うつ病日記2006年1月分

1月1日

 日記を書き始めて 2 度目の元旦である。こういう日記で「あけましておめでとう」というはなんか変な気もするけれど、やはり「あけましておめでとう。」

 昨晩は、夕食後ずっと「 ★★★ 2ch版 若者の人間力向上会議 ★★★ 」を読みつづけていた。分量が多すぎて読み終わらなかったが、三食ネット付氏の発言は時を追うごとに凄くなっていく。昨日僕は多分年下だろう、と書いたけれど、もしかしたら年上かもしれないとも思い始めた。この人に何があったのかは分からないが、実生活で何かを体験している。書き込みの中では農業に関係する業務に従事されたようなことを書かれていたが、本職は分からない。でもこの人の物の見方は明らかに他の人の書き込みと違う雰囲気を漂わせていた。そして僕の頭の中では理解しているのに表現できない事をきちんと表現している。プロの物書きではない人がこういうことをやれる、意識を持っているというのは僕としてはすごいなと思うし、ここまで自分も持っていきたいと思わせるに十分だった。

 本日は我が家恒例の元旦スキーの日となっているのでいつものような時間に布団に入るが三食ネット付氏の発言に刺激されてしまったのか寝つきは今ひとつ。で朝は PHS のアラームをセットしていて 5 時半に起きようと思ったら、設定を間違えたため鳴らずに寝過ごしてしまい、親に起こされる始末。いい歳して親に起こされるなんて笑えない。会社に行くわけじゃないから適当に支度をして家を出発する。

 元旦といえばたいていは天気のいいものだが、ことしは珍しく曇り空。でも当初予報の雨じゃないから問題なし。雨だとスキーできないから。

 確か去年はスキーに行っていなかったと思うので 2 年振りである。日帰りでしかも軽くという事で近場のスキー場がパターンである。年によって行く場所は変わる。積雪量によって変わる。今年は富士山の麓のスキー場に行った。2 年ぶりという事もあって滑れるかなと思っていたが、初心者コースを何回か滑っていると少し感を取り戻す。勘を取り戻して滑り出すと、休職リハビリ時に感じた景色の美しさと同じ感動が再び沸いてくる。滑れる、気分よく滑れる、それが嬉しい。

 途中トイレをかねて少し休憩しようとコーヒーの自動販売機に並んだとき、前にいた家族の会話が聞き取れなかった。少しして理解する。中国語のようだ。でも幸せそうな雰囲気。ふと果たして中国は僕らの敵なのか、と自問する。国家としてはそうかもしれないが、庶民としては違うのではないか ? 一体誰が敵と決め付けているんだ ?

 後半は中・上級者コースにチャレンジしてみたが、やはり 2 年ぶりという壁は厚かった。滑れない。中級者コースなら何とかいけたが、上級者コースは上手く滑れなかった。転びもしたし、腰が引けていた。これで終わると気分がよくないので最後に 1 回初心者コースをスピード全開で滑って気分をすっきりさせる。

 スキーが終わった後は少し遅めの昼食。ほうとうを食べた。専門店である。ここのほうとうは美味しいのである。他の店で食べた事がないから比較できないけれど、唐辛子が自家製というだけでも、こだわりのある店である。でも店の名前は覚えていない。場所で覚えちゃっているから、店の名前を覚えていないのである。

 帰りの道路渋滞は例年よりひどくなく、少し驚く。意外と早く実家に到着。あまり疲れもない(明日筋肉痛が出るかもしれないけれど)。

 で空いた時間を使ってこの日記を書いている。書いている途中で夕食の時間。他の家庭はどうかは知らないが、我が家はおせち料理は少なめに普段と変わりのないありふれた、でもそれだけに美味しい夕食で楽しいひと時を過ごす。お正月の意味合いが変わってきているのだと思うし、それが伝統を破壊しているとも思わない。時代にあった新しい一年の始まりを個々にお祝いすればそれでかまわないと思う。

 

1月2日

 昨晩も引き続き「 ★★★ 2ch版 若者の人間力向上会議 ★★★ 」を読みつづける。TV、ラジオ、CD 等一切無しで真剣に読みつづけていた。三食ネット付氏以外にも鬱病軍師氏も似たような発言をはじめ(彼はハンドルネームからしてうつ病に苦しんだのだと思っているが)、彼らの発言を非難中傷する人たちに対してもきちんとした議論に持ち込もうと努力されていた。そんな貴重な議論の場(でも過去の話だが)に余計な騒音は邪魔である。普段なら何かちょっとした騒音があったほうが効率よくなるのが分かっているのだが、それをしたくなかった。それでも昨晩も読み終わらなかった。

 昨晩はもう本を読む気にもならずにそのまま就寝する。で朝は再び 6 時過ぎにトイレで目覚めてしまい、その後は何回かトイレに行ったり寝たりの繰り返しで 8 時に起床し、朝食を食べて又「 ★★★ 2ch版 若者の人間力向上会議 ★★★ 」の続きを読み始めた。

 読み進むにつれて両名のある種の覚悟が伝わってきて、読むのが辛くなって来た。鬱病軍師氏はどうするのかは明確にはしなかったが「いざとなれば一人ででもやる。」といって議論の場を離れていった。三食ネット付氏は、最後になって自分の立ち位置を明らかにし(会社員を辞めて(辞めさせられて ? )、今トマトの栽培の仕事に付いているという)、そこからニートと呼ばれる人たちに対して手を差し伸べようと農業を絡めた NPO 団体の設立まで目論んでいる、と書いた後に姿を消した。午前中一杯ずっと読んでいて、最後には打ちのめされた気分だった。両名ともニートと呼ばれる人達を話の基点にしているだけで、本音は崩壊する日本をどうするかという視点で物を語っているからである。しかも僕の漠然とした想いをきちんと表現し、意思表示し、更に行動に移している。こんなものを読まされたらさすがに日記を書くことが出来なくなりそうだった。午後一番は「今日は書けない。」と思っていた。

 でも今これを書いている。自分に出来るのはこれぐらいだからである。訪問者の決して多くはないこの日記、それでも何もしないよりはささやかだけれどもマシ。書こうという気力を取り戻したのはやはり佐野元春の存在。今回は曲ではなく、コンサートパンフレットに書かれた詩やメッセージから気力をもらった。「こんな事で打ちのめされている場合じゃない。自分にできる範囲でいいから行動を起こせ。それで十分だ。」だから今日も書いている。

 そのパンフにはこんな言葉が書いてあった。本人の言葉じゃなくてどこかの哲学者だと思うのだけれども。ルイ・アルチュセールと書いてある。

 「叡智においては悲観主義、意志においては楽観主義」

 考えたら愚痴をぶつぶつ言いながらもやるといったらやる僕の性格みたいな言葉である。

 夕方弟夫婦も顔を出したので大人数での夕食となった。でも途中でニートと呼ばれる人たちに対しての父や弟の認識とのギャップにまた少しがっくり来る。そんな中で母が父を上手くコントロールしていることが分かってきた。だから離婚もせずに夫婦をやっていけている。女性ってすごいな、と思ったりする。

 夕食後は珍しく TV を見ていた。嘘で塗り固められた真実と称する映像。でも普通の人はこれを本当のものとしてみているんだろうな、と思う。世間からは益々ずれていきそうだけれども、僕みたいなやつが一人ぐらいいてもいいと思う。ちょっと修正、一人じゃない。どこか見知らぬところで似たような人がいると思う。ただ会えないだけで。

 

1月3日

 昨晩は少し早めにお風呂に入って、さほど遅くない時間に就寝についた。やはり明け方になるとトイレに行きたくなり多少眠りが浅くなるが、我慢できなくなったのが 7 時半だったので悪くはない。もっもとその後少し布団の中でもごもごしていたけれど。

 朝食の後少し毎日新聞を読む。漫画家のやなせたかし氏(「アンパンマン」の原作者)と同じく漫画家の西原理恵子氏の対談がなかなか興味深い。やなせ氏は戦中戦後の体験から食が人の心を豊かにも貧しくもするという考えに基づいて、「アンパンマン」を書いているという。それでも時々良識派と呼ばれる人たちからクレームが来るそうである。「ヒーローが顔を食べられるとはなにごとか。」と。でもやなせ氏はそれを「アンパンだから食べられるですよ。」と軽く流しているそうである。

 でこの記事を読んで三食ネット付氏の発言の一つを思い出した。彼は中国や北朝鮮などの軍事力の増強よりも日本の食が貧しくなっていく事に危惧を覚える、と発言していたように思う。彼いわく核ミサイルで東京を吹っ飛ばしたところで、日本が滅びるわけではないが、食が貧しくなるにつれて人の心の荒廃が進み、それが日本を滅ぼすだろうということのようである。ということで何となく最近色々な事柄がどこかで繋がっているような感覚を覚えたりする。

 まあ年末年始に相応しくなくまじめな事柄に接してきたので午前中は少しラフな気分に持っていった。おばかな映画雑誌を読んだり、ネットも少し軽めにしたり。TV はつけたが見てはいない。DVD をとりあえず BGV にしておいた。

 おばかな映画雑誌にもちょっとしたいい言葉はあったりする。ブルース・リーの特集記事を読んでいたら映画評論家の日野康一氏が中国人と付き合うときの心得を書いていて、「あっ、何となく納得。」と思ってしまう。要は「中国人とお付き合いするときは対等に 1 対 1 で、向こうが手を出してから握手をする。」ということと、「お互いを信じあったら最後まで無条件に信じ合うこと。」だという事のようである。後者は今、全然出来ていないね。前者も捻じ曲がっている方法論でやっているからやっぱり出来ていないに等しいか。

 お昼は気分をラフにしている分余計に美味しい。昨日だって食事だけはまあそこそこ食べられていたし、それなりに美味しいとも感じていたけれど、やはり違う。あまり張り詰めてばかりでもいけないなと思うが、でも段々自分の関心が社会の抱える矛盾とその打開策にに向かいつつあるのも事実である。

 夕方早くに実家を後にした。友人たちとの新年会である。忘年会の予定が全員の都合が合わずに今日になった。全員集まるの久しぶりだな、と思ったら一人いない。少し遅れるという。とりあえず居酒屋に入る。でも我々の雰囲気じゃないな、と思っていた。

 理由はまもなく分かった。遅れてきた友人は女性を連れてきた。これから彼の人生のパートナーになる人を紹介するために上品な店にしたようだ。僕は友人が連れてきた女性を見てそれが当たり前のように感じられた。驚くでもなく、ただありふれた、でも幸せを見ていた。友人の顔つきもなんだか穏やかさを増したように思える。

 どうも僕ともう一人の友人以外はこのことを知っていたらしい。でもそれは少なくとも僕に対しては体調のことを配慮して知らせないようにしてくれていたように感じられる。自分の思いすごしかもしれないけれど、「ありがとう。」

 食事を早めに切り上げ、何年かぶりのカラオケに皆で行った。僕にしては珍しく、自分の歌いたいように歌っていた。会社の飲み会なんかでカラオケに行って自分の好きな歌を歌うとからかわれるから気分が悪くなり、カラオケ自体も好きじゃなくなっていたけれど、今日は自分が歌いたいものを歌った。何も考えずに。だから気分がいい。

 予想外に遅くまで遊んでしまったけれど、今日は楽しかった。友人とその彼女に対してのお祝いの言葉はまだ先でいいよね。そのときにはちゃんと考えるから。

 

1月4日

 昨晩は寝付きは早かったけれど、ちょっと水分取りすぎのようで早朝はトイレに何回か目覚めるし、その後はちょっと眠りが浅かったかな、と思う。夢も見たし。でも 8 時半まで寝たからまあいいか。一部の会社では今日が仕事始めということだけれど、僕の勤めている会社は明日からだから今日は年末年始休暇最後の日である。

 起きてから最初にしたことは年賀状の確認と出し忘れた方々に対する返信作業。実家に戻っていたから返信が遅くなってしまう。ちょっとよろしくない。なのでちょっとコメントは書いていたりする。

 年賀状を書いたら投函と食料を買出しに出かける。やけに寒い。寒いというか痛い。防寒対策しても寒い。こんな寒い年って珍しくない ? どう考えても季節が 1 ヶ月先に行っているよ、と思ってしまう。でも天気予報だとこの後段々暖冬に向かうと言っているようだけれども本当かな。

 またいつもの休日のように本屋に寄るが今日はおばかな映画雑誌を読んでみた。でも昨日と同じくいい指摘がある。「スターウォーズ・エピソード 3 」についての記事で一つは日本盤 DVD の字幕がファンの執拗なまでの指摘により誤訳の女王と呼ばれる戸田奈津子氏が担当した劇場版の字幕よりひどくなってしまったということと、「スターウォーズ」を制作したルーカスフィルム社の大企業病ぶりを指摘していた。DVD は輸入盤買いの僕からしたら英語字幕で自分で解釈するだけなので直接の関係はないことだけれども、メーカーも顧客にこびているというか、舐めているというか。後者の方はもうどうしようもないな、という気がする。何でも当初予定していた新三部作のストーリーと実際出来上がった映画は内容が違っているようで、ルーカス監督とスタッフの意思疎通が全く取れていないというようなことが書かれていた。映画の中で描かれる帝国って実はルーカスフィルム社そのものなのかもしれない。何で今更こんな記事が出てくるかといえば、映画会社からの圧力がなくなったからとしか言いようがない。すさまじいまでのその雑誌社に対する圧力がかかっていて何も書けなかったみたいである。映画を批評するにはいい面と悪い面を指摘しなければならないと思うのだが、悪い面を映画会社は検閲していたようである。映画の公開も終わり、DVDも発売してしまって利益確保が出来ているからその圧力が消えたということだろう。

 寒いからやはり昼は暖かいものをと思ってしまうから蕎麦を作る。で昼食後はこれまた普段に戻って「スタートレック・ディープスペースナイン」を観ている訳である。今日のエピソードで全体の 4/7 を消化し終わった。逆に言ったらまだ 3/7 は残っているということである。100 話近いエピソードを見てきたわけである。

