うつ病日記2006年4月分

3月32日

 昨晩はいつもの時間に就寝。寝る前に「うつな人ほど強くなれる」を読み出してみたが、著者の方は精神科医じゃなくて普通の会社員の方が経験したことから考え出した内容なので、どことなく認知療法的というか、自己肯定的内容の話になっていた。うつになりかけている人とか、一応復職した人がちょっとぶり返し気味のときに読むといいタイプの本だと思う。

 朝は 7 時にトイレで起きたのだけれど、その後の睡眠が長く 10 時近くまで寝ていた。やっぱり症状ぶり返し気味なのかもな、と思いつつも久しぶりに「さっぱりした」気分で起床できた。時間も時間なのでバナナと牛乳で朝食を済ませ、洗濯と掃除をざっと行って「今日のメンタルクリニックの予約は 11時半だったっけ。」と思っていたが診察書を見たら 11 時だったので慌てて出かけた。

 待ち時間 10 分程度で診察してもらう。木曜の会社の産業医に話した内容を要約して説明してみたが、主治医もやはり「まだ休むほどでもないでしょう。もう少し様子を見てからで大丈夫ですよ。」ということなので、しばらくはどうストレスを溜めずに会社に行くかを考えた方がいいかもしれない。仕事をしに行くではなくて、会社に行くことを目標にするほうが気楽かな、というところである。

 続けて耳鼻科へ。花粉症もそうだけれど喉が痛い旨を訴えたら、消毒剤を塗布される。思いっきり喉にしみて痛かった。それなりに腫れているみたい。薬の量と料金が凄くて、下手すれば安い居酒屋 2 回行く分の金額になってしまった。ははは...。

 昼食にまたハンバーガーを食べ、夕食に珍しく牛肉を買い、せっかくなのでちょっと足を伸ばして桜を見に少し離れた霊園に行ってみた。

 霊園の桜は満開で、人々は思い思いに桜を楽しんでいる。ただ散策している人もいれば、花見というより宴会になってしまっている人々。そんなのを眺めながら心和らいだ気分に浸っていた。せっかくメガピクセル内蔵の PHS に買い換えたので何枚か撮ってみた。昔のように心がざわめくというわけじゃない。でもストレス過多の状態からほんの少しだけ開放されて、春の訪れを静かに感じていた。そんなこともあって多分日記としては初めてだと思うのだけれど、写真を掲載してみた。見てくれる人が心和むといいのだけれど。

 スーパーで珍しく挽いたコーヒーの特売をしていたから、購入して早速午後のお茶に飲んでみる。インスタントよりはおいしい。でも値の張るタイプじゃないからそれなりにである。

 その後はあまり考えずにPCゲームをしたり、Webサイトをいじったりしてみた。何故か映像の方に気が向かないのが不思議なんだけれど。

 夕食は焼肉である。どうも牛肉を食べることによって得られる快楽を体が要求しているみたいなので、昼のハンバーガーに続いて牛肉を食べているわけである。でこの文章を書いている今は落ち着いていてほのかに幸せである。

 今日はエイプリルフールだということなので 2 ちゃんねるに見習って日付をちょっと変えてみた。本当の日付はもちろん4月1日。でも内容はエイプリルフールネタにはしなかったけれどね。

 

4月2日

 昨晩も「うつな人ほど強くなれる」を読んで寝た。昨日も書いたようにあくまで会社員の人の体験談を元にしたものだけれど、この本の著者、野口敬さんは人の能力開発関係の仕事をされているということからその視点でうつ病に対する内容を書かれている。だから読んでいると意外と納得性を覚えてしまう。何せ「うつになる人を使いこなせない企業は失格企業だ」とまで言い切ってしまっているのだから、何か安心してしまう。

 23 時に就寝し、今朝は誰かが出かける階段の足音とかで少し眠りが浅くなったものの、9時半までおおよそ熟睡。悪く考えると過眠状態なんだけれど、起きたときの気分はさっぱりである。まだ眠れるぞ、と思ったけれど、一応起床して今日は朝食にちゃんとトーストを食べる。

 今日は雨だと聞いていたけれど、朝は降っていなかったのでとりあえず自室で着ている普段着の洗濯をして、それから昼食の買出しに出かける。今晩はまた佐野元春のコンサートに行くから、それ以外は出来るだけ体力温存の予定である。ツアーファイナルなので何かサプライズがあるといいな、とも思う。その代わり明日の会社の飲み会は欠席にしてしまった。まあ風邪も治っていないし、佐野元春のライブと会社の飲み会、どちらが快楽を得られるかといえば前者なので今の体調では自分の我がままを優先することにした。

 買物から帰って軽く昼食をとる。ここの所カップ麺ばかり。何か作るのが面倒だ。

 出かけるまで横になっているつもりでちょっとだけネットを見ていたら Willcom の社長が出ている経済番組(当然違法)が転がっていたのでつい見てしまった。内容的には音声定額と、通信部分のモジュール化の説明が中心だったけれど、携帯のニュースではいつも PHS だけ除け者になっているから「わーい」という感じだった。

 ベッドに横になったらやっぱり軽い昼寝になってしまった。脳が疲れ気味でかつ薬の量は多いは、春眠暁を覚えずな所もあるみたいでいくらでも眠れる。

 で起きた後は東京まで出かけたわけだけれど、例により帰宅時間とんでもなく遅くなったので、続きは明日(というかここの段落を書いているのは 4 月 3 日ですけれど)ということでよろしくです。でもツアーファイナル、サプライズがあったのでご機嫌だったよ。

 

4月3日

 またやってしまった「続きはまた明日」だけれど、しばらくは無くなるかな、と思っている。コンサートも一段落したし。

 昨日の昼寝後はぼーっとした頭で外出の支度をして出かける。電車に乗っていくときに iPod で佐野元春以外の曲を聴いていたのだけれど、何か曲のトーンが半音ずれている気がした。iPod のファームウェアのアップデートをしたのでその影響かと思ったが、実はそうではなかった模様。薬の影響か、睡眠過多のせいか今日もその状態が続いていてなんか違和感を感じていた。何だかんだで飲み会欠席でよかったかなと思う。

