半頃だったように思う。

 恒例の眠りの浅さはいつもより多かったかなという気がする。PC のファンの音を気にせず寝られるようにと思ってした耳栓がその感覚を強くしたようだ。しかも朝はやはり 6 時ごろトイレで目覚め(正確には体は目覚めつつあるが脳は半分寝たまま)、後はすっきりしないまま起床時間を迎えた。ラジオのヴォリュームを大きくしておいた為、ちゃんと起きることは出来たが、朝食もあまりすっと入っていかなかった。

 お陰で TV の録画は今回は成功した。とりあえずほっとする。

 今朝もいつものように朝の散歩を行ない、いったん家に戻って少しネットを見てから図書館に向かう。考えたら PC の電源を昨日の朝から入れっぱなしだった。電気の無駄遣いだ、と思ってしまった。

 図書館に着いていつものように最初は新聞を読む。じっくりと 2 時間かかった。睡眠の質が良くない割には集中力は悪くない。新聞を読み終わった後は少し休憩を入れてから小説を読み始める。

 昼食は特にこれっというのがなかったのでチャーハンを食べた。量が多くて満足したのだが、かえって後でお腹が苦しくなり少々難儀した。

 午後も小説を読み続けた。しかしそれにしても図書館の中は外気より暑くて喉が乾いて仕方なかった。途中何度も冷水を飲みにいったくらいである。ますますお腹が膨れて苦しくなってくる。

 読書の途中会社から電話があって来週の月曜に診断書を持ってきてほしいとのことなので、了承する。

 小説は 16 時過ぎには読み終わったので一呼吸入れて週刊文春を呼んで残りの時間を過ごした。今日も夕方になると多少文字を追うのが辛くなる場面もあったが、先週ほどではない。今日も 17 時半には図書館を後にした。

 スーパーで夕食のおかずを買って家に帰ってしばらく休憩してから夕食をとる。散々喉が乾いていたこともありビールの美味しかったこと。350ml 缶じゃなくて 500ml 缶だったらなお良かったのにと思った。

 夕食後はこの日記を書きながら録画した佐野元春のライブドキュメンタリーを見た。正確には音だけ楽しんでいたのだけど。何か 2 月のライブの興奮がよみがえってくる感じである。むしろ今の方が興奮度合いが高いのかもしれない。今考えるとライブに行くのに無理に脳のエネルギーを使っていたように思う。でも行ったことはいい思い出だと今でも思う。

 

5月24日

 昨晩は就寝しようとすると腹痛が襲ってきて 2 - 3 度トイレに行く羽目になった。考えたら日曜、月曜と何となく便秘気味だったところに昨日大量に水分を取った為、腸の動きが活発になってきたのだろう。その割にはすっきりしないまま就寝することになったのだが。

 睡眠の質は悪くなかったと思う。明け方少し眠りが浅くなっていたが、自分の体内時計では何となく 6 時過ぎぐらいから徐々に眠りが浅くなっている感覚だった。少なくとも昨日より気分良く起床できた。朝食も昨日よりは食べやすい感じであった。

 今朝は気候も良く、散歩も気分がよかった。しかし、歩道のあちらこちらに犬の糞が落ちているのが目に付き、顔をしかめてしまった。マナーのなっていない人が多いんだな、と改めて思った。

 今日もいつものように図書館に行き、まずは新聞を読み始める。今日は最初の 1 時間ほど集中力に欠けていたようだ。幼い子供(赤ちゃんぐらいかな)が甲高い声で歌っているのか何かしゃべっているのか分からないが、それに気を散らされてしまったのが大きな要因である。最もその程度で集中力がそがれるということは今日は多少不調なのかもしれない。

 結局新聞を読み終わるまで 2 時間 15 分もかかってしまった。その後は、買ったはいいが全く読んでいなかったオーディオ雑誌に手をつけることにした。

 昼食にカツ丼を食べ、満足な気分で図書館に戻り、読書を再開すると、猛烈な睡魔に襲われた。脳の多少の不調に加え、館内の室温の高さと、満腹感がこの強烈な睡魔を呼び込んだようである。それでも今日は何とか居眠りする一歩手前でとどまることが出来た。最もその間に読んでいた記事の内容はあまり印象にないのだけど。