 何となく少し疲れが残っているせいか頭が重いから昼寝しようかなと思ってベッドに横になったがベッドも冷えすぎて寒くて昼寝もできない。だから昼寝せずにエアコンをつけてネットを見ていた。色々見るサイトはある。自分で調べたい、知りたいという気になれば重いテーマからどうでもいいテーマまで。英語が出来れば尚よろし。イギリスのエンパイア誌によればトム・クルーズはここ 15 年でもっとも嫌いな俳優ナンバー 1 に選ばれたとか。きっかけは昔々に書いた「うつ病なんかビタミン剤で治る。」という発言から数々の奇行を繰り返してしまったかららしい。うつ病がビタミン剤で治れば誰も苦労はしない。変な新興宗教にはまっちゃうと駄目ですね、という典型みたい。

 新興宗教も個人的にはあまり否定はしていない。ただ否定をするのは善意を押し付けてくるから否定をしているだけである。信仰の自由という法律がある以上誰が何の宗教を信仰しようが自由である。でも問題はその先。それを押し付けてくることが問題なのである。もっとも新興宗教は大抵既存宗教の発展系なのだが論理が途中から巧妙にすり替わる所にも問題はあると思う。先日も「ものみの塔」の信者が来てパンフを置いていったから珍しく軽く流し読みをしてみたが、途中まではキリスト教の教えそのものである。その先から「悔い改めないと地獄に落ちる。そのために献金しろ。」と話をすり替えてくるのである。それが不愉快に感じるところである。

 夕方何か軽く DVD を見たくなり、「スターウォーズ:エピソード 3 」と「機動戦士 Z ガンダム」のメイキング映像を適当に見てみる。驚くのはやはり富野監督である。父と大して変わりない歳なのに PC を自分で使いこなして映画の編集をしたりしている。父は世間一般の同世代とは少し物の見方の違う人だけれども PC の世界に大してはどちらかというと否定的で時々「 PC が世の中を便利にするのかね。」と言う。僕は「でも PC のない世界には戻れないよ。」と大抵返事しているのだけれども、この監督はちゃんと自分でめまぐるしく変る世界を積極的に受け止めて PC を使いこなしてしまっている。こういうところにクリエイターの凄さを感じるわけである。ロボットアニメの制作者じゃなかったらもっと評価も変っていたかもしれない人だと思う。

 夕食は作るのが面倒なのでスーパーの惣菜で済ませた。でも以前実家からもらってきた明太子は解凍をして食べた。寒いから友人からもらった泡盛を少し飲んで体を温めた。明日から会社だ。でも今週は 2 日間だけだから楽かな。

 

1月5日

 昨晩は「早く寝よう。」と思ってベッドに入ったけれどちょっと寝付きが悪いなと思っているうちにふと思い出してしまった。「そういえば家賃払っていない」。で慌てて起きて PC のネットバンキングを使って家賃の振込みを済ませてしまう。こういうとき便利です、PC は。うつ状態で外に出たくないときでもネットを見る気力がある程度だったら自宅にいながら大抵のことはできる。極論言ったら値は張るけれど食事の手配も出来る。ということでその後は落ち着いて眠り込んだ。

 今朝も相変わらず眠りはしばしば浅くなるけれど、トイレで起きることなく目覚ましで起きた。でもやけに暗いな、と思って外を見たら雲がどんより。まるで雪でも降りそう。昨日に引き続き極度に寒い。気分が何か今ひとつになってくる。

 新年最初の出勤日なので当然「今年もよろしくお願いします」と挨拶をしつつ、自分の席に着く。でその後はどこの会社にもあるように始業式に出席をする。

 年末年始に思索にふけっていたけれど、天気を除けば気分は晴れやか。いい正月休みだったな、と思ったりする。そして早速仕事に取り掛かった。色々やることはある。販売統計のまとめやら、また本社から急に言ってくる情報セキュリティ関係の業務の各部署への対応依頼とか。午前中はあっという間に終わる。

 僕はもうほとんど有給休暇が残っていないから会社に出勤しているけれど、休みを取っている人も多い。考えたら今日と明日有給休暇を取ったら相当の長期休みになるからちょっとだけうらやましい。その分周囲は静かだから集中して仕事できるともいえるけれど。

 M 課長はどんどん複雑な仕事に自ら嵌っていくので席にいないことが多くなってきた。そうすると、女性社員たちから「検印がもらえない。」とか文句が出てくる。そこで勝手に検印をしたりしてしまうわけである。いいことじゃないが女性社員たちもいい加減な仕事をしているわけではないし、検印がもらえないために次の仕事が出来ないのも時間の無駄なので、そういう行動にでてしまうのである。何か早速責任者代理業務しているなと思ったりする。

 午後になって情報セキュリティ関係の業務で技術の管理部門から連絡が入ってきて、技術の分は自分たちでまとめると言う。こちらも業務負荷が減るのであっさりとその意見に同意をしてお願いしてしまう。中途半端に自分ひとりで仕事を抱えて七転八倒するぐらいだったらこういう申し出はありがたく受けてしまうほうがいいと思う。何せ技術の世界は僕より詳しく知っている人達ばかりなのだからちゃんとまとめてくれる。今後少しこういう人たちと連絡を密にしていったほうがいいかなと思ってきた。そのほうが業務効率化が図れ、時間のゆとりが取れるから自分の時間を作れたり、また仕事をする上でもいいアイデアが生まれると思う。そうするとおかしな状態の会社が少しだけおかしくなくなってくる。三食ネット付氏などから比べればささやかだけれども僕が出来る行動の一つである。

 とりあえず販売統計のまとめは終わったもののやはり数字に大きな誤差が生じている。昨年末から予期していたことなので、どこかで決め付けのデータを作るだけである。

 初日なので早く帰るつもりでいたが、夕方 PC のメンテナンスを始めてしまったら止められなくなってしまい、思いっきり残業状態になってしまった。でもこれは今日やらなければならないことなのであえて行った。明日はその分早めに帰ろう。

 

1月6日

 やはり昨日残業したら疲れが出たらしく、ネットを見るのもいい加減、掲示板は書き込みなしになってしまった。とは言うものの興味深い記事は見かけた。アニメーターの安彦良和氏と福井晴敏氏の対談で、途中まで「アニメで戦争の悲惨さを伝えるなんていっても無理だ。」とかいう展開になっていたのだが、途中からテーマが急に「大人の不在」に変わってしまっていたのである。内容的には富野監督の見解とそう変わりなく、大人がちゃんとした姿を子供や若手に見せないから若年層がおかしくなる、ということでこれは三食ネット付氏も指摘していたと思う。更に今朝の通勤時に Web ニュースで「父親が家庭を顧みないで仕事にいそしんでしまった結果、男の子は理想の大人像を見出せずに精神的にひ弱なままなのでは。」という記事を読むに至って、「うーん」とまた少し考えてしまうわけである。確かに会社では「こういう人になりたい」と思わせる人はないな、と思ったりする。と言って文句を行ってもしょうがないので、自分が見出していくしかないかな、というのが実感である。こういう発想も前はしなかったよな、と思うと確かに物の見方は変わってきているようである。仕事との折り合いについてはまだまだだけれども。

 寝る前に半分居眠りしながら少しだけ「だから僕は...」を読む。ようやく富野監督の生涯のパートナーの登場である。面白いのが奥様の方が積極的に動いてしまって富野監督がそれに振り回されていつの間にか結婚に至ってしまうところで、先日の友人のことを思い出し、思わずその友人にも「彼女の言うとおりに従ったほうがいいかもね。」と言いたくなってしまう。

 トイレ起床こそなかったものの、早朝の眠りの浅さは少々大目。更に昨日と同じく異様に寒く、天気も悪いから気分がよくない。

 午前中は昨日の PC のメンテナンスの続きを行わざるを得なくなった。時間がかかると思って設定をして電源を入れっぱなしで昨日帰宅したのだが、今朝会社についてみるとうまく行っていなかったのである。思いっきり時間を無駄にしてしまった、と思うが今後の業務上どうしても早急にやっておかないといけないので何となくだるい体調の中、再度設定を行い続けた。

 相変わらず有給休暇を取得している人が多いせいか、食堂も何となく空いていたし、午後になると出張に出かけてしまう人が多くて、S さんに「女の園はどう ? 」と言われてふと周りを見回したら確かに男性は僕しかいない。スケベオヤジ的に言ったらハーレム状態。でも販売統計の整合性とかチェックするのに気を取られているから全然楽しくない。ゆとりがないですね、というところである。

 そういえば書くのを忘れていたけれど、年末に Windows の欠陥が見つかり、その修正プログラムがリリースされないうちにウイルスが蔓延するという情報セキュリティ担当者からしたら最悪の悪夢である 0day-attack 状態が発生していたのだが、今日、その修正プログラムがマイクロソフト社から配信されてきた。それでも業界関係者からはマイクロソフト社の対応が「遅い。」と非難されていたようである。会社の情報部門からこの件に関するアナウンスが流れてこないのも困ったものだなと思っているのだが。僕自身はネットで調べていたから知ってはいたけれど。

 M 課長も朝から出かけていて静かな職場の中、今日は昨日の予定通り早めに帰宅することにした。3 連休は寒いと聞くけれど、1 日ぐらい都内に出かけてみようかなと思っている。家で思索ばかりしているのも疲れることだし。変わり行く街を眺めるのも悪くはない。

 

1月7日

 小室哲哉である。ここのところあまり活動も見られないしどうしているかと思っていたが、確証は持てないが意外なことを始めた様である。かつて EPIC ソニーレコードを創業した丸山茂雄氏が独自に音楽事業を始め、その運営サイトとして mF247 で曲の無料ダウンロード事業を行っているのだが、そこで佐野元春の名曲 "SOMEDAY" のリミックス版が聴けるようになっている。このリミックスをしたのがどうも 2 ちゃんねるあたりの掲示板の情報を調べる限りでは小室哲哉本人のようである。サイト上では「DJ TK」を名乗っているが写真の風貌が小室っぽいし、実際に曲を聴くと小室っぽい。しかし何でよりによって佐野元春の曲をリミックスすることになったのか、レコード会社がかつて一緒だった、そして丸山茂雄氏にお世話になったという以外全く接点がないし音楽の方向性も違うから、とても不思議な出来事である。他の人にはどーでもいいことだけれども僕からしたら驚いてしまう。

 ニュースではなんだか少年野球の監督のしごきによって少年が死んで親がその監督を告訴するとか言うニュースを報道していた。TV ニュースなのでどこまで本当かは知らないが、どうも試合に負けたいう理由でその後何時間かの特訓を行ったという。適当に見ていたが「いまだに精神論で指導しているの ? 」と思った。スポーツの世界でも既にかなりの科学的理論に基づいて選手の育成を行っていると聞くが、そんなことをお構い無しにやっている人がいるということが旧態依然としているなとは思う。(真相は知らないけれど、とりあえず少年が死んだということは嘘じゃないとは思うので。)

 昨晩もベッドに入ると眠くなるので早々に寝て、今朝も時々眠りが浅くなるものの、8時までしっかりと睡眠が取れたのでよしとする。ようやく澄んだ青空を見ることができたので気温は低いが気分はさわやかである。

 通院の時間が今日はかなり早いので朝食後洗濯と掃除を早々に済ませてしまう。その後少しネットを見るがまあ大した情報は得られない。天気もいいから通院後秋葉原にでも久しぶりに出かけようと思い、支度を始めた。

 メンタルクリニックでの診察では、ここのところの心の揺れ動きとが、家賃の振り込み忘れのことなどを話したところ、「まだ完全ではないんですね。」ということで自分が感じ取っている治りきっていないことを指摘されてしまい、若干だががっくり来る。でもその数分後には秋葉原に行くという楽しみで気分が元に戻っているからいいように思う。

 よく掲示板でうつ病に苦しんでいる人たちが「昔の自分に戻れるのだろうか。」という書き込みをしているのを目にする。個人的見解だけれども、昔の自分には戻れないと思う。でも昔の自分に戻る必要がないといったほうがいいのかもしれない。そもそも色々な理由があるとは言うものの昔の自分の生活習慣などがうつ病発病の要因であるならば、昔の自分に戻ってはいけないと思うし、ある能力が衰えてしまったとしても、その代わりに別の能力が開花してくるのではないかというのが僕の今の考え方である。だから例えば物忘れをするのだったらメモをすればいいことだけである。問題なのはそのメモをするという行為を忘れる可能性があることだけれども。

 診察も終わり、薬を買ってきて、実は買い忘れていた歯磨き粉も忘れずに買って(ここ数日はないチューブを一所懸命搾り出して使っていた)、秋葉原へと向かった。

 昼食は最近あちらこちらにある 390 円で食べられるラーメン屋でラーメンを食べる。値段を考えると意外とおいしいのである。変にこだわって 1000 円ぐらい取るラーメン屋に比べてもよほどいいと思うときがよくある。こだわりのあるラーメン屋の特集は TV や雑誌で繰り返し行っているけれど、実際に行って見ても期待したほどおいしくない場合が多かったりすることがよくあるのであまり当てにならない。

 とりあえず満足の昼食をとったので久々に散策をする。ここ数年急に秋葉原の雰囲気が変わってきていて、電気街のイメージが薄くなってきているが、今回散策していっそうそれを感じてしまう。そういえば昨年の流行語対象の一つが「萌えー」だったらしいけれど、僕に言わしたら何を今更である。数年前から萌え系の店がかつて渋谷や新宿の隠れた場所にあったのが表通りに進出してきていることは知っていたので僕からしたら流行遅れである。まあ僕に萌え系の趣味はないんだけれども、映像オタクなので感覚としては分かってしまうところはある。でも見ている人はいないと思うけれど、ビジネスでオタクたちから金を巻き上げようと思っている人がいたならオタクたちを甘く見ないほうがいいぞとは言っておく。連中は大衆より頭がいいから、そういうのには引っかからないので失敗する。