 ライブレポは今週末にでも書こうかなと思っているのだけれど、サプライズのうちの一つだけ書いてみる。ツアータイトルなのに一度も演奏されなかった「星の下 路の上」をついに演奏したことである。しかもレコーディングセッションをした佐野元春チルドレンのメンバーが一曲のために出てきての演奏である。これは嬉しかったな、と思っている。

 ライブの後はちょっとためらいもあったが一応知人と談笑していた。そのために就寝時間が遅くなってしまい疲れが抜けきらない部分はあったのだが、何せ佐野元春のライブのとき以外に会うことのない知り合いだからちょっとだけ無理をしてしまった。最近会社外の人脈を作ったほうがいいのかな、と思うところもあるから余計である。ちなみに夕食はまたハンバーガーだったのでこの週末はかなり牛肉とファストフードに偏っていた。

 0 時半に就寝して、7 時に起床する。さすがに頭が重いし、昨日便秘になっていた反動で出かける前からトイレによく行ってしまったから、会社に着いたのが始業時間ぎりぎりになってしまった。週初めから辛そうな顔をしているのもなんだなと思い、朝一番でビタミンが大量に入っている清涼飲料水を飲んで、昼からはペプシコーラまで飲んだりしてみた。どちらにしてもカフェインが多いから眠気はこなかったし、特別しんどい仕事をしていないからなんか乗り切ったかな、というところである。

 人事の担当者の方には、会社の産業医の判断と主治医の判断からしばらく様子見で休職するところまでは行かない旨を伝えに行った。もちろんこの後症状が悪化するようならためらわず休職する。残念ながら今は人の心配をしているゆとりはないから、自分中心(つまり自己中)でいるしかないかな、と思う。また気分が上がってくれば、人の心配をしだすと思う。

 飲み会を欠席したのでいつものような時間に帰宅の徒につく。いい天気である。ちょっと風が強いので冷たい天候だったけれど。夕食は味が少し変な感じだった。やっぱり自律神経が狂っているとしか思えない。

 

4月4日

 昨晩は日曜日に見ていなかったサイトとか、アクセスログを見ていたので就寝時間を早めることにはならなかった。異常なほどアクセス数が多くて、キーワードで調べてみたら佐野元春のライブレポートを探して見に来てくれている人が多かった。「申し訳ないね、レポは今度の週末に書くから。」とこんなところで書いてもしょうがないのだけれど。

 早くはなかったが 23 時少し前に就寝。完全熟睡で 7 時少し前の起床時間まで一度も眠りが浅くならなかった。しかしここの所パターン化している一日置きの体調不良がやはり発生してしまった。髭剃りとかしていて自分の目を見ていても力がないのが見えてしまった。もちろん睡魔と頭が重いのはいつも通りである。

 それでも一応は会社に出勤する。出勤するだけの気力はあるからである。仕事を真剣に行う気力はないけれど。午前中は先週末に開き直ってしまった業務を片付けることが出来たからまだいいほうかと思う。期日には少し間に合わなかったが、一応出来た。それで十分だし、肩の荷が下りた気分である。

 後はずっと Java の勉強をだらだらとしていた。業務に直接役に立つのかは知らないけれど、もしかしたら役に立つかもな、と思っていたのでぼけっとした頭で練習問題に取り組んでみた。PC の世界は 20 年以上前から「習うより慣れろ。」の世界なので少しでも覚えておくことは無駄ではない。実は販売統計の資料作りを Visual Basic ではなく Java でできないかという考えがふと浮かんできたので、無理しない程度にやっている次第である。産業医からは「上司からやらなくていいということをやる必要はない。」と言われているのだが、それだと何か張り合いもないのであまり深く考えずに勉強しているところである。ほかに重要な業務があるわけでもないし。

 昼食後はいつものように昼寝を取った。今日はかなり眠りが深かったようである。午後の始業時間に起きようとしても起きられない。最後は意志の力で起きて、途中基幹系のテストをやったりと気分をころころ変えながら一応何をしているのだか分からないが何かをしている状態にはしていた。

 職場の女性陣との関係は相変わらず最悪だが、最近こちらも開き直ってしまっている上に、上司が変ったことと隣の課とかの男性陣が気を使ってくれるのであまり気にしなくなってきている。

 今日は 18 時近くまでいて帰宅の徒についた。自宅で食事をしながら TV を見ていると新社会人になった若者の特集とかをやっていたが、何か違和感を感じてしまう。ウツで休職、復職してからというもの社内では負け組みに入り始めているのかな、と思っていた。それが最近では負け組みでもいいや、でも自分らしい生き方をしたい、と思うようになってきた。ここの所色々読んでいる本とかの影響がかなりあるし、社会の急激な動きを見据えた場合、多分大半の人が負け組みになるだろうと思っているので、そういう心構えだけはしておいたほうがいいのかな、と思っている。負け組みと言っても悲観的負け組みではなく、本当の意味で自然に前向きな生き方が出来る負け組みへのシフトの方法ってないのかな、と思う。

 

4月5日

 また日記の分量が多くなりがちで時間がかかる。昨晩も日記を書いた後ネットを割とまじめに見てしまい、更にサブの方に書き込んだため、シャワーを浴びる時間が月曜と同じになってしまう。その代わりに本を読むのは止めて早々に寝ることにしたので就寝時間は 22 時半過ぎだったと思う。

 朝まで今日も熟睡だったが、起きるのが段々きつくなってくる。以前ならラジオのリスナー参加番組のコーナーの途中辺りで起きれたのに、ここのところその後にかかる J-Pop を聞き終るぐらいに気合で起きているようである。でも今日は起きてしまったら昨日みたいに体調不良にはなっていない。お陰で今日は仕事を自分的にはまずまず出来たように思う。

 今日は気まぐれでホストコンピュータの方をいじっていたのだが、後で新しい課長さんから業務的な依頼を受けて、それがこれまで自力で覚えてきた事を応用できれば出来そうだったので、無理しない程度に取り組んでみた。