 何とか眠気が去るとようやく集中力も戻ってきて、オーディオ雑誌もそこそこ読むことは出来た。今日も何とか 17 時半まで乗り切ることが出来、ほっとする。

 図書館を出ると雨が降っていたので折り畳み傘を差して家に帰った。歩くのは辛くないのだが、頭はやはり眠気が残っているみたいである。今晩はぐっすり眠れるかなと思う。

 夕食も美味しく食べられるので、その辺は安心できるところである。

 

5月25日

 昨晩は昼間の睡魔のこともあったのと眠気が増していたので 22 時半過ぎにはベッドに入ってしまった。寝付きは良かったのだが、起床時間まで熟睡というところまではいかなかった。5 時ごろトイレに行きたくなり、ベッドから離れざるを得なくなった。実のところ尿意さえ催さなければ眠りが浅くなってもそのまま寝ているのが望ましいのだが、尿意が強くなるとそうもいかなくなる。トイレの後、再度ベッドに入るが、しばしば眠りが浅くなり、時間が長く感じられた。

 その割には朝のラジオの目覚まし音にびっくりしてしたぐらいだから、その時間は熟睡状態になっていたのだろう。眠いし、何となく頭も重いが、気分自体は悪くない。朝食も思ったよりすっと入っていった。

 恒例の朝の散歩をしている最中、朝の薬の服用を忘れていたことに気づいた。僕にしては珍しいことである。20 分強の散歩の後、家に着いてから早々に薬の服用をした。

 今日も復職リハビリの為、図書館に通う。いつものように最初は新聞に目を通す。今日は昨日と違って集中力もまずまずのようだ。しかし、好不調の波がどう来るのか良く分からん。今朝なんか早朝覚醒状態なのに昨日より調子いいなんて不思議である。

 日中関係の悪化の新聞の記事を読んでいて、なんだか小泉首相も中国側も子供の喧嘩をやっているような気がしていた。もう少し大人の対応をしてくれよ、と言いたくなってくる。

 新聞を読み終わると、昨日の続きでオーディオ雑誌を読み始める。実際オーディオ雑誌を読むと言っても自分に興味のある記事もあれば、ない記事もあるわけで、興味のない記事を読むのにはより多くの集中力を必要とする。昨日の午後眠気を催してきたのも一つにはあまり興味の涌かない記事だったせいもあるもかもしれない。

 昼食に盛岡ラーメン(今日は薄口醤油味)を食べ、また満足してしまう。前回の濃口醤油味に比べ、当然のことだが、あっさり度が高く、美味しさが増しているようである。

 午後もオーディオ雑誌を読み続ける。しかし、途中子供たちの騒ぎ声や、図書館員にクレームつけている若者(だと思うのだが...。この人毎日いるんだけど...。服装もだらしないし...。)のイラツキ具合に少々リズムを乱される。特にその若者に対しては思わず「僕の方がお前にクレーム入れたいよ」と思ってしまった。

 今日は 17 時 20 分に図書館を後にし、都内・神田の書店街に向かって出かけた。今日は「スタートレック・宇宙大作戦」にミスター・加藤役(原語ではミスター・スールー)で出演されていたジョージ・タケイ氏の自叙伝発売記念サイン会があるのでサインを貰いに行ったのだ。先週予約は入れておいたので本を買って、列に並ぶ。自分の番が来て、いつも TV や DVD で観ているご本人を前にするととても興奮する。少し会話を交わし、サインをしてもらい、更に写真も一緒に撮ってもらって最高の気分である。

 帰りの電車は当然帰宅ラッシュに巻き込まれるのでぎゅうぎゅう詰めだったが、不思議と今回は変な不安感を感じなかった。会社に行くときのラッシュ時だけの症状なのかな、と考えてしまった。

 サイン会に行った為、夕食の時間は少々遅くなってしまったが、その分美味しさが増した気がする。

 

5月26日

 昨晩はネットサーフィンを適当にしておこうかなと思ったのだが、気がつくと定番サイトはいつものように全部目を通してしまっていた。「いかんな、これでは疲れからの回復に支障出るぞ」と思いつつ止められないのは、僕の一度はまりだすとそれに集中し続ける、という癖のせいなのだろう。