 秋葉原の近くには神田明神がある。まだ今年に入って初詣をしていないので、神田明神に初詣に行った。神田明神の守り神は平将門公である。実際のお墓は大手町のオフィス街の一角にあるのだが、祭られているところはこの神社である。休日ということもあってかかなり混んでいる。行列に並び、お参りを済ませた後、おみくじを引くと、中吉。書いてある内容もよくこの日記に書いてある「焦らす慌てず。」といった内容のことが書かれているので勝手に都合のいい解釈をすることにする。

 とりあえず歩いているだけでもいい運動になるから気分もよく、いい気分転換になったなと思いながらあまり暗くならないうちに家路について、洗濯物をたたみ、夕食を食べ、衛星放送の映画情報番組を見たりする。この番組パナソニックの提供だったのにファンヒーターの事件以降、スポンサーを降りちゃったみたいである。そういえば一部ネットニュースでも未だ製品回収率が悪いということで同社に対する批判の記事が載っていたし、どうなんだろうな、と思う。本当のところがよく分からないけれど。

 

1月8日

 昨晩はちょこちょこ掲示板に書き込む。メンタルヘルス板でここの所やけに「死にたい」とか「消えたい」といった書き込みが目立つのでちょっと気になるところである。天気が悪くて太陽の光を浴びていないから余計に苦痛が増しているのかなと思う。僕はおかげさまで去年の今頃感じていたうつの苦痛から逃れるための太陽の日を浴びたい、という欲求は相当弱くなっている。もちろん光を浴びた方が快適なのは言うまでもないが。

 昨日出かける途中で「だから僕は...」を読み終わったので寝る前に「 1 リットルの涙」に取り掛かる。「だから僕は...」のラストは印象深い。富野監督は「もう鬱屈するのは止めよう。」と自分に言い聞かせるかのように本をまとめている。でも現実はそうは行かない。その後彼は「ガンダム」を永遠と作り続けさせられ、鬱屈した状態が続いてしまったままうつ病に近い状態にまで追い込まれ、今に至っているわけだから心で思ってもなかなか実践できないことを示唆しているのである。僕も色々書いてはいるがやはり実践できない部分がものすごく多いから何か分かるな、といったところである。「 1 リットルの涙」はまだ何ともいえないなというところである。最初の方しか読んでいないし。

 いつものように眠りは明け方浅くなるが今朝も途中でトイレ起床することなく何とか 8 時前まで就寝できた。ほんのちょっとしたことだけれども体のリズムが正常化しているようにも思える。

 本日も洗濯はする。普段着の洗濯。今日も天気はいいから乾くと思う。実際乾いていい感じである。

 午前中は iPod 用に CD を AAC に変換したりしていた。互換性はなくなるけれど、元々 AAC という方式を前提にこれらの製品が作られているからそちらにあわせたほうが音はよく聴こえる。

 そういえば年賀状の届き方が今年は異様に遅い。友人の年賀状などは同じ県内なのに 1 週間近くどこかを彷徨っていた。ネットニュースだと 29 日以降に年賀状を出す人たちが多くなっているからではないかという記事を見かけたが、多分違うと思う。個人的予想は、年末年始のアルバイトが集まらず、郵便局員の業務がパンクしているのではないかと思う。学生の頃郵便配達のバイトを行ったけれど、重労働の割に賃金は安いから今の学生だと敬遠するのではないかなと思う。郵政民営化する前に既にサービスが劣化しているなと思わざるを得ない。

 PC を少しいじった後はいつものように食料買出しに出る。適当に食料を買って帰る。

 昼食を取った後はようやく年明け第一弾の映画鑑賞を行なう。僕のお気に入りの映画監督、ティム・バートンの「ビッグ・フィッシュ」を鑑賞した。佳作である。ティム・バートンという人の成長をこの映画で見せられた感じがする。実際この映画の制作中に彼はお父さんを亡くし、また一児の父親になったそうである。そういうことが映画に反映されているようである。余談だけれどもこの映画の中で腰からは下は一人なのに上半身が二人という奇形の女性が登場しているのを見て思わず笑ってしまった。正月に見た真実と称する嘘の映像を思い出してしまったからである。その TV では頭のつながった黒人の女性双生児がその障害を克服してゴスペルで世間に感動を与える、というものだったが、真実の話だったらとっくにハリウッドの映画会社がアカデミー賞狙いで 1 本映画にしていると思ってしまう。そんなことを考えているので TV の話は嘘だろう、という目で見ていたんだけれども。

 映画を観終わったらレビューは書く。毎日日記を書いているせいもあると思うけれど、内容はともかく書くこと自体はかなり楽になってきた。こういうのって慣れかなと思ったりする。それでも時間はかかるけれどね。

 そんなことをしていると炊飯器のスイッチを入れる時間だ、だとか、おかず作らなきゃとかドタバタし始める。でもまだ明日一日休みがあるからかなり気が楽。のんびりしている。夕飯をとる時間も早いからいつもの定番サイトの巡回もゆとりが取れるし、掲示板の書き込みもやりやすくなる。

 

1月9日

 昨日ネットを見るゆとりができるとかいたけれど実はめぼしい内容もなく、掲示板の書き込みもすることがなかったので早々に見終わってしまった。そんなところなので早めに PC の電源を切って「 1 リットルの涙」を読むことにした。16 歳のパートまでは読んだ。でこの段階での感想を少し。亜也さんの心の動きがあまりに負の思考に入り込みすぎているように感じる。感受性が強すぎるのか、物事を先読みしすぎてそうなっているのか、または本になった段階での編集によるものなのかはよく分からないが、ネガティブ思考が強烈過ぎて彼女が何かを感じて嬉しいという記述があったとしてもそれが伝わってこないのである。まるで彼女がうつ状態になっているかのように。年末年始の思索のお陰で「感動禁止 ! 」を読まなくとも感動の実話というイメージは持っていないので冷静に読んでいると思っているのだが、ちょっと引っかかる点ではある。彼女がかかった病気についてもう少し調べて見る必要がありそうである。

 就寝時間は普段と同じだが今朝は早朝のトイレ起床が起きてしまった。しかもその後腰が痛くて再入眠が今ひとつ。でも起きた時はまあ寝たかなというアンバランスな状態だった。

 起きてから早速ネットで脊髄小脳変性症について調べてみた。亜也さんのかかった病気だ。 Google で調べれば色々なサイトが出てくる。昨年末友人とメールでやり取りしていたときにも少し調べたが、平日の夜ということもありざっとしか見ていなかった。今日はもう少しじっくりと見てみた。どのサイトでもはっきり書いてあるのは根本的な治療法はない、ということだった。ただ、この病気にかかって死に至るかというと、書いてあるサイトによってニュアンスが異なる。長生きできないというニュアンスの書き方をしているサイトもあれば、死に至る人はそう多い割合ではないということを書いてあるサイトもある。治療法が分からないから医者によっても判断が分かれるのかもしれない。

 食料の買出しに出かける。何故か買い物中に鼻がむずむずしてくしゃみをしだしたら右の鼻が詰まって鼻水が止まらなくなってしまった。明け方の寝つきの悪いときにも鼻が詰まっていたのでその影響かもしれないが、ちょっと辛いので家に帰ってから昨年花粉症シーズンに余らせていたセレスタミンを服用して押さえ込むことにした。

 昼は最近パターン化しているうどんを食べながら TV を見ていた。ゴミの家の報道をしていて、スタジオのコメンテーターは「あーだこーだ」としゃべっていたが、僕は別の視点で見てしまった。ごみの家の家主はなんと家を八軒も持っている、というところに驚いてしまったのである。八軒も一軒家を持っているということは、実は金持ちなんじゃないの ? という見方である。近所迷惑な人なのはその通りであるけれど。

 「スタートレック・ディープスペースナイン」はメイキング映像に入ったが、情報量の多いこと。観ても観ても終わらない。ただ、常々僕が思っている「 SF は現実社会の写し絵だ」ということを制作者も出演者もよく分かっているようでその辺の秘話を披露してたくれているのは興味深いものだった。

 その後は何となくだらだらとしてしまう。鼻水が止まらなくなって少々辛いからである。ネットを見るのも少々辛い。幸いスカイパーフェク TV で「 TV ウワサの真相」という番組を放送していたので適当に時間つぶしは出来たけれど、最後はベッドに横になっていたほうが楽だった。体温計で熱を測ってみるが発熱はしていない模様。でも夕食後に風邪薬を服用しておこう。

 ちなみに「 TV ウワサの真相」の今日のテーマは「監視・スパイ国家に突き進む日本社会の憂鬱」という内容で、出演者も本物の右翼の方(鈴木邦男氏)や、佐高信氏、森達也氏とまあ濃いメンバーばかりでなかなか面白い。絶対地上波じゃ出来ない内容を話していた。何せスカイパーフェク TV のスポンサーって基本的には視聴料を支払っている僕のような人なのでこのぐらい無茶な内容を放送してもいいのではないかな、と思う。

 夕方のニュースでは成人式の模様を報道していたが、パターン化したかのように暴れる若者の話題が多い。二十歳になったからと言って大人になったわけじゃないんだなと改めて思う。

 体も何となく節節が痛くなってきたが、とりあえず夕食は作る。いつものように野菜炒めを作る。最近の寒波と大雪のせいで野菜の値段も急騰中だが、昨日材料を買ったときは何故か少し安めだったので、ラッキーだった。今日見たら値段が変っていたから。で食事自体はおいしく食べられるのだからまあ大丈夫でしょう、というところで一応風邪薬を服用して鼻の不調の緩和を図ることにした。

 

1月10日

 昨晩薬を服用した後も鼻の調子が悪かったので早めに寝ることにした。でも「 1 リットルの涙」の 17 歳の章は読んだ。亜也さん少し現実を受けいりつつあるように思える。ただ引っかかるのがやはり本の編集の仕方。彼女の苦悩とかがどうもよくつかめない。行間から漂ってこない感じがするのである。唯一それが漂ってきたのが彼女が修学旅行に行ったときにつけた日記の部分。あの部分だけは何の編集もされていないから彼女の本音がダイレクトに伝わってくる。後昨日ネットで調べた限りでは 16 歳の段階で相当重症だったことを改めて思い知らされる。どうも章のサブタイトルが僕の感性を混乱させてしまうようだ。かなりもどかしい。

 さすがに眠剤と風邪薬のダブル服用は効いた様でアラームが鳴るまで一度も目が覚めなかった。ただ起きてすっきりしているかというとそうでもない。何か顔がほてっているし、頭も重い。まあそれでも会社には出勤する。

 実質今日が全員出社という感じもあって、朝から会議だ、連絡会だ、と色々時間をとられる。午後の会議などは体調がいまいちだったせいか半分寝ていたぐらいである。一応ポイントだけは押さえているからいいようなものの、会議ばかりだと疲れる。

 その一方で販売検討会用の資料の作成で一日中追われた。ようやく経理からの販売数字が出てきたので、それと自分の手元にある 2 つの統計資料を見比べて販売実績の決め付けを行った。これでようやく何が問題かの手かがりも出てきたので、販売検討会が終わったらゆっくり修正をかけようと思う。

 昼休みも昼寝を取ったのだが、前述のように午後の会議でも居眠りしかけていた。薬が効きすぎなのかよく分からない。

 夕方になると、資料の作成に待ち時間が入ってくる。販売検討会というぐらいだから営業から「今月いくら販売を行なう予定です。」というようなデータが入ってこないと資料が完成しないのだが、予期していたことだが入ってこないのである。結局データが入ってきたら入力し、またしばらく待ってを繰り返すこととなってしまった。

 作業が終了したのは 20 時半を回っていたと思う。復職後最長の残業である。この頃になると体調が復活してきていた。何か体内リズムが狂ったかなという気もしてくる。今日の残業代はつけるつもりである。

 家に帰ってから食事すると就寝時間までの感覚が短くなってしまうから乗換駅で外食をとることにした。チェーン店のレストランなので注文してからすぐに料理が出てくる。お腹も空いていたので美味しく食べることが出来た。炊き立ての御飯がとてもおいしい。

 22 時少し前に家に到着。で今この日記を書いている次第である。今日はネットは見ないで明日に備えようと思う。脳の疲れを残さないために。

 

1月11日

 昨日書いたように日記を書いた後にシャワーを浴びてメールのチェックだけして早めに床に入った。でも今ひとつ寝付きが悪かったりする。4/5 ぐらいは睡眠に入っているのに 1/5 は意地でも起きていようとする感覚があったりするので困ってしまう。

 朝も早朝眠りが浅くなり、6 時にトイレで一度目が覚める。でも考えたら昨晩夕食時に水分を取って、家に着いてからルボックスを服用するのに水を飲んで、寝る前に眠剤を服用するのにまたまた水分を取ったからトイレも近くなって当然かな、と思ったりする。そんなわけでアラームで起きた時は割とすっと起きれた。

 会社に着いて午前中は少しゆとりがあったので、ぼちぼちと販売統計の数字のおかしな点を直していた。まだ一部だけだが、昨日ちょっと頑張ったから午前中は少しペースダウンでもいいかなと思いつつ、ちょこちょこ直してみた。

 そんなことをしているだけでもあっという間に午前中は終わってしまい、昼食の時間となる。昨日と違って頭はすっきりしているので食事もおいしかったが、やはり食後は軽く昼寝を取っておく。午後からは販売検討会があるからである。一番神経の使う仕事である。

 午後一番から会場のセッティングをして約1時間半の会議に臨む。今日も会議は紛糾をしがちであった。なかなか売り上げが上がらないからどうしても紛糾してしまう。それで議事をとるのも神経を使ったりする。会議が終わった後は結構疲れている。

 会議が終わった後、議事録をまとめようかなと思ったら、本社に概況報告書を出さないといけないという話で一瞬「そんな話聞いていない。」と思ったが一呼吸をおいてみると、大した内容じゃないので作業に取り掛かった。ただ今日は作業が完了しなかった。あまりに販売の見込みが悪いので営業の申告数字に修正が入ることになってしまい、そのデータを待っていたのだが、結局でてこなかったからである。まあ 2 - 3 時間でそんな数字出せるわけでもないから、残りは明日になってしまった。うつの再発予防策である「明日出来ることは今日は行なわない。」じゃなくて、「今日は出来ないから明日行なう。」になってしまった。

