うつ病日記2005年8月分

8月1日

 昨晩の夕食後は、大分腰の痛みも収まってきたし、腹痛も感じなかったので、軽くインターネットの掲示板にちょっかいを出したりしながら早めにベッドに横になった。昼寝しているからどうかな、と思ったが、体調不良のせいもあってか、日曜の夜にしてはあっさりと熟睡に入ってしまった。

 今朝はトイレ起床があったが、起きたのは 5 時 45 分。その後また寝てしまい、通常の起床時には眠くてしょうがなかった。もう少し寝かせてくれ、と心の中で思っていた。

 背中の痛みも相当軽くなり、腹痛も感じなかったので、今日は大丈夫かな、という気がしていた。それでも一応途中で具合が悪くなったときのことを考えて、ビオラクミンも薬入れに入れておいた。

 会社に着くと、割と仕事に対する意欲が涌いているのを感じた。とは言うものの月曜にしては早くも疲れ気味。今日は適当にしていよう、と思っていた。

 月初めということで事業部の総合朝会に出席をした。販売速報を見ると、確かに業績がよくない。色々締め付けがあるわけである。

 朝会の最後に「今後月一回、職場懇談会を開催してください。」というアナウンスが人事から流れた。トップの方針が末端まで浸透していない、という理由だったが、心の中ではちょっと違うだろ、と思っていた。トップの方針が自己保身的で、その強さが感じられないから社員のモラルが下がるんだろ、と考えていた。どちらにしても、課長職が主体となって懇談会を開催し、その報告書をまとめるということだから、課長職も大変である。

 午前中は「社内のコスト削減提案活動」の資料作成を続ける。ここまで時間がかかると、はっきりいって僕の人件費でコストダウン代が吹き飛びそうだが、少し部課長職の僕に対する印象を変えるにはいいかな、と思ってあえてきっちりした資料作りを続けた。調べると色々面白いことが分かってくる。

 今日は、午前中も午後も時々軽い腹痛を感じたが、むしろ空腹感を感じることの方が多かった。これでこのまま体調が回復するといいのだけれども。

 そんなわけで昼食はおいしく食べられた。豚の天ぷらを酢のあんかけ風にしたもので、一応野菜もそれなりに添えられているからまずまずだろう。そういえば、先日 6 月に受けた健康診断の結果が出てきたが、うつ病を患っている以外、何の異常もなく、ちょっとほっとしていた。

 午後になったら、営業企画の D さんが、自分のノート PC にカード型 PHS を導入したいから手伝ってくれ、と言ってきた。PC のハードディスク暗号化ソフトの導入も行なわなければいけないので、ついでだと思って手伝いを始めた。

 しかし D さんのノート PC の状態を見たらひどいものだった。本来なら今年の 2 月に導入していなければならない PC 管理用ソフトも入っていないし、会社指定のウイルス対策ソフトも入っていない。カード型 PHS の設定自体は簡単だったが、当の本人がどこのプロバイダに接続するのかが分かっていないからその先はいくら PC オタクの僕でも対応不可。結局様々なソフト導入をする羽目になり、ひどい目にあってしまった。その代わり PC のハードディスク暗号化ソフト導入の手続きが進められそうではあるけれど、先が思いやられる。

 一方社員の携帯電話の紛失も多いから、そちらのチェックもしなければならず、それにまた D さんも関わっているから無理やりパスワード設定をさせてしまった。手間のかかる人だ。

 そんなことばかりやっていたから、結構疲れてしまった。昼休みに軽く昼寝したからよかったが、そうでなかったらどうなっていたか。

 そんな作業をしているときに E さんとヒソヒソ話をしていた。こんな状態になってしまったのは間違いなく R 課長と S さんの間がうまく行っていなかった(今でもそうだけど)からで、責任度合いからいえば R 課長に非がある。そんなことを色々話しつつも E さんも話し好きだから人の噂話はよく知っていて、S さんの病気のこともよく分かっている様子。だから二人して S さんをあまり非難をする会話にはならなかった。

 まだ正式に残業規制は解禁されていないし、9 月まで残業代は 0 円だから今日もとっとと定時で帰る。家に着いて少しベッドに横になって背中を伸ばした後、おいしい夕食にありついた。

 

8月2日

 昨晩の夕食後、しばらくして腹痛も感じないまま、また下痢に陥っていた。またビオラクミンの世話になってしまった。このビオラクミン、整腸薬の働きとともに胃薬の役割も果たすようだが、匂いがまるでビタミン B を含有するビタミン剤のようである。

 ビオラクミンのお陰で深夜(多分 3 時ごろだと思う)のトイレ起床は小便だけで済んだ。

 今朝も朝は眠くてしょうがない。気分はフラットだが、とにかく「もう少し寝かせてくれ ! 」である。脳だか体だかが睡眠を欲求しているのだろう。ふらふらしながら起きて身支度をし、食事を済ませ、薬を服用する。

 会社に着いてからもローテンションなのだが、まあ頭は回転しているし、行動自体が出来ないとかしたくないというわけでもない。ただ何となく腹痛が気になったりするところである。午前中は営業企画の D さんの PC を勝手にチェックし、セキュリティ状況を確認していた。勝手に確認できるということは、会社の方針である「 PC の起動時にパスワードを掛けるように。」という指示を守っていない証拠である。見ればウイルス対策ソフトは昔のヴァージョンのままだし、ウイルス感染の履歴を見ると、つい最近も大量にウイルスに感染した記録が残っている。一番困るのがこういう中途半端に PC に詳しい人である。さあどうしようと思ったが、とりあえず今日は手を付けるのを止めておいた。周囲の人と、「この人最強(再凶のほうが正しいか)だよ。」しゃべってしまうしかなかった。

 そうこうしているうちに PC のセキュリティワイヤーが届くので全員に配り、取り付けてもらう。色々雑用が多くてそれだけで午前中は終わってしまった。

 昼食はまずまずおいしく食べられた。整腸効果を狙って、きんぴらごぼうの小鉢もサイドメニューにつけたりした。もちろんビオラクミンは服用しておいた。

 午後一番で M 課長に呼ばれたので「何だ ? 」と思っていたら、昨日の朝会で出てきた職場懇談会の運営をやってほしいと言われた。でなんで僕にその話が来たのかというと、M 課長自身も最近の情報セキュリティ関係の動向に振り回されていて本人の PC スキルも低いから、僕に職場懇談会を通じて、課内の PC スキルを上げる取り組みを行なってほしいということで、話を振った来た様だ。そういう話ならまあ嫌々行なう仕事ではないから、引き受けることにした。

 とはいうものの 8 月から早速行なわないと行けなく、しかも毎月開催だから、どう話を展開していかないといけないかを午後は考えていた。会社での話だけだとピンと来ないから、家庭で PC を使うことも想定して情報セキュリティの話を展開させていった方が分かりやすそうだという考えが浮かんできて、その方向で進めて行こうと決めた。

 午前中はどちらかというとトイレに行くのは大便の回数が多かったが、午後は小便の回数が多かった。どちらにしても自律神経が狂っているのと、ストレス過敏になっているからだが、トイレに行く回数が多いものだから隣にいる派遣の F さんが、僕が彼女の背後を通るのを嫌がって、「私の後ろを通らないでください。」と言われてしまう。こちらも好きでトイレに行っているわけじゃないんだけど...。そもそも今回の引越しで、戸棚と、机の間のスペースが減ってしまい、人が通りにくくなったのも気に障る要因なのだが、少々がっくりしながら回り道をして自分の席に戻るように心がけた。

 夕方は疲れたので、営業企画の E さんの PC をメンテしていたのだが、何せ CPU が Celeron の 600MHz 台とロースペックな上にメモリも Windows XP にはぎりぎりのメモリしか積めないので、その状況改善には手間がかかり、定時退社できなくなってしまった。20 分オーバーで会社を後にした。さすがに頭が疲れて眠気が襲ってきていた。

 家について少しだけベッドに横になり、夕食をとった。夕食はおいしく食べられたのでよかったところである。ビオラクミンはあえて飲まないようにしてみた。これでどうなるかである。

 

8月3日

 昨晩はビオラクミンは飲まなかったが、特に腹痛も下痢も発生しなかった。ネットサーフィンばかりしていると疲れるので早々に電源を切り、ベッドに横になったが、夕方疲れで眠気が出ていたわりには寝付きは今ひとつ良くなかった。

 深夜のトイレ起床は今日もあったが、朝になったときにはいつ起きたのか覚えていなかった。トイレで起きたときには時計を見た記憶だけはあるのだけれども。

 今朝は数日振りにすっきりと目覚めた。しかし相変わらず腰と背中が痛む。正確には表面ではなく、その内臓部が痛みを発している感じである。ツボを押すと痛みを感じるからよく分かる。ということで今朝も消炎剤を塗りたくって出かけた。更にここ数日喉の痛みを感じていて、どうも夏風邪になったらしいので、喉トローチも舐める羽目になってしまった。色々不調が多発するものだ。

 今朝は昨日 M 課長から指名された、職場懇談会の資料を作り始めた。そうはいいつつも、社内の決裁書類等の修正などで品質管理部とやり取りを行なったりするから、しばしば作業は中断されるし、頭の切り替えも疲れてしまう。かつ、PC にあまり詳しくない人は、以前元気だった頃の僕の PC スキルの事を知っているからトラブルが起こると相談してくるのでその対応をしたりと、結構忙しい。健全者に比べれば業務レベルは低いものの、それなりによく動けているよな、というのが実感である。

 途中、先日のマンション経営の業者から TEL が来たので、適当にインターネットで仕入れた知識を用いて、相手に言い帰させない状況を作り、最終的には断ることに成功した。これも一種の物の見方を変える訓練として行なっていたので、最初にしてはまずまずの出来だったと思う。

 今日も途中腹痛を感じるものの、今日は下痢にはならず、逆に小便に行くこともあまりなく、どちらかというときちんと汗をかき始めていた為、昨日に比べ相当楽だった。

 昼食も胃腸に配慮し、煮物系とこんにゃくをおかずにした。こんにゃくは胃腸の掃除を狙ってのことである。食後に購入したドリンクも整腸効果が期待できる乳酸菌入りのドリンクにしてみた。

 午後は職場懇談会用の資料作りがメインとなった。とにかく何故「情報セキュリティ」が必要なのかを認識してもらわないといけないので、インターネットを駆使して、分かりやすい例を探し出し、それを要約し始めた。会社の資料では実感できないから使わないことにした。

 M 課長からまた呼ばれたので、「なんだろう」と思っていたら、社内で動いている様々なプロジェクトの一部に参画してほしい、という内容だった。当然僕の得意な Web 関係のプロジェクトなので、やる気はあったのだが、いかんせんここ数日の体調を考えるとかなりの不安が残る。今の会社のやり方だと、かなり無理をしないとその業務に取り組むことは出来ないような気がしていたので、そのことを M 課長に伝えると、「強制はしないから、夏休みじっくり考えてから返事をしてほしい。」ということだった。

 夕方に健康管理室に復職 1 ヶ月診断を受けに行く。先週大まかに行なってしまってはいたが、改めて別の角度で面談をする。そこでここ数日腹痛と背中の痛みが治まらないことを告げると、残業禁止期間がもう 1 ヶ月延長となった。どの道 9 月まで残業をしても残業代は付かないから、むしろこの決定は幸いである。変に無理をせずに済む。産業医からは、「今度の診察のときに今の症状をよく主治医に伝えて置いてくださいね。」と言われた。もちろんそうするつもりだ。

 職場に戻って、M 課長に残業禁止期間が延長になったことを告げたら、先ほどのプロジェクトへの参画は取りやめになった。どちらにしても、今の社内の状態ではそのプロジェクトはうまく機能しないだろうから、いつかは僕の能力が必要になる、そのときに参画させてもらおう、と楽観的に考えるようになっていた。M 課長は「体調が悪いようだったら遠慮なく言えよな。」と言ってくれたのも気分が楽になる一言だった。

 まだしばらく残業禁止状態は続くので今日も定時帰宅をした。今日は心地よい疲れだった。

 

8月4日

 昨晩も夕食後しばらくすると腹痛に見舞われるが、トイレに行くほどではない。日によって症状の程度や、痛む箇所が異なったりするから困惑してしまう。知らず知らずのうちに過度のストレスがかかっているのかなという気がぬぐいきれない。

 昨晩の就寝時間は 23 時。通常就寝時間に戻った。その後明け方に近づくにつれてトイレに行きたい欲求を感じるものの、6 時半まではちゃんと寝ていたようだ。トイレに行った後もまたしっかりと寝てしまい、目覚ましラジオで無理やり起きたようなものだった。ただ気分だけは安定状態。喉の痛みは取れない。今日も暑くなりそうなので朝からえきへきする。

 会社に着いてトイレに行くが、今度は便秘気味になってしまった。本当、神経質な消化器だ。下痢も辛いが、便秘も辛い。

 朝一番で問題の D さんに「ノート PC を社外に持ち出すのだったら手続きをしてください。」と意見するが、相手は「これまで問題ないから大丈夫。」と全く取り合わない。今日の安全が明日のの安全につながる保障なんかどこにもないのだが。最初の直球勝負は相手ののらりくらり作戦で負けてしまった。この D さん、社内の PC セキュリティの規定を全く守っていないから始末に終えない。D さん自身がそれで例えばノート PC を紛失して、社内情報を外部に流失したりして本人がそれ相応の処分を受けることに関しては自業自得だと思っているが、今の時代、それだけに留まらないから、こちらも躍起になっているのである。下手をすれば某乳製品メーカーのように会社が消滅することすらありえるのだから、会社のルールは守ってもらわないと困る。

 とりあえず D さん問題は置いておいて、職場懇談会用の資料作成を続けた。今日も時折腹痛は襲ってくるものの、大分落ち着いてきたようで、その分集中力が高くなったから今日 1 日で資料は完成してしまった。それを持って、職場懇談会の案内を課内に通知する。

 今日は M 課長は機嫌が悪かった。明日は月例の販売検討会なのでその資料作りをしているのだが、とある部署からの販売見込みが全く出てこないのである。とある部署とは言うまでもなく僕のうつ病を発病及び悪化に追い込んだ H 部長と F 課長の部署である。M 課長は F 課長との TEL でのやり取りで相当文句を言っていた様である。

 M 課長だけでなく工場も怒っていたらしく、担当者がこちらの部署に来て TEL で怒鳴っていた。当然販売見込みが出てこなければ工場も生産工程が組めないから怒るのは当然である。

 今日も昼食はあっさり温野菜系をメインにし、消化不良になりそうな油っこいものを減らすように気をつけた。当然昼食後は昼寝を取った。体調不良じゃなくてもこの暑さでは多少昼寝をした方がいいように思える。

 職場懇談会の資料を作り終わると疲れてしまったので、後は D さん攻略法を色々考えていた。とりあえず攻略法の一つとしては、D さんの上司である K 課長(以前の僕の先輩)を脅迫して管理者権限を発動してもらうことである。何でお願いではなく、脅迫をするのかというと言うと、K 課長自身もセキュリティ意識が低い上に、なぜか知らないけど D さんに対してはっきり命令できないようだからである。とりあえず、「 D さんが不始末を起こしたら、K 課長もただじゃすまないですよ。」と脅そうと考えてみた。

 それ以外にも強制手段はあるのだが、それを行なうと間違いなく人間関係は悪化するので、できれば避けたいところだが、最悪のときはそれを行なおうかと思っている。リスクを考えたら人間関係の悪化の方がまだマシである。

 今日も定時で帰宅をし、夕食を買って家に帰る。チャーシューが肉系とはいうもののしくこくなさそうなので、おかずはそれにした。食事をしていると、食べ物が胃に入っていくたびに多少の痛みが走る。これも腹痛の症状の一つである。

 

8月5日

 一昨日掲示板を覗いていたら、「リージョンフリーの DVD プレイヤーは合法か違法か。」という無意味な議論をしていたので「輸入盤 DVD 自体が違法なんだけど。」と書き込みをした。(つまり僕の趣味は厳密には法律上違法行為をしていることになる。) 昨日再度覗き込んだら来るは来るは反撃の嵐。それに対して怒ることなく(自分としては)論理的に再反撃を掛けてみた。これもちょっとしたトレーニングのつもりである。相手のペースに乗せられずにこちらのペースに引き込んでいくこと。これも今後必要な認知療法なのかなと思っている。

 しかしそんな書き込みをした為、かなり疲れてしまい、ベッドに横になったとたんすぐに熟睡。室温が暑すぎてエアコンの効きも悪かったにもかかわらず 6 時半まではぐっすり寝ていた。

 相変わらず朝起きると腰から背中が痛むが、今日は大分楽になった感じである。喉の痛みは相変わらず取れない。こちらは風邪だろうから別だが。

 起きたときから気温が高く、蒸し暑くて食欲が失せがちであったが、ちゃんと食事は取り、薬も服用した。

 腹痛も時折襲ってくるもののこちらも軽くなってきており、排便はようやく正常に戻ってきた。

 本日は K 課長を脅迫しようと思ったら、K 課長は出てこなかった。やむなくもう一度直球勝負を D さんに掛けたところ、本日は素直に PC の持ち出し許可願いを作成してくれた。その間に PC を覗くと色々悪さをしているのがよく分かってしまうが、これは無視することにする。とりあえず会社のルールを守らせるという自分の役割が果たせれば、後は個人の資質の問題だからである。