 そんなわけだから昨晩の睡眠はなかなか良かった。寝付きはスムース出し、ほぼ熟睡状態のまま朝の目覚ましラジオが鳴り出すまで寝ていることが出来た。むしろ目覚ましラジオが鳴ったとき「眠いよー。もっと寝ていたいよー」という状態だったくらいである。こういうときにはまず徐々に起きようと努力しながら自分の朝の気分を探っていく。脳が睡眠を欲求しているのは確かだが、気分は安定しているのでとりあえず大丈夫だろう。朝の支度をしつつ洗濯もしておく。なぜか分量が異常に多くなってしまった。

 朝食もきちんと食べられ、いつものように散歩をする。朝散歩をするには一番いい季節ではないだろうか。青い空に煌々と輝く太陽、さわやかな風は気分をよくさせてくれる。

 今日も図書館リハビリを続ける。図書館に向かう際には何となく頭が重く、大丈夫かなという気がしていたが、実際に図書館について新聞を読み出すと、割と集中力が高かったようだ。ただ、今日の新聞の記事の量が多かったせいで、新聞を読み終わったら、昼食の時間になっていた。

 昼食にマーボー丼を食べ、午後からは昨日買ったジョージ・タケイ氏の自叙伝「星に向かって」を読み始める。ジョージ・タケイ氏はその名の通り、日系アメリカ人であり、太平洋戦争時には、強制収容所に閉じ込められていたそうである。ここのところの日中関係でよく中国が「日本人は戦争の反省をしていない」と喚いているが、この本を読むと、アメリカも日本人に対して同じ事を行なっているのに気づく。うまく言えないのがもどかしいのだが、結局戦争に勝った国が正義だという無理な考え方がそもそも誤解を招いているのではないかなと読んでいて思った。

 さすがに本は単行本なだけあって重く、肩は凝るは、腕は痛くなるはで読むのに難儀してしまったが、かなり本の中に入り込んでいたように思う。

 集中して本を読んでいたせいか、定時の 17 時半を迎える頃にはちょっと疲れたかなという気がしていた。まあこれで明日調子が悪くなければいいのだけれども。

 家に帰ってきてからは洗濯物をしまいつつ、ニュースを見ていた。美味しいラーメン屋の特集をやっているのでお腹が空いてくる。でもいくら美味しいラーメン屋でも、並んでまで食べに行きたくはないなと思ってしまうのだが。

 そんな空腹状態だから、夕食は今日も美味しかった。少し食べすぎかなと思ったが、胃にもたれる感じがないから思ったほど量は食べていないのだろう。

 

5月27日

 昨晩もネットサーフィンをしていたら脳が疲れてしまったので、少しだけ早く就寝した。寝付きは良かった。朝の眠りの浅さは 1 回だけあり、そのときトイレに行きたいという生理的欲求も感じられたのだが、今回は睡魔の方が勝っていたようだ。トイレに起きることもなく、目覚ましラジオが鳴り出すまで寝ていられることが出来た。今朝の気分は可でもなければ不可でもなく。でも朝食は美味しく食べられたからよしとしよう。

 それでも何となく週末の疲れが出ていたように思う。図書館での新聞読みの集中力も、最初の 30 分は少々低めだった。今日も 2 時間かけて朝刊を読み終わった後、昼食までの時間、昨日の夕刊にも目を通してみたが、いい加減新聞を読むのにも多少の拒絶感を感じていた。

 今日の昼食は、固焼きそばだった。以外に美味しかったので満足したが、「後半日...」と思うと少々億劫感を感じた。

 午後からは、「星に向かって」を読み始めた。読み始めると意外と本の中に入っていける。ちょうど 1 章分を読み終わると 1 時間半程度の時間が経過していたので、そこでトイレ休憩などを入れて、今日は2章分読み進めた。

 残りの時間は、少し前の週刊文春を読んで時間を過ごした。若干文章に焦点が合わなくなるときがあったが、先週ほど疲労を感じることはなく、今日も 17 時半まで読書をすることが出来た。かなりほっとする。

 今日は明日の昼食の分まで考えて、スーパーで買物をした。少しのんびりしようという思いがあったからだが、荷物が多くなってしまい、歩いて帰るのには少々難儀だった。

 家に着いてからは TV を観て、それから夕食を食べる。疲れた身にはビールの一口が心地よいものだった。御飯のおかずにキムチを食べることが多いのだが、これも美味しかった。野菜不足になりがちなので、キムチを食べるのは有効かなと思っている。