 夕方 M 課長に呼ばれてちょっと打ち合わせを行う。社内にまた動きがあるようで、その話だった。自分に直接関係あるかといえばあるとも言えそうだし、ないとも言えそうだし、微妙。実際そのときになってみないと分からない。それでも事前情報をもらえるのはありがたい。頭の中でシミュレートできるから。それと M 課長「今日は早めに帰れよ。」と珍しく気を使っていた感じ。前述の作業が出来ないことも含めて、本日は定時を少し回った段階で切り上げた。

 外食も悪くないけれど、やはり自宅でのんびり食べる方がほっとする。TV のニュースを見ていたら、アーノルド・シュワルツェネッガーがずっと無免許運転していたということである、何をやっているんだか。そろそろ政治の世界から足を洗って「ターミネーター 4 」にでも出演しません ? といいたくなる。

 

1月12日

 昨晩は久々掲示板にチョコチョコ書き込みを行う。疲れている割にはよく行っているよな、と思いつつも復職して半年経つ人たちの輪の中に入っていたりする。皆苦労していて再発しかかっている人も多いみたい。本当気をつけないと。

 Web サイトの連絡先メールには相も変わらず迷惑メールが届いている。中には未だに「明けましておめでとうございます。」なんて書いてあるのもあって、そろそろ「もう正月は終わったよ。文面改めたら。」といいたくなってしまう。

 昨晩も「 1 リットルの涙」を読む。ちょっと感想は控える。でも世間の感想とは異なる感想を書くと思う。

 昨晩は寝付きはよろしい。でも明け方はいつものように 6 時ごろにトイレで目覚めてしまう。で今朝はちょっと今ひとつだった。本当、よく分からない脳みそだなと思ってしまう。睡眠のパターンは変っていないのに、日によって調子が変るのだから。

 午前中は昨日中断していた概況報告書のまとめで時間がとられた。販売見込みの修正がかなり細部に渡っていたので手間がかかってしまったのである。それでも M 課長の確認をもらい、本社に提出すると気分的に落ち着いてくる。ここまで少し焦り気味でそれを意識して落ち着こうとしていたから。

 昼食は食べたいものがなかった。単に料理がおいしそうに見えないためで、最近食べていないから焼き魚にしたら、冷めていてうまくない。冷めた焼き魚って焼き魚とは言わないだろう、と思ってしまう。昼食後は午前中の作業で疲れたからしっかり昼寝を取った。

 午後は少しゆとりのある中、議事録のまとめに入る。しかしまとめるのが難儀する。何せ相当揉めた会議である。文章の取捨選択に困ってしまう。困って悩んでいるときには気分を変えてネットニュースを見たりしてまとめ方を変えたりしていた。

 ネットニュースで興味を引いたことは、「円高が進む。」、「松下電器はヒーター問題で全家庭に葉書を配布する。」、「ガンダムの紹介。」、「北朝鮮の金正日初期が中国訪問中でその中での行動が見えない。」などである。ここのところ仕事が忙しいからネットニュースもあまり見ていないし、TV では大雪のニュースしか報道していないから久しぶりに社会を見た気分である。

 何か女性陣たちががやがややっているなと思っていたら話を振られてきて、ST さんに霊がついているという前に書いた内容の話で「体調は大丈夫ですか。」と言われたから「いつも調子悪いから分からない。」と答えたら笑われてしまった。それでも S さん、気を使って何かいいことを企んでいるようなので、偉いなと思ってしまう。

 定時までにとりあえず議事録の案はまとまったので M 課長にメールを投げ、情報セキュリティの業務で調査結果の出てきていない部門担当者に連絡をつけて穏やかに催促をしてから今日も帰宅の途についた。

 夕食は揚げ物のと旬じゃないからおいしくはないが値段が程々だったのでトマトを食べた。やはり夕食に何か野菜物を取って置かないと健康によくないなと思う。

 

1月13日

 昨晩は割とネットサーフィンが早く終わったので、早々にシャワーを浴びて「 1 リットルの涙」を読み切った。そこで感想なんだけれども、まずは心に軽い余韻の残る本だったな、とは言える。ただ、それは本全体から感じたことでなく、本人の最後の記述にある詩ともまるで神への祈りとも取れる記述に心が揺らいだからで、本自体には不満がある。この本の最大の問題は、非常に申し訳ないのだけれども、お母さんの娘に対する愛情が本人の真の声を歪めてしまっているという点にあると思う。それは 21 歳の日記がお母さんの記述による物だったり、後書きでいろいろ書かれている点、更に非常に気になっているのだがいくら年頃とはいえ、お父さんの存在が抹消されていると言ってもいいくらい何も書かれていないことで、そんなところからそういう風に取れてしまう。だから前に少し書いたように行間から漂ってくるものが感じられないのである。実のところ本人直筆の日記を見てみたいという気がある。同じく後書きで主治医と言ってもいい存在だった山本先生の第三者的視点から見た記述の方が感覚的に理解できてしまう。日記を読む限りでは全くと言っていいほど本人は弱い存在にしか見えないが、山本先生の視点から見たらとても強い女性だと思えるし、多分そちらの方が正しいのではないかと思う。だからこの本については本人の日記ではなく、お母さんの娘を想う愛情が入っている作品だと思ったほうがいいと思う。でも逆に言えば親の子供に対する愛情は凄い、と改めて感じるところでもある。

 昨晩の寝付きはよし。でも今朝も朝は眠りが浅くなる。トイレ起床はなかったが、目覚ましラジオで起きたとき「会社行きたくないー。」と若干テンション低め。

 そうは言っても会社に着いてしまうとまあまあの状態になっていたので本日の仕事を始める。最初は議事録の修正からで、これは断続的に午後一番まで続いた。M 課長のこだわりもあるし、やはり会議自体が紛糾したので、どうしても修正回数が重なってしまう。議事録が完了しないと落ち着いてじっくり時間をかける仕事が出来ないので、合間合間に軽い仕事を入れてみた。その中には情報セキュリティの調査まとめも入っている。これは手が掛からないのでうまく作業が終了した。

 本日も寒い為、昼食は火の入った野菜物を中心にメニューを組み立てる。今年は寒さがきつい為、しもやけの薬が売れているというニュースも聞いたぐらいでこんなときにサラダを食べるのはあまりよろしくない。かえって体の冷えを招いてしまう。昼食後は例により昼寝を取って脳を休ませる。

 議事録のまとめも終わり、ようやく一段楽したので、数字の合わなかった販売統計の修正をのんびりと始める。自分で適当に締切期限を決めているからかなり気が楽。今回の販売検討会の資料作成で色々データも入ってきたことだからそんなに心配していない。

 週末で疲れていたし、周囲の人も「早く帰ろう」というのでこちらも割り切って今日は定時の帰宅をする。M 課長はお仕事しているみたいだけれどまあいいか。やはり割り切りは必要。

 明日は雨ということなので昼食の食材は買い置きしておく。明晩は楽しみにしている佐野元春のコンサートを観に行くから食事は適当なものになると思う。

 

1月14日

 昨日日記を書いた後、ふと「そういえば「 1 リットルの涙」で安直に感動している人に対してきついこと書いたな、じゃあ僕の場合読んでどうすべきなのか何か書いたほうがいいよね。」と思った。そんなわけでちょっと僕の考えを羅列してみる。彼女のかかった脊髄小脳変性症に対して何とかするにはどうしたらいいか。

献血に行く。

僕が自分の PC 上で走らせている Rosseta@home のようなガンやエイズウイルスなどに対する特効薬を見つけるための研究に参加する。

医療関係に募金をする。

 「全然関係ないこと書いている。」と思われるかもしれないけれど、僕の中では関係があると思っている。はっきり言って脊髄小脳変性症のような難病中の難病に対して専門家じゃない我々の出来ることはない。そこで身近で怪我や病気で困っている人たちに対してほんのちょっとした手を差し伸べることだけでめぐりめぐってこの難病の解決策が出てくるのではないかと考えているのである。特に Rosetta@home は有効かなと思っている。ガンなどの難病(最近は以前ほど難病ではなくなってきているがそれでも死因のトップを維持していることには違いはない。)に対する特効薬が見つかれば、専門家たちは次の難病に対するゆとりも出てくるし、研究費用も捻出できる。そんなところから始めてみたらいいのかなと思っている。もっとも僕自身がそんな完全な善意でこういうことをしているわけでもなくて、献血は基本的にただで自分の血液検査をしてくれるから健康管理が出来るという点もあってしていることが多いし、Rosseta@home は単純にネット世界の新しいつながりに面白さを感じて行なっている部分も多い。だから大上段に構える必要はないと思う。(Rosseta@homeなどの分散型コンピューティングシステムについてはリンク集/がちゃんの部屋に追加してみる。)

 1 週間疲れたからすぐに寝られるかと思ったが、ある人のことを考えていて寝付きが悪かった。その人の先行きを心配している。でも僕には何も出来ないし、その人を取り巻く環境についてもいろいろ思うところがあるのだけれども口出しできることでもない。で何となく寝付きが悪かった。今朝も 6 時にトイレで目覚めたらその後はあまり眠れず、面白くない。会社に行かないから精神的には全然楽だけれど。朝から雨だといっていたけれど起きた時はとりあえず降ってはいないようだ。

 天気は悪いが洗濯と掃除は行う。午前中は雨が降りそうで降らなさそうで、雑貨の買い物に行くか行かないかで困ってしまっていた。出かけようとすると雨が降り出すし、しばらくすると止むといった具合である。それでも石鹸だけは必要だったので、近所のコンビニに傘を持って出かけ、全然安くない値段で買ってくる。

 午前中はその後大したことはしていない。昼食は素麺が余っていたから茹でて食べる。普段の休日の昼食であるうどんか蕎麦と大して変わりはしない。この辺りから本格的に雨が降り出してきて、少々落ち着かない。

 昼食後は「スタートレック・ディープスペースナイン」の先週観損なったメイキング映像の続きをみていた。先週も 1 時間以上かけていて終わらない状態だったけれど、今日も 1 時間以上かかった。しかし、面白い。物語本編を別の視点で解説してくれるスタッフもいれば、ジョークを飛ばして笑わせてくれるスタッフもいる。現場では色々トラブルも多かったと思うがいいものを作ろうという想いは伝わってくる。

 本日観に行く佐野元春のコンサートは都内なんだけれども何故か江戸川区で開催される。昨日が全国ツアーの初日だったのだけれどもこれまた立川市とちょっと変ったところでの公演でさてどうやって行こうか考えると時間はかかるが乗換えが少なく行けるようだ。

 でコンサートに行ってきた。前の段落まで出かける前に書いたがここからは次の日に変る直前に帰宅直後の文章。疲れたので箇条書きにして手抜きをする。「江戸川区遠い。片道丸 1 時間かかった。しかも雨の降りが強く結構濡れた。」、「コンサート、細かいところにはちょっと言いたいこともあるけれど基本的には最高 ! 席が後方だったので曲のアレンジが俯瞰的に聴こえて楽しめた。」、「コンサート終了後、知人と出会う。せっかくなのでドーナツを夕食代わりに「ライブよかったね」とか「ツアータイトルの曲やらなかったね」とか色々盛り上がる。前回はうつで苦痛だったのに今回はしゃべることも楽しい。」、「帰りはちょっと疲れが出てきた。しかもバスがないから駅から徒歩。今日は運動したなと思ってしまう。」。ということでまあ結論は楽しかったです、佐野元春のコンサートは。

 

1月15日

 昨晩「疲れた。」と書いたとおりに身体的に疲れていたから深夜を少し回ってベッドに入ったらあっという間に熟睡してしまった。朝はトイレで起きたくなって、「不愉快だな。」と思いつつ時計に目をやると7時半を回っていた。ちゃんと睡眠が取れているようである。トイレに行った後もう一回ベッド入ったらまた寝てしまい、8時半に目が覚めたのでいい加減に起きる。疲れたと言っても脳の疲れじゃなくて身体的疲れだからとても気分がすっきりである。天気がまたとてもよく、暖かい。思わず「何で昨日この天気じゃないんだよ。」と若干恨めしく思う。

 昨日は洗濯物が乾かずたたむ時間が取れなかったので今朝行った。ついでに今日も洗濯に励む。洗濯機に服を入れるだけだから励むとは言わないがでも気分によっては「面倒だな。」と思っているときもあるから今日は好調かなと思う。

 本日の買物出かけは色々雑貨類が多くなってしまった。眼鏡屋さんに入ってレンズクリーナーを買い求めていると店員さんが「レンズに傷が入ってますね。買い換えられたほうがいいですよ。」と勧めてくる。確かにレンズにかなりの傷がついている。とは言うもののボーナス後色々趣味の出費等をしていることもあるし買い換える気がなかったのだが、「本日までのバーゲンセール価格を後ででも適用します。」と言って名詞の裏に一筆入れて渡してきたので受け取っておく。確かに値段が安いのである。通常の価格の半額。1万円台前半なのだからちょっと気になるところでもある。

 本屋の立ち読みで「いのちのハードル」をパラパラめくってみる。この本は「 1 リットルの涙」のお母さん側から見た本で、飛ばし読みしただけでも親の愛情が強く伝わってきてしまう。こちらには下手すると本気で感情移入してしまいそうである。本の奥付を見てみると 14 刷となっている。本家の方は 29 刷。いやな言い方をすれば、多くの人はそういう部分を見もしないで感動しているわけである。で僕は買うかというと今日はパス。ちょっと一旦距離を置いてからにしたいな、というところである。