 M 課長が自宅で使っていないスキャナを持ってきたので共用 PC に接続する。紙の決裁書をデータ化する必要が多いと言うことなので設定を始めたが、設定 CD-ROM を持ってきてくれていないのでドライバもなければ、スキャンソフトもない。こういうときは迷わずインターネットから無料のソフトを探してきて設定を行なってしまうことにしてしまう。

 残りの午前中は「社内のコスト削減提案活動」の資料作りを行なっていた。文章は完結したので、後は見栄えをどうするかだけである。

 久しぶりに昼は空腹感を感じた。もっとも同時に腹痛も感じていたので、手放しでは喜べないけど、食事もおいしく食べられた。

 午後は今日の仕事のメイン、販売検討会の議事録取りが始まった。前回は何も資料なしで議事録を取っていたのでものすごく疲れたが、今回は事前に資料を手に入れておいたのでかなり楽だった。何せ資料にポイントを書き込んでいけばいいのだから。先月も販売状況はよくなく、収益も赤字。商品の流通での価格下落ももはや信じられないくらいである。ヨドバシカメラもびっくりの値引き額になっているようだ。

 会議が終わった後は議事録をまとめる仕事だな、と思っていたら、R 課長から新製品の価格登録のチェックを行なってくれとの指示だったのでそちらを優先する。が、R 課長が登録したのか、誰だか知らないが、ホストコンピューターの登録データは間違いだらけで、あきれはててしまった。10 数機種の登録のうち、半分は間違っていた。

 そんな中、昔使っていた給茶器用の紙コップ(しかも使用済み)が放置していることが発覚する。S さんが発見したのだが、R 課長が絡んでいる為、本人は早々に逃げてしまった。M 課長が「肉体仕事だ。」と僕を指名してくるから、「こちらはそれどころじゃないんですけど。」と僕も逃げてしまう。

 ようやく価格チェックが終わって休むまもなく議事録をまとめ始めるが、当然時間が足りず、定時を迎えてしまった。

 とりあえず定時が来たのでとっとと帰り支度をする。明日からはしばらく夏休みなので、体調も回復してくるといいのだけど、帰る途中、やはり少し腹痛を感じた。会社でのストレスだけではないような気がしてきた、今回の腹痛と背中の痛みは。

 食後昨日書いた掲示板を見ていたら、なんだか僕の反撃をきっかけにして、色々な人が色々な議論を始めてしまっていたので、書き込む必要性がなくなってしまった。でもこういうところが掲示板の面白いところだ。

 

8月6日

 昨晩の就寝時間は 23 時。昨晩もすばらしく寝付きがよかった。朝は 6 時半にトイレで起床。土曜の朝にしては早い目覚めだが、不満は少ない。腰の痛みは残っている。更に久々に右ひじが筋肉痛になっていた。何とかしてくれー、という感じである。

 もう一度ベッドに横になったのだが、どこかで電動のこぎりを使う音が聞こえてしまい、結局 7 時半に起きた。今のところ腹痛は感じていないが、今日も暑い一日になりそうなのでどうなるか分からない。

 食事を取り、洗濯をし、少々 PC をいじるが、ひらめいたアイデアを実現するにはオーディオケーブルを追加購入してこないといけないみたいなので、今日は止めておく。

 洗濯物を干した後は少し輸入盤 DVD の情報を英文で読んでいたりしていた。秋のシーズンには旧作のコレクターズ盤が多く出そうで、「タイタニック」に至っては、劇場公開時カットされたシーンが追加収録されると言う噂も流れてくる。秋は出費が多そうだな、と思った。

 掃除を終え、午前中はネットから PC 用ソフトを購入した。暑いさなか、何となく背中の痛みを感じ、また何となく変な感覚を感じながらも仕事じゃないのでゆったりした気分でネット通販を行なった。

 昼は暑すぎなので素麺を冷で食べた。そのために昨晩スーパーで天ぷらを買っておいたのだ。さすがに今日は温麺は食べたくない。

 昼食後は「スタートレック・ディープスペースナイン」を観た。今週は「エンタープライズ」が放送休止だったので、ゆとりがある。今日のエピソードは、スタッフのお遊びなのか、なぜか 24 世紀の宇宙が舞台の物語のはずなのに中身は "007 / ジェームズ・ボンド" のパロディで笑ってしまった。

 洗濯物も早くに乾いてしまったので早々に取り込み、アイロン掛けをする。今日は通院日だから夕方にゆとりが出来る。しかし汗びっしょりになってしまう。室温は 36℃ 近い。

 洗濯物の取り込みが終わったら歯医者に行くところだが、その前に不動産屋に顔を出す。ここ数ヶ月 TV の映りがよくないのでクレームを付けにいったのだが、話を聞いてみると別の住居者から既にクレームが上がっていて、アンテナのブースターを取替え済みとのこと。しかし状況は変わっていないので、しばらく話し込んで、もう一度電気屋と調整してもらうようお願いした。

 暑いから予約時間より早めに歯医者に行って涼もうと思ったら、すぐに診察時間が来てしまった。その結果、更に虫歯になりかけの歯が 1 本発覚した。なんだかぼろぼろの状態である。「 80 歳で 20 本の健康な歯を」と言う掛け声は僕個人は達成できなさそうだ。最初は 2 回の診察で終わるかと思っていたら、4 回かそれ以上になりそうである。とりあえず今日は先週発覚した虫歯になりかけの歯の治療で終わった。

 メンタルクリニックの診察まで時間もあるのでゲームセンターや本屋の立ち読みで暇をつぶし、とにかく涼しいところにい続けた。こんな酷暑のときに外に出るなんてとんでもない。

 メンタルクリニックの受付のお姉さんは、いつの間にか、以前のサーファー風の女性から、可愛げ風の女性に代わっていた。気分的にはこちらの方がいいかなという気はする。好みじゃないけど。診察の時間になり、ここのところの腹痛と背中の痛みを症状として訴えるが、ビオラクミンや、消炎剤で症状が緩和していることも告げると、腹痛については、「夏バテで消化器が弱っているのかもしれませんね。」、背中の凝りについては「適当に伸びをしたり体を動かしたりしてください。」と言うアドバイスになってしまった。ただ、残業規制が延長になったことを告げると、それには同意をしていた。

 今日は料理をする気があったので、ラム肉と、玉ねぎと、ジャガイモの炒め物で夕食を決める。家に帰ってきてすぐにエアコンをつけたのだが、なかなか部屋は冷えず料理をしているときも食事をしているときも暑かった。その分ビールはうまかった。ビールのうまさのお陰で食も進んだようなものである。

 

8月7日

 昨晩、あまりに暑かったのでビールだけでは足りなくて、泡盛も少々飲んだら後で頭がずきずきして困ってしまった。お酒は控えた方がいいようだ。

 いつものように 23 時に就寝し、途中いやな夢は見たものの 8 時少し前まで一度も起きることなく睡眠が取れたので朝の気分はとてもいい。腰の痛みはほぼなくなり、腹痛も普通の便意の腹痛になってきた。ただ喉の痛みは相変わらず。

 いやな夢の内容は、日曜日に会社のレクレーションがあったのだが、それが 15 時で終わったあと、続けて突然販売検討会が深夜 0 時まで続くというむちゃくちゃな内容だった。大体そんなに長時間会議したって結論なんかでないだろうと思うのだが、帰れないので渋々我慢している、と言うものだった。最近は会議時間を短くしようというキャンペーンを社内で行なっているが、数年前だったら(いや今でも部課長連中は)そのくらいのことをやりかねないので、シャレにならない。

 ここのところの暑さで大分ベッドシートが汗を吸い込んでいるので今日はその洗濯を行なった。寝るからには気持ちよく寝たいものである。

 朝は昨日買ったソフトウェアで動画ソフトの編集をちょっとしてみた。DVD レコーダーより操作性はいいのではないかと思われる。( DVD レコーダー持っていないから知らないけど。)今まで VHS ビデオに録画していた佐野元春関係の映像を DVD+R に編集したかったので、このソフトを買ってみたのだが、なかなか面白い。そのうちまたはまりそうな気がする。

 今朝も午前中に買物に出かける。昨日の野菜が残っているので、夕食のメインの肉を豚肉にした。昼食はやはり暑いものは食べたくないので冷麺を買って作ることにした。

 昼食の冷麺はうまく作れた。ご飯用のキムチを乗っけただけでなかなかおいしいものになった。

 少し眠気はあったが、今日は映画 DVD を観た。今日は「スタートレックVI:未知の世界」。何かスタートレックばかりだが、10 数年前の作品を観ても出来のいいものはいい。午後は風も出てきたので鑑賞するのも楽だったし、楽しく鑑賞できた。

 映画を観終わった後は、午後のお茶を飲む。暑いから今日もコーラで済ます。その後映画のレビューを書き始める。今日も長文になってしまった。今日は調子いいからいいけど、これも気をつけないといけないかなと思っている。

 レビューを書いている途中、なんだか少し寒気を感じた。コーラを飲んだのにもかかわらず、熱中症になりかけていたようだ。慌てて水をコップ一杯飲み干すと、汗をかき始めると同時に寒気は去っていった。

 夕食は、昨日と大して変わりはないのだが、肉が豚肉になったことと、残っていたキムチを混ぜて炒めた為、また妙な、でもおいしい料理に仕上がった。ついでに健康にいいといわれるモズク酢も食べておかずは満足である。ビールは珍しく黒ビールを飲んだが、この暑さに黒ビールの濃さは合っていない気がした。こういう時はバドワイザーとか軽いビールの方がいいのかもしれない。炊いた御飯は、匂いが今ひとつ。水の質が悪くなっているのだろう。味自身はまずまずだったから。

 夕食後は実家に TEL をし、火曜から帰省することを告げた。実家でもやることあるので暇はしないだろう。

 

8月8日

 別に夏休みなので早く寝ることもないのだが、生活リズムを崩さないようにするために、いつもの日曜と同じく早めにベッドに横になった。しかし予想外の事態で寝付けなくなってしまった。咳が止まらなくなってしまったのだ。お陰で 22 時半にベッドに入ったにもかかわらず、寝付いたのは 23 時半ということになってしまった。その代わり奇妙な夢を見た以外は熟睡できたのでよしとすべきだろう。今朝は 7 時ごろに自然に目覚めてしまったのでそのまま起きた。

 昨晩の夢は奇妙と言っても悪夢ではなくて、僕がなぜか両親とヨーロッパ旅行に出かけているというものだった。しかしツアーに参加しているくせに日程表を全く確認していない僕はホテルに荷物を置きっぱなしにして別の目的地に移動をしてしまい、内心あせりながらも一方で「クレジットカードもあるし、荷物は届けてもらえばいいや。」などといい加減な思考をしていた。どうも現実の多少の物の見方の変化が夢にまで現れてきたようだ。

 今朝も朝食後洗濯物をする。主に布団関係だが、普段は日常着ている服の洗濯で手一杯で、その他のものになかなか手につけられないので、チャンスと思ってどんどん洗濯している。

 今朝も腰は痛いが背中の痛みがないだけましである。腹痛は時折微妙にあるみたいだけど、これも気になるほどでもない。

 朝は DVD の製作を続けていたのだが、DVD+R に書き込む段階になると、どうしてもエラーがでて書き込めない。やむなくメーカーに問い合わせの e メールを出したがまともな返事がくるかどうか。前にソニーの有料ストリーミング放送でトラぶったときもまともな答えが返ってこずあきれ果てた記憶があるし、トレンドマイクロ社のウイルスバスターをアップグレードしたときに発生したトラブルも結局解決せず、Windows を再インストールしたくらいなのであまり期待は出来ない。

 喉の痛みは相変わらずなのでいつも行く近所の内科ではなく、駅近くの耳鼻科に行ってみることにした。春の花粉症に苦しめられた身としては、来年に向けてちょっと調査してみたかったのがその要因である。

 そこの医者は決して愛想はいいとはいえないが、他の耳鼻科とは違う治療をしていて、「夏風邪が速く治るから点滴を受けてみる? 700 円かかるけど。」と言ってくるので面白そうなので点滴を受けてみることにした。時間は 20 分弱かかるということなので、点滴時間中は PHS でネットサーフィンをしていた。ほとんどネット依存症だが、暇つぶしには最高である。

 結局点滴を受けたのと初診料、それから薬局での薬代も含めると 3,000 円にもなってしまい、医療費の負担が大きいな、と改めて感じた。しかも薬の量は多いは、飲む順番が決まっている抗生物質あるはと、頭がこんがらがる。今ざっと計算してみると、どうも今年は医療費控除を受けられるくらいに医療費を使うことになりそうだ。領収書やレシートは取ってあるので、来年はまた確定申告かな、と思っている。それと、「病は気から」ということわざがあるけど、うつ病の場合その気を持つ部分が障害を起こしてしまっている為、他の病を引き起こしやすいのかもしれないな、と感じた。

 医者の後は食事の材料を買って家に帰る。今日も暑いので冷たいドリンクを買おうと思ったが、500ml ペットボトルでは損なので 900ml のアイスコーヒーなんかを買ってみた。おいしそうである。

 昼食後は「スタートレック・ディープスペースナイン」を続けて 2 話鑑賞した。ちょうど前後編のストーリーなので、今日前編だけ観てしまうと明日からの帰省でストーリーを忘れてしまいそうなので後編も観てしまったのだ。内容は、かなり考えさせられるもので、今の日本の政治局面を思い起こさせる内容だった。「ディープスペースナイン」を観終わって TV にチャンネルを切り替えると、郵政民営化法案の参議院での否決が決まったということで、余計にドラマと現実がリンクしてしまった。

 その後はアイスコーヒーなどを飲みながら、DVD の製作を続けた。もちろん DVD+R に書き込みは出来なのだが、その他の画面デザインとかは操作できたので色々試してみたのである。元々職人気質を持っているようなので、ついつい凝ってしまい、少々疲れてしまった。疲れすぎる前にとりあえず作業の中断を掛けた。

 TV が報じる政局では予想通り衆議院総解散、選挙へと進んでいっている。このたびの選挙はしっかり考えて政治家に投票しないといけないな、と思っている。例え理想の政治家がいないとしても棄権だけはしないつもりだ。棄権することは、何も意見を述べていないのと同じだからである。消去法的な選択でも、誰かには投票はする予定である。まあ間違っても自民党と、某宗教団体がバックについている公明党には投票はしないが、頼みの綱の民主党もだらしないから困ったものである。

 本日の夕食はアジの開きとトマトを食べた。アジの開きはスーパーの店頭で「朝食のおかずに最適」などとポップが立っていたが、その通り塩辛い。おいしいけれどもう少し塩を抜いてもいいのではないかと思った。

 夕食後は様々な薬を飲む。大半は錠剤なので飲みやすかったが、一つだけ顆粒で、またいかにも薬らしく苦くてしばらくぶりに顔をしかめてしまった。

 

8月9日

 夕食後しばらくすると、また咳が出始めた。どうもエアコンにより、部屋の湿度が下がってしまうのが原因のようだ。昼間は点滴が効いていたのかほとんど喉の痛みが気にならなかったことを考えると、点滴の効果が切れてきたとも考えられる。また、トイレも少し軟便になってしまったが、これは薬の副作用として書かれていたのであまり心配もしていなかった。

 ニュースはずっと衆議院解散の話題だったので、割とまじめに見ていたりした。僕の意見は昨日書いたとおりだが、他の国民はどう判断するのかは興味がある。

 昨晩の就寝は 23 時、夢を見ることもなく、トイレ起床も起きることなく、早朝の眠りの浅さもなく、7 時 20 分まで熟睡できたので気分がいい。喉の痛みは軽くなっているみたいだ。痰の出る量が減っている。

 朝食後は少しだけ DVD の編集をして、実家への帰省を始めた。昼食を外食にするのも勿体無いので早めに帰ることにしたのだ。

 今日は多少気温が低いようで、心持ち楽である。しかも実家は木造の一軒家だからコンクリートマンションより遥かに過ごしやすい。

 昼食も自分が作るわけではないからとても楽である。今日は焼きビーフンだった。食べたいなと思ってはいたが、昼に野菜炒めたり凝ったことはしたくなかったので、一人暮らしのときは作った事がなかった。だから余計においしい。

 父と会話をしていると、父は郵政民営化法案否決に対して批判的だった。僕は郵政民営化法案自体に批判的なのではなくて、小泉首相の政治手腕に対して最初から批判的なので、一貫して小泉首相を信用していない。これは個人の考え方だから、他人にどう言われる筋合いも無いし、それでいいと思っている。

午後は父の PC を借りてレーザーディスク、DVD のリスト作りの作業に没頭していた。もちろん Web サイト用としてである。がしかし、意外と手間が掛かり、レーザーディスクの所有量の半分もリスト化できなかった。この帰省中にリスト化できるかちょっと不安になってきた。リスト化さえ出来てしまえば、後は自宅でちまちま修正掛けながら Web サイトに変更できる。