 相変わらず耳の調子が何か変である。人の声は何ともないのだけれど、音楽になるとすべてが半音程度トーンが違って聞こえる。食事時間のチャイムの音すら何か変である。今日の夜で風邪薬の服用は終わったので、その後元に戻るのか、それともうつ状態悪化でそのままなのかちょっと気になるところである。多分今はぶり返していると思う。ルボックスによってぎりぎり底上げしているような気もする。

 今日もさほど遅くならないように帰宅し、食料や調味料など色々買い込んだ。ここのところ栄養バランスを考えていなくて、何故か魚を食べたいと思わない。とにかく「肉」と「揚げ物」、「甘いもの」に執着している。一応野菜は食べるようにしているけれど、どうも自分の脳の不調がそういう食生活に走らせているようである。あまりいいことではないなと思う。

 

4月6日

 昨晩もネットでちょこちょこ書き込みしていたら遅くなってしまったので本を読まずに就寝。丑三つ時ではないけれど、深夜 3 時半にトイレで起きてしまう。トイレからベッドに戻ったらすぐに眠れて、朝の起床は昨日より楽だったので、「今日はまずまずかな。」と思っていた。

 でも会社に着いてしばらくするとやはり一日置きの波が来ていた。火曜ほどひどくはないが、昨日よりは悪い。きついな、と思っていた。

 午前中に診療士との面談があったので健康管理室に赴く。やはりカウンセリングのような感じだった。この日記にすら書いていない過去からの話とかを色々話した。その中で職場の環境のことに触れられて、診療士曰く、「理系の男性は 1 + 1 = 2 と考えるが女性の場合 1 + 1 = 2 と思っていも 1 + 1 = 5 と考えしまうことが多い。そして女性はそれを理解してもらいたいと考える。1 対 1 で意見を交わしたときは男性側のほうが正論だから女性側は不満が溜まってしまうが、周りに他の女性がいるとその人たちを巻き込んで 1 + 1 = 5 を押し通してしまう。」というような話を聞いて、何か分かるような分からないような感じだった。一応書いておくけれど、診療士は女性である。カウンセリングのいつかのタイミングで女性とのうまい接し方の話をしてくれるらしい。何か変な気分である。

 健康管理室に最近生体エネルギーを測定する機械を導入したみたいなので面談をする前に測定したら危険域に近い状態だったが、面談後は少し生体エネルギーが高まってきたようで不満を誰かに話すだけでも効果があるんだな、と思った。後でその測定器の値段を見たら ¥20,000 と高額なので一瞬買おうかなと思ったが買わないことにした。

 その後はエネルギーレベルが上がったと言っても普通レベルには達していないこともあって、ちょこちょこ休憩を取りつつも、すこし JCL の改善を図ってみていた。何を変えたらいいかは大体目処がついていたのだけれど、作業自体が疲れるのである。

 昼食は診療士のアドバイスに従って、久しぶりにホウレン草のお浸しを食べたりしてみた。食のバランスには気を使っているつもりだったが、やはりどこかが足らないらしい。食後は軽い昼寝で火曜日ほど深い眠りではなかった。でもこれをとるだけでも調子が違う。

 午後の飲み物にリラクゼーションのつもりでジャスミン茶を飲んで、その後フルーツジュースを飲んでいた。昨晩どなたか分からないけれど、「野菜ジュースを飲むのもいいですよ。」というメッセージをいただいたのでちょっと試してみた。

 定時を少し過ぎてから帰宅の徒につき、ペットボトルで本当の野菜ジュースと、便秘気味なので金平ごぼう、鯖を軽くゆがいた刺身とちょっと気にした食事にしてみた。

 明日は診療士との話しで親に相談をしに実家に戻る予定である。休職とかいうところではないのだけれど。

 

4月7日

 ただいま実家にて書いているところ。栄養バランス豊富な夕食を食べて満足。で食事中親に相談した事と言えば、昨日診療士からアドバイスされた、「しばらく実家から通勤して、栄養バランスのとれた食事と朝起きたときの調子を判断してもらったら。」と言うこと。昨日の野菜ジュースじゃないけれど、そういう方法もありかな、と言うわけで話をしたら「かまわない。」と言う返事だったので、来週様子を見て、診療士と主治医にも話をしてからひどければ最来週からしばらく実家から通勤をしてみようかなと思う。

 昨晩の就寝は 23 時で 7 時前に起床した。起きた瞬間はまあまあかなと思っていたのだが、やはり会社に着くと「昨日よりはマシかな。」と言うところで止まっていた。

 今日は新年度のお偉いさんの話ばかりで一応顔を出してはいたが、集中して話を聴いているとどうしても眠くなり、結構寝ていた。元気なときでもこの手の話とか会議とかは眠くてしょうがないので寝ている事がよくあるが、今日は元気なときよりも輪をかけて眠気が強かったと思う。

 その他の時間は JCL の作り直しをしてみていた。こちらは全くの自分ペースなので、のんびりと出来たし、疲れたら休んだり出来たので、まずまずと言ったところ。

 少し話を昨晩に戻すけれど、妖しいヒーリング CD を久し振りに聴いていた。CD 1 枚 74 分ずっと川の流れる音と、鳥のさえずりしか入っていなくて、一応はオーディオ機器の音の鳴り具合を艶やかにするものなんだけれども、何故か体にも効果があると言う事で気分転換と iPod の音の変化を何とかしようと言う気持ちで聴くことにした。効果があったか言うと体のほうはなんだかよく分からないが iPod のほうは少し音質が良くなった。まあリラクゼーションにはいいよな、と思いながら今朝の通勤時にも聴いていた。

 今日は実家に帰ることにしていたから定時で上がる予定だったのだが、何故かその時間帯に仕事が一個入ってしまい、1 時間残業してしまった。明日は休みだから何時まででも寝ていてもいいし、気は楽だったのだけれど。

 