 家に帰ってきてふと郵便受けの近くを見ると何故かプレイステーションが捨てられていた。 1 の方。目の着きにくいところにおいてあるところを見るとちゃんと粗大ゴミの処理をするのが面倒なのでそういうことをしているとしか思えない。でもこれ代わりに僕が費用を出して処理をするのもおかしいよな、と思ってしまうので目をつぶってしまう。自分が使っていた昔の PC の粗大ゴミ処理の手続きや費用捻出が面倒で捨てられず未だに部屋の一角を占めているくらいだから。まあ何かの機会に Linux を入れてみようかなという気もあるんだけれども。

 昼食はスーパーの惣菜売り場で売っていたチャーハンとスープで済ませた。でも惣菜のチャーハンってやはり水分でベチャベチャするから今ひとつ。自分で昼から手間掛けるのも面倒だし、その前に大抵冷凍御飯が残っていないから自分でチャーハン作ろうと思ったら御飯を炊くところからはじめなくなってしまう。まあチャーハンを食べたくなったときは外食が一番かなと思う。

 昼食後は昨日見れなかったスカイパーフェク TV の番組を観て、その後昨日のコンサートのレビューを書いてみた。もうとんでもない分量になってしまい、午後中掛かってしまった位。でも書き終わった後は何かほっとする。ただまだツアー初めなのに曲のアレンジまで含めて思いっきりネタバレしているから、冒頭に「ネタバレしています。」とか書いたりして気を使ってはみた。

 当初は買う気の無かった佐野元春の旧譜のリマスター盤 CD を昨日のコンサート会場でつい買ってしまったのでそれを聴きながら書いていたが、とんでもなイくらいに従来の CD とは印象が違う。試しに旧盤と今回のリマスター盤を曲の冒頭だけ聞き比べてみたが、恐ろしいぐらいにすばらしい音質になっている。しかももその印象は今のデジタルの感じではなくアナログレコードの雰囲気なのである。お陰で午後はずっと CD を聴いていた。

 夕食においしい焼き魚を食べたかったのだが、スーパーに適当な魚が売っていなかったので、マグロの切り身で我慢。マグロの刺身もおいしいのだけれども本当は秋刀魚かアジを塩で焼いて食べたかったな、というのが本音である。

 

1月16日

 相変わらず夕食後は掲示板を見ていたのだが、ここのところオーロラおじさんの活躍が目立つ。映像に詳しいプロと思われる方である。最近は荒らしの書き込みがあったら論理的に反論していて凄いなと思っていたのだが、やっぱり目立つから心配する人もいるわけで「個人情報がばらされてしまいますから気をつけてください。」などという書き込みもあったりする。そうしたらオーロラおじさん自身がほとんど自分の正体を明らかにしてしまった。本当に映像のプロの方で、日本にあるテーマパークの映像に色々関わっているそうである。昨年開催された愛知万博のソニー館の映像も手がけられたと書いてあった。そして今掲示板で積極的に情報発信しているのは自分自身が定年間近で後進の育成を行いたいからだということを知り、ちょっと感動してしまう。本当親切な方だったものな、と思い出す。

 昨晩は少し早めの就寝をする。割と早く寝付く。朝はいつものように 6 時にトイレで一度起きる。何で決まって 6 時に起きるのかよく分からないが、4 時とか 5 時に比べればましである。トイレに行って再び寝たら起きるのが辛かった。月曜なので余計に起きたくなくなるが気合で起きる。

 そんな調子だから家を出る時間は少し遅め。それでも定時には十分早い時間で到着する。

 朝一番でルーチンワークを終わらせたあとは、金曜の続きで販売統計の修正を始めた。ほぼ一日中じっくりと見直していた為、とりあえず半分は終了。次回からはドタバタしないで済むと思う。

 昼食は食べたい物ないなと思ったら雑炊風の御飯があったのでそれと味噌汁にしたが、よく考えたら汁物だらけで妙にお腹一杯になる。本日の昼寝はよく寝た。結構本気で寝ていた。これが気持ちいいんだな。

 午後時間をとって E さんと半分雑談と仕事の話をする。先週出て来た社内の動きのことを彼女も知っていたのでその辺の話をあまり深刻にならないように話したりしていた。でも途中から例の霊がついている話が出てくるのでそんなものかなと思いつつ話を聞いていた。販売子会社の担当者が妙に最近ぎすぎすしているなと思っていたら、霊が憑いているということである。でも霊云々の存在は別にして、その人の持つ雰囲気みたいなものは僕も感覚的には分かるので霊の話自体は否定しない。

 夕方 M 課長に仕事を一つ依頼されるが断った。但しちゃんと自分の置かれている状況をはっきりと言った上でそちらを優先することが大切だという意見にして断ることにした。実のところMかちようからの依頼の仕事は大した内容でもないが、けじめだけはつけておきたかったので、そのようにした。

 本日は 18 時に退社する。ここのところこの時間に退社するようになってきた。帰宅途中 PHS でネットニュースを見ていたら livedoor 社に捜査の手が入ったとのこと。何でも風説の流布の疑いがあるということだが、そのソース元がフジテレビと NHK らしいので、「既存マスコミの嫌がらせかな。」と思ってしまう。何となくフジテレビから内部情報のリークをしたように思える。でも livedoor に同情する気はないけれど。

 夕食時にニュースを見ていてもトップニュースは livedoor 関係のことだった。明日は色々な事件があるそうなのでマスコミは忙しいだろうなと思う。

 

1月17日

 昨晩も早く寝てしまう。佐野元春のコンサートは楽しかったが、どうもその反動が出てきているみたいですぐ眠くなる。ちょうど本も一区切りついたところなのでとっとと寝てしまい、朝はラジオの音で目覚めて、でも起きるのが辛い状態ではあった。ちなみに変な夢を見て、トイレ起床で6時に起きるという夢を見てしまったので笑うに笑えない。

 ここ 2 日間ばかり夜半に少し雨が降っているようだ。朝カーテンを開けると路面が濡れている。原付自転車も雨と埃で汚れている。手早くボロ雑巾で汚れを落として出勤をする。

 本日も大半の時間は販売統計の修正を続けた。ほぼ完了した。明日もう一度チェックをすれば後は OK だろうと思う。

 昼食はスパゲッティとサラダを食べる。今日は暖かかったので、サラダを食べてもいいかなと思った。そういう気分のときはおいしく食べられるものである。昼食後は昼寝を取るが途中で M 課長に起こされるので若干不愉快。もっともその後すぐ寝たけれど。

 午後一番で M 課長を中心に仕事の打ち合わせを行い、疲れる。先日書いた社内の動きにやっぱり巻き込まれることになってしまい、業務量が増加しそうである。その代わりに交渉をして今の仕事の半分近くを別の人に移管してもらうことにした。しかしようやく覚えた業務をすぐに他人に教えないといけないとは。全然こだわりはないが、手引書を作っている暇もないので最初は付きっ切りで教えないといけないかなと思う。

 それでも散々 M 課長との話のときに後ろ向き発言していることが功を奏しているのか、「業務は出来るだけ定時でこなせるように周囲の人に振れ。」と言われ、どうも周囲の人にも言い含めていた模様である。

 そんな状況なので今日は残業約 1 時間。帰ろうとしたら営業企画の課長さんが「一緒に帰ろう。」と言う。こういうときの「一緒に帰ろう。」は飲みに行こうの意味で誘ってくれるのは嬉しいのだが、平日なので本当に駅まで一緒に帰るだけにしてもらった。お酒を飲んでしゃべるととても疲れる。自宅では黙って缶ビールを 1 本だけ飲んでいるからそんなでもないけれど、それでも時々疲れるときもある。

 家に着いてスカイパーフェク TV のニュース専門チャンネルで色々な事件の報道をしていたのでちょこちょこ書いてみる。

 livedoor:株がストップ安になったとのこと。前に「こういう急成長をする会社は衰退するのも早い。」と書いた気がするが、予想以上に早く衰退しそうだなと思う。この会社の株に手を出さなくて正解だったと思う。

 ヒューザーの小嶋社長の国会喚問:業界全体の問題を暴露するかと期待していたが、なんと大半の質疑に対して回答を拒否していてしまったので驚く。それ以上に映像で見る彼の力衰えた姿に唖然とする。何となく業界からの裏の圧力がかかっていて追い詰められているような気がする。安部官房長官の秘書と関係があったと言う証言は何となく何らかの意図を感じる。もしかして度々書いている小泉首相大どんでん返しの首相続投の布石だったりして。

 宮崎努被告の死刑判決:度々引き合いに出している「ご臨終メディア」での死刑制度に関する議論と、三食ネット付氏の指摘していた大阪大学付属池田小学校の児童殺傷事件の宅間守死刑囚(既に死刑執行済み)に対する現行刑法の限界点を認識した後では、この死刑判決は何の意味もない。そもそも罪の意識のない人間に対して死刑を執行しても犯罪抑止効果がないのだから司法制度が崩壊したとも言える。ちなみに「ご臨終メディア」では死刑制度を存続させるのならば、有権者の中から無作為に執行人を抽出して、その人に出刃包丁で死刑執行させるべきだという見解である。そこに至る経緯は長いので書かない。本でも買って読んでください。

 TV ニュースでは「風化しつつある」と言っているが知り合いに聞くとそうでもないようである。風化させているのは TV を始めとしたマスコミだろうと思う。

 

1月18日

 昨晩も早く寝ようと思ったのだが、ベッドに入ったらちょっといやな雑念に取り付かれてしまい、ものすごく寝付きが悪かった。あまりに寝付けないので時計に目をやったら深夜 0 時半。「これは明日駄目だな。」と思っていた。また、朝のトイレ起床が 4 時台に復活してしまったのもそのダメ押しになりそうだった。ところが質の悪い睡眠の中で見た夢がとても鮮明な癒しの夢だったので、朝起きたとき、頭は重いは、眠くてしょうがないはと散々な状態だったのに気分だけは「今日は大丈夫。」と思えてしまった。いつも夢を見るときはへんてこな内容が多いからとても不思議な気分だった。

 昨日は暖かかったけれど、今日は一転して寒空。変な時間にトイレで起きたのも天候の関係があるかもしれないな、と思いつつ会社に出かける。

 会社に着いていつものようにメールチェックをすると、また情報セキュリティ関係の業務が舞い込んできていることを知る。しかも「追記」という形でメールが届いているから全く理解できない。「追記」とあるからには元々のメール配信があるはずだよな、と思って本社に問い合わせをしたら配信し忘れ、ということで、「締め切り過ぎますけれど、いいですね ? 」という言質を取ってから社内に業務依頼をする。しかし毎週のようにこの手の業務を取りまとめをするのは少々うんざり。まあ社会の流れ上しょうがない部分ではあるんだけれども。

 その作業が終わった後は再度販売統計の見直しを午前中実施した。とりあえず帳尻は合わせたのでよしとする。午前中は頭が重く眠気があったからペースは悪かったけれど。

 昼食を食べ、昼寝を取る。本日は邪魔も入らなかったのでよく寝た。おかげさまで午後は大分復活した。

 午後は久しぶりにホストコンピュータをいじっていた。しばらくぶりなので忘れているかと思ったが、何となくは覚えているので色々実験等をしてみる。販売検討会等で色々な資料が集まったから実験の検証をしやすかったりする。

 一件価格の登録作業が入ってきたが、昨日の打ち合わせの内容のうち、この業務は別の人に移管することになったので、その人に立ち会いつつ作業を行ってもらった。徐々に覚えてもらえばいいと言うところである。

 今回の業務の増加の件で S さんにいろいろ気を使ってもらっているので助かったりする。ありがたいな、と思う。

 今日は少し早めに帰った。やっぱり夕方疲れてきた。

 いつものように TV ニュースを見ながら夕食をとる。livedoor の事件がとんでもない方向に加速してしまい、東証が株の売買を全面停止するという予想外の事態に驚いた。livedoor には色々黒い噂もあるようである。これについてはネットで昨日チェックしていた。そういえば小泉首相の発言は出てこなかったな、安部官房長官の発言は出てきていたようだけれども。

 

1月19日

 昨晩はどこもネットでは livedoor 関係の話題ばかりだったが、そこはネット住人たち。TV の報道を鵜呑みにしたりしないで余計な邪推をしたりしてなかなか興味深いものがあった。黒い噂の一つではまたまた安部官房長官の名が出てきてしまい、「これでこの人の次期首相は無理だろうな。」と思ったりする。それと僕と同じようにフジテレビの陰謀だと言っている人もいるようで楽しいな、といったところである。

 まあ既存メディアは大抵話題のものを持ち上げるだけ持ち上げておいて突然手のひらを返したように話題のものをどん底に叩き落とす事を常にしているから、今回もそのパターンを踏襲していて進歩がないなと思ってしまう。

 それより問題なのは東証の業務全面停止のほうだと思う。昨年末からトラブル続出の東証がまた問題を起こしたという印象の方が強い。当然システム構築をしているのは富士通なので、「また富士通ですか。」と言いたくなってくる。本当にどうしようもない状態に会社が陥っているのではないかと思う。

 昨晩の睡眠はまずまずでトイレ起床も普段の 6 時に戻る。6 時に起きるのがいいとは思わないが 4 時に起きるのに比べたら十分正常な状態に思える。でもその後はまた熟睡してしまったので今朝も起きるのが辛い。気合で起きているようなものである。起きちゃったら普段通りなんだけれど。

 今朝は北風ピューピューでまた寒さ倍増だったけれど天気はいいからマシかなと思う。明日は雪が降ってくるらしいけれど。

 会社では本日も昨日と同じような作業に一日中没頭する。単調な上にアイデアが出てこないから夕方には少々気分が滅入ってくるけれど、土壇場でちょっとしたアイデアが浮かんできて、最後はよしという気分で一日が終れる。

 途中数件、ちょっとした相談の対応はあったので一日中同じことをしていたわけでもないけれど、基本はずっと単調な作業である。ほとんど自分の精神との戦いのようなものである。

 言わずものがなだが、本日も昼寝は確保する。

 どうも女性陣たちが体制変更に伴う僕の業務負担に対して何をどう話しているのかは知らないけれど、それぞれに役割を割り振リはじめているようである。そういえば、その業務負担について詳しく書いていないな、と考えたが、今は書く気になれないので省略。個人的に思うところは色々あるのだけれども、とりあえずは書かない。最後まで何も書かないかもしれない。それを書こうとしたら「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざのようなとんでもない理論をすべて書かないといけなくなってしまうのでちょっと書けないな、というところである。