 そんな事をしながらレーザーディスクで「機動警察パトレイバー 2 」のレーザーディスクを横目でちらちら見ていた。元々アニメマニア向けの作品だが、このエピソードだけは、今の日本の平和ボケを痛烈に批判しているようで興味深い。もちろんもう 10 数年前の作品だが、先日の「スタートレックVI」と同じく、現代の社会に通用する作品だと思う。

 どうも父の PC で作業をしていると姿勢も悪くなり、多少腹痛も感じ始めたので、適当なところで作業は止めておいた。未だ 2 日残っている事なので。

 ところで父の e メールには迷惑メールがよく来るとのことで、フィルタリングを実施し、メール受信しないように設定を替えてしまった。これがうまくいくといいのだけれど。

 そんな作業ばかりしているから、それなりに疲れる。夕食は、事前にリクエストしていた通りにあっさりした料理が多かったので、美味しかった。両親と会話しながらだから時間をゆっくりと取った食事になった。

 夕食後は大量の薬の服用である。今回は量が多すぎて訳が分からなくなっているから、処方されている分全部持ってきてしまった。その方が混乱が少なくてすむ。

 

8月10日

 夕食に時間が掛かっているため、食後は割と時間が無く、直ぐにシャワーを浴び、ざっとネットサーフィンを行い(自宅 PC で使っている Firefox ブラウザを USB メモリーに保存して、そこから起動できる方法を知ってしまったので、自宅と同環境でネットサーフィンが出来るようになってしまった。)、いつものように 23 時に就寝した。

 自宅だとエアコンをがんがん付けて部屋を冷やしてから寝るのだが、実家にはエアコンが無いから足元側の雨戸を少し開けて寝たら、寝つきは良かった。しかし雨戸を開けて寝るということは明け方日の光が部屋に入ってくる事でもあり、 5 時 20 分に早朝起床し、その後は多少眠りが浅くなってしまった。それでも 8 時に最終的に起きたころにはまずまずの状態だった。

 どうしても朝は喉が痛くなるので、朝食後、薬を飲み、うがいをした上で喉トローチも舐めて痛みを和らげた。

 今日もレーザーディスクと DVD のリスト作りを続けた。午前中は曇り空で風もあったので楽だったが、午後からは蒸し暑くなり、汗がジワーッと噴き出してくる。午前中にはレーザーディスクのリスト作りが終わったので、午後からは DVD のリスト作りに入った。しかし、休みだというのに PC でずっと作業なんて、趣味とはいえ仕事しているような感覚になる。無理すると脳も疲れてくるので、適当に休息は入れておく。疲れたら 15 分ほど横になるようにしていた。もちろん、腰を伸ばす意味もある。

 昼食はいなり寿司におにぎりと、いつもの休日と大して変わりないが、手作りな分味が薄くて美味しい。外食のものはどうしても味が濃いから飽きてきてしまう。

 レーザーディスクや DVD のリストを作っていると、「あぁ、こんな映画観たんだよな。」と感慨にふけってしまう。もちろん一部の映画については観た印象が残っていないものもあるのだが、概して記憶に残っているようだ。何かのチャンスがあれば観返してみたい作品もあるが、何せ購入したはいいが未見のDVDが山のようにあるので、まず無理だろう。

 夕食は今日もあっさりめ。量は多いけど野菜中心だから胃にもたれない。ついつい食べ過ぎてしまう。今日も食事は満足である。

咳は相変わらず少し出る。トローチを舐めたりして少しでも症状は和らげるようにしていた。

 

8月11日

 昨晩はネットサーフィンを行なったり、PHS を使って友人とやり取りをしていたら就寝時間が遅くなってしまった。23 時 20 分に布団に横になったが、暑さのせいで、少々寝付きはが悪かった。扇風機を 30 分だけタイマーを掛けて横になったもののそれが切れるときまでは熟睡に至っていないようだった。

 今朝も日の光が部屋に差し込んでくるせいか、5 時 20 分に一度目が覚める。目が覚めると条件反射でトイレに行ってしまう。その後は再度布団に横になるが、早朝からセミの鳴き声が少し気になって、すぐに再熟睡とは行かなかったようだ。考えたら、自宅は住宅地と中小工場の密集地なので、あまりセミの鳴き声もうるさくないし、窓を締め切っているからあまり気にならなかったのかもしれない。それでも 8 時過ぎまで寝ていた。起きたときの気分はさっぱりしている。

 今日も朝は喉がいがらっぽいし、痰はよく出た。今日も大量の薬を服用する。

 今晩自宅に戻ろうと思っていたのだが、母と話していたら、明日友人の一人と八景島のクアハウスで海洋深層水の温泉とマッサージを受けに行こうという話になった事を受けて、今晩も実家に泊まることにした。幸いルボックス等の薬は処方された分全部持ってきていたので、一泊延長にも臨機応変できる。偶然とは言え、ラッキー、というところである。

 昨日 1 日中 PC で作業していたのでまた腰が痛むかなと思っていたら、案の定今朝は背中と腰が少し痛かった。当然消炎剤も持ってきたので背中に塗って症状緩和に努めた。今回はかなり用心していろいろ薬を持ってきているのがいい方向に作用しているようだ。

 今日も DVD のリスト作成を続ける。本当によく買っているものである。大ヒット作もあれば、B 級映画もあり、佳作もあれば、どんな内容だったっけ ? と頭をひねる物もある。でも、やはり映像メディアが好きという趣向は未だに変わりはない。観る回数が減ってきていても映像メディアを愛している。

 DVD のリスト作成になると、画面のサイズがジャケットに記載されていなかったりするので、いちいちプレイヤーにソフトを掛けて再生しないといけない事態が多くなり、時間が取られる。それでも午後の早いうちにはリスト作成も終わった。腰が痛むので、しばらく横になり、腰を伸ばしておいた。当然、頭を休める目論見もある。

 自律神経もようやく気候になじんできたのか、汗をかくようになってきた。そうなると、水分補給も多くなってくる。神奈川の水は、首都圏の中では美味しい方だから、普通に飲んでも塩素臭さはあまり感じない。

 リストは作ったものの、邦題だとか、一部抜けがあったので、夕方は、それをインターネットを使ってチェックした。邦題も、適当につけているものが結構あるため、調べるのに苦労する。原題をそのまま邦題にしたのはまだマシで、例えば「DEVIL'S ADVOCATE」(直訳だと「悪魔の弁護人」)という作品が「ディアボロス:悪魔の扉」なんて変なタイトルになってしまうと、何考えてタイトルつけているのか、映画会社のセンスを疑ってしまう。

 友人との飲み会は、土曜日に逗子で開催になってしまい、また行ったり来たりである。交通費が馬鹿にならない。しかも牛角で焼肉。胃に悪そう。以前だったら大喜びなのだけど...。

今晩も夕食は色々おかずがあって大変美味しく食べる事ができた。個人的にはゴーヤチャンプルーと生生姜を味噌で食べたのが当りだった。

 

8月12日

 夕食後、抜けのあったリストの作成をちょっとだけ行い、一応完了させた後、シャワーを浴びてからネットサーフィンを行なった。扇風機はあるもののやはり暑い。

 実家に置いてあるレーザーディスクの枚数は 143 枚、DVD は 169 枚だった。これは輸入盤だけのリストなので、邦画やアニメや音楽物は加えていないし、自宅に置いてある分を後で加えないといけないので、更に枚数は増加しそうである。

 昨日の就寝時間は 23 時 20 分。やはりいつもの生活リズムと違ってシャワーを浴びた後にネットを見ているせいか、寝付きは今ひとつ。扇風機のタイマー30分が切れた後に熟睡に入った。

 今朝は何となく足が寒くなってきたところで目が覚め、トイレに行った。時間は 4 時 46 分。天気予報では今日は午後から雨ということだったが、早朝から降り出していて、それで少し涼しくなったようだ。

 トイレから戻った後は夏掛けを被り、再度熟睡に入るが、今朝は 7 時 20 分頃に目覚めてしまう。まあ眠気もあまりないし、気分も普通だったのでそのまま起きてしまった。喉は相変わらず少しいがらっぽい。水っ気の多い痰がよく出るようになったから、改善していると思いたいけど。

 朝食を食べながら新聞を読んでいると、112 億円で月を周回するツアーの企画があるらしい。行きたい、と思うけど 112 億円なんてどうあがいても絶対捻出できない。という事で当然断念。でも興味深い記事だった。本当に実現するかどうかという事もあるけれど。

 今朝も腰が痛いけど、今日は大枚はたいてマッサージ受けに行くから消炎剤は塗るのを止めておいた。きっと、マッサージ師から「すごい凝ってますねー。」などと言われることだろう。

 10 時過ぎに実家を出発した。実家からは野菜のお土産で一杯である。単に両親が畑を耕していて、きゅうりとかトマトが取れすぎて処分できないからくれたのだが、はっきり言って重い。スーパーで売っているのに比べたら何倍も美味しいから文句を行っている場合じゃないけれど。実家を後にするとき、久しぶりに極わずかな抑うつ感を感じた。

 八景島の駅に着いたのは、11 時まで 10 分ほど前だった。友人が来るまで待っていた。普通の家族連れは八景島シーパラダイスに行ってしまうが、我々の行く方向は逆。ふとシーパラダイスを見ると、ジェットコースターには行列が出来ていた。

 いつものクア・ハウス「シーサイド・スパ」に入館し、まずは入浴。朝から汗で体がべとべとするから風呂は気持ちがいい。その後、マッサージの予約を入れる。さすがに多少はお盆で混んでいるらしく、14 時 20 分の予約になってしまったから、時間はたっぷりある。そこで友人と昼食をゆっくり食べた。

 今日は夜に飲み会があるわけでもないから、珍しく昼に生ビールを一杯だけ飲んだ。友人は二杯飲んでいたが、僕は二杯目はノンアルコール・ビールにしておいた。料理は居酒屋系なので、あまり期待はしていないが、結構ビールのつまみで色々頼んでしまった。止めにラーメンなんか食べたから、昼食としては食べ過ぎ、飲みすぎである。少々胃にもたれた。

友人とは色々会話したが、政治の話は白熱していたと思う。その友人は選挙に行ったことがないと言っていたが、やはり小泉首相のやり方は納得していないようだ。

 昼食後は畳の休憩室でごろごろとしていたら、軽く寝ていた。ビールも飲んでしまったからだろうけど、気持ちよかった。

 その後ようやくマッサージの時間になる。ここのところの腹痛と、背中から腰の痛みが辛かったので、背中と首周りを中心にマッサージしてもらう。予想通り、マッサージ師からは「凝ってますねー。」と言われたが、その後続けて「特にお腹に近づくにつれて凝りがひどいようですよ。」と言われたときにはハッとした。やはり腹痛と背中の痛みは関係あるみたいだ。45 分のマッサージは大変心地よいものだった。

 ところがマッサージが終わってしばらくすると、なんと腹痛が復活してしまった。しばらく痛みに耐えながら再度風呂に入り、16 時頃に「シーサイド・スパ」を後にした。

 途中で友人と別れ、一人帰路に着く。電車は座席が空いていたので座って帰った。腹痛は段々治まりつつあったが、今度は背中や肩等がこむら返りを起こしたかのような痛みを発し始めていた。マッサージが良くなかったのだろうか。大枚はたいたのに。

 夕食は野菜はあるので、おかずをあっさりと鮭の西京漬けにした。家に帰って、荷物を片付け、PC を立ち上げ、数日振りに一人の生活に戻った。

 

8月13日

 昨晩ネットを見ていると、エアコンで室温がいい温度になってきたせいか眠くなってきてしまった。夜もしっかりビール 1 本だけ飲んでいるからというのもあるけど、久々に寝付きがよさそうだという予感があった。

 マッサージをしてもらった背中や肩の辺りが時間を経るにつれ、もみ返し状態になってきた。結局シャワーを浴びた後、また消炎剤を塗る羽目に。何のためにマッサージしてもらったのか分からなくなってしまった。どうも今の状態ではマッサージは逆効果のようだ。

 23 時 10 分に就寝し、予想通りすぐに熟睡してしまう。ちょうどその頃雨が降っていて雷も鳴っていたもに関わらずである。途中トイレ起床を起こすが、かなり熟睡に近い状態でトイレにふらふら行った。無理に時間を確認すると、2 時半だった。朝も 6 時半に一度目覚め、その後はうとうとしながら 7 時過ぎには完全起床。ここのところこれでも睡眠は十分みたいである。ストレスがかかっていないし脳をあまり酷使していないからだろうからだろうけど。

 今朝も腰と背中、首が痛いので消炎剤を塗っておく。一番効果がある対処法のような気がしてきた。

 朝食を食べた後、e メールでメーカーに問い合わせていた質問の回答が来ていたので、早速映像データの DVD 作成のチェックを始めた。メーカー側は僕の作った MPEG ファイルに問題があると考えて確認手順を返信してきたので、とりあえずそれにしたがってテストしてみる。すると、メーカーの言っている事も一理あるのだが、それだけでは解決できない問題も発生しているのが分かってきた。メーカーのサンプル MPEG ファイルを DVD 作成ソフトの初期設定のまま DVD-VIDEO 化すると成功するのに、メニュー画面をカスタマイズしたとたん、作成に失敗したりするのが判明したのである。結果、色々テストをした挙句、判明した分を再度 e メールにて問い合わせする羽目になってしまった。この作業だけでかなりの時間がかかってしまい、昼食時間が 13 時を回ってしまった。これだけでもかなり脳を酷使したみたいである。僕の感触だと、DVD 作成ソフトに問題があるような気がするのだけれどもどうだろうか。

 夏休み中とはいえ、土曜なので洗濯と掃除はした。今週は実家に帰っていたからあまり部屋は汚れていなかったけれど、ざっと埃だけは払っておいた。その後は昼食を買いに出かけた。いつものおにぎりとかじゃ飽きるよな、と思っていたらスーパーの片隅に手作りパン屋があるのを思い出したので、パンを昼食にすることにした。アイスコーヒーが家にあるからちょうどいい取り合わせである。

 昼食後も e メールを書き続けた後、ようやく送信。お盆休みだろうから返信はしばらく先だろうけど、とりあえず一仕事終えた、といったところである。

 その後はいつものように「スタートレック・エンタープライズ」を観る。今日のエピソードはよくある主人公の乗船する宇宙艦が異星人に乗っ取られる、というものだったが、乗っ取った異性人が宗教的信念に乗っ取って行動しているのが興味深かった。自分たちの宗教の教えに従わないものは抹殺する、というまるでどこかの新興宗教団体みたいな感じなので新鮮味を感じる。宗教戦争は何せ理論が全く通じないから始末に終えない。中東辺りの紛争が解決しないのもその辺が関係しているから時事ネタを取り入れているな、と感じた。

 なんだか「エンタープライズ」を観ている途中眠気を催してきていたのだが、友人との飲み会があるので昼寝する時間がなく、ちょっと残念。15 時ぐらいから支度を始めて家を出た。また実家に戻るようなものである。

 ただ直接飲み会会場の逗子の牛角に向かうのも何なので、途中横浜でヨドバシカメラに寄ってオーディオケーブルを購入していった。スカイパーフェク TV のチューナーから直接 PC に映像、音声を入力させようと考えていたのである。今までは AV アンプ経由だったから不便だったが、これで便利になるだろう。

 17 時と早い時間から飲み会は始まった。焼肉屋も米国産牛肉の輸入禁止でメニューに苦しんでいるようで、豚肉だとか、鶏肉だとかのメニューが目に付いた。最初の 1 杯だけは生ビールを飲んで、後はノンアルコール・ビールでごまかしていた。飲酒運転の罰則が強化されてからノンアルコール・ビールを置く店が多くなってきたように思える。こちらとしては大助かりである。一見酒を飲んでいるように見えるのだから。

 飲み会自体は楽しかったけど、さすがに 3 時間もしゃべったりしていると少々疲れるし、飲み物の飲む量も多くなるからお腹の調子が少し悪くなる。アルコールの量としては大したことはないが、何せ肉ばかりだし、水分も取りすぎである。念のためビオラクミンは飲んでおこうかと思う。

 

8月14日

 ニュースだとお盆の時期なので道路が大渋滞だということだが、僕個人は既に実家に帰ってしまったし、自宅から首都圏の通勤電車で1時間もあれば帰れるから、恵まれているな、と思う。地方の人出都市圏に出てきている人だと、大変だろうなと思う。

 昨晩少し雨が降ったらしく気温が多少低かったので、家に着いてエアコンをすぐにかけたら早めに部屋の中がいい室温になった。おかげで寝付きもよかった。家に着いたらやはり数度トイレに行く羽目になったのと、胃が多少むかついたのでビオラクミンを服用して寝た。

 今朝も 4 時半ぐらいにトイレで起きるが小便だったので楽である。お腹は壊さなかったようなので、そのまま寝てしまうことが出来た。夜中にお腹を壊して何度もトイレに行くのは体力をかなり消耗するから、幸いだった。