 

5月28日

 昨晩も疲れていたためか寝付きは良かったのだが、深夜 2 時と 6 時半と 7 時半に目が覚めてしまい、トイレに行く羽目になってしまった。幸いその目が覚めた時間以外は熟睡できていたので 8 時の起床時間時に不快な気分を感じることもなく、穏やかな週末の朝を迎えられた。

 洗面等を行ない、さて朝食でも食べようかなと、ふと冷凍庫を見ると食パンがなかった。そういえば昨日帰りにスーパーで何か買い忘れているなと思っていたのだが、食パンを買い忘れていることに気づかなかった。薬を服用するにはちゃんと食事しないとという思いがあったので、思いもよらず近くのコンビにまで散歩がてらの朝食買いに出かける羽目になってしまった。いつもトーストなのでたまには菓子パンを朝食にするのもいいかなと思って蒸しパンを買って食べた。

 今日も洗濯を行なうが、なぜか量が多い。我ながら驚いてしまう。

 部屋の掃除を行った後は、ホットカーペットを外し、畳風のござに変える作業を行う。部屋の中が散らかっている上に未だ去年まで使っていた PC が部屋の一角を占めていたりするので、かなり大汗をかいてしまった。ついでに押入れの整理も行なうが、こちらも荷物が多すぎで整理がつかなかった。そのうち何かを捨てないと。

 掃除が終わるとのんびりネットサーフィンを行なう。あまり頭を使っていないから疲労度はほとんどない。しかし、イラクで捕虜にされた斎藤さんの死体映像らしきものを見てしまい、ちょっといやな気分になった。

 昼食を食べ午後からは「スタートレック・ディープスペースナイン」を鑑賞した。いつもは 1 時間番組なのだが、今日観たエピソードは 2 時間エピソードなので、少々疲れた。しかし TV ドラマにしては迫力のある戦闘シーンはあるし、なかなか面白かった。

 洗濯物を取り込んだ後、病院に出かける。今日は復職可能か、まだ休職続行かを主治医と判断しなければならなかった。今週の状況を話した後、結論としては、もう少し休職続行となった。復職リハビリでやらなければ、といいつつ行なっていない通勤時間帯への会社への通勤リハビリをやっていないことがその要因で、それをもう少しやってみてからにしましょうということになった。会社の産業医からも「主治医の判断が絶対ですよ」と言われていたこともあるので素直にそれを受け入れることにした。一応 6 月末までの休職延長となっているが、状況次第では短縮もありである。来週から試してみるか、と思った。ただ、今の休職状態が有給休暇消化状態なので、それが少なくなってくるのには一抹の不安は感じるが。せめて、来冬に風邪引いたときとか、復職後疲れが出始めた時に休める程度の日数は残しておきたいのだが。(現在の残り日数は 40 日。実際主治医が復職可能の診断書を出しても会社の手続きで 1 - 2 週間は余計にかかってしまうから 6 月一杯休んでしまうとちょっと苦しい)

 今日の夕食はワンパターンの野菜炒め。とは言うものの平日スーパーの惣菜の濃い味に飽き飽きしている身にしてみれば、野菜をたっぷり取れるし、簡単に作れるからいい料理だと思う。

 夕食後、両親に休職期間延長の電話を入れておいた。最初の方はうつ病のことを理解してくれないからあまり電話したくない気持ちの方が大きかったのだが、今日の電話では、「ゆっくり病気を治しなさい」と態度が変わってきていた。一つに電話から聞こえる僕の声が元に戻ってきているというのが親にも感じ取られているから理解し始めたのではないかと思う。

 

5月29日

 昨晩いつものようにネットサーフィンをしていたら疲れてきたのでシャワーを浴びて頭をすっきりさせた後、どうしようかなと思っていたが「スタートレック・エンタープライズ」を結局観てしまった。日本語吹き替えとはいえ、ちょっと疲れたままでの鑑賞だったので、観るというよりは見るに近い感覚だったように思う。

 当然寝付きは良かったが、朝の眠りの浅さは多少あった。大分寝たな、と思ってトイレに行きたくなったので目を覚ますと、まだ 6 時半だった。またまた日曜なのに早起きである。一度トイレに起きてしまうと、腹痛がしてきたりしてなかなか再度の眠りにつくことが出来ない。それでもトイレに行ったりベッドにもぐりこんだりを繰り返したりしているうちに完全に目が覚めてきたので、7 時 40 分ごろには完全に起きてしまった。