 「風が吹けば桶屋が儲かる」といえばこの日記、時々その説明をしないどころか「桶屋が儲かる」という部分しか書いていないときもある。個人の好き勝手に書いている日記だからそれでもいいかなと思ったりもするけれど、誤解を招いていたりするところもあったりするかもしれない。

 単調な業務で疲れたので今日も早めに帰る。帰る途中、コニカミノルタというカメラメーカーが事業を全面撤退するというニュースを知り、また驚く。確か前日ニコンがフィルムカメラから撤退するというニュースも流れていなかったっけ ? ちゃんと適切な管理をすればフィルムの方がクォリティは高いのに、と思うとちょっと残念である。日本での映画のフィルムは適切な管理をしていないから否定しているけれど。

 

1月20日

 昨晩は大したことをネットで見ていなかったと思う。最近はメンタルヘルス板の書き込みもちょっと休止状態。一見さんがこの日記のどこかの月の内容を見にきて、自分の体調不良を自覚しているようにも思えるからしばらくはこれでもいいかというところである。

 一つ思い出した。久々に中村正三郎さんが書き込みをしていたが、livedoor の堀江社長に対してお礼を書いていた。RING プロジェクトというのがネット上にあって、確かサーバーの負荷の分散を図るものだったと思うけれど、この運営資金をかなり堀江社長が援助していたらしい。そんなこともあって中村正三郎さんはお礼をしていたのと、ここでも出て来た「国家の罠」の構図(未だ買ってない。そろそろ買って読むかな。)を指摘していた。個人的には堀江社長が既存メディアに出過ぎた、とは思う。だから急成長をし、あっという間に沈んでしまう。IT 産業なのだから既存メディアなんかほっておけばよかったと思うのだが。

 昨晩もすやすやと熟睡をする。トイレは何とか我慢出来て変な時間には起きなかったけれど、起きた時は週末ということでかったるかった。当然午前中は頭は重いし、眠いし、胃はむかむかするし、気分も低調だが、幸いなことに職場が静かなので、ローペースで仕事ができ、結果オーライな部分はあったと思う。昼食後の昼寝で相当回復してしまい、午後はすっきりした頭で色々な発想をして作業出来たりする。

 夕方に会議に出席する。これもまた新しく加わった業務の一つである。今回は幸いなことに大した時間もかからないで終わったけれど、そのうち長時間になるときもあるようである。まあ少しずつだけれども会社にいることの出来る時間が長くなってきてはいるので、何とかなるでしょう、とは思うが、先のことは分からない。

 会議終了後、珍しく出席者のメンバーと飲みに行く。理由は色々あって昨日書いた謎のような事柄が大きな要因ではあるのだが、今回のメンバーだと会社での飲み会といってもかなり楽だし、楽しい。メンバーの持つ雰囲気が 11 月頃の飲み会のメンバーの持つ雰囲気と全然違うからすごく楽なのである。楽と言っても当然飲んでしゃべれば疲れるので控えめにはしていたが、なかなかよかったかなと思う。

 皆さん色々あることないことで盛り上がっていたのだけれども、S さんに最後あることを頼まれてしまい、「ちょっとそれは大きな問題だな。仕事どころじゃないな。」と思ったりする。何せ人と人の関わりについての頼まれごとだから。でもそんなに深刻には考えていない。というより深刻に考えちゃうとうまくいかないことが分かっているからそういう発想をしないように無意識にしているみたいである。

 そんなこんなで今晩も帰り着いたのがかなり遅め。1 月に入ってから少しそういうことが多くなってきたな、と思う。仕事での一回は辛かったが、その他は楽しい方だった。

 帰りにネットニュースを見ていたらアメリカ産牛肉の輸入再開が再度禁止になったという記事を見た。危険部位がついたまま輸入されてきたという。アホかいな、と思う。政治的決着をするからこんなことになる訳で最初から止めておけばよかったのに。

 

1月21日

 昨晩半分「眠いー。」と思いながら日記を書いているから多少書き損ねたことがあった。アメリカ産牛肉の輸入再開に関して検討委員会が一般市民からのヒアリングをネット上で行ったことがあって、そのときの投票結果が賛否半々だったということなんだけれども、後で賛成票を投じた人たちの多くが社団法人日本フードサービス協会に加入している外食店会社、例えば吉野家とかスカイラークとかの社員たちの自作自演だったということが発覚したことをネット上で知って「全くこいつらは。」と思ったことがある。で今回の再輸入禁止によりこれらの業界はまたまた大打撃を受けるわけでやはり誠実にしていないといけないですね、と思ったりする。

 牛肉といえばアメリカはステーキばかり食べているように思っている人が多いようだけれど、少なくとも何回かの旅行に行った限りではそんなことはない。普通の庶民たちの食生活ってとても質素で、せいぜい月に一回デニーズで家族そろって食事を取るのがささやかな幸せ、という世界を見てきたように思う。ニューヨークのステーキ専門店に行ったときなんか、味はとても酷いものだったけれど(それで自分で塩、コショウを振りかけて勝手に味付けを変えた。)、凄い行列で「やっぱり普段食べていないんだな。」と思っていた。だからブッシュ大統領のパフォーマンスなんか信用していなかったんだけれども、予想通りというところかな、と思う。

 深夜 0 時にちょうど寝てやっぱりトイレで 6 時に目覚める。昨日ちょっと食べすぎた。その後ちょこちょこトイレに起きたりしてしまったが、最終的には 8 時半少し前に起きた。天気予報どおり外は雪。一日中エアコンつけて家の中にこもっていたいが通院があるので出かけざるを得ない。洗濯は止めた。これじゃ乾かないので。その代わりに掃除だけはしておいたけれど、窓を開けたら寒いこと寒いこと。

 通院もバスを使わざるを得ないから道路が混んでいるかなと思って少し早めに出たら意外と空いていた。雪が降るということが分かっているから車で出かけるのを控えている人が多いのかもしれない。メンタルクリニックに着いたら誰もいなかったのですぐに診察してもらえた。

 ここ 2 週間のことは色々話したりするが、業務の負担増についてはちょっと難色された。当たり前なんだけれどもね。なのでどう人にお願いして負荷を減らすかを考えないといけないということに行き着いちゃうわけで大変だな、とちょっと第三者的に考えたりする。先週コンサートに行って楽しかった旨を話すと、「それはいいことです。ストレス発散されることが何よりです。」とのことだった。コンサートはまた行くから楽しみ。

 診察後薬を処方してもらい、昼食を取ろうとあまりきれいじゃないがそれなりにおいしく量の多い中華料理屋に行ったら混んでいたので、先に夕食の食材を買って本屋で暇をつぶしてから再度そのお店に行く。当然こういう寒いときは味噌ラーメン。何か雰囲気があっている。もちろんおいしい。

 家に帰ってきてポストを見たら確定申告の用紙が入っていた。去年行ったから役所から送ってきたみたいである。今年もしなくては。去年は税金を追加で支払ったけれど、今年は医療費控除で返してもらう。

 午後は久しぶりに DVD の作成をしてみる。突然の気まぐれである。色々 PC にスカイパーフェク TV から収録した音楽映像があるけれど全然整理していないのでちょっとする気になってみたのである。DVD+R にデータを焼き付ける作業に時間がかかるのは分かっているから、その時間は「スタートレック・ディープスペースナイン」を観ていた。今日も種族間の複雑な思惑が交錯しつつストーリーが展開されるので「うまいな。」と感心していたりする。

 夕方昨年末に注文した DVD が届く。また山になっちゃった。いつ観よう ? というかいつになったら今日届いた分観ることになるんだろう ? とりあえず明日は何か観る予定だけれど、新譜リストも封入されていたので注文書も書かなくては。ここのところ出費が多いので今月は注文枚数を減らすつもり。

 野菜が高いから夕食は豚肉と比較的安かった玉ねぎ、それからジャガイモを炒めておかずにする。自画自賛だけれどもやはりおいしい。

 

1月22日

 昨晩は久々に掲示板に書き込みをしたりしてみた。メンタルヘルス板メインだけれども、最近はちょっと書き込むスレッドが変ってきてしまって、「うつか怠けか迷う人」とか、「復職してどうよ」スレあたりでなんか書いていることが多い。特に前者は結構微妙な印象を受けるから書き込むときは大抵「とりあえず医者に行ってみたら。」と書いていたりすることが多い。医者に行って病気ならちゃんと治療を受ければいいし、違うならそれはそれですっきりするだろうから。

 「TM NETWORK」スレで久しぶりに作詞家の小室みつ子さんの話題が出てきていたので彼女のサイトを覗いてみた。小室みつ子さんはシンガーソングライターでかつ作詞家で作家でもある人で、TM NETWORK の歌詞の大半を担当しているのでファンの間では第 4 のメンバーといわれている人なんだけれど、その彼女の最近の日記は何か僕の日記と同じく何か伝えたいのだけれども何らかの事情で伝えきれずに謎の文章になってしまっている模様である。彼女もいろいろ苦悩しているようで何となく共感していたりする。

 昨日は何となく前日の眠りの悪さが若干体に影響を及ぼしていたので昨晩の寝付きはよく、朝の眠りの浅さも少なく、じっくりと睡眠がとれた。朝起きて外を見るとまるで天気のいいスキー場の雰囲気がしてくる。スキーできるほど積もってはいないけれど。

 天気はいいから大量に洗濯をして、DVD の注文書を一気に書き上げ、発送手続きまで終わらしてしまう。午後は DVD 観るぞ、という気分なので余計な作業は早々に終わらせてしまうのが吉である。

 買物に出かける。幹線道路はもう雪もないけれど、路地はまだかなり残っているので原付自転車が多少運転しづらかった。時間を作るのためにささっと買物を済ませて早く家に帰る。

 昼食を軽く食べてからさて DVD を観るかと AV 機器を立ち上げ、ディスクをプレイヤーにセット。と大げさに書いているけれど今日観た作品は「スタスキー&ハッチ」。往年の TV 刑事ドラマの映画リメイク版なんだけれどもコメディなので、何も考えずに爆笑していた。でもコメディ物って日本じゃヒットしないのでこの映画、映画館じゃ上映されなかったそうで勿体ない。

 DVD を観終わったら大量の洗濯物をたたみ、午後のお茶を飲んでからいつものようにレビューしてみるが笑いを取る映画なので適当に書いていればそれで終わり。深い考察なんか不要。書くのが楽なことといったらなかった。

 後は昨日届いた DVD のチェックをする。こういうものって保証がないから買ってから 1 週間以内にディスク不良があったら交換してもらわないと後は無理。だからポイントだけ絞ってチェックする。1933 年制作のオリジナルの「キングコング」などをチェックしていた。でも当時の特撮としては凄いなと思ったりする。今公開されているリメイク版の「キングコング」ってヒットしているのかは知らない。アメリカでは思ったほどヒットしていないのは知っている。

 夕食はスーパーで寒ブリを大宣伝していたから照り焼きを買ってきた。水産会社が加工しているものなので味はスーパーの惣菜よりかなりよろしい。まあ本当のブリかどうかは知らないけれどね。成長魚だから、ブリって。

 

1月23日

 昨晩は珍しく掲示板に色々書き込みをする。日曜の夜は夕食を早く食べてしまうからそのようなことをしても時間はかからず、22 時過ぎに就寝してしまった。昨日 DVD を観た後に少し眠気が来ていたくらいので、寝付きはよかった。

 が、朝は 5 時にトイレで起きてしまったら眠れない。またまた早朝覚醒である。考えたら 7 時間は寝ているのだが、全然不足。週明けから眠い。

 カーテンを開けたら水滴がついていた。相当外は冷えているようで、実際出かけたときは強烈に寒かった。本当に天気予報が当たらないな、と思う。今月頭には「今後は暖冬になる。」と言っていなかったか ?