 6 時半頃に眠りが浅くなり、腰の痛みを感じながらも寝ていたら次に気づいたときには 8 時を回っていた。まあまあ寝たほうだろう。

 朝食をとった後は、早速昨日買ってきたオーディオケーブルを PC に接続する作業を始めたが、色々トラブルが発生し、相当な汗をかいてしまった。何とかトラブルも回避し作業が終わった後は汗だくだく、頭がくらくらしてきた。やはり脳への血の巡りはまだよくないのだろう。早速水分補給に走った。

 今日の食糧調達は、豚肉の細切れと昼食のおにぎりだけにした。昼食は暑いけど賞味期限もあるのでカップラーメンでも食べることにしていたし、夕食はナスの炒め物を生姜醤油で食べようと思っていたので、肉が少しあればいいかと思っていた。もちろんその他にもキュウリもトマトもあることなので。

 今日はまた暑い一日になるとのことで汗を良くかく。でも気候に体が適応してきたようで悪いことではない。

 昼からは、FM ラジオを聞きながら以前作りかけて中断していた「何で輸入盤 DVD で映画を観るのか」というページの作成の続きを始めた。FM ラジオで佐野元春が DJ を勤める特番を放送してしまったからそんなことを思いついたのであって、それがなかったら、映画の DVD を観ていたことだろう。何せ夏休みには少しでも多くの DVD を観ようと思っていたのに未だ 1 本しか観ていないのだから。

 14 時になったら再び駅まで出かける。ネットで民主党の岡田党首が来るという情報をつかんだのでせっかくだから演説を聴いてみようと思ったのだ。駅に着くとかなりの人がいて、岡田党首も TV で見るときとはイメージが違って迫力ある演説をしていた。何でこういう迫力を TV のインタビューで出せないのだろう、と不思議に感じた。

 ついそんな演説を聴いてしまったので、思わず父と友人に TEL してしまった。後で考えたらちょうどこの時間辺りだと父は昼寝をしていたのかも知れず、ちょっと悪いことしたかな、と少し反省してしまったが、単に自分が感じた興奮を誰かに伝えたかったのでそんな行動に出てしまった。

 再び家に帰ってきてからは、汗をだらだらかきながら Web ページの作成を続けた。でも 2 時間書き続けたら疲れたし、まだ完成まで程遠いので、17 時過ぎには止めてしまった。

 17 時からは先日注文し、今朝届いた輸入盤 DVD の検盤を半分だけした後、TV のニュースを見て、それから夕食を作り始めた。夕方になると心地よい風が部屋に入り込んできたので、夕食を食べ終わるまではエアコンをつけずにいた。何となく夏の終わりを感じさせる風だった。

 夕食のナスと豚肉の生姜醤油味と、キュウリ、トマトはおいしかった。あまりしつこさも感じなく、いい感じである。納豆を買い忘れていたので、今日も梅干で御飯を食べたが、これもさっぱりとしていい感じがする。

 夕食後はのんびりネットサーフィンをする予定だ。頭を使わないようにしながら。

 

8月15日

 昨晩ネットサーフィンで頭を使わないように、と思っていたがやはり気になる話題になると、つい掲示板に書き込んだりしてしまった。まあ頭が疲れるということはなかったけれど、時間がかかってしまった。

 いつものように 23 時に就寝し、寝付きは良かったが、今朝もトイレで起きてしまった。薬が効いているので目が開けられず、感覚だけでトイレにたどり着き、小便をしてから再びベッドに横になった。普段ならすぐに寝られるのだが、今朝はそこから脳だけ起きてしまっている感じで熟睡に入れなかった。口の中も気持ち悪いし、腰と首も痛い。腰は少しくの字に曲げると痛みが和らぐのだが、そうすると首の痛みを誘発するからどういう姿勢を取ったらいいか分からなかった。

 しばらくした後にいつの間にか熟睡に入ったようで、次に起きた時は、すでに 8 時 40 分を回っていた。ちょっと寝過ぎたという気がしつつ、寝ぼけた頭のままベッドから離れた。背中の痛みはなくなってきたものの、腰の痛みだけはしぶとく残っているので、今朝も消炎剤を塗って痛みを和らげた。

 今朝は頭が重かったので、とりあえず輸入盤レーザーディスクの自宅にある分を先週実家に帰った時に作ったリストに加える作業をしてみた。レーザーディスクの方が枚数が少ないので、リスト化が完了しやすいと踏んだのと、単純作業なので頭を使わなくてもいいからである。

 1 時間弱その作業をした後、今日も食料の買出しに出かける。いつものように TV ゲームを一回だけし(なぜか頭が重かった割にはいいところまでいった)、調味料を中心に色々買い込んだ。

 今日も蒸し暑くて辛いので、できるだけ水分補給を欠かさないようにした。汗をかいたほうが体調にもいいだろう。

 昼食をおにぎりと味噌汁であっさり済ませた後、ようやく映画の DVD を観始めた。昼食後はまだ頭が重かったのでどうかと思ったが、今日観た「キル・ビル Vol.1」はアメリカ盤なのに日本語字幕が入っていたのでつい楽をすべく日本語字幕で観てしまったから、かなり楽しく、しかも疲労せずに映画を観ることができた。しかし、この「キル・ビル」という映画、映画オタクに対する挑戦のような映画だな、と感じた。普段話題作しか見ない人には面白くもなんとも無い映画だが、映画好きな人ほど楽しめる気がする。

 腰の痛みを軽減する為、映画を観終わった後は少しベッドに横になり腰を伸ばす。そうした後、午後のお茶を飲んでからまたいつものように映画のレビューを書いたりして過ごした。椅子に座ってばかりだとどうしても腰に負担がかかるから、時々は立ち上がって腰を伸ばしたりした。また、レビューを書き終わったら、またベッドに横になったり、背伸びをしたりと工夫を凝らしたりしてみた。最終的にはレーザーディスクのリスト化までは完了させた。

 今日は御飯を炊こうと思って炊飯器にセットし、水を入れるが少し量が多かったようなので大丈夫かな、と思ったが、炊き上がってみるといい具合に炊き上がっていた。

 野菜の処分をしないとと、今日もナスを炒め、本当はグリルで焼く塩鮭を一緒に炒めておかずとした。困ったことにトマトがもう腐ってきてしまい、虫が涌き始めていたので慌ててしまった。2個のうち、何とか大丈夫そうな方を今日中に食べてしまうことにし、腐り始めた方はゴミ袋にまとめてしまった。

 塩鮭は塩が多少抜けた感じがしてなかなかいけた。トマトは冷やしていないこともあって今ひとつ。ナスはいい具合に炒められた。キュウリは水分が抜けかけていた。どちらにしても食事は満足である。

 

8月16日

 夕食後、e メールを確認していたら、DVD 作成ソフトのメーカーから返信が来ていたのだが、返信内容が酷く、このメーカーはこちらの映像データに問題がある、と言わんばかりの内容が書かれていた。ある程度予想されていたこととはいえ、かなりむっとしてしまい、正直気力を失っていたが、そのメーカーの返信に対して論理的な反撃を書いた上で(実際土曜に返信した内容をよく読んだ上での回答ではない上に担当者が変わっていたから論点が完全にずれていた。)、「御社に対して不信感を感じる。」ときつい言葉まで書いて再度メール送信をしておいた。今までだと、こういうときは「もう交渉しても無駄だ。」と諦めてしまっていたのだが、今回は疲れるがあえてとことん交渉を続けてみようと考えている。僕自身は好きなやり方ではないが、最悪「責任者を出せ。」ぐらいのことまで考えないといけないかな、と思っている。僕は「お客様は神様です。」という考え方を持っていないので、こちらが支払った対価に対して商品が正常に動作すれば文句はあまりつけないほうなのだが、今回はあえて「お客様は神様だ。」思考で行ってみようかと思っている。

 そのお陰でイライラが抜けず、寝付きは悪かった。大体一度怒り出すと、相手に怒りをぶつけようが、我慢しようが、イライラがしばらく抜けずストレスになってしまうのだが、今までは怒りを我慢するようにしていた。今回はそれをやめたのだが、気分はすっきりしない。怒鳴った後にけろりとしている人がうらやましいな、と思った。それが出来ないのもうつ病になりやすい気質なのだろうと思う。

 寝付いた後は割と熟睡できた。途中トイレ起床したのだが、昨晩もほとんど寝たままトイレに行き用を足して、またすぐに寝てしまった。だから何時なのか全く分からない。

 朝の起床は 7 時に一度時間を確認するために無理に目を開け、その後しばらく横になっていてからちゃんと起床した。何で無理に時間を確認したかといえば、どうも 5 時半ぐらいに目を覚まして時間を確認したという夢を見たようなので時間感覚が狂っている気がしたからである。睡眠自体は満足だったし、暫くぶりに腰の痛みはかなり軽くなっていた。痛みを感じないと言ってもいいくらいである。昨日、伸びをしたりしたのが効果あったのかな、と思った。

 朝食後は、先日購入した「スタートレック・宇宙大作戦」の DVD ボックスセットにおまけで付いていた電磁波測定器(ラジオ付き)が不良だったので、これを製造したメーカーに返送すべく商品の梱包と、発送の手続きをしていた。とにかく最近この手のトラブルばかりなのでいやになってしまうが、とにかく買ったものが不良なのだからちゃんと動くものに交換してもらうなり、修理してもらう権利はある。それで一気に手続きを行なってしまった。一度気分が乗らなくなると、ほっといてしまう恐れもあるから気分が乗っているときにやってしまう必要がある。

 そんなことをした後に食料の買出しと、その電磁波測定器の発送をしに出かけた。ようやく今日で実家から貰った野菜がなくなるので、今日も炒め物をすることにした。今日を逃したら腐って捨ててしまうだけである。ここの所ハマっているラム肉を使った野菜炒めにしてみることにした。昼は海苔巻きがおいしそうだったので、それに決めた。

 家に帰ってくるとちょうど郵便が届いていて、証券会社のインターネット取引が可能になったという知らせが届いていた。度々書いているが、給与の上昇が望めない状況下では、リスクを覚悟しながらも投資に取り組む必要性があると思っていたので、今回の設定でようやくそのやり取りが可能となったわけである。とあるメーカーの株を購入しようと思っているのだが、当面は株価の動向を見てから購入をしようかな、と思っている。そのメーカーは僕の予想では長期的に有望だと思っているので(何でかは購入したときにでも書こうかと思っているけど)、一時的に値が下がっているときに購入を考えている。

 そんなことをやっていると、またかなり大きな地震が発生した。室内にいたからいいけど、震度が高いだろうな、と思っていたら、TV のニュースでは宮城県沖が震源地で仙台は震度 6、僕の住む川崎でも震度 4 ということだった。当然お盆も終わりを告げ、帰省ラッシュの最中の地震だから大混乱をしていたようである。以前、週刊誌か何かの記事を読んで地震対策にクラッカーとか買った事を書いてたと思うが、去年の新潟中越震災以来、少々地震活動が活発になっているとしか思えない。半月前も震度 5 の地震があったことでもあるし、多少は不安感を感じる。

 昼食後は今日も映画の DVD を観た。昨日観た「キル・ビル Vol.1」の後編に当たる「キル・ビル Vol.2」である。元々 1 本の映画だったのだが上映時間が長すぎて前編、後編に分割したものなので、立て続けに観た方がいいのである。もちろん今回も日本語字幕で楽しながら観た。天候不良もあって多少涼しかったのも幸いし、楽しく鑑賞することが出来た。

 映画を観終わった後は、アイスコーヒーで休憩を入れ、またレビューを書く。昨年うつ状態でレビューを書いていたころに比べれば、内容は濃くなっていると思うが、その分脳みそが疲れる。まだまだフルで脳を使ってはいけないということであろう。

 夕食を作ろうと、台所に行くと、ミバエのような小さなハエが何匹も生ゴミにたかっていた。不快感を感じながらも手でつぶして(もちろんその後手は洗った)、生ゴミはまたゴミ袋に閉じ込めてしまった。卵の殻か、トマトのヘタの部分にたかっていたのかもしれない。そんなことをしながらも野菜炒めを作る。いつものことだが、夕食はおいしく食べられた。いつも食事のことを書いているのは、食事をおいしく食べられるかどうかを健康やうつ状態のバロメーターにしているからである。おいしく食べられなければ、何か体調不良と考えられるから、意識的に書いているのである。

 長かったようであっけなく夏休みも今日で終わりである。明日からは 9 月の連休まではしばらく週 5 日の勤務が続くからまた自分の体調に注意をしていかないといけない。特に 9 月は残暑で体力を消耗しそうだから要注意だと思っている。

 

8月17日

 昨晩のメールの確認で、また DVD 作成ソフトのメーカーから返信が来ていたが、こちらの(メーカーの説明の矛盾に対する)追求に対するお詫びと、原因が分からないという内容でしかなかったので、逆にこちらから不具合の原因と思われる、Windows に書きこまれるレジストリのキーの位置と、値を開示してほしい、とかなり無茶な要求を行なってみた。普通のメーカーならこれは拒否するだろうが、こちらとしては徹底的に攻めるつもりだ。かなりの時間を費やして色々情報提供を行なっているのにきちんと対応できないのだから、止むを得ないだろう。別にこちらとしては早急に解決しろ、とは一言も言っていない。ちゃんと問題を解決してくれ、と言っているのにお茶を濁そうとするから段々きつい対応になってきているのである。以前の自分だったらやらない事をしている。自分でも客観的に見てなんか変わってしまったな、という気はする。

 昨晩も多少寝付きは悪かったが、一昨日ほどではない。途中いつものトイレ起床はあったけど、昨晩も寝たままトイレに行ったから何時かも分からない。すっかり自宅に馴染んでいるから目をつぶっていてもトイレまで行けるようになってしまった。凄いんだかなんだか。

 10 日ぶりに目覚ましラジオで目を覚ます。やはり平日に戻っての起床は辛い。気分的なものもあるのだと思う。夏休み中 7 時頃起きても辛くないときもあったのに今日は眠いな、と思った。

 夏風邪を夏休み前に引いて医者に行って薬を飲んでいたにもかかわらず、また今朝になって喉が痛くなってしまった。症状ぶり返しである。毎回夏風邪を引くと長引くのでさほど心配はしていないが、鬱陶しい気分になってくる。少なくともご機嫌な気分にはなっていない。

 会社への通勤時、歩いていても汗をかかないからまた自律神経が狂ったかと思っていたが、どうも今朝は気温、湿度ともに低かったらしい。後でそのことを知って納得した次第である。

 今日は、朝から夏休み前にやり残した販売会議の議事録まとめを午後 15 時ぐらいまで行なっていた。疲れすぎないよう、適度にトイレに行ったり、腰を伸ばしたりしながら記述を続けた。10 日も経っているから内容を忘れているかと思ったが、意外と覚えているようで詳細な記述をしてしまった。

 朝、メール確認をすると、技術のソフトウェア開発担当の部長から事業部全員にメッセージが配信されていたが、内容を読んで「今更何を行っているんだ、この人。」と思わざるを得なかった。内容は、「アナログ商品は色々付加価値が付けられたが、デジタル商品になると、それが難しい。」といったような内容で、そんなことは 2 - 3 年も前から言われていたことである。この部長は最近何かの講演でその話を聞いた、というようにメールには書いてあったが、情報収集能力がないのではないか、と呆れてしまった。

 朝の支度をしているときには昼食後に服用するワイパックスを用意していたのにもかかわらず、それを持って出かけるのを忘れてしまった。まあワイパックスは坑不安剤だから、坑うつ剤のルボックス飲み忘れよりはまだマシだが、薬の正しい服用が出来ないのは少々厳しい。

 議事録がまとめ終わった後は、一応 R 課長に送付し、R 課長がチェックした後に M 課長に送付したようだが、文章内に「計画の達成が不可能」とか書いてあるのが M 課長は気に入らなかったらしく、「これじゃこの議事録は配布できない。」とかぶつぶつ言っているのが聞こえてきてしまった。しかしその言葉を吐いたのは他でもない M 課長本人だし、事実を書いて何が問題だというのか、また怒りがこみ上げてきてしまった。前からこの会社の「前向きに行動しろ」とか、「批判的な意見を言うな。」とかいう精神論的な考えには納得いかないものを感じていたが、うつ病を経験した後では余計にその思いが強くなる。精神論で何とか物事が解決するのならば、事業部の経営が悪くなるわけないだろうし、極論をいえばガンや脳溢血だって気の持ちようで直せてしまうことになってしまうことになる。もう精神論に振り回されるのはごめんだ。現状を正しく認識した上でどうするかを論理的に考えた方がよほど建設的だと思う。朝のくだらないメールとあわせて憮然としていた。

憮然とした顔をしていたのを見たのか、M 課長は後でフォローの言葉を掛けてきたが、気分が収まるわけはなかった。最終的には R 課長が分量が多すぎることも含めて修正をかけることになった。分量が多いのは確かで読みづらいといわれたら納得せざるを得ないから次回は気をつけようとは思うけど。

 そうこういいつつも、ついでにようやく社内コスト削減案のレポートもまとめ上げたので、そのくだらないメールを送ってきた部長に送付する。責任者が彼なのだから仕方がない。

 今日も定時退社をして、家に帰り、食事をして、ようやく気分が落ち着く。DVD 作成ソフトの会社からはさすがに今日はメールが来なかったので少しストレスも解消される。

 