4月8日

 昨晩の食事開始時間が 20 時で色々話し合いをしたり、雑談をしていたら食事の終了時間が 22 時。そこから日記を書き始めて、途中お風呂に入って続きを書き終えたらもう深夜 0 時になりかけていた。当然と言ってもいいがあっという間に眠れる。朝も少し眠りが浅くなるのだけれど、何せ実家の自分の部屋には雨戸があるので真っ暗なままでそのまま寝ていたら 10 時 40 分まで寝てしまった。なんだか去年の休職する手前のときにねているな、と思ったところである。例により腰が痛くてかなわない。多分寝ているときに姿勢が赤ちゃんのように丸まっているのが原因だと思う。一応その後食パンを食べて、時間があったので先週行った佐野元春のライブレポートを書き始めていた。

 途中でアクセスログを見ていたら、サイト登録の申請をしていた dmoz というディレクトリ型のサイトに登録されていてびっくりしてしまった。この手のサイト登録では Yahoo! が有名でこちらは全然見に来たという形跡がないのだけれど、Yahoo! より登録されるのが難しいといわれる dmoz に登録されていたので何だか嬉しくなってしまった。dmoz は Google のディレクトリサイトとしての機能もしているので、そこに登録されるということは強力なリンクをもらったことになり、検索エンジンで目に留まりやすくなるのである。

 ライブレポを書きながら PC を使ってボブ・ディランのベスト盤を久しぶりに聴いてみた。結構いい感じに聴こえる。何を歌っているのか本人がだみ声だから聞き取りづらいが、以前買って聴いていたときとは違う感触を得た。ロックの真髄だな、と思ってしまった。

 朝食を食べて大して時間も経っていないのに早くも昼食である。スパゲッティとコンソメスープ。食べられちゃうのである。朝食の食パンだって自宅で食べている 8 枚切りパンではなく 6 枚切りのパンなのにしっかり食べられている。週末はストレスがないからだろうと思う。

 昼食後突然強い風と雨が降ってきたのでしばらく様子を見てから、自宅に戻ることにした。実家からしばらく通勤するかは 1 週間様子を見て連絡することにした。

 帰宅途中で久しぶりにメンタルヘルス板にいくつか書き込んでみた。アドバイスという訳ではないけれど意見提起のようなものである。

 自宅についてライブレポの続きを書き始めたが疲れたので途中で中断。続きはまた明日である。

 お腹が空いたので早めに夕食を取る。意外とあっさり目で、でも量の多い夕食だったな、と思う。週末限定のビール + プラス α が聞いてその後は眠くてしょうがない。そんな状態でいまこの日記を書いているところ。今日もよく眠れるだろうなと思う。

 

4月9日

 昨日注文していた DVD が届いたので初期不良がないかを軽くチェックしていた。そんなことをやっていたら就寝時間が少し遅くなってしまった。23 時半少し前だったと思う。昨晩は変な夢を見なかったけれど、よく考えたら一昨日は変な夢を見ていた。変な夢というより今自分が望んでいる世界が夢となって表れたというべきか。

 朝はしばしば眠りが浅くなり、恒例のように「腰が痛い ! 」感じつつ寝続けた。起きたら 9 時半を回っていた。寝るのはいいけれど、起きている時間がないからちょっとゆとりがない気もする。でもそれだけ脳が休息を求めているのだと思う。

 実家に帰ってしまったために出来なかった掃除と洗濯をしてさっさと買物に出かける。ゲームセンターのゲームを 1 プレイだけしたのだが、結構疲れる。頭がくらくらする感じである。その後はちょっとだけ本屋に寄ってめぼしいものがあるのだけれど買わずにそのままスーパーで昼食と夕食の食材を買う。久しぶりに蕎麦を作る気になっていたのでその材料と、夕食用に豚肉と玉ねぎを購入。たまには朝食においしいパンを食べたいと思ったのでパン屋のパンを買ってみた。いつもの倍の値段だけれど、まあいいか、おいしい朝食食べたいしね、と思って買ってみた。

 その後薬局でマルチビタミン & ミネラルの栄養補助品を思い切って買った。ルボックスとの副作用はなさそうなので、普段の食事ではとることの出来ない栄養を取ってみようと思った。野菜ジュースからの発展かなと思っている。

 昼食に蕎麦を食べてから野菜ジュースを飲み、1 ヶ月以上ぶりに「スタートレック・ディープスペースナイン」を観ていた。今日はちゃんと映像物を観たいという欲求があった。でも映画を観る時間はないなと思ったから「スタートレック」で欲求を満たしていた。今日も重い話だったけれど、観た後の充実感といったらなかった。

 その後は届いた DVD とほぼ同時に新譜リストが届いていたのでまた注文書を書いていた。アカデミー賞がらみの作品と、正月映画の話題作「キング・コング」をしっかり押さえていた。年末のバーゲンセールでオリジナル版を買ってあるから、どうリメイクしたのかが楽しみ。

 本日は天気もよかったので洗濯物も早く乾いてしまった。アイロン掛けなどをしてたたんでしまう。その後は挽いたコーヒーを入れてちょっと休憩し、それから佐野元春ライブレポの続きを書き出した。よせばいいのに写真を入れたりしたから時間は掛かったが、思ったほど疲れを感じない。ビタミンが効いているのかな、と思ってしまう。

 夕食は生でも食べられる玉ねぎと野菜炒め用の豚肉を軽く炒めて食べた。後は刺身こんにゃくである。夕食後に早速購入したマルチビタミン & ミネラルを服用。効果があるといいなと思う。

 

4月10日

 昨晩は出来るだけネットを軽くして、久しぶりに本を読んでから 22 時半に就寝する。また深夜 3 時過ぎにトイレで目覚める。実際のところそのかなり前から眠りが浅くなるときにトイレに行きたいのを我慢していたから、本当に丑三つ時に生理現象が始まっていたのだと思う。

 まあいつものように眠いけれど、思ったほど起きるのが辛くなかった。せっかく高いパン屋の食パンを買ったので、今日だけは焼かずにそのままジャムをつけて食べてみる。やはりおいしい。賞味期限が今日で終わるから明日以降は冷凍しておいてトーストで食べる予定。食後は欠かさずにビタミン剤を坑うつ剤等と一緒に服用する。