 眠いから午前中は R 課長の残して行った PC をメンテナンスしていた。ST さんに渡すためである。必要なデータは自分の PC に移動させていたので、初期状態に戻す作業になってしまった。人によって PC の使い方が違うから、初期状態に近づけておいた方がとりあえずはいいだろうという所である。そんな作業でも午前中一杯かかってしまう。セキュリティパッチが当たっていなかったりするからというのもある。

 昼前、M さんと謎の相談をする。そう、謎の相談である。でもその相談をしたら彼女も理解してもらえたので大変嬉しい。本音をしゃべってみるものだな、と思ったりする。

 昨日の掲示板で「人に弱みを見せると付け込まれる。」ということで精神がへとへとになっている人がいて、その気持ちはよく分かるから、「そういう人はとても多いけれど、そうじゃない人もいるんだよ。」と書き込んだりしていた。最近少しだけ僕もそういうことが分かってきたからそんなことを書いたりしている。確かに人の弱さに付け込み、踏みにじるひどい人はとても多い。でも、やはりその対極として、心の清らかな人もいるな、ということが分かリはじめた。年賀状なんかでも「ちょっと体調崩してしまいました。」と書いたら「無理をしないで健康になってください。」と書いてきてくれる人たちも多くて、そんなところからもそういう考え方をしたりしている。

 昼食後は一応昼寝を取ったがあまり眠れず。お陰で午後も眠いままだが、何だかんだで乗り切ってしまった。すっかり不調な状態の体調にも慣れちゃっているからそれに合わせた動きをしているみたいである。

 トイレに行く途中、昔組合活動を一緒に行っていた O さんと会ったので大分雑談をする。社内の動きの別の情報を聞いた。なるほどね、と思った。謎の話ともリンクしてきているような気はする。

 後はホストコンピュータの勉強をしたり、業務移管に伴う内容の指導をしたり、と自分でもよく動くなと思ってしまう。眠いくせに。

 今日は 18 時少し過ぎに帰宅をする。帰る途中、Web を見ていたら livedoor の堀江社長が逮捕の方向とのニュースが目に付いた。実際にその数時間後逮捕になってしまったのだが、ちょっとここ数日の動きが異常に早すぎなのと、関係者の謎の死亡(マスコミは勝手に自殺としているようだが)を考えると、しばらくマスコミの情報をシャットアウトしたほうがいいかなと思い始めた。関係者の謎の死亡といえば欠陥マンション事件のときでもあったことだし。

 

1月24日

 昨日掲示板を覗いていてちょっと驚いてしまった。女性の方(文面で彼氏が入ると書いてあるからそうなんだろうと思ったのだけれど)が一昨日「彼氏に会うのも億劫で人と話したくない。」とか書き込みしていたので、僕のサイトのリンク集に掲載しているうつ病チェックのページを教えてあげたら、その方症状の重さが 7 段階中 6 段階。もうかなりひどい状態だった。それにもましてその後ぞくぞくと色々な書き込みがあったのだが、書き込んだ人皆段階 6 か 7。ほとんど入院しないといけないレベルで、慌てて「医者に行きなさい。」とか「薬変えてもらったほうがいいですよ。」か書き込んでしまった。僕ですら休職時の段階は 3 か 4 ぐらいだったのに。皆こじらせているな、と改めて実感してしまう。ちなみに現在は僕は段階 1。つまり精神的には全く正常。でも後遺症が残っているからしょっちゅう調子を崩しているわけである。

 そんなことをしつつ眠気が昨日は強かったので普通に寝て、変な時間に起きることもなく、「やはり睡眠が足りない」とは思いつつもラジオの音が鳴るまでしっかり寝ていた。おかげさまで本日の体調は良好である。

 先日佐野元春の 80 年代のアルバムのリマスター盤を買っちゃったので通勤時にはほとんど彼の曲しか聴いていない。特に最近気に入っているフレーズがあって、「愛のシステム」という曲の最後「さよならのくりかえし 君は無口になる 彼女の清らかな海 それは君の果てしない砂漠」という部分が感覚的にはまっているのである。何か今日は仕事中鼻歌でこのフレーズをつぶやいていたような気がする。

 昨日行うつもりだったルーチンワークをすっかり忘れていたので、朝一番で行う。もう慣れたものでものの 10 分もかからない。その後は例によりホストコンピュータの勉強であるが、今日は実演を色々してみた。ここまで散々色々な角度で考えてとりあえず仮定を立ててプログラムを書き直してテストしてみた。結果はといえば、従来のおかしなところは治ったが、別のところがおかしくなってしまい、「ほほー、そう出てきますか。これは面白い。」と一人で仕事の癖に楽しんでいた。周りから見たら何しているかさっぱりだろうけれど。

 ホストコンピュータといえば、R 課長何しているかな、と思ったりする。辞める時介護の勉強をすると言っていたけれどちゃんとしているのかな、と思ったりする。まあ色々あって会社を辞めたのは知っているけれど、過去は振り返らないでほしいな、と思う。先日ビート詩人のアレン・ギンズバーグの発言をみかけたけれど、彼もまた「過去を振り返るな。」ということを言っていたし、僕も最近は過去はあくまで過去、という思想になってきている。過去のいやなことや辛いことも最近別の視点でふと考えたら全く違う物の見方が出来てきたので少々自信が付いたと言う事もある。自分が情けない男だと思い込んでいたのが「いや、そうじゃない。」と逆の発想をし始めてしまったのである。何でかは自分でもよく分からない。ちなみにその自分が情けないと思った事の顛末は日記の遠い過去に書いたと思う。

 途中、R 課長の PC を ST さんに完全に引き渡す作業をした。彼女も色々扱いづらい部分はあるなとは思うのだけれども、まだ治療中とはいえ一応係長職だし、今まで経験したことのない部下育成というものにもちょっと興味が涌いてきたので、ちゃんと一社員として仕事が出来るように面倒みてみようかな、と思ってきたりする。もちろんその背景には社内にはびこる前向き精神論による部下育成への反発があるのだけれども。気をつけないと甘えられてしまいそうなのでそこは要注意である。

 昨日の M さんとの謎の話は一応まとまりそうである。でも昨日は「正直にしゃべってよかった。」と書いたけれど、実はまだ隠している部分があるので少々心苦しい。それは M さんにも多少関わりがあると僕は思っていることなので。でもヒントはこの日記にかなり形を変えて書いてあったりする。ストレートには書いていないから分からないけれど。

 調子がよかった今日だが、無理せず18 時に退社する。まだ今週 3 日もあることだし、である。

 

1月25日

 今日は色々なことがあったので何か感情が渦巻いているけれど、とりあえず時系列的に書いてみる。これで気分が落ち着くか、更に渦がひどくなるかは分からない。

 昨晩はいつものように掲示板でのアドバイスに回っていた。症状のひどい女性からの書き込みがあって「病院に行くのが不安です。」と書いてあったので「全然怖くないよー。内科と同じだよー。」と返事をして少しでも不安感を取ってあげようかなとしたりしていた。

 livedoor の事件は TV を極力シャットアウトしてネットでの情報収集に留めておいた。現時点での見解は、堀江社長は、グレーだというのが正しいかな、と思っている。真っ白ではないが、メディアが騒ぐような真っ黒とも思えない。どの道物的証拠が出てきていないので状況証拠だけでは推定無罪の立場を取るのが一番正しいものの見方であると思っている。

 昨晩も寝付きはよかったが、朝はしばしば眠りが浅くなるので「今日は駄目かな。」と思っていたのだけれども、実際は大丈夫などころか、強気の文句をを行っていたぐらいである。自分でも意外だったけれど。

 通勤時、乗り換えの駅で喧嘩をしているのを見かけた。よく見ると、サングラスをかけた雰囲気 40 代のおじさんが高校生の胸倉をつかんでいて、高校生の顔は気を失っているみたいだった。止めに入るべきだったのだが、そのおじさんの雰囲気から自分の生命の危険を感じてしまったので、止めに入れなかった。でも見過ごすことも出来ないから駅員さんに状況を説明して動いてもらった。その後どうなったかは分からないけれど、駅員さんがトランシーバーで迅速に動いていたようなので、少しだけほっとする。多分そのおじさんらしい人物は間違いなく暴行罪に問われてもしょうがないことをしていると思う。またキレるおじさんに遭遇。留めに入れない自分もちょっと情けないが、それ以上に他の大人たちが誰も駅員さんにすら何も言わないことにも驚く。本当にどうなってしまったんだ、この国の大人たちは。

 会社では昨日の続きでホストコンピュータの実験をし始めていたのだが、途中から情報セキュリティの件でトラブルに巻き込まれてしまい、それどころじゃなくなった。年末に差し戻したはずの調査の件が宙に浮いてしまい、本社がこちらにギャーギャー言ってきてしまったのである。またまた技術に行き、相談しに行ったところ、とりあえず今回は技術で対応してもらうことで落ち着いたが、当然担当者にはいやみを言われるしで面白くはない。でもこちらにしてみれば元々最初は別のルートを使って調査した PC のセキュリティの件の続きをいきなりこちらに降られても納得はいかない。ということで本社の担当者に散々文句をつけてしまった。一応理論的に話したつもりだけれども。本当、情報セキュリティの本質を考えもせず、とりあえずまとめておけばいいという発想に苛立ってしまう。

 情報セキュリティとは直接関係ないけれど、ネット上の PC 古参者の態度にも腹の立つことがある。彼らは自分で一所懸命努力して知識を得ているのは知っているが、それをどうしても行うことが出来ない人が存在することに気付きだしていて、古参者たちの「ユーザーのリテラリーを上げる努力が必要だ。」とか言う発言をネット上で見かけると「じゃあ手本を見せてくれよ。」と言いたくなってしまう。ちなみにそういう発言をした古参者は大学の講師だか教授だかやっているらしい。だからなおさらである。「先生でしょ、手本を見せてよ。」というところである。

 そんなこんなでドタバタしているうちに 15 時からは課内の会議があって、僕に負荷のかかる業務の再分担の打ち合わせを行った。何故かは知らないが、思ったほど負荷がかからなくなってしまった。でも何となく後で全く違う負荷がかかりそうだなとふと想像する。直感だけれども。まあ負荷が一応かからないと言っても最終的にはすべてにフォローは入れることにはなるとも思っている。

 何かテンション高く社内を動いてしまったので疲れたから少し早めに帰る。ここで最後のドタバタ劇。大したことではないが自宅近くで事故か何かがあったらしくパトカーが止まっていて、道路渋滞に嵌った。事件で始まり、事件で終わった一日だな、と思った。

 

1月26日

 昨晩は特にネットでめぼしいものはなかったので早めに切り上げる。買ったはいいが未だ「感動禁止 ! 」を読んでいない。そのくせ以前に買った本をパラパラ読み返しつつ、眠くなってきたらそのまま就寝。今朝も時々眠りは浅くなったが、トイレ起床もなくラジオの音で目覚める。久しぶりに背中が凝っていた。ふと気付いたことだけれども、正月以来あまり起床時に腰とか背中の凝りを感じなくなってきている。理由は不明だが、まあいい兆候かなと思ったほうがいいのかな。今日は素直に消炎剤を塗っておいた。

 午前中は負荷が減ったとはいえ、それでも一応業務が増えるので、ちょっとその辺の確認をしてみていた。色々厄介な問題は多そうで深刻に考えると悩みそうである。とりあえず深刻に考えないことにする。昔みたいに深刻に考えたら駄目。アイデアが出てこないから自縄自縛状態になる。だから深刻に考えない。まあルボックス効果の気分をフラットにする作用の影響はかなりあると思うのだけれど。本当、僕にあっている坑うつ剤だなと思ってしまう。

 昼食時に営業企画の方々からちょっと質問を受ける。真の本音を言えないから、表の本音を話して納得してもらう。色々大変なところがあるんですよ、というところである。

 午後はまたホストコンピュータの実験をし始めたが、M 課長に呼ばれ仕事の話を打ち合わせ、気が滅入ってきた。予想はしていたから気の滅入り方はひどくはないが、ため息つきたくなってきた。

 今月頭辺りから「健康診断を行うから健康管理室に来てくれ。」と言われていて、行ったら何のことはない、体力測定だった。よくある立位体前屈とかのデータを調査する類の奴である。で測定をした結果、実年齢より少し体力があるということのようである。体が柔らかいだとか、反射神経がいいようである。最近運動していない割には好成績なのでちょっと驚く。ついでに体重測定をしたら更に体重が減っていたのでこれも驚く。ちゃんと食べているんだけどな。肥満よりいいか。

 体力測定の後は再びホストコンピュータの実験を行うが、うまくいかない。やはりあちらが立てばこちらは立たずである。明日、データの流れを紙に書いて追っかけた方が分かりやすそうである。

 本日も 18 時過ぎに退社をする。この頃になると気の滅入り方も落ち着いてきた。考えたら昨日「感情が渦巻いている。」という書き出しで始めた割にはとっとと熟睡に入ってしまったし、気の滅入りもひどい引きずり方をしていない。微妙に改善しているのかな、と思う。でも調子に乗るのは禁物。やっぱりあせらず慌てず、落ち着いてである。

 

1月27日

 昨日「気が滅入った」と書いたが今日はその比じゃなかった。疲れた。でも意地で日記だけは書いてみる。

 昨晩はちょこちょこ掲示板でのアドバイスをしたりしていた。僕が何かアドバイスをしたすると、別の人がフォローしたりしてくれたりするので、「インターネットの緩やかなコミュニティって悪くないよね。」と思ってしまう。IT MEDIA というネット関係のニュースサイトでもその辺に関する肯定的な記事が昨日だか一昨日出ていたように記憶している。

 昨晩は眠くなったので早めに横になったのだが、ちょっと気がかりなことに囚われてしまって寝付きが悪く、朝もまた 5 時にトイレ起きのその後寝つきが悪いという半早朝覚醒に陥ってしまった。そのせいで午前中時々不安感に襲われる。不安感の原因は分かっているのだが取り除けないから、ちょっと問題である。

 それでも昼寝をしてしまえば今日一日乗り切れるだろうと思いながら仕事をしていた。途中自分の持っていた仕事の他人への移管によるトラブルとかに多少フォローをせざるを得なかったが、これはまあ大したことではない。

 昼寝をして午後からが問題だった。昨日の気の滅入った話が更に気の滅入る方向に向かってしまったのである。さすがに駄目だと思い、「 3 月までは出来ません。4 月からなら受けます。」と M 課長に本音をぶつけた。もちろんそれだけでは話が終わるわけはないので、この後こそこそ裏で関係者に根回しをしなければならなくなり、そのあたりで緊張の糸が切れてしまって仕事をやる気がかなり失せてしまった。

 その辺りから顔にはっきりと疲れが出ていたみたいである。それでも一応仕事はしていたのだが、意図的な部分があったにせよ、かなりはっきりとした口調で愚痴をぶつぶつ言っていた。

 そんな状態なのに仕事に対する疑問点だけは次々と見つけ出し、「ここおかしい、あそこもおかしい。」とメモはしていたりするのでもう一人の自分は不思議がっていた。

 夕方は経営幹部の定年退職ということで挨拶があった。普段なら心の中で悪態ついているところだが、今日はどうでもよくて、「早く終わらないかなー、疲れたから家帰りたい。」とだけ考えていた。だから話なんか全然聞いちゃいない。完全に左から右である。

 経営幹部の挨拶が終わったら早々に片付けて家に帰ることにした。来週もしんどいはずなので、割り切ってしまっていた。

 あまりまじめにニュースは見てもいないのだが、大分ソニーは事業の再編をするみたいである。AIBO のような先端技術の塊のようなロボットも終息させるという。でもそういう変なところをやるスピリットがなくなったらソニーという会社の存在意義ってないのじゃないかな、とは思うのだけれど。

 最近ネタとして書いていない夕食だが、何かビールがあったからとりあえず食べられた感じである。味覚はちゃんと感じているし一応おいしく感じてもいたのだが、とにかく疲れがひどかった。今晩よく寝て週末は気分転換させようと思う。