8月18日

 昨晩は夕食の後、いつものように「ターン A ガンダム」を観ていた。物語も終盤に入ってきていて、多少シリアスな展開が続くが、それが今の自分を取り巻く環境とオーバーラップしているような感覚を覚え、面白かった。

 その後はネットサーフィンをして、掲示板に色々書き込みをする。一昨日だったか、うつ病で苦しんでいる人たちの掲示板に「ダメ人間のせいで苦労するからダメ人間なりに頑張れよ。」という荒らしの書き込みがあったので、半分からかいのつもりで、「ダメ人間が頑張ると自分のペースになっちゃうし、大体ダメ人間にそういう仕事を振るあんたがダメなんじゃない ? 」と書き込んだら、相手から猛反撃が来ていた。「仕事もしないくせに給料は人並みにもらうのか。」とか「普通の人は自分のペースを越えて頑張っているんだ。」とか、うつ病に理解のない人の決まり言葉「甘えているんじゃない。」とか、「給料泥棒。」とか、罵詈雑言の書き込みだった。他の方は、「馬鹿だね。」とか親切な方は「まじめに相手しちゃダメだよ。」か書いていたが、こちらはからかっているつもりなので、再反撃を掛けてやった。例えば「普通の人は自分のペースを越えて頑張っているんだ。」という書き込みに対しては、「それは単にあんたが無能なだけ。」というように、相手の感情を意図的に逆なでする書き込みをしてやった。弱者に対するいじめを行なう者に対して逆にいびるのがとても心地よく、昼のストレスが少し晴れた気分である。しかし、自分も性格が本当に少し変わってしまったみたいである。いくらネットという匿名の世界とはいえ、今までだったらこんなこと絶対行なわなかった。

 そんなことをやっていたせいか、脳が興奮してしまったらしく、めちゃくちゃ寝付きが悪く、深夜 1 時ぐらいまでは熟睡に入れなかった。時計を確認したわけでもないが、ちょうど「スタートレック・エンタープライズ」の放送を録画するタイミングでビデオの動作音が聞こえていたので、そう判断したのである。

 エアコンによる室温の調整も間違っていたことも寝付きが悪かったのかもしれない。いつもの深夜のトイレ起床がなかった代わりに朝起きたとき、首筋を中心にかなりの汗をかいていた。寝付きが悪かったので、目覚めは良くないし、相変わらず咳が止まらないので朝から不機嫌である。まあ抑うつ状態に引っ張られていないだけマシと言えばマシ。

 今日は最初から仕事をする気もなく、本当に切羽詰った仕事もなかったので、午前中は Web ブラウザの Firefox に追加した拡張機能の「Web Developer」というソフトで遊んでいた。そのソフト、Web ページ制作者にとってはとても便利なソフトで、今後僕の運営しているこのサイトの改善にも大いに威力を発揮しそうである。まあ、遊んでいたといっても、仕事に関係ないサイトを見ていたわけではなく、自社のインターネットサイトをこのソフトを使って色々チェックしていたので、厳密には遊んでいたわけではない。直接の仕事じゃないから関係ないけど。調べれば調べるほど、自社の Web サイトの出来の悪さがはっきりしてしまい、笑ってしまった。昨年抑うつ状態の中、宣伝とか、業者の人に説得してせっかく多少はマシなサイトにしたのに、久々に見たら以前より酷くなっている。もう僕の仕事でもないから知らない、と思いながらも色々見ていたら、お客様からの問い合わせ受付のページがなんと SSL というセキュリティ方式を採用していないことが発覚。そのくせ、サイトの文章には「 SSL を使用しています。」と書いてあった。もう大笑いである。社長が「セキュリティに徹底的に特化する会社を目指す。」と言っているのになっていないのだから。担当者に連絡しようかとも思ったが止めた。意識の低い連中は一度痛い目にあったほうがいいと思う。でないといつまで経っても意識改革なんか出来やしないから。

 昨日の議事録の改訂版が R 課長から届いたので見てみると、大胆に内容を省略していた。しかも僕からしたら記述しておくべきだと思う内容がばっさり切られているので唖然としていた。この内容切っちゃったら議事録の意味をなさないと思うのだが、M 課長はそう思っていないらしい。それどころか、会議の席で誰も発言していない内容が追加されていたり、正直これじゃこの仕事は出来ない、と思った。もう議事録じゃない。単に M 課長の脳内文章である。

 明日は職場懇談会で、M 課長は飲み会をやりたかったらしいが、ほとんどのメンバーに断られ飲み会はお流れ。表向きの理由は色々あるけど、裏の理由があるんじゃないかなとかんぐっていた。考えたら職場懇談会の開催時間、定時後なのでサービス残業をさせられることとなり、気分的には面白くない。そんなこともあって M 課長が僕に「 PC のマウスの調子が悪いんだけど、何でだろうね。」と聞いて来たときもそっけなく「壊れているんじゃないんですか。」と答えていた。

 午後はなぜか本社から「情報セキュリティソフトの導入状況を把握して連絡しろ」と指示が来てしまった為、まじめに仕事をしてしまった。各部署の担当者にメールでお願い事項を配信すると、色々情報が伝わっていなかったりする部署もあり、その対応などをしたりしていたので、退屈はしなかった。

 それと同時に販売子会社に出向中の畠山さんから「価格マスターがおかしい。」と R 課長と CC で僕にメールを送ってきたので、独自に確認すると、R 課長は夏休み前に僕が指摘したミスを全然直さず、畠山さんにデータを送信していたことが発覚。とりあえず畠山さんには言い訳ぽい文章になってしまったが、「僕のチェックが全く反映されていない」旨、返信しておいた。正直自分がミスをして責められている様で気分のいいものではないが、そのメールを送ることで、あえて R 課長の立場を悪くしようとしたのである。うまくいくかどうかは知らないけれど。

 今日も当然定時で帰る。定時で帰る生活に馴染んでしまうと、人間らしい生活しているな、と感じる。自分の時間が作れるから。

 

8月19日

 昨晩もネットで掲示板を見ていると、昨日書いたうつ病で苦しんでいる人に対する荒らしの人の再反撃が来ていた。しかも、今回はかなり論理的な攻撃で、見た瞬間、「ちょっと形勢やばいな。」と感じてしまった。どういう反撃だったかといえば、「うつ病なんてなまけ病の癖によくのこのこ会社に復帰してくるよな。」とかそういう類の内容である。確かにそう思っている無知な人が多いのは実感として理解しているので、それをひねって再反撃することは出来ないな、と感じてしまい、ちょっと心が負けを認め始めてしまったのだが、その後の他人の書き込みを見ていたら、再度勇気が出て来た。僕と同じように「無能野郎」とか書いてくれる人や、「あいつ、他のスレッドでも荒らしていて、うつ病で会社を休職している人たちに追い討ちをかけていてひどいやつだ。」と情報を教えてくれる人がいたので、心が落ち着けることが出来、どう再反撃するか脳をフル回転させてみた。そして、一つの突破坑を見つけ出した。彼の書き込みの最後の一節がまるでどこかの新興宗教か、某国主席をあがめている人のような書き込みだったので、そこに狙いを掛けて「どこかの宗教団体の言葉みたい。宗教は程々にね。」と論点を思いっきりずらしてみた。

 その後すぐに別のうつ病関連のスレッドで彼の荒らしを見かけた。そこではなんとうつ病患者をゴキブリ以下と言い放っていた。そして、うつで療養中の人は、それで更に症状が悪化しているようで、辛そうな書き込みがされていた。これは許せん、と思い、このスレッドでも「無能君、こんなところでも宗教活動ですか。しかも深夜 1 時に。」といった内容で攻撃を掛けてみた。つまり彼の本質がどうであれ、ここで彼を新興宗教団体にハマっている馬鹿と規定してしまったのである。これでどう来るかである。一部ではこういう馬鹿は相手にしないほうがいい、という意見もあったのだが、僕個人としては、物の見方を変えるトレーニングにもなるし、こういう馬鹿野郎は許せんので、他の方から「止めてくれ。」と言われない限りはもう少し相手してやろうかと思っている。

 その一方で敬愛するロックシンガー・佐野元春が iTunes Music Store で新曲を販売し始めたので早速購入し、PC で新曲を聴いていた。前にも書いたと思うけど、もう 50 歳になろうかという人が、保守的にならず未だに新しいことにチャレンジし続けている姿には敬服する。そんな人だから僕は彼を尊敬し、20 年もファンをやってこれたのかもしれない。新曲はいい曲だった。

 さすがに数日間寝付きが悪くて疲れたのか、昨晩の寝付きは良かった。トイレ起床もなく目覚ましラジオで起きたぐらいである。しかもそのときかかっていた曲が佐野元春の曲の中で一番好きな「ヤングブラッズ」。喉も多少は症状が回復していたこともあってご機嫌な朝を迎えた。ラジオはその後も TM NETWORK の「GET WILD」をかけたりするからますます気分がよくなる。ただ、同時に中山美穂の「ワクワクさせてよ」とか、アニメ「タッチ」の主題歌までかかっていたのにはずっこけたけれど。腰は多少痛かったのでいつものように消炎剤を塗布しておく。

 今日の会社の通勤時は暑く、ちゃんと汗をかいていたので一安心。通勤路の木々が美しく見えた。

 今日も特に急ぐ必要のある仕事はないから、情報セキュリティに関するサイトを見て勉強していた。結構これが面白い。コンピューターウイルスの発祥についてなんか初めて知った。もちろんこれは職場懇談会用の資料としていずれ活用させてもらうつもりだ。職場懇談会自体が仕事として認定されているから遊んでいるようでちゃんと仕事になっているのである。

 時々、今度職場の PC に入れる暗号化ソフトの問い合わせがあったりするので、その対応はしていたが、大して難しいことではない。それと同時に、そのソフトについても独自に勉強をしてみた。本社の言われるままに従ってセキュリティソフトを入れても、それが何を意味しているか分からなければ、抜け道を見出せないからである。自分が悪いことをするというのではなく、中途半端な知識を持っている人たちが抜け道を利用するのを防ごうとしたら、そのソフトの動作を知っておく必要がある。

 夕方は今日最大の仕事である職場懇談会が開催された。仕事とは言うもののお菓子を食べたりしながらだから気楽な雰囲気ではあるが、僕は運営者だからお菓子なんか食べている暇はない。でも結果的には今日の職場懇談会は成功だった。テーマとして M 課長から指示された「情報セキュリティ」の説明が身近な例、特にプライベートなことを活用して説明した為、感覚的に理解してもらえたのだ。R 課長からは「ちょっと文章がくどいところがある」と指摘はあったが、最初にしてはいい感触を得た。次回の資料作りも楽しくやれそうだ。

 職場懇談会があった為、残業禁止令を破ってることになってしまっているが、まあ金曜だし気分がいいからまあいいか、という気になっていた。もちろん昼の仕事の負荷が重くないのも大きな理由だけれども。

 またこれで 2 日間はのんびりできる、といいたいところだが、明日は歯医者とメンタルクリニックのはしごだし、喉の調子が改善しないようならまた耳鼻科にいくか、とも思っているのでヘタすると医者 3 軒はしごになるかもしれない。それと明日は川崎市の花火大会なので、夜はちょっと楽しみ。

 

8月20日

 昨晩つまらない TV を聞きながら(画面は見ていない)、ネットを見ていて、ふと NHK-BS で「機動戦士ガンダム」特集を放送しているのを思い出したので、慌てて BS にチャンネルを切り替えた。今回は、富野監督のインタビューのコーナーが(しかも 50 分も)あるので、そちらが目的で、作品本編は目的ではなかったのだが、やはり見てしまう。

 掲示板の荒らしの書き込みは、昨晩はなかった。久しぶりにうつ病で苦しんでいる人たちが互いに助け合う場に戻っていた。効果があったかな、と思ったのだが、別のスレッドに気になる書き込みを見つけた。うつ病関連の掲示板と言っても 1 本化されている訳ではなく、「メンタルヘルス板」というカテゴリーの中で例えば「うつで療養中のすごし方」とか、「休職から仕事に復帰しようとしている人」とか「デプロメール、ルボックスを服用している人」とか更に細分化された状態で各々が色々意見交換を行なう仕組みになっているのだが、その中の一つ「うつで休職した人、退職した人」に、「うつ病になりやすい人は 3 つある、1. 周囲の環境から発症してしまったもの、2. 自分に対する自信のなさから勝手に悩んで発症してしまったもの、3. 辛いことに対して逃げたいという気持ちから自ら鬱状態になるよう気持ちをし向けてしまったもの。世の中で多い順は、3 > 1 > 2 なんだそうです。」というような内容で、その他にも色々書いてあったのだが、最初は「そんなものかな。」と思っていたのだけど、よく考えるとなんか変だ。特に 3. はものすごい違和感を感じたので、確証はなかったが「あなたがそういう説を出してきた元のソースは ? どうも荒らしっぽい雰囲気が漂ってくるんだけど。」とジャブを打ってみた。こんな話、ここ 1 年以上うつ病関連の本やネットで情報を散々見て来たが初めて聞いたし、3. を 1. の説で巧妙にカモフラージュしているような気がしてならない。

 いつもなら 23 時に寝るところだが、前述の富野監督インタビューを観たかったので、久々に少し夜更かしをしてしまった。でもとても面白かった。確かに多少物の見方を変えようで柔らか味を持った雰囲気は持っているものの、しゃべっている内容はとても過激。何せ「ガンダムの登場人物の名前は主人公のアムロを除いて全員大嫌い ! 」とか、インタビュアーの「ガンダムは人気ありますよね。」という質問に対しては、「それはファンの中でだけ。世間の人に認知されなければ意味がないの。ジョージ・ルーカスのスター・ウォーズみたいにならないとダメなの。」とか、「シァア・アズナブル(主人公のライバルで主人公より人気があるキャラクター)のシャア、ってネーミングは「シャー」とやってくるからシャアなの。」とか言いたい放題。ますます気に入ってしまった。うちの父とほぼ同じ歳なのにまだまだ現役バリバリ。ある意味凄い人である。

 寝付きは良かったけど、朝は 6 時半ぐらいに目覚めてしまった。寝たのが 23 時 40 分なので、7 時間弱。でも寝不足感を感じない。トイレ起床がなかった代わりに汗を大量にかいていて枕は汗でぐしょぐしょ。喉は痛む。やはり耳鼻科に行ってこよう。

 洗濯が終わってまずはだらだらとしてから、一向に解決しない DVD 作成ソフトのチェックを行なう。メーカーの言っている事を一応検証してみたが、予想通り外れだ。逆にこちらで勝手にレジストリを見てみたら、一ヶ所妙な値が書き込まれているのを発見。まるで文字化けしたような値だったから怪しいと思ったが、残念ながらメーカーが情報を開示しない限りうかつには手を出せない。困ったことにソフトをアンインストールしてもレジストリに値を残ってしまうタイプのソフトらしく、しかも莫大なデータのあちらこちらに情報が埋め込まれているので、削除するのも相当大変そうだ。とりあえずメーカーをもう少し攻めるか、と思った。

 掃除を簡単にしてから、まず耳鼻科に向かう。2回目ということもあってか、医者は少しは愛想がよくなった感じがする。今回は点滴もなく、抗生物質の内容も多少変わったようなので、医療費は安く済んだ。

 家に帰ってきてからはソーメンとおにぎりで昼食を済ます。今日も暑いがあえて温麺で食べる。理由付けはいろいろできるけど、実は単に茹でた後冷やしたり、そのための道具を後で洗うのが面倒だったからに過ぎない。昼食後は「機動戦士 Z ガンダム」(昨日ビデオで録画していたもの)を見、洗濯物を早々に取り込んでから歯医者へと向かう。

歯医者の治療は今日はあっさりと終わり、残りはまた次回、となってしまった。時間が中途半端に空いたので、暑苦しい髪を何とかしようと床屋に行く。髪の毛がくせっ毛なので美容院に行っても金の無駄だから床屋で「適当に短くして。」で十分である。それでもまだ中途半端に空いてしまう。空いた時間は、ゲームセンターのゲームと、本屋での立ち読みで時間つぶしをした。

 メンタルクリニックの診察も僕が夏休みでのんびりしていたこともあったのであっさり終わってしまう。今日の医者や理容関係、すべて短時間で終了、といったところである。

 スーパーで夕食の弁当を買って家路に戻ろうとすると、対向車線の道路は大混雑。昨日書いた花火大会の影響で河川沿いの道路が閉鎖されてしまっているからである。夕食を弁当にしたのは花火をのんびり見に行って家に帰ってきた時にさっさと済ませたいからである。

 家で掲示板以外の Web サイトを閲覧した後、三度家を出た。ようやく医者通いではなく、純粋に娯楽としての外出になる。

 花火会場に到着すると既に大勢の人であふれていた。これでも動員人数の規制をしているということだそうだ。多摩川の河原で花火を打ち上げるということで、どうしても会場が狭くなる為、いわゆるタウン誌にも花火大会の情報を公開しないらしい。だから知っているのは、川崎市民と、対岸の東京都世田谷区の人ぐらいである。去年は河原の草むらに座って見た記憶があるが、今年はもっと近くで見たい、という思いが強かったので打ち上げ場所に近いところまで足を伸ばした。