 考えたら土曜、日曜と睡眠過多ではあったものの昼寝までは行かなかったなと思い出した。まあのんびりしたので、気力が少し戻ってきているのだろうと思う。

 会社のネットワークが金曜の夕方切り替わったのだが、予想以上に色々トラブルが多発してしまい、午前中はほとんどそれの対応で終わってしまった。やっぱりちょっと疲れるな、というところである。

 昼食を取った後に健康管理室に行って生体エネルギー測定器で自分のパワーを測ってみた。この機械は面白い。言ってみれば人を乾電池に見立てたようなものである。今日はレベルが低いものの「普通」という結果になった。明日またやってみようと思う。自分で買うのには高すぎるので。

 午後は一つ雑用を処理した後、JCL の改善した部分をドキュメント化してみた。当然午後だけで終わるわけがない。でもぼちぼちやっておくことは必要かなと思うし、抜けている部分を再発見するかもしれないという気分でやっていた。一つ抜けていた部分を発見 ! そしてその改善点をプログラムにできる範囲ですべてコメントとして記入してみた。これだとあとで分かりやすいだろうと思う。

 今日も出来るだけ早めに帰宅する。調子が悪いのに無理して残業代を稼ぐこともない。また余力を残そうとしはじめた。夕食に肉団子と筍の煮付け、昨日買ったあまり辛くない玉ねぎをスライスして味ぽんで味付けしたものを食べた。当然栄養のバランスでいえば全然足りないのだろうから、ルボックス 2 錠 + ワイパックス 1 錠 + マルチビタミン & ミネラルを服用しておく。これで明日がどうなるかである。

 

4月11日

 たまにはニュースネタを書いてみようかな、と思う。こういうときは体調がまずまずということである。ニュースのチェックはいつもしているが、気力がないと書かなくなる。今日は気力が持ったということ。昨日のニュースでフランスの労働法改革に対して大勢の若者が大規模デモを行い、結局その法律は撤廃することになったそうである。その法律は見ていてひどいと思うのだが、雇用されて 2 年以内は試用期間でその間は企業側の好きなときに理由なく雇用解除を出来る、というものだった。日本じゃニートと呼ばれる人たちが急増しているし、新自由主義を打ち出し、世界の中心にい続けようとするアメリカの若者もその厳しい競争に疲れ果ててしまい、実家に戻ってパラサイト化し出しているというニュースも聞いたことがある。日本だけがおかしいのではなく、先進諸国全体がおかしいのかな、と思ってしまう。

 昨晩は 23 時少し前に就寝した。昨晩の就寝は途中で起きることもなかったようだ。例により起きるのがちょっと億劫だが、起きてしまうと意外と普通である。ここ 2 - 3 週間続いていた一日置きの波が少し収まっているようだし、通勤中に聴いていた iPod の音も鳴り方がなんだか正常に戻ってきていたし、便秘も解消しつつあるようだ。マルチビタミン & ミネラルの効果ってあるのだろうか。主治医に相談せずに服用しちゃっているけれど、大丈夫かな。うつによく効くと言うセントジョーンズワート(オトギリソウ)というハーブは坑うつ剤との併用は厳禁だとは聞いている。

 本日も作業はのんびりとだけれど JCL 系の修正をしていた。多分あっていると思うのだけれど、検証用データがないからちょっと何ともいえない。それでも体制が変ってしまった以上、昔のままよりは適切な数字になっているだろうと思っている。

 本日も昼食後に生体エネルギー測定器で自分の体をチェックしたら、ぎりぎり普通をキープ。火曜に落ちなかったのは久しぶりである。例により昼寝を取って脳を休ませていたのはいつものとおり。

 午後は新しい課長さんと面接をした。自分の体調を伝え、当面の業務内容は絞った形(つまり基幹系データの修正や情報セキュリティの仕事のみ)ということで、了解をいただく。こういう風に配慮いただけれると大変気も楽だし、回復しやすくなるな、と思う。

 午後は少し Java 系の勉強をしてみたが、やっぱりよく分からない。大枚はたいて本を買ってこようかな。自己研鑽の意味もあるし。

 本日も定時少し過ぎに帰宅する。天気予報どおり雨が降っていたので、帰りはバスで帰宅。発車し始めたバスを強引に止めて乗り込んでしまった。自分でも若干だけ驚いたりする。その割にはあまり悪いことをしたという意識もないので変な感じ。

 

4月12日

 昨晩ようやく「うつな人ほど強くなれる」を読み終わった。ちょっと書き方に疑問点がないわけでもないけれど、言いたいことは伝わってくるので、別の本と一緒に読むといいかもしれない。なんとなくモタさんこと斉藤茂太さんの書き方に似ているような気もする。驚いたことにこの本、2005 年 10 月 29 日初版を刊行後、既に 9 刷とかなり版を重ねているところである。それだけ苦しい人が多いのかな、と思ってしまう。

 よせばいいのに少しメンタルヘルス板などで色々書き込みをしてしまった。それが原因というわけでもないだろうが、明け方、多分 3 時過ぎからしばしば意識が戻ってきてしまった。何で 3 時かと思ったかというと朝のニュースで 3 時過ぎから雨の降り方が激しくなったということで、意識が戻りかけているときに窓に雨が叩きつけている音を聞いていたことを覚えているからである。

 起床時はまあまあかなと思ったのだが、雨なので通勤にバスを使ったら大渋滞でその間に眠気が出てきてしまった。会社には定時ぎりぎりで到着したが、眠気が強くてちょっと辛いかな、といったところである。それでも仕事で何をやったらいいかもどこを改善したらいいかも何となく分かっていたので、とにかく眠気と戦いながら午前中は何とか乗り切った。

 昼食でカレーライスとバイキングサラダを食べて、また生体エネルギー測定器で測定してみると、普通状態の中ほど。眠気が強い以外はエネルギーが復活しているようだ。でも腰も痛いんだけれどね。仮面うつ病の症状が強く出てきてしまっているみたい。