 朝食は美味しく食べられることが出来た。朝食が美味しく食べられるときは大体睡眠が足りているときが多い。そういう意味では昨晩の睡眠の質は良かったのだろう。

 午前中は買い物に行くこと以外やることもなかったので、だらだらネットサーフィンをしていた。どうもネット上では最近南関東に近日中(正確には 27 日 ± 4 日)に巨大地震が起きるという噂で持ちきりのようだ。その情報源は八ケ岳南麓天文台の串田嘉男氏によるものらしいのだが、確かに去年の新潟中越地震といい、タイの大地震といい、少々物騒なので気にはなる。

 そんなわけで今日の買物も昼夕食の食材の他に念のため、お茶の 2l ペットボトルを 2 本と乾パン風のクラッカーを買っておいた。もちろん何事もなければそのうちお茶なんか飲んでしまえばいいだけだし、クラッカーも週末の午後のお茶菓子にしてもいいくらいの感覚である。幸いにお茶のペットボトルが 1 本 150 円と 500ml のペットボトルの値段と変わらないのも買う気になった一つではある。

 ついでに 100 円ショップで DVD の収納ボックスも 3 個買い、少し部屋の片付けをしてみる。改めて観ていない DVD の多いことに頭を抱える。

 DVD の整理をした後に「スターウォーズ:クローン大戦 Vol.2」を観る。今日の放送分が最終回なので毎週見る番組が一つ減ってちょっと気分が楽になる。

 昼食を食べたあとは映画 DVD を観る。昼食前には昼前少し眠気が出ていたので大丈夫かなと思ったが、最後までちゃんと観ることができた。ただしまじめに英語字幕を読んでいたかというと、ノーである。今日観たのは「戦場のピアニスト」という作品で、一度映画館で観たことがあるから大雑把なストーリーは分かっているというのもあった。それよりこの DVD、新しく買い換えた DVD プレイヤーだと再生できるので驚いた。確か去年だったか今年の初めだったか観ようと思ったときに途中で再生できなくなって観るのを断念していた作品だから悔しかったのだが、新しいプレイヤーでは何の問題もなく再生していた。これは嬉しいことである。

 英語字幕を真剣に読むことなく、映像と音響に身をゆだねてみていた為、2 時間半という長い作品だったが、疲れを感じることもなく楽しめた。(作品自体はかなり重たいテーマだけど。ナチスドイツのホロコースト物なので) ただ、観ている途中で変な勧誘が自宅に来て、映画を観ている流れを中断されたのには少々腹が立った。

 DVD を観終わった後はコーヒーを飲んでから映画のレビューを書く。時間は結構かかったが、あまり疲れは感じなかった。

 そうこうしているうちに夕食の時間になったので今日も野菜炒めを作って食べる。今日も美味しい。昨日と少しだけ味付け変えたので飽きもこない。食後の食器洗いは面倒だけど。

 

5月30日

 昨晩は軽くネットサーフィンをして寝るまでのんびりしようかと思っていたら、某巨大掲示板の書き込みが非常に多くて、読んでいるだけでかなりの時間を費やしてしまった。結果、寝る時間はいつもより少し早い程度だった。

 寝付きはいまいちの感があった。また、眠りの浅さが多かったように思う。幸いなことに尿意を催すことがなかったのでベッドから出ることなく寝ていられることは出来た。それでも体内時計の感覚は狂っているようで、大分寝たなと思っていても実は外の物音からまだ 6 時前だったりしていたようだ。

 朝の気分はあまりいいとはいえなかった。ラジオのお笑い部分を聞いていても今ひとつ面白くない。それでも朝食はしっかり食べられた。

 今日は休職延長の診断書を人事に届けに行くために、7 時 40 分という通常勤務の時間帯に家を出て、通勤リハビリを行なった。朝から雨降りだった為、通勤経路が多少平日と異なってしまっていたが(普段は原付自転車で一番近い駅に行って電車通勤を行なうのだが、雨のときは近所のバス停からバスに乗って電車の途中の乗換駅まで行くというスタイルをとっている)、やはり前回と同じく、妙な不安感に襲われる。