 周囲を見れば家族連れか、アベックばかりで一人物の僕としては少々さびしい気がした。また、夕方のそよぐ風が夏の終わりを感じさせていたのも物悲しさを感じる要因だったかもしれない。

 花火は今年はとてもすばらしかった。去年も良かったという記憶はあるのだが、日記を読み返してみると、明らかにうつ症状による過剰睡眠が昼間出ていたことを書いていたのを確認したので、明らかに心のあり方が変わっているのだろう。打ち上げ場所に近いところにいた為、女性のナレーターが、花火の名称の紹介をしているのを聞く事もでき、より深く感動が味わえた。カメラを持っていったので、気まぐれにシャッターを切りつつも、純粋にその美しさを堪能していた。うつから回復すると、些細なことがとても新鮮に感じるものなのである。

 ラストの派手な花火が終わると、帰り客で会場はごった返した。流れに任せてとぼとぼ歩き、家にたどり着いてから夕食を取った。部屋は用心の為に締め切って出かけた為、ムシムシしていたので缶ビール 1 杯がとても美味しかった。食事はさっさと済ませたい、とは言ったもののインスタントの味噌汁を飲むためお湯だけは沸かした。何か忙しかったけど、最後はいい締めで終わった気分である。(でもこの後掲示板でまた馬鹿と対決することになるかもしれないけど。)

 

8月21日

 というわけで、昨晩の夕食後は掲示板を覗く。問題の「うつで休職した人、退職した人」は、何か変な方向にやり取りが向かっている感じだったが、一人が最初は荒らしっぽい書き込みの書き込みに引っかかって自分を追い込んでいたのが、途中で気がついたらしく、「私みたいに引っかからないでください。」と、書いたとたん、荒らしっぽい人間が本性をむき出しにし始めた。この人「3. 辛いことに対して逃げたいという気持ちから自ら鬱状態になるよう気持ちをし向けてしまったもの。」で自分がうつになっている、などと書いていたのだが、書き方からしてうつ病患者のものじゃない。うつ病になってしまった人の特徴は人を責めるのではなくて、自分を責めてしまう所にあるのに、この人の書き方は全然逆。(念のため書いておくけど、うつ病になる人は辛いことでも人以上に頑張ってそれに取り組んでしまい、その結果自分の限界を超えてしまうからうつ病になる、ということをお忘れなく。本質的にはうつ病になる人はまじめでいい人なんだよ。) 早速ニコニコしながら攻撃をかけた。しかも、人に突っ込みを入れられると逆切れして本性むき出しにするところなど、ここ数日の無能君だろうな、と思ったので、他人の振りして追い討ちをかけてみた。「誰かが他のスレで荒らしている人を無能君呼ばわりしていたようだけど、まさか当人だったりして(笑)。」という具合に。

 で別のスレを覗くと、彼の逆切れかつ一面真実である「うつ病なんてなまけ病の癖によくのこのこ会社に復帰してくるよな。」というような具合の書き込みにダメージを受けてまたうつ症状に逆戻りしそうな人を発見。実際に社内で完全に無視されてしまっていることもあってショックを受けている様子だったのでアドバイスを入れておいた。但し今回はソフトなアドバイスをしなかった。きつい口調で「他人の評価は気にするな !。会社以外のところで価値観を見つけろ !。」と書き込んだ。多分彼にはこのぐらいの書き方の方がいいと考えた。

 昨晩も 23 時半と少々遅い就寝時間になってしまったが、その代わり今朝 7 時半まで完全に熟睡。トイレ起床もなく、変な寝汗をかくこともなかった。多少眠気は残るが、一応起床。なんだったら昼寝してもいいかと思ったので。

 今朝もだらだらしながらネットを見て活動を開始。そのうちに Web サイトの修正をし始めた。些細なことなんだけど、映画のレビューのコーナーが Google で全然引っかからないので、それを改善しようと、ある推測の元に少しだけ直してみたのだが、この 1 年半近くの映画のレビューのページを全部修正しなくてはならず、意外が時間がかかる。他にもこのうつ病日記も修正掛けたいとも思っているのだけれども、まだ自分を完全に客観視できる状態とは思えないので、もう少し先にしようと思っている。ログを見ていると、意外と「うつ病について」というページを見てくれる一見さんが多いのである。あのページはうつ状態の中作っていたから、通り一遍等のページしか作れなかったから、もっと自分のどろどろした部分も交えて書き直したいな、と思っている。その方が人の役に立つと思うので。

 今日は風もいい具合に吹いていて、楽な一日だな、と思った。午前中はいつものように買い物に行き、ゲームをプレイしたりして、昼食を食べ、「スタートレック」 2 シリーズを観た後に昼寝をした。とても幸せな気分だった。

 昼寝から目覚めてからは、一向に解決しない DVD 作成ソフトの不具合について更に調査した結果をメーカーにメールしたり、Web 修正の続きを行なって、穏やかな日曜の午後を過ごした。

 夕食はワンパターンの野菜炒め。でも牛肉が食べたかったので、肉を牛肉にした。その割にはけちなので挽き肉を使って、コストを下げた。味はちょっと試しにごま油を使って塩、コショウで作ってみた。結果は大失敗。味の調和がとれていない。オーソドックスが一番だ、と後悔しながらも作ったものはきちんと食べた。

 先週は 3 日間だったから良かったけれど、今週から週 5 日間の会社生活が始まるから無理を可能な限りしないようにしながら、生活して行こうと思う。無理をしなければならない事態になったらそのときは無理をするが、その後は完全に手を抜くなどのメリハリが必要だと思う。

 

8月22日

 日曜の夜は穏やかに過ごしたかったのだが、そうは問屋が卸さなかった。例のうつ病掲示板の荒らしが暴走していたのである。最初、一昨日の僕の攻撃に対して、「俺も元うつ病患者だったんだ。」と告白してきたので、一瞬、「悪いこと書いてしまったかな。」と騙されかけたのだが、その後の何人かのレスを読んでみると、やはりおかしい。一旦 PC の前から離れ、部屋の中をうろうろしながら心を落ち着かせ、その続きを読んでいった。掲示板でのやり取りがかなり膨大になっていた為、読んでいても「何かがおかしい。」という感覚しか感じられなかった。そこで、荒らしと最初に認定した彼の発言の推移をよく読み返してみた。すると、話がころころ変わっているのである。変わっていないのは昨日書いたように一見「周囲の環境でうつ病になる人がいるのは認める。」と言いながら、「辛いことに対して逃げたいという気持ちから自ら鬱状態になるよう気持ちをし向けてしまったもの。」という説を曲げていないところである。改めてネットで検索をかけたがそんなことはありえない。辛いことから逃げたいという気持ちがうつ病を誘発するんではない。辛いことでも頑張ってまじめに取り組んでしまったために自分の限界を超えてうつ病になるのだ。そこで、今回は直球勝負で猛攻を掛けた。「いい加減本性を現せ。」だとか「殺人鬼だな。」とか、相当罵詈雑言を書いたと思う。でも「殺人鬼」という言葉は極端かも知れないが間違ってもないと思っている。うつ病になる人は自殺する確率が非常に高いのである。これはうつ病関連の本やネットで検索してもらえればすぐに理解できると思う。自殺者の 8 割が抑うつ状態にあったのではないか、という説すらあるくらいである。彼の荒らしは、うつ病患者を自殺に追い込む危険性をはらんでいる。そういう意味からしたら人殺しも同じである。もちろん今の司法制度ではその関連性を証明することが出来ないからどうしようもないが、こいつを叩き潰さないと不味いことになる。

 しかし今回はこちらもかなり疲れた。彼の荒らしが巧妙化しているので、注意していないと間違いなくだまされる。そしてうつ病で苦しんでいる人はますます自分を追い詰めてしまう。こちらもそれを発見するのに相当の時間を費やしてしまった。一部で、「彼を無視しよう」という話もでていて、それに賛同する人がいたのだが、彼は「あいつうつ病じゃないと思うけど、何か別の精神の病にかかっているんじゃないの ? 」と書き込んでいた。よく考えると、その可能性もありえる。彼の書き込みの時刻を見ていると日曜日 1 日中掲示板にかじりついて書き込みを続けていたのである。しかもどうも自作自演を使って別人であるかのような書き込みもしているようなので、ちょっと常軌を逸している。いったい彼は何が望みなんだ ? そんな疑問が浮かび、心から離れることがなかった。

 それでも 23 時前にはベッドに入り、すぐに熟睡出来た。昼寝してもまだ睡眠は足りなかったらしい。その代わり久々に朝の浅い眠りが復活してしまったので起床時多少不愉快だったが。

 今月初めに比べると、多少だが涼しくなっているようだ。今年は去年ほどの酷暑にはならないようで少しほっとしている。

 会社では、あせらずのんびりとしながらも社内の PC にインストールする暗号化ソフトの案内を部門内に通達して、自分で対応できない人にはその手助けをしたり、先週の金曜日に開催した職場懇談会の報告書を作成したりしていた。

 途中、サービス部門のおじさんが「職場懇談会の資料を見せて。」と言ってきたが、無愛想にさっと見せただけで、相手に資料を提供はしなかった。人が苦労して(正確には苦労していないけど)作った資料を自分が手を抜いてさも自分が作成したように見せかけるな、と直感で感じていたのでそういう対応をしたのだ。これもうつ病回復途中以降変わってきた性格の一つだろう。以前なら間違いなく喜んで資料を渡していただろうから。で、結局は自分が評価されず、その要領いい奴が評価されるのである。その辺の割り切りができるようになってきたのは自分にとっては悪いことでもないかな、と思う。

 午後は眠気に襲われてしょうがなかった。ただでさえ坑うつ剤だとか坑不安剤を服用している上に風邪薬まで飲んでいるのだから副作用で眠気が襲ってきても不思議ではない。本当に居眠りするところまで行かなかっただけマシと思うことにした。

 本日も定時で会社を退社すると、いい風が吹いていた。土曜日にも書いたけど、夏は終わりつつあるようだ。

 

8月23日

 昨晩も夕食後、ネットを見て、掲示板を覗いた。さて、どうなっているかなと思っていたら予想外のことが起きていた。僕以外の連中が次々と荒らしの彼を攻撃し始めていたのである。しかも、場合によっては次の手段として僕も考えていた「お前病気が再発しているみたいだから、病院行った方がいいよ。」と、親切なようでものすごい攻撃をかけている人もいて、荒らしの彼は完全に沈黙したようだ。もしかするとこのスレッドから逃げて別の場所で荒らし始めているのかもしれないけど、とりあえずこのスレッドはようやく落ち着きを取り戻したようだ。僕の出番はなくなってしまったので、これまで行なっていたように色々悩んでいる人に対してのアドバイスに徹していた。特に、ご夫婦で旦那さんが 6 年もうつ病を患っていて、かなり精神的に参っている女性に対しては、そういった人たちのための家族会の Web ページを紹介した。家族がうつ病になると、より大変だよな、と思う。

 メールを確認すると、久しぶりに佐野元春のファンの人からメールが来ていた。10 月にライブハウスで開催される彼のコンサートが問い合わせが殺到したためか、ファンクラブ会員限定でもう一回開催されることになったのでチケットを申し込んだのだけど「抽選で外れました。」と書いてあった。実は僕も外れてしまい、ちょっとがっかりしていたので、「次は一般発売のチケット取りに頑張ろう。」というメールを返信した。でも、本当、行きたいな。

 昨晩も 23 時就寝、早朝眠りが浅くなる。慣れたとはいえ、やはり気分がいいものではない。腰もいつものように痛いから、今日も消炎剤を塗って家を出た。

 午前中は、暗号化ソフトの社内の導入進捗状況の書類作りをしていた。各部門の担当者にメールで「状況を報告するように」と依頼はしているのだが返信は芳しくない。ちゃんとしている人はきちんと返信してくれているので大変助かるけど、そうじゃない人が多いのでとりあえずでっち上げの書類をざっと作成しておいた。いざとなったらウルトラ C で圧力をかける予定である。

 本日は朝から何となく眠くてしょうがない。薬の副作用なのかなー、と思いながらもあまり無理しない程度のペースで仕事をしていた。

 昼頃、派遣の F さんから「変なメッセージが出るんですけど。」と話しかけてきたので PC を見てみると、Adobe Reader という pdf ファイルを閲覧するソフトが、新ヴァージョンにアップグレードしろ、というメッセージを出していたのだった。それはいいのだが、よく見ると、Adobe Reader のアップグレードをすると、もれなく Yahoo! ツールバーがインストールされてしまうということが分かってしまった。僕個人は大抵この手のソフトの自動アップグレード機能を信用していないので自分でソフトメーカーのサイトから新ヴァージョンのソフトをダウンロードして入れてしまう方法を取っていなかったので気づかなかったが、何で販売子会社で色々トラブルが発生しているのかがよく分かった。しかしこの事実を知らんとは、販売子会社の情報部門、タコなんじゃない、と思った。販売子会社の情報部門は、「業務に関係ないソフトのインストールは禁止されているから自分で削除しろ。」とか自社内のイントラネットで偉そうに書いていたけど、真相を知らないだけじゃん、と思ってしまった。F さんの PC には当然いつも自分がとっている方法で新ヴァージョンに変更してあげた。

 午後も眠いので、だらだらと Web サーフィン。遊んでいるようで一応は仕事というスタンスでいた。切羽詰っていないので、全く業務に関係ないと指摘されないように気をつけながら、色々自己スキル向上プラス社内情報セキュリティ影の責任者という立場で情報を見ていた。表向きの情報セキュリティ責任者は M 課長だが、何せこの人、Amazon.co.jp すら知らないというネット音痴なので、実際は僕が仕切っているようなものである。

 15 時ごろ、M 課長が R 課長を呼びつけてごそごそ話をしていた後、しばらくしてから「がちゃん君、明日の 10 時、時間を空けておいてくれ。」と言ってきた。「いいですけど、何の話ですか。」とたずねたら、「明日話す。」とのことだった。何か別の仕事が増えるかなとも思ったが、まあ気にせずそのまま Web サイトを見ていた。

 定時になったので帰ろうと思ったら外は大雨。しばらく会社にいて止むのを待ったほうがいいかなとも思ったが、やっぱりとっとと帰ることにした。幸いにも土砂降りの時をうまく避けながら家に帰れたので運が良かった。

 夕食を食べながら TV のニュースを見ていると色々興味深い内容だった。高校野球の夏の大会優勝校で野球部員に対して部長が体罰を振るっていたことが発覚して大騒ぎだとか、40 年ぶりに小学校だったか、中学校だったか忘れたけれど全国一斉学力テストを実施するだとか。体罰の方に関しては「まだ精神論で教育しているの ? 」と呆れていたし、学力テストについては「実施することに何の意味があるのかな ? 」と思ったり。何か皆ずれたことをやっているというか 20 世紀の成功談から離れられないという感じはする。

 

8月24日

 昨晩もネットサーフィン &掲示板の書き込みをしていたのだが、ちょっと精神的にダメージを受けてしまった。先週、春に映画館で観た「ローレライ」の DVD を購入したのだが、ディスク不良がないか確認でちょっとだけ観たのだが、色のバランスに違和感を感じたのである。また日本メーカーお得意のやっつけソフトか、と思ったいたのだが、dvd catalog---For All dvd Philes!!というサイトの掲示板でやはりおかしいと感じた人がいたようで、「何か変なんですけど。」と書き込んでいた。それに対して常連の一人が画を観てもいないのに勝手に「制作者の意図した画なのでは。」などと書いていたから、僕は「明らかに製造ミスですね。」と書いた後にどこが変かを具体例を挙げて指摘したのである。そうしたらその常連はしばらくしてから購入して鑑賞したらしいのだが、僕の指摘に気づかず(気付く訳はないのだが)、「制作者の意図した映像だ。」と断定した挙句、僕のセンスが悪いような書き方をしてきたのである。その時に僕もちょっとミスって常連のハンドルネームを間違って書いてしまったので、余計形勢不利な状況になってしまい、ちょっと凹んでしまったというのが実態である。でも一時期話題になった「千と千尋の神隠し」ほどではないが、間違いなく製造ミスと断定している。僕はその常連がセンスないな、と思ったのは「制作者の意図した色が出ている。」といったその理由が「地上のシーンは白、潜水艦の中は赤、海の色は緑。」としか書いていなかった点である。僕に言わせれば、そういう色使いにした理由はどこにあるの ? というのが伝わってこなければ制作者の意図した画なんてことは言えないと思っているのだが、何せそういうことに気付かない人が多いことに改めてショックを受けてしまった。このサイト、何年か前は輸入盤 DVD の話題で結構掲示板も盛況だったのだが、今は閑古鳥が鳴いている状態なので、僕としては「この人たちって映画好きでもなんでもなくて単にブームに乗せられているだけなんだな。レベル低いな。」と思っていたが、こうして掲示板でそういう意見を直接言われるとは思わなかった。

 その他にも掲示板には色々書き込んでいたけど、うつ病関連の掲示板にまた荒らし君が復活していた。呆れて物が言えなかったので「早くメンタルクリニック行ったほうがいいよ。夕方遅くまでやっているからね、会社帰りでも間に合うよ。」と軽くいなしておいた。