 午後も眠気が強かったので JCL の改善は止めて、当初 Visual Basic で組もうとしていた別の販売統計資料のプログラムを作るために Java の勉強をしていた。単純にマイクロソフト依存体質はやめたいなというのが僕の思いなので、あえて分かりづらい Java を学んでいる次第。実際のところ本日の Windows Update は社内の PC に色々使われている Active X の変更が入っているために社内で強制的にアップデート不可能状態にされてしまった。マイクロソフトに依存しすぎるとこういうことがよくある。

 昼から眠気を取るためにコーラを飲んでいたがそれでも駄目で、結局追加でブラックコーヒーまで飲んでしまった。そこまでやったせいか、それとも日内変動が起きていたのか、ようやく眠気がなくなった。

 本日は定時後すぐに退社する。帰りにドラッグストアで野菜ジュース 1 本(約 1 リットル) = 198 円だったのでまとめて 3 本購入。でもあっという間に飲みきってしまうような気がする。

 夕食を食べながら NHK の特集を見ていたら、昨日書いたフランスの若者の暴動と労働法についての特集を放送していたので、割とまじめに見てしまった。内容はもう少し深い感じはしたが、学者の「若者の甘えの構図が見られる。」発言はいただけないな、と思った。

 

4月13日

 昨日のニュースで太陽系第十惑星のことを放送していた。仮称名は忘れてしまったが、冥王星と同規模の大きさだという。知的好奇心に少し駆られる。でもこれが本当に惑星だとすると、これまでこの世に出てきた SF 物の世界を通り過ぎちゃうな、と思ってしまう。

 昨晩も 23 時前に就寝し、7 時前まで一度も起きなかった。これなら大丈夫だよね、と思っていたのだが、後で自滅してしまった。

 本日は診療士との面談の日なので、10 時から面談をする。診療士は必死に実家通勤を進めていたが、こちらとしても交通費が + α にはなるは、衣類を 1 週間分持って帰らなければならないは、映画を 5.1ch で楽しむどころか、良質なステレオサウンドですら楽しめないはで、色々と渋っていたら、結局しばらく週末だけ帰省するというところに落ち着いた。

 自滅したのはその後である。突然眠気が強くなり起きていられず、何か気付いたら寝ていたようだ。ついにナルコレプシーにまで行ってしまったかと思ってしまい、「リタリン必要かな。でもリタリン貰うぐらいなら休職しちゃった方がましだよ。」とか感情抜きで考えたりしていた。運の悪いことに事業部長にその姿を見られたっぽいが、気にしている気分じゃない。とにかく眠くてしょうがなかった。

 昼食を食べて、今日も昼寝を取る。午前中本気で寝ていたようでさほど深い眠りにはならなかった。ちなみに生体エネルギー測定器は面談後に行なってみたが、やっぱり普通であった。

 午後はようやく目が覚めてきたので JCL と Java を半々にいじっていた。どちらも頭を使う業務だなと思うが、プログラムを組むということは嫌いじゃない。疲れが大きいけれど。このページだって一種のプログラムみたいなものだし。

 JCL のプログラムの確認に海外営業の人から最新のデータを貰って見比べてみた。数百万円程度誤差があるようだが、3 月までのプログラムに比べれば、かなり精度が高いかな。後はどうこのプログラムを本社にねじ込むかである。それが出来ないことも考えて Java の勉強をしているわけだけれど。

 帰宅後、実家に電話をしてしばらく週末に帰宅する旨を告げたら「そのほうがいいよ。」ということで、今週末もまた実家に帰省である。

 

4月14日

 昨晩も別のところでちょっと書き込みをしていたりする。会社の診療士は「インターネットでの人の付き合いが、現実社会での人の付き合いを悪くさせている。」と言っていたが、元々さほど人付き合いは得意じゃないし、むしろインターネットのお陰で同じような趣味を持っている人とやり取りできるだけ助かるな、と思っているぐらいである。職場内だと自分に興味のある事柄と(まあ良くも悪くもオタク度は高い)と他の方々の興味が違いすぎてなんか話してもな、という気持ちを持つ事がある。

 そういえば「機動戦士 Z ガンダム」劇場版が完結した際に富野監督がとんでもないことを言い出したので、面食らったことがある。散々アニメオタクたちを嫌っていたのに、突然「オタクたちが平和を維持できる平安時代の貴族のような存在なのかもしれない。」と言い放ってしまったからである。逆に言えばスポンサーの都合でいやいや手につけた仕事が途中からある種のメッセージになりうるという視点を持つようになったのだろうと思う。

 昨晩は寝付き少々悪しである。何かお腹がすっきりしないのでトイレにちょこちょこ行っていた。その後はちゃんと眠れたようで、起床時は楽だったし、今日は一日を通してまずまずだったように思う。

 相変わらず JCL がらみの仕事をしていた。でも今日はドキュメント作りをのんびりと行っていた。流れを少しだけ見やすくしようかな、と思った。午前中は昨晩すっきりしなかったお腹がすっきりしつつあったこともあってトイレによく行っていた。PC 前で居眠りするよりよほどいいかもしれない。

 恒例の昼食後の昼寝を取る。どちらかというと軽い感じであった。調子が悪くない状態である。

 午後も引き続きドキュメントをまとめていたが飽きてきたので、別のJCLプログラムをいじりはじめてしまった。でも午後になるとやはり早い時間から疲れが出てくるので程々にしておくことにした。だからどちらの作業も完了していない。まあそれでもいいんじゃないの ? と思っていたりする。

 定時後は組合があったので早くは帰れず。でも週末だから気にしない。自分にご褒美のつもりでケーキを買ってみた。何か甘いものが食べたいという欲求が強い。脳が疲れているとそうなることが多いようだ。

 