 朝一番で人事に休職延長の診断書を届け、自分の職場に顔を出す。T 課長に「 6 月も休職します」と一言言っておきたかったのと、5 月の給与明細を見ておきたかったからである。5 月の給与明細は、成果主義による昇給額が分かるので気になっていたのだが、予想通り、昇給額 0 円だった。ある程度覚悟はしていたが、やはり意気消沈してしまう。それでも社内では下っ端のおかげでマイナスになっていないだけマシと思わないといけないなと思う。多分 40 代後半のおじさんたちはマイナスの昇給額になっている人もいるのだろうし。

 せっかく会社に来たので久しぶりに顔なじみのところに顔出しして多少無駄話をしていく。今まであえて避けていたのだが、今後は少しその辺もリハビリとして行なっていかないといけないかな、と思う。

 会社を後にして今日も図書館に向かう。図書館に向かう途中からまた妙な不安感に襲われ始めた。あまり深刻なものではなかったものの、それでもその不安感は昼食後に飲んだワイパックスの効果が出てくる 15 時ごろまで残っていた。また、家に帰った後、妙に変な感覚を背中に覚えていた。不安感に影響されているようだ。

 図書館に着いたのは 10 時 45 分だったが、運良く毎日新聞が残っていたので、そこから 2 時間きっちり目を通す。この辺の集中力はまずまずのようだ。

 午後は先週に引き続き「星に向かって」を読み続けた。16 時半には読み終わってしまったので、後は「アエラ」を 17 時半まで読んで図書館を後にした。

 相変わらず雨は降っていたが、降り方は弱くなってきていたので、帰りは歩いて家に帰宅した。

 幸い食欲は昼も夜もあったのでその辺のところだけは一安心である。早く復職できるに越したことはないが、今日の変な不安感を感じると、まだ 6 月一杯まで休職期間はあるから慌てずリハビリして行こうと思い始めていた。(でも前に書いたように来冬とかに風邪引いたときが厳しくなりそうなのが心配だが)

 

5月31日

 昨晩の寝付きは今ひとつだった。妙な感覚を背中に感じていたのと、趣味の世界のことを考えていたからである。何か相反する要素だが、事実なのだから仕方がない。

 いつもの眠りの浅さもあったし、目覚めたのは 6 時過ぎ。尿意を覚え一度ベッドを離れてしまうともう眠れなかった。それでも昨日に比べるとラジオを聞いて多少は可笑しさを感じたので、まだマシだろう。朝食はちゃんと食べられることが出来た。

 今日も通勤リハビリを行う。やはり妙な不安感に襲われる。幸いなことに、今朝のバスは運行状況の遅れからか、ガラガラのバスに乗れたので不安感も多少は弱かった。会社まで行き、職場で M 部長に挨拶をしてトイレに行き、それからいつものように図書館に向かった。

 今日はわずかの差で毎日新聞を取られてしまったので朝日新聞を読む。昨日と同じく妙な不安感は持続していた。ただ昨日よりは弱いかな、という感覚はしていたものの、段々自信をなくしはじめていた。

 昼はラーメンでも食べようかな、と思っていたが店が混んでいたのでマクドナルドのハンバーガーに変更。コーヒーを飲みつつハンバーカーの味を楽しんだ。

 午後は、買ったものの全く読んでいなかったオーディオ雑誌を読み始める。幸いなことに今日の集中力は割と高かったので、興味のない記事でもさほど苦にはならず読むことが出来た。しかし、妙な不安感はまだ少し持続していた。

 15 時過ぎになると、不安感がなくなってくる代わりに肩や背中に違和感を覚え始めた。ちょうど休憩時間にしようと思っていたので、外に出て首を回したり、腕を回転させたりして体をほぐす。朝のうち降っていた雨も昼には止み、この時間になるときれいな太陽が顔を覗かせていた。そのとき、急に自信を取り戻し始めた。妙な不安感も、しばらく会社に通勤していないがためのストレスによるものだろうから、少しずつ慣らしていけばいいんだと思いついた。

 今日も 17 時半に図書館を後にし、夕食を買って家まで歩く。MP3 プレイヤーのラジオから流れる曲が心をうきうきさせてくれることにふと気づいていた。

 今日も夕食は美味しく食べられることが出来た。