 寝つきはとても悪く、深夜 3 時まで熟睡できなかった。掲示板のショックが大きかったことが原因かなと思っていたのだが、よく考えたら昨日天気が急変したのでそれに自律神経が付いていけなかったためかも知れない。何せ 1 時間半毎に小便をしたくなりトイレに行っていたくらいだから。

 当然朝の気分は最悪なのだが、自分の心に「抑うつ症状は出ていないか。」と問いかけてみると、そちらは大丈夫な様子。単なる睡眠不足でしんどいだけだと判断した。

 通勤中 PHS で産経新聞の Web ニュースを見ていたら、昨日の高校野球の優勝校での不祥事に対して、意見一般の人たちの「選手たちが頑張ったのだから優勝を取り上げないで。」という意見が高野連に殺到している、という記事を見かけた。僕からしたら本当、何も考えていない人たちが多いなと思った。スポーツには僕は興味ないけど、毎年のように県大会の優勝校が不祥事を起こして甲子園出場を辞退しているといったニュースぐらいは聞く。彼らも頑張って、憧れの甲子園球場への切符を手にしたのに不祥事のせいで辞退せざるを得なくなり、悔しい思いをしているはずである。それを優勝校だからという理由でそれを不問にしたらあまりに不公平だと思う。何でも何十年かぶりに夏の高校野球 2 連覇を遂げた、ということだが、それは関係ないだろうと思う。

 会社に着くと、R 課長の様子が何か変だった。いつもだと(何を作成しているかは知らないが) Excel で作業をしているのに、本を読んでいたのだ。それどころかチラッと R 課長の PC を見たら、転職に関する資料が表示されていた。何となく今日の M 課長の話が見えてきた気がした。

 今日は最低の気分なので「仕事しているふりしよう」と、勝手に決め付けていたのだがそうは問屋が卸してくれるはずはなく、暗号化ソフトの本部へのライセンス申請書の書き方とかそういった相談に一気に襲われてしまい、意外と仕事をすることになってしまった。そもそも本部の申請書のサイトの記述が悪すぎるのが原因なんだけど、それ以上に技術部門が理解していなかったことにがっくり来た。どう考えても世間の IT の進化のスピードから 3 週ほど遅れている。精神論でどうにかなる問題じゃない。

 昼前に M 課長とのお話。最初は「調子はどうだ。」とか「 R 課長と連携してうまく仕事しているか。」というような話で、適当に返事をしておいた。特に「仕事に空きの時間はないか。」という話についてはあえて嘘をついて「たまに空くときもあるけどおおむねちゃんと仕事してます。」と答えた。M 課長がうつ病のことを理解していないのはもう分かっているので、このくらいの嘘を言っておいたほうがバランスが取れていいのである。うかつに「暇です。」なんていったら一気に仕事を振ってくるだろうから、危なくてしょうがない。その後本題に入り、ソフトな口調ではあるが、予想通り「順次 R 課長の仕事の引継ぎをしていくように。」ということだった。一応僕からも「引継ぎには口頭ではなく、紙の資料を作ってください。」と意見は言っておいた。資料があれば、仕事を覚えるのは楽なのであえて念を押しておいた。

 昼はまた薬を飲むのを忘れてしまった。それに気付いたのは帰宅途中だったが、ちょっと最近薬の飲み忘れとか飲み間違いが多いような気がする。少し注意しないと。

 サービスのおじさんがしつこく「職場懇談会の資料くれよ。」と言ってくる。渡す気はサラサラないのだが、正面切って「渡す気はない。」というと後で業務に差し支えが出る可能性もあるしな、どうするかなとちょっと考えたら、本部が作成した僕が読んでも何がいいたいのかよく分からない、新入社員向けの情報セキュリティの資料を見つけた。これだっ、と思ってこれをデザインだけ変えてダミーの資料をでっち上げておいた。まだしばらく放置しておく予定だが、いざとなったらこの資料を渡す予定だ。

 さすがに夕方になると寝不足が祟ってボケた行動をし始めた。下車駅を間違えたり。まあ今日は昨晩の寝不足分よく眠れるだろう。

 

8月25日

 昨晩この日記はかなり意識のボケた中で書いていた。その後ネットサーフィンをしつつ、相変わらず掲示板に書き込んだりしていたのだが、件の DVD の掲示板で、別の常連が最初は親切な人かなと思ったら実はそうじゃなく人を貶める書き込みをする人だったことに気付かされた。更にダメージを食らったが、ぎりぎりのところで踏みとどまり、相手がぼろを出すような書き込みだけはやったみた。これだと、某巨大掲示板よりもひどい。某巨大掲示板は匿名性を売りにしているからこちらも用心して先読みできていたが、ちょっと自分の考えが甘かったようだ。ちなみにその後某巨大掲示板のうつ病関連のスレッドでは相変わらず荒らし君大暴れしていたのでこちらは適当に「君の理論面白すぎて笑い死にしそうだ。勘弁してくれ。」とレスをつけておいた。

 意識が相当ボケていたのでぐすっり眠れるだろうなと思っていたのだが....。

 ...眠れない。DVD の掲示板のことが悔しくてどうしても眠れないのだ。一生懸命「気にするな。」と心の中でささやいたのだが、ダメ。まずいと思ったので、春頃主治医に処方されてまだ残っていたデパスを久しぶりに投入した。最初は効き目が悪かったようだが、やはりキング・オブ・坑不安剤。1 時半までには熟睡に入れたようだ。

 朝は昨日よりマシだが、それでも睡眠不足がたたっている。午前中は不調気味だった。心の中で「今日はあの DVD の掲示板は見ないぞ。」と強く心に決めた。一旦体調を元に戻してから再チャレンジだ。辛いけど、こういう痛い思いをしつつ、色々やっていかないと物の見方は変えられない。そうしないとまたいつかうつ病を再発する。体調を整えたら、逆襲をしてやる。そう考えていた。

 社内の暗号化ソフトの導入状況の報告は今日も断続的に続くので、体調不良気味とは言うものの気晴らしにはなる。こちらが 1 週間前にお願いしていて返事が来ない人に対しても、責めることなく丁寧に対応していたら、以外と皆さん素直に報告をしてくれる。結果として進捗率が全く進んでいない状態だったのに、8 割方暗号化ソフトの導入申請書提出までこぎつけた。

 そんな対応をしているときに技術部門に足を伸ばしたりしていたのだけど、ふと、「おとなしい人が多いな。」と感じた。おとなしいというよりなんだか萎縮してしまっている感触を受けた。前に赤の大文字で「精神論はたくさんだ。」と書いたけど、部課長クラスの精神論が悪影響を及ぼしているのではないか、と考えざるを得なくなってしまった。前述のように素直な人が多いのだからもっとのびのびと仕事が出来る環境を作ったら今より成果が上がると思うのだけれども。

 昼食後に珍しく「ぴあ」という情報誌を買った。佐野元春の 10 月のライブの情報が載っているということだったので買ったら、唖然としてしまった。なんとチケットの一般発売がなくて、今週号の「ぴあ」に綴じ込みでついている葉書で申し込みをしなくてはいけず、しかも抽選。ファンクラブオンリーの回ですら外れてしまったのにこれでは更に確率低い。ライブ会場のある渋谷が遠く感じられた。(物理的には近いのに(泣))

 今日の午後も適当に自己研修。昨日、M 課長が R 課長に「徐々に仕事を振るように」とは人前で指示してはいたが、R 課長が自分のテリトリーをそう簡単に手放すはずはないし、こちらも体調不良だから今週は放置しておくことにした。まあ暗号化ソフト導入の調査に追われていたという理由は付けられる。来週辺りから徐々にしかも僕に仕事を振らざるを得なくなる状況を作っていくか、と考えたが、さてどうしたものか。自分の生活すべてが今は物の見方を替えるいい勉強の場にも思える。ダメージ食らうことも多いけど。

 最終的に 1 グループだけ暗号化ソフトを導入する PC の台数は把握できなかったものの、想定範囲内だったので、本部に報告書を提出しようかなと思ったら M 課長が「一度確認したい。」というのでメールを送った。それを見た M 課長、導入率が悪いのを見て、一言「期限までに導入に向けて感張ります。」と記入してくれと指示が来た。M 課長の精神論にも徐々に慣れてきたので、用事深く言葉を選びながら追加をして本部に提出。うちの会社のスタンスだと導入進捗率は悪いと思ってはいるのだがそういうことはおくびにも出さない。

 台風の接近の為、今日は全員に定時退社の案内が流れた。雨は酷くはないからさほど苦労せず自宅に帰宅できた。しかしちょっと疲れたぞ。今日こそちゃんと寝たい。

 

8月26日

 昨日決めたとおりに DVD の掲示板は覗かなかった。もっとも別の掲示板に出入りして喧嘩を吹っかけたりはしていたのだけど。正確に言うと、最初は建設的な意見を書いていたのだが、こちらの意図をちゃんと理解せず自分の意見に固執する人々ばかりだったので、段々喧嘩腰になってきた次第。もっとも DVD の掲示板のときみたいにダメージは食らわない。僕にとって DVD で映画を観るというのは大切な趣味だから、本当に好きな趣味だからそれを貶められたことが悔しいけど、その掲示板の話題ではそこまで思い入れはないから開き直って議論を変えつつ喧嘩を吹っかけていた。後、いつものうつ病関連の荒らし君は、更に知恵を付け始めているみたいで心が弱っている人が見ると、間違いなくそれに引っかかって返って症状を悪化させてしまいそうである。ということで軽くジャブを打っておいた。実際僕が見てもよくできている。うつ病経験者からの善意のアドバイスそっくりである。

 睡眠は最初寝付きが悪く、「またダメかな。」と思ったのだが、ベッドに入って 30 分後に一度トイレに行って再びベッドに入ったらちゃんと熟睡に入れた。

 でも朝は 5 時に目覚めたら眠れなくなってしまった。ちょうどこの時間当たりに台風が千葉県に上陸していて風雨が強かったので目が覚めてしまったようなのだが、ここ 2 日間の睡眠不足が祟っていて喉の調子がまた悪くなってきていて、痰が止まらなくなってしまったのだ。それでも寝付かれない辛さに比べたら、こちらの症状はおなじみのものだからむしろ楽な方で変にテンションだけは高かった。

 会社に着いて、朝会後、少ししたら M 課長が R 課長を呼び出し、喫茶室に打ち合わせに行ってしまった。しばらくすると構内 PHS の電話が鳴って厳しい口調で M 課長が「喫茶室来てくれるか。」というので「はいはいー!」と妙にテンションだけ高く喫茶室に足を向けた。

 話の内容は簡単で、「 R 課長が行なっていた商品の価格マスターの登録を来週からがちゃん君が責任持ってやってくれ。何度確認してもいいから絶対に間違えるな。」というものだった。ようやく仕事が適度にできる状態になってきたようだ。月に何回かある程度の仕事だから負荷は少ないし、色々理由をつけつつなかなか自分のテリトリーの仕事を手放さない R 課長の仕事が少しずつだけどこちらに移管されるようになってきたのだから悪いことじゃない。もちろん無理しないよう気をつける必要はあるけれど。

 打ち合わせ後、R 課長が「今後の仕事のことも含めて来週会社外で話したい。」と言ってきた。要は居酒屋の席で話がしたい、ということである。そういう言い方をしてくるということは本人何かを覚悟したのだろう。気付かない振りをして「いいですよ。金曜がいいですかね。次の日土曜だから楽だし。」と返答しておいた。

 その後は大したことはしていない。大したことはしていないとは言うものの、早くも来月分の職場懇談会用の資料作りをし始めていた。テーマは「ウイルスの恐怖 ! 」していたので色々コンピュータウイルスの歴史やその内容を調べていたのだけれども、午前中は久しぶりに変な不安感に襲われていたし、午後になるとここ 3 日間の睡眠不足が明らかに体に現れてきていて咳は止まらなくなるし、意識も朦朧としていたし、頭も回転しなかった。それでも抑うつ状態に陥っていない。心の中は安定していた。むしろ人にニコニコ話しかけたりしていたぐらいである。

 本日も会社の方針で定時退社日なのでとっとと帰る。この週末はゆっくりしたいものである。と言ってもやることあるんだよね。解決しないでほったらかしの DVD 作成ソフトの不具合を自分で解決しないといけないし。(メーカーのサポートセンターは当てにならんので自分で解決することにした。で、その事実をメーカーに突きつけるつもりだ。) 歯医者もあるし。

 

8月27日

 昨晩もネットをただ見ていただけで掲示板の書き込みもしなかった。意識が朦朧としていて書き込む気力がなかった。正確には 1 つだけ書き込みをした。某巨大掲示板の映画の話題が集まっている板で「IMAX」という特殊な映画上映方式の話題のスレッドがあるのだけれども、僕がこだわっている「何で輸入盤 DVD で映画を観なければならないのか。」という事に関してその理由を論理的に説明しようとしたら映画館のフィルムの製造工程がどういう仕組みなのか知らない説明できないなと思って調べているときに、このスレッドで業界関係者の方が以前僕が「IMAX」について質問したことに対して親切に返事をしてくれたので、「IMAX」とは話題が違うのだが、「普通の映画館の場合ってどうなんでしょう。ちょっとスレッド違いかもしれませんがご存知でしたらお教えいただければ幸いです。」と尋ねてみた。うつ病関連のスレッドにも書き込みはしなかった。荒らし君は相変わらず大暴れだったが、放置しておいた。論理的に相手を攻撃できる状況とは思えなかったし、逆に攻撃掛けると返って相手に余計な知識を付けかねないなとも思った。実のところ意識の朦朧とした状況下で彼の文章を眺めていたら、自分も彼の言うことを信用しそうになってしまったくらいである。

 そこまで疲れているにもかかわらず寝つきはあまりよろしくない。ベッド入ってから 1 時間は熟睡に入れなかった。とりあえず掲示板から一旦退却をしているから神経の高ぶりも何もないはずなんだけど。逆に「寝なくちゃ。」という強迫観念に取り付かれてしまっているのかもしれない。

 今朝は 5 時過ぎに一度少し目覚めた後、再度熟睡に入り、6 時半に目覚めてしまった。その後は昨日と大差はない。ただ会社に行かないだけ気分的には楽。決まった時間に起きる必要がないから。うとうとしながら頭の片隅では色々漠然と考え事をしていたようでもある。面白いな、と思ったのが、就寝時には夏掛けを胴体にだけ掛けていて手足は出して寝たはずなのに朝起きたら足はしっかり夏掛けをかぶっていたこと。全然意識になかった。

 だらだら朝食を食べ、洗濯をしてから件の DVD の掲示板に向かう。正直ここ数日掲示板に多少の恐怖感を感じていた。出来れば逃げたかった。でも、ここで逃げたら物の見方を変えることは出来ない。もっとしたたかになる必要がある。世間にはもっと悪意のある人がいるのだから。そしてそれをライブでぶつけてくるから。そう決意して掲示板を覗いた。

 幸いなことに一人まともな意見を言ってくれる人がいたのと、別の常連が先日僕がダメージを喰らいながらもぎりぎりで質問した内容に見事に引っかかって答えてくれたので、じっくり考えつつ書き込みを始めた。前回だまされたにもかかわらず今回もまじめに、かつ丁重に書き込みをした。但し少しいやみも書いたけど。実は今回のはその質問に対してすぐに反論をしたのではなく、更にもう一つ質問をした上で、正直に自分のビデオによる映画経歴を書いたのだ。これはちょっとしたひっかけである。それを見て相手がどうでてるかである。しかしじっくり考えて書いていたら昼までかかってしまった。途中部屋の掃除をしたりしたこともあるけど、思ったより時間がかかってしまった。

 ということで昼食どうしようかな、と考えたら、正月に実家からもらってきたお餅が残っていることを思い出したのできな粉をつけて食べた。実家に帰ると色々食べ物をもらうのだけれども、結局食べ切れなかったり、ということも多い。とりあえず一段落ついた。

 昨日の話になるけど、ニュースでは高校野球優勝校の不祥事問題で被害者の生徒と学校側が和解したという。しかも高野連に報告書を提出する直前に。うわー、何か思いっきり裏がありそう。相当の慰謝料を学校側がこっそり被害者に支払ったんじゃないの? と邪推してみる。

 午後は歯医者に行ったのと、そのついでに買物をした以外は DVD 作成ソフトのトラブルと格闘していた。自分の見込みが外れてしまったので行き詰ってしまってしまったのだが、もっと酷いのがサポートセンターの回答。完全に嘘の回答を返信していたことが判明した。本気で調べようとしていないんじゃないのと思ってしまう。それにどうしようもないからこのメーカーのアメリカのサイトを覗いてみたら Web ページにこれまでサポートセンターとやり取りしていた内容の大半が Q&A で載っていることが判明。日本語のサイトでは一切 Q&A は掲載されていない。今までこのトラブルに費やした時間、どうしてくれるの ? クレーマーになっちゃおうかなとまで考え出す始末。本当のところ、このメーカーからお金もらって他社のソフトに切り替えたいぐらいである。自分で負担するのはあまりにも馬鹿げているから。(自分で買ったら 1 万以上してしまうので痛い出費だし。僕が悪いことしたわけでもない。)