4月15日

 昨晩書き忘れていた。ちょうど夕食を食べながら TV の特集で「大卒の就職活動に異変発生」と言ったタイトルで、大学生の就職活動が大企業のしかも勝ち組と言われている会社に集中し始めたという内容である。理由は「安定していそうから。」という意見が多かったようだが、甘いな、と思わざるを得ない。前にもちょっと書いたと思うけれど、「勝ち組でいるには永久に勝ち続けなければならない。」ということからすれば、今の勝ち組企業が永遠に勝ち続けるなんてことはないんだよ、そしてその裏には非常に過酷な現実が待っているんだよ、自分が本当にやりたいことって何なの ? ということが頭の片隅に浮かんでいた。ただ例の一つとして出てきた女の子は最初は目的意識も持たずに大企業内定を考えていたようだが、最終的には親の仕事を引き継ぐことに決めたそうで目が輝いていた。

 自分はどうなのかな、と思うとこの Web サイトの管理者をやっているぐらいだし、簡単なプログラム程度は作れるから何かそういうキーワードを仕事の軸にしたいな、と思っていてそれは今の社内でもポストはありそうな気はする。前にちょっと書いた給料下がってもいいから自分のしたいことをしたいというのはこんなところかな。要は変に役職を上に上げたくないということである。

 就寝時間は 23 時 15 分ぐらい。途中一度目が覚めてトイレに行って再度寝たらまた 10 時起床。手早く朝食を食べ、洗濯、掃除をして、せかされるようにメンタルクリニックに通院する。いつものように主治医に 2 週間の体調のことを話していた。主治医は診療士と違ってネットを見ることに全く反対しなかった。もちろん疲れすぎないようにあまり長い時間やらないようにとは言われたけれど。後仕事の制限がついたことを話しすると「そのほうがいいですよ。」というような雰囲気を漂わせていた。ビタミン剤のことは聞くのを忘れてしまったが、まあいいか。次回は土曜がゴールデンウィーク突入で土曜日にいけないから、あえて木曜日の夜、最終診察時間に予約してみた。平日の顔を見てもらって判断してもらうのもいいだろうというところである。

 軽く昼食を取って、雑貨を少々買ってから一度自宅に戻り、支度をして実家へ。帰るのが多少面倒な気もするが、とりあえず指示された通りにしばらくしてみようかと言うところである。

 途中の繁華街でちょっとウインドウショッピングをする。何だかんだ言ってヨドバシカメラに寄ったりしているだけだけれど、楽しいな、と思ってしまう。ふとオーディオのコーナーに寄ってしまったら「 AV アンプ買い換えようかな」とか思い始めてしまった。まあボーナス次第である。

 しかし繁華街よく混んでいるなと思った。本屋のレジに行列が出来ているし、コーヒーショップもそう。本当に景気が回復したのではないかと思ってしまうが、たぶん本物ではないと思うので、思わず目をごしごししてしまう。僕がよく出没する繁華街ではこんな事ありえないもの。

 夕方に実家に到着。着いて時間も経たないうちに早くも夕食の時間になってしまった。17 時半に夕食だから相当早いけれど、確かに色々な料理があるから食べている時間は相当長い。1 時間半ぐらい掛かったぐらいだ。料理も普段あまり食べない海藻類とか、貝とかなところもナイスである。当然野菜は多い。

アルコールもちょっと弾んでしまったが、飲んだ後帰宅の途に着くわけじゃないし、気が楽。外食でアルコールを大量に飲んで、その後に自宅でも実家でもいいけれど、家路に着くのって結構疲労感があるからね。

 

4月16日

実家に帰ってしまうと必然的に 2 ちゃんねるを見なくなってしまう。単に普通のブラウザだと「アクセス過多で見れませんよ。」とはじかれてしまうからで、その分早くにネットを見るのも終わってしまったから結構早く寝た。22 時半過ぎだったような気がするが、TV で「マトリックス・リローデッド」を見ていて、吹き替え版の「そして君が伝説のモーフィアス君か」という台詞があっさりなのにがっかり。「伝説の」なんて言われ方する場合、すごいのだか馬鹿にされているのだか良く分からんがここはもっと濃く言わないとね、と思ってしまう。その前に DVD を基準に色合わせをしている TV でこの作品を見たらどぎつい色になりすぎていて唖然としていた。

昨晩から就寝前の服用する薬から抗アレルギー剤を抜いた。耳鼻科に行っていないのもあるけれど、そろそろシーズンオフになりそうかな、と思ったのでとりあえず止めてみた。そのせいかどうかは知らないけれど、今朝の起床時間は 8 時半。変な眠気も残らない。やはりここ 2 -  3週間の睡眠過多って薬の副作用が強く出すぎたのかな、とすら思えるぐらいである。しばらく様子見ではあるけれど。

 午前中は珍しくサブのほうに色々書き込みをしていたし、半分本気で AV アンプの取説ダウンロードをしていたりする。もちろん買うかどうかは分からないが、こういうのを見ているのも楽しい。取説ダウンロードのサービスは大変に助かる。本当は商品の一部品だからお金を払って当然のものなのだが、それでもカタログ見るより、取説を読んでしまったほうが何が出来て何が出来ないかが良く分かるから購入する場合とてもいい資料になる。カタログは、イメージを売っているだけだからその商品の本当の実力が分からないので余り好きではない。

 しかしそれにしても寒い一日である。雨はよく降っているし、気温も3月上旬ぐらいではないだろうか。結構こういう天候の変化が体に来るのである。

 昼食は寒いときにぴったりの味噌ラーメンを食べて、体が温まる。食後しばらく天気の様子を見て止んできてから、自宅に戻ることにした。

 帰りにどこか寄って行きたかったが、土曜に洗濯した大量の衣類のアイロン掛けとかに時間が掛かりそうだし、せっかく意欲だけはあるから「スタートレック」を観たいので立ち寄りはせずに家に帰る。

 実家でもコーヒーを昼食後に飲んだが、家に着いてもう一杯コーヒーとチョコを食べて一服してから大量の洗濯物の片付けとアイロン掛けである。ワイシャツの半分ぐらいは形状記憶合金タイプなので気を使うこともないのだけれど、かるゅあるシャツの方が綿 100% なのでアイロン掛けをしなくてはいけない。で、とても面倒臭い。まあ形状記憶合金タイプのシャツでも多少のシワは残るけれどね。