 

1月28日

 昨晩は疲れたからネットは軽く流していたが、掲示板のネタスレでどうでもいいことを書いていたら多少は気分もよくなってきた。ネタスレだからおバカな書き込みしかしてしない。横から茶々入れている程度である。

 ニュースも適当に見流していたが、あいからわず livedoor 関係のニュースで正義面しているのでつまらん。昨日は堀江容疑者(社長じゃなくなっちゃったので一応こう書いておくけれど)が昨年の選挙に出たのは株の吊り上げのためだというニュースで「市民を騙した。」とか言っていたが、それを持ち上げていたのはあなた方 TV 局でしょ ? まずあなた方が市民に土下座してお詫びしなさい、といいたくなってしまった。

 22 時半には就寝。あっさりと熟睡する。今朝は 6 時半にトイレで起きたら後はうとうと状態になってしまったが、休日というストレスフリーの状態だから悪くはない。でも起床後何となく疲れは残っている模様である。

 恒例のように洗濯と掃除をした後に市街へ出かけた。疲れているから家でのんびりするかというとそうではなく、気分転換に色々な買物をしに出かけることにした。一番候補にあったのは前々から買い換えると言っていた PHS の機種変更であり、後は会社で履く靴を買うとか色々なものがあった。

 天気はいいけれど今日も北風ピューピューで寒いことといったらなかった。その状態で建物の中に入ると暖房効き過ぎで汗をかいてしまい、今度は寒さが増すというちょっと悪循環状態だな、と思った。

 市街について最初にぶらぶらしていたらふと「自家製味噌を使用」と銘打ったラーメン屋が目に止まった。昼に少し早かったけれど、ふらふらと入ってみる。先週に引き続き味噌ラーメンを食べることになってしまった。でも自家製味噌を使用というだけあって、スープがとてもやわらかい味でしかも何故かそばにニンニクの摩り下ろしたのがあったからそれを入れた事もあって疲れた体に染み入る感じのいい味だった。でもオプションの半チャーハンは今ひとつ。並より少し落ちるかな、といったところである。

 ヨドバシカメラに向かって早々に機種変の手続きをする。機種は決めていたから迷わなかったが、手続きをするときに一種の誓約書みたいなものを書かされた。要は新規加入者が増えて料金体系プランとかでトラブルが発生しているから事前説明の意味があるのだと思う。僕はもう長いこと加入しているから知っていることだけれども。

 ここのところ Willcom の加入者が増えているからか、店頭も少し混雑している感じで嬉しいような、ちょっとメジャーになることによる寂しさを感じたような。他キャリアと同じことをやっても意味がないので PHS の特長をがんがん活かした施策をとってくれると面白いな、と思う。NTT Docomo などは最近 Willcom の PDA 型 PHS、W-ZERO3 の評判に慌てて似たような機種を法人向けに秋口に出すとか。どうなんだろうね、と思う。

 機種変の手続きの時間の間で靴を探したり、その他の買物をしたりしてずいぶん歩き回った。木曜に運動が少ないといわれたが今日は 2 時間半ぐらい何だかんだで歩いていた。靴もその他の買物も感覚を働かせて街中を歩いていたから適当な値段で適切なものが手に入った。

 午後のお茶はこの寒いのにコーラを飲んでしまったが、汗をかくぐらいだからうまい ! 思わず「すかっとさわやか、××コーラ」という古いキャッチコピーを思い出してしまった。

 夕食は何にしようかなと思ってスーパーに行ったら、野菜炒めではないが肉と少し野菜は食べたいと言うところでオーストラリア産の加工牛肉と、カレー用の野菜セットがあったのでそれに決定。いんちきステーキの出来上がりである。でもおいしかったのが実感。狂牛病の問題もあるけれど、確か人って牛肉を食べると快楽ホルモンが出てくるという話を前に聞いたことがある。でこの日記を書いている今は幸せな気分になっちゃっているのである。

 その前には洗濯物をたたんで、機種変した PHS を少し操作してみた。いいです。フルブラウザ搭載なので、普通のネットが見ることができる。前の機種もある程度は見えていたが、新機種はほぼ全ページ観れるからストレスフリーになったようである。後は通話の安定性がどうかだと思う。ネットで調べている限りでは相当改善されているということだからあまり心配していないけれど。

 

1月29日

 昨晩はいつも見ている映画情報番組がなかったので、ネットを早めに見始めてしまい、また特に掲示板での書き込みも特にしなかったから早めにPCは切り上げて、少しPHSのカスタマイズをしたりしてみる。機種が変ると操作性が変っちゃうので慣れるのに時間が必要みたい。

 昨晩も就寝後すぐに熟睡。適度な身体的疲労もあったからかなと思う。朝はやはり6時半ぐらいにトイレで起きちゃって、その後はうとうと状態だったけれど、起きたはかなり体調復活というところである。

 しばらく行っていなかった靴の手入れをしたりした後にまたPHSのカスタマイズを続けるが、まだ慣れていないから色々壁にぶつかる。取扱説明書と、ネットの情報を駆使して都度解決して行ったが、まあこういう作業自体は面倒だなと思ったりもするけれど基本的には好きなのでそれなりに楽しんでいたりする。

 昼食等の関係もあるから適当な時間で一度打ち切って食料等の買出しに出かける。最近の原油の価格がどうなっているのかちょっと把握していないが、原付自転車にガソリンを入れたときはリッター辺り118円まで下がっていた。少し落ち着いたのかな、と思う。

 本屋で雑誌を立ち読みする。とある記事で最近の児童に対する残虐な事件のことが書いてあったが、その記事の内容はそこから話が発展しているので思わず「なるほど。」とうなずいてしまった。その記事で問題にしていたのは「こういう事件は最近起きたことではなく、昔からあったのではないか」という点と、こちらの方が深刻なんだけれども「実は児童に対する最大の加害者は実の親なのでは。家庭内の虐待が表に出てこないが非常に多いのでは。」という点である。考えたら時々出てくるね、そういうニュース。泣き止まない子供を叩いてぐったりした状態になったまま放置してそのまま死んじゃったとか、炎天下の中自動車に赤ちゃんを放置して親はパチンコに熱中して熱中症で死んじゃったとか。その記事の中では子供が恐怖を感じているのは変質者による被害と同じぐらいに親なんだそうである。当たっているかもな、と思ったりする。ここのところのキレるおじさんを見ていると感覚として納得してしまう。

 食料だけでなく雑貨も買って帰宅し、昼食後はちょっと DVD は観たい、でも映画は観たくない、というところだったので放置していた TM NETWORK のデビュー 20 周年記念のライブ DVD を観てみた。ちなみにデビュー 20 周年とは 2 年前のことなので、今年は 22 周年。DVD の発売時期を考えてもやはり 1 年半遅れで観ている。でもなかなか面白い。当時掲示板でこのライブに対する批判が多かったようだが、醒めた目で観ていると小室哲哉が結構細かい音作りをしていたりするのが聴こえてきてしまうから予想以上に心地よく聴こえてしまうのである。更に面白いのが観客の反応。記念ライブということでもっと過去の曲を忠実に再現すると思っていたようだが、そうしなかったので観客がどんどん引いていくのが見えてしまって、「ついていけなかったんだな。」と興味深かった。今聴くと実は結構忠実に原曲を再現していて、それに細かいアレンジをしているように聴こえるんだけれどもね。

 あとはお茶を飲んで、PHS の設定を延々と行い、映画情報番組を観たりして過ごしていた。TV CM だと「オリバー・ツイスト」という作品が「本年度アカデミー賞最有力候補 !!! 」などと宣伝しているんだけれども、情報番組を観る限りでは全くその気配なさそうだな、と思ってしまう。「ブロークバック・マウンテン」とか「ウォーク・ザ・ライン」あたりが下馬評が高いみたい。どちらも観てみたい作品である。

 PHS の設定も一応何とか使える程度にはなった。また後で追加・修正していこうかなと思う。

 夕食は昨日の残った野菜があるので炒め物だな、でも今日は肉じゃないなと思っていたらカレイが売っていたので小麦粉をつけてムニエル風にしてみた。ちゃんと食バランスが取れているなと思ってしまった。食費も安いし。

 そんなこんなで本日はこの後佐野元春が出演するラジオ番組があるのでそれを聴きながらネットを見る予定である。

 

1月30日

 昨日書いたように夜はラジオを聴いていた。ほのぼのとしたトークが多くて、日曜の夜とは思えない雰囲気を感じていた。大抵日曜の夜って「明日から会社か...。」という気分になりがちなので、リラックスできたかな、と思う。

 日曜の夜は早めに寝る。昨晩はすぐに熟睡してしまった。昨日 DVD 観ていた時も少し眠気がきていたから当然ともいえる。そのまま朝まで熟睡を取れたが、それでも起きたときは眠気が強いために頭が重く、しかも胃がむかむかしていた。月曜の朝から不調である。先週の週末の気の滅入る話とかからの疲労が回復しなかったのかな、と思ってしまった。

 午前中はそんな状態なので相当ペースダウンしながら仕事をする。度々書いているけれど、ルボックスの気分の落ち込みをカバーする作用がいい具合に効いているから、ペースダウンではあるものの、何とか仕事はできる。そんな感じで午前中は過ごした。

 昼休みは当然昼寝を取る。こういうときはとても効果的なので、午後は少し復活していた。疲れたときはとにかく休むのが一番なのかな、と思っているし、その中で昼寝は最高の休みなのかなというところである。

 午後も午前中の仕事を引き続き行う。少し回復したために頭の回転がよくなってくる。で、ちょっとした取り組みをしてみたが、失敗してしまった。まあ大したことではないので「また明日やってみよう。」というところである。

 体調が今ひとつな為、適当な時間に帰宅することにした。今週は色々あるので最初からばてていては話にならない。

 ニュース的にはいくつか興味深いものがあった。何でも iPod の接続できない BMW の高級車は売れ行きが悪くて、ランクの落ちる車種が売れるようになってしまっているという。iPod 一つで車の売れ行きが変るなんて「嘘でしょ。」といいたいところなんだけれども、面白い現象である。

 後は検索エンジンの Google の Windows 侵食の戦略が更に本格化しつつあるというのも興味深いものがある。Google も最近は色々な問題を抱え始めているみたいだが、とにかく日本の IT 産業とは発想が全く異なるからやはり驚くところである。こういうのは世界を知るいい勉強かな、と思ったりする。

 食事は何だかんだ言っても昼も夜もおいしく食べられたので、これだけは救いである。食欲は間違いなく健康のバロメーターだと思っている。食事が楽しくなくなったら駄目だと思う。

 

1月31日

 昨晩は体調今ひとつが抜け切らなかったのでネットは適当にしていたが、それでもふとレスポンスしたいと思う内容が 1 つぐらいあったので、それだけはしてみた。当然早めに終わらしたので、就寝時間も早い。少々寝つきは悪かったけれど、気になる前には熟睡して朝は少しずつ眠りが浅くなり、6 時半にトイレが我慢できなくなって起きた。また背中の凝りが復活しているし、ちょっと喉も痛いのが気になってはいたが、頭の回転、すっきり度は昨日とは格段に違うので、まずは OK といったところである。

 今日も佐野元春のアルバムを聴きつつ出勤する。内省的な歌詞の多いアルバムを聞いていたのだが、またハッとさせられる瞬間があって、心に残ったりする。

 会社に到着したら、M さんと商品企画の課長さんの暗号化された PC が同時に不調に陥り、全く起動できなくなっているということで、朝からその復旧作業の対応をした。作業自体は簡単なのだけれども、本社の管理者と対応しながら出ないといけないので、電話とメモを持ちながら作業を行った。幸いにもどちらも PC も無事復旧したのでよかったが、2 台同時というのはまぐれにしては出来すぎのような気もする。

 その後はまた普段どおりの作業を始めたと思ったら、またまた情報セキュリティについての実態調査の話が出てきた。今回は各部署に振ることなく、自分で判断して書けばいいことだが、質問内容について考え出すと、結構厄介な質問だな、と思ってしまい、午後のお茶の時間ぐらいまで思考した上で、「現状をありのまま書いたほうがいいだろう。嘘はよくない。」という結論にたどり着いた。軸足は決まったので一応回答はまとめ、一日置いてみることにした。

 本日も昼食後は昼寝をする。調子が良くても悪くても昼寝を取る。実のところ人間の生理機能的には軽い昼寝を取るように出来ているのだという。そんな話も聞いているので自然の摂理にしたがって軽く寝て置いた。

 先日から書いていた謎の話は、今日、実行した。自分でも書いていて全く意味不明だが、これでいいのである。意味不明にしておく必要があるから意味不明にしているだけである。M さんと打ち合わせた内容に従ってこそこそだが行動をした。この謎の行為でまあいいのかな、僕に出来るささやかなことかなとは思っている。

 夕方になってようやく普段の作業の続きを少し始めたら、なんか少し結果が変ってきた。全部の確認が出来なかったので何だが、明日実演してみる価値はありそうだ。

 考えたら今日で 1 月も終わりで、早くも明日から 2 月である。明日は席の移動があるのでちょっと不愉快だが、まあしょうがない。相手は価値の単一化が会社を救うと思い込んでいるのだから。僕はそれには全く同意しないけれど、これまでそういうことに対して真正面からぶつかりすぎて壊れたから、かなり難しいことだとは思うけれど今回はサイドから攻める方法を考えてみないといけないなとだけは思っている。出来るかどうかは分からない。でもそういう風にしていかないとうまくいかないんだろうな、という気はしている。

 あまり堅苦しい話ばかりじゃな、と思うのだけれども、ニュースもどうしようもない事件ばかりなので面白くもない。ビジネスホテルの東横インの偽装問題なんて、前に書いたマンション偽装問題が業界ぐるみの問題だというのと大して変らないと思っているのだけれども、これであっという間に livedoor 関連のニュースは情報量縮小。本当、TV を始めとするマスコミのいい加減なこと。