 歯医者に行ったとき、外の開放感にほっとした。様々なトラブルが解決して秋になったら少し運動しようかな、と思い始めた。久々に自転車を軽く乗って。気晴らしにもなるし。

 買物から帰ってきて郵便物を見ると、選挙の投票案内用紙が届いていた。もちろん選挙には行く。ここ数日の色々な掲示板でのやり取りを通じて学んだことも多かったので、ちゃんと自分で考えて投票しないと、日本が良くなるどころか破滅へのスピードが加速してしまう。そうしたら、うつ病で苦しんでいる人たちに対する医療福祉も最悪の状況を迎えてしまう。衆議院解散前には自民党は「通院医療費公費負担制度( 32 条)」を改悪しようとしていたぐらいである。この制度は、精神障害(うつ病も含む)を抱えている人が医師の診断書を持って自分の住んでいる市区町村に申請書を出すと、通常医療費の自己負担額 3 割が 0.5 割に減額される、という制度なんだけれども、なんとこれを「働けて収入を得ている人に対してはこの制度を適用しない。」という改定案を提出し、衆議院で可決してしまっていたのだ。衆議院が解散してしまった為、この案はただ今お流れになっているが、もし自民党が今度の選挙で与党になったら案を再提出、今度は可決してしまうのは間違いない。本当に大問題だと思う。

 夕食はどうしようかな、と思ったけど、豚肉と玉ねぎとモヤシを炒めてチューブに入っている生姜でちょっと味付けして食べた。野菜炒めとまではいかないけどまあおいしく食べられたからよしとすべきかな。

 今晩も多摩川では花火が打ち上げられていた。花火師たちのご苦労さん会の余興としてやっているので、近所の人しか知らない。窓から少し見えていた。

 

8月28日

 昨日も某巨大掲示板のうつ病関連の話題のところに書き込みはしなかった。正確にはどこかの馬鹿が余計なことをしてくれたお陰で僕の加入しているプロバイダー DION からの書き込みが規制されてしまっていて手足を出せなかったというのが正しい。見ていたら荒らし君が知恵を付けすぎちゃったのか、まじめに回答している。僕から見てもまともな意見だ。ちゃんとうつ病の人に対して復職をあせっている人に「あせらなくていい。」なんて書いているのだから。でもほんの少し悪意も見え隠れしてはいるんだけれども。

 昨晩のニュースで高野連は不祥事を起こした高校の優勝を取り消さない、と決めたそうだ。何も言う気はない。

 昨晩は 23 時 15 分にベッドに入り、熟睡に入ったのはやはり 0 時近く。今朝も 5 時に目が覚め、その後うとうと寝ていたのとトイレに何回か行ったのを繰り返していた。最終的には 8 時過ぎにベッドから離れた。今日はちょっと昼寝しちゃおうかな、という気分。喉も痛いし。なんだか無限ループ状態に陥っている気がする。

 朝食をとり、シェーバーを掃除したりした後、また DVD 作成ソフトのトラブル解決調査開始。しかし解決策は出てこない。体調も今ひとつなのであまり無理しないようにしながら午前から午後まで色々試してみていた。結果面白いことが分かってきた。しかしこれだとどう考えてもソフトの誰も気付かないバグとしか思えないんだけれども、どうやったらそれを突きつけられるかな、と考えたのでサポートセンターに返信メールを送るのを止めた。

 午前中は恒例のごとく買い物に行き、必要なものを買ってとっとと家に帰る。ビールは珍しく第三のビールが安くなかったのでダイエーブランドの発泡酒に手を出してみる。酷く不味くなければいいんだけれど。

 昼は気分でサンドウィッチとアイスコーヒーを食べる。時々朝も昼もパンを食べたいときがある。逆に朝に御飯を食べることはない。旅行に行って旅館で和食しかないときに食べるくらいである。

 昼食後は「スタートレック・エンタープライズ」を鑑賞。最近のストーリーを観ていると、宇宙艦エンタープライズのアーチャー船長の行動がむちゃくちゃ過激で「おいおい、やりすぎでは ? 」と思うことも多い。今日観たエピソードなんて敵対する種族から機密情報を聞き出す為、とんでもない大芝居を打っていた。ある意味見習った方がいいかな ? 悪意のある人たちに対する対応方法としては凄いとは思ったけど、「スタートレック」の精神からは外れているような...。

 その後は PC に向かったり、ベッドでごろごろしたり。あまり無理しないようにしていた。件の DVD 関係の掲示板も覗かない。1 週間ぐらい放置しておこう、と突然気が変わったのだ。怖いとかそういう理由ではない。突然今朝、発想が切り替わってしまったのである。気まぐれといえば気まぐれともいえる。と言いながら反撃のための情報はインターネットで探していたりしていたんだけれども。

 久しぶりに夕方空腹感を感じた。一刻も早く夕食を食べたい、と思った。これならまた調子も元に戻ってくるだろう。とにかく食欲が体調を図るバロメーターだから。本日も野菜炒めみたいなものでビールと久々に泡盛も楽しんだ。泡盛は半分喉の消毒の意味合いもある。強いアルコールで殺菌してしまおうという発想である。

 今晩はちゃんと睡眠が取れるといいなと思いつつとりあえず今日の日記は終了。

 

8月29日

 昨晩、嬉しいことがあった。数日前に「IMAX」という特殊な映画上映方式の話題のスレッドで質問したことに対して、ちゃんと関係者の方が丁寧な回答をしてくれたのだ。僕が何で輸入盤 DVD で映画を観ることにこだわり続けているかといえば、簡単に言えば映画館のフィルムの画質が酷すぎて観るに耐えないからなのだけれども、これを自分の目で認識しているからとはいっても他人に言ったところで理解してくれるはずはない。「分からない。」とか「そんなの関係ないだろう。」とか言われるのが落ちである。僕は自分の目で観て日本の映画館では映画制作者の意図した映像が再現されることはないと思っていて、どうしてなのかはある程度自分で推測していたのだけれども、いかんせん業界関係者じゃないから推測しか出来ない。それがちゃんと理論として説明してもらえたのだからこんな嬉しいことはない。話は大幅にはしょるけど、その方が言うには日本で上映されるフィルムはオリジナルのフィルムから 5 回もコピーした物だということである。更に字幕を入れる作業が加わるのだから画質が悪いのは当然、ということだった。でこの業界関係者の言うことが本当かどうか、という疑問が当然匿名掲示板の宿命として残るのだが、この方はちゃんと 2 つの例を挙げてくれていた。スティーヴン・スピルバーグ監督の「未知との遭遇」となんと東京ディズニーランドにかつてあったアトラクション「キャプテン・EO」を提示してきてくれたのだ。テーマパーク・アトラクションのことまで説明するのだったら真実だと確信できる。映画評論家や映画ファンでそこまで批評する人はこの日本にはいないから。(ちなみに「キャプテン・EO」というアトラクションはかつて大スターだったマイケル・ジャクソン主演でフランシス・フォード・コッポラと、「スターウォーズ」でおなじみのジョージ・ルーカスが制作に関わっている 3D 映画である。何か観たくなってきた。)

 この方のレスポンスのお陰で自信が再び涌き始め、ここ数日不調を感じていた気分や体調が回復しつつあるように思えてきた。

 睡眠の質もお陰で少し改善されてきた。寝付きはいいとはいえなかったが、ここ数日に比べたら大幅に改善していたし、深夜のトイレ起床と、その後の眠りの浅さも緩和されつつあった。朝の気分も悪くない。咳だけは相変わらず止まらなかったけど。

 ただ、ここ数日の精神的ダメージと、ちゃんとした睡眠が取れていないことに対する回復までには至らなくて、午前中は何となく不安感を感じていたし、途中また不可解な腹痛も感じていた。もっともこれらの感覚自体に慣れてきているからあまり余計な心配はしていなかった。

 午前中は自分のペースで仕事をしていた。商品の生産依頼書の改訂版の草案を作っていた。午前中では終わらなかったので、午後も続けるか、と思っていた。

 昼食後、軽く居眠りしておくかな、と思って目をつぶったらかなり本気で寝かけていたようで、熟睡に入りかけては首ががくっと落ちる衝撃で目を覚ます、という状態になっていた。でもとても効果があったみたいである。午後の調子は良かった。

 午後は自分のペースでは仕事が出来なくなってしまい、脳みそフル回転をさせていた。価格マスターの登録が急遽立て続けに入ってきてしまい、R 課長からの引継ぎ書もないまま作成をする羽目になってしまったのだ。正確には最初、新製品の価格マスター作成を R 課長から半ば強引にもぎったのがことの始まりなんだが、先週の金曜日の M 課長の指示通り、今週からは責任を持って僕が担当することになったのだから、当然といえば当然ともいえる。誤算だったのが新製品だけでなく、特注品の価格設定の間違いが発覚したのでその訂正まで入ってしまったことである。最終的には特注品の価格ミスの訂正を行なうので精一杯だったが、最初にしてはうまくやれたと思う。引継ぎ書はなかったが、R 課長の間違いだらけの価格マスター登録用紙はもらっていたので、それを参考にしながら自分で再度考え、作成をしてみた。実際は一箇所だけ間違えていたが、価格そのものではないから大打撃というわけではない。これでまた一つ自分に自信が付いた。その代わり定時後はへとへとである。

 夕食はご褒美としてトンカツを食べた。安上がりだけれども、トンカツは大好きである。(というのは前にも書いたね。)

 

8月30日

 昨晩はうつ病関連の掲示板で激しい議論を目にした。荒らし君がいたのではなく、どちらもうつ病を経験した人たちなのだけれども、休職から復職にいたる過程の考え方で意見がぶつかっていたのだ。片方は「無理せず、会社をうまく利用した方がいい」と言い(僕もこっちの意見の方が好き)、もう片方は「甘えていると周りから信用無くすし偏見を助長させるから甘えていないで絶対にうつ病を治してやる。」と、というこでかなり議論が激しかったようである。あまりに激しかったから何も書き込みはしなかったけれど、個人的には後者の方が無事にうつ病から脱却できるといいな、とは思った。何となく肩の力が入りすぎているような気がするから、危ないな、と感じたんだけれどもね。

 昨晩は数日振りにすぐに熟睡に入り、朝も6時半までしっかり眠れた。やっぱり睡眠って偉大。ようやく調子が復活した。ただ喉は全く治らず。しんどい。

 派遣の F さんがいつもの時間になっても来ないから、M 課長が「来ないな。」とか言っているから「電車でも遅れているんじゃないんですか。」と話をしたのだが、最後まで話を聞かないで人に文句を言ってくる。S さんが助け舟を出してくれて、インターネットで調べたら予想通り電車の運行が遅れていたのだが、この課長さん、人の話は聞かないし、どうも人のこと色眼鏡かけて見ている感じはする。これじゃ来年の給与も据え置きかなとは考えていたが気にはしていないので放置である。

 本日も新製品の価格マスターの作成をずっと続けていた。朝から午後の 15 時半ぐらいまでである。本来ならそんなにかからない予定だったのだけれども、作成しながら色々過去資料を調べてみると、色々変なところがでてくるし、R 課長が「これまで作成した資料一式送る。」と言って送ってきた資料自体が何かおかしい。送ってきた資料を見てみると、価格マスターを作る原紙や、これまで作成したというデータがどうも意図的に改ざんされているようだ。何でそんなことを考えたかというと、ある商品のマスターの書き方と、別の商品の書き方、そして元フォーマットがすべて異なっている上に、フォーマットの修正履歴を調べたら明らかに変な日時に修正がかかっている。どうも僕にミスを引き起こさせようとしているのではないかと勘ぐってしまった。更にそのマスターに記入するデータがないので、前に一緒に仕事をしていたおじさんのところに質問をしに行ったら、データは R 課長に送った、という。昨日 R 課長に尋ねたら「そのデータはまだ来ていない。」と言っていたのだが、ちゃんとそのおじさんは持っていて、コピーももらってきた。R 課長、思っていた以上に性根が腐っているみたい。さてどう今後相手にして行こうかな、と思ったが、当面知らない振りをしていた方が得策かな、と判断。ここで相手に感づかれると更に余計なことをやりかねないので少々気をつけないと。

 でその価格マスターのどこがおかしくてどこがおかしくないのかを何度も確認していたため時間はかかるし、頭はフル回転なので相当疲労を感じたし、先行き大変だなと思った。今日は精神的にも安定しているし、調子もいいからそんなに心配していないけど、相当セルフコントロールが必要みたい。

 明日も価格マスターの修正が入ってしまった。また R 課長がミスっていて、特注品を一般販売商品として登録しているのである。泣けてくる。

 本日久々にグリップハンドの山野さんを見てちょっと話をしたのと、阪田君がメールで Web カメラの問い合わせをしてきたので「グリップハンドと縁のある日だな。」と思ってしまった。

 帰るころからパラパラ雨が降り始めた。明日は雨みたいである。気圧の変化が体調に出てこないといいけど。

 

8月31日

 昨晩は久しぶりに調子も良かったのでうつ病関連掲示板に書き込み。荒らし君がボロを出してくれてくれたのでちょっとからかっておいた。一方で別の無理解者が無神経な書き込みをしていたが、悟りを開いた人がいい書き込みをしていたので、これは僕が書かなくてもいいなと思ってスルーした。その人、本当いいことを書いていた。「うつ病などの大病から回復すると一回り人間が大きくなるんだよ。」と。

 昨晩も寝付きは良く、朝6時にトイレで目覚めるまではちゃんと睡眠が取れた。喉の調子は相変わらず悪いので風邪薬を飲んでおいた。

 会社で価格マスターの修正に取り掛かっているうちに、また色々問題点が判明して来た。昨日書いた商品は実際特注品ではなく標準品であることが判明したのだが、それでも価格設定が間違っていることには変わりはない。ということで、誰がどのパートを受け持っているのか独自に調査し始めた。何でこんなに価格マスターの登録が間違うのか。睡眠の質がいいから脳みそがフル回転で、しかも自分でも驚くほどに次々と考えが浮かんできてしまう。

 とりあえず分かったのはやはり R 課長にあった。価格マスターの登録の仕組みをきちんと構築しないで自分の都合のいいように逃げているのである。秘書の M さんもそのマスター登録の一部には関わっていたので尋ねてみると、彼女はマスター登録の範囲をもう少し広げて受け持ちますよ、と話をしたそうなのだが、M 課長が断ったということである。M さんは何回か意見したということだが、拒絶されたので割り切っているということだった。M 課長も R 課長と関係が良くない上に人の話を聞かないから R 課長の意見をそのまま考えることなく M さんに伝えてしまって、こんな状態になってしまったものと思われる。

 ということで分かってきたことは多いが、さてどうするか、である。とりあえずしばらく様子見をしようと決めた。登録の仕組みを作ると言っても業務負担が増加したら意味がないから、ちょっと放置をしてアイデアが浮かぶのを待つことにした。それに僕自身が今動いてもしょうがないという判断もあった。まだ時期ではない。しばらくは個人プレーでカバーできるから数ヶ月の時間はある。

 とりあえず、問題のあるマスターの修正を本日も朝から 15 時まで続けた。今日も疲労感に襲われる。それはそうだ、脳みそフル回転させていたのだから。途中そ知らぬ顔をしながら R 課長に質問をしたりして更なる情報収集をしていたのもある。このときの話でも彼が大嘘をついているのが分かったが黙っていた。

 風邪薬を飲んでいるにもかかわらず咳は止まらないので少々辛い。考えたら風邪薬ってウイルスを退治するんじゃなくて風邪による痛みとか苦しみを緩和させるだけで、実際は人間の持っている自然治癒力が風邪を治すんだよな、とか考えていたら、うつ病も同じことだということに気付いた。坑うつ剤はうつの苦しみを緩和させるだけで実際は人間の本来持っている自然治癒力がうつ病を治すんだと。薬が病気を治すんじゃなくて、自分の生命力を回復させる手助けをしているだけなんだって。だからきちんと休養を取ることが重要なんだって。何故だか知らないけど突然思いついた。

 15 時以降は軽めの作業と、本当に仕事をしない状態を交互にした。今日は 15 時までフルで働いたから十分である。

 家に帰ってきて、またふと考えが浮かんできた。DVD の「ローレライ」の画質が何で悪いのか。慌てて DVD をチェックしたら、分かった。字幕だ。日曜の業界関係者の情報と、7 月頃買った映画制作の舞台裏の本の情報、それらがすべて一つに結びついた。完全に理論が成り立った。これで掲示板で感性論ではなく、理論で意見が言える。誰も反論できないくらいに。(ってなんか良く分からない文章だよね。説明していない上に書き方が飛躍しすぎているから。それはそのうちに簡単に書くけど。) でもそれにはもう少し別のアプローチをかけて相手のセンスの無さをはっきりさせておく必要がある。とりあえず週末までこちらも放置する。

 明日は多分そんなに大変な仕事も無いだろうから、少しは脳を休めさせられるかな。フル回転させっぱなしは良くない。緩急はつけたほうがいいなと思った。