 面倒臭い洗濯物の処理を終わったから、ようやく「スタートレック・ディープスペースナイン」である。ちょうど 10 年前、「スタートレック放送開始 30 周年記念」ということで制作された企画物エピソードを観ていた。これがなかなか凝っていて、当時としては最新のデジタル技術を用いて今から 40 年前の「宇宙大作戦」のエピソードに「ディープスペースナイン」のメンバーが登場してくるという内容で 40 年前のフィルムにデジタル合成して違和感を無くしているという意欲作である。「スタートレック」を知らない人でもミスター・スポックの名前ととんがり耳ぐらいは知っている人もいるかと思うが、そのメンバーが登場してくるのだから面白い。

 夕食は実家から持ち帰ったおかずで済ませる。診療士は「日曜の夜も実家で食事しなさい。」と強く言っていたが、それだとゆとりがなさすぎなのでこれで十分である。また今週末も帰ることだし。さてこれから実家から持って帰ったロールケーキでも食べてのんびりしよう。

 

4月17日

 そういえば昨日、洗濯物を片付けているときにスカイパーフェク TV で「リプリーの信じようと信じまいと。」という番組を見ていた。アメリカの観光名所には大抵ある博物館(と言っていいのかと思うけれど)の TV 版で「そんな馬鹿な !!! 」というような仰天映像満載の番組である。もともとの博物館のほうが怪しさ爆発しているみたいで(残念ながら入ったことがない)、当然 TV 版もウソ満点だと思っているのだが、ふとこれを見ていたら正月に見て「真実と証するウソの映像。」といった頭のくっついた双子の黒人女性のネタを思い出した。あの映像の元ネタってこの番組じゃないの ? こちらは最初からほとんど「ウソですよー。」と言っているようなものだからばかばかしいと思いながら見ていられるが、日本になるとさも真実のように放映するからやっていられないなー、といったところである。

 先週だったか、先々週だったか、自民党の竹中平蔵氏が TV 局の不祥事続発に腹を立ててしまい、最終手段である「電波法の免許更新を受け付けない可能性もありうる。」という強迫を NHK を含めた民放各局に密かに話していたようだ。どこか一局ぐらい見せしめに権利剥奪された方がいいかもしれない。

 夕食後はロールケーキを食べてからネットをだらだら見ていたが、まあ早く終わったので早めに寝た。でも珍しく寝付きは今ひとつ。よく分からないけれど、抗アレルギー剤の副作用が減ったからかな、と思ったりする。

 朝はちょっとだけ起きるのが辛い気もしたが、久しぶりに太陽と素敵な青空を見て、気分は悪くない。

 面白いことにここ数週間通勤時に歩くだけで息切れしていたのだが、今日はそんなこともなかった。実家で夕食食べているだけでも効果があるのか、それとも抗アレルギー剤を止めたのがよかったのか、どっちだろう ?

 本日も基幹系 JCL のまとめをする。まあいらなくなるときが来るのではないかと思うが、一応は「いらないよ。」と言われない限りは整理しておかないといけないね、と思うところである。そういう想いが強いのは、過去から誰かの業務を引継ぎしたときに大抵その引継ぎ資料がろくでもないものばかりだったり、酷いと口頭引継ぎしかないと言うことが多くて無駄な時間が掛かっているから、そういう無駄は省いたほうがいいということである。実際 100% は出来ないときも多いけれど。最近は異動の発表があって 2 週間も経たずに部署異動という事も多いので資料を作っている時間はまあ取れないね。

 珍しく今日は昼寝をしようとしても眠れなかったので目を開けたまま考え事をしないようにしていた。これも結構難しいんだけれど。

 午後も 15 時半か 16 時ぐらいになると疲れてくるし、いい区切りがついたので、また Java でも学ぶかなと思っていたら、机の中からテキストが出てきた。いつ買ったのか記憶にないが、ちょうどいいタイミングだと思って、簡単な練習問題を解いたりしていた。

 明日は新年度初の有休をとることにしていた。昨年度はかなり無理して出勤していたから、新年度になって有給休暇日数が付与されたのはありがたい。少し気晴らしが出来ると思っている。

 多分有休と言っても映画を観ているのではないかと思うが、趣味なので気分が乗っているときは映画を観る、乗っていないときは寝てしまうか、別のことをする。そんなところだろうか。

 

4月18日

 昨日の帰りに本屋で珍しく日経の雑誌を買ってみた。日経関係の本とか雑誌、当然新聞記事はあまり信用していないのだけれど、昨日買った「日経ビジネス アソシエ」という雑誌に自己診断プログラムが入っている CD-ROM が付録で付いていたので CD-ROM 目当てで買ってみたのである。最近この手の自己診断プログラムにハマっていて、どれだけ典型的日本人から外れているかを確認して遊んでいるのである。大体は人とのコミュニケーション能力が弱く、その代わりに異常なほど独創性が高いという診断になってしまうが、今回も例に漏れずにそのような答えが出てしまった。2 月下旬以降の課の女性陣との関係悪化を考えると笑うしかない。とは言うものの最近は開き直っているのと、当の女性陣の一部が困った顔をしながら少しずつ理解しようとしてくれているようなので、最悪と言うわけでもないと思う。最近この日記を読んでいるのかどうかは知らないのだけれど、読んでいてくれるのなら、ありがとうです。ただ、まだ精神的に若干不安定な部分があるようなのでしばらく我がまま言ったり余計なことをすると思うので大目に見てね、とお願いします。

 さて、先日 dmoz に「がちゃんの部屋」のトップページが登録されたことを書いたけれど、当初の目的だった映画のレビューのページが Yahoo! にも登録されてしまったので、サイト閉鎖はなくなってしまいました。バンザーイ !  \(^o^)/ といった気分である。何か無理してでも続けていてよかったな、と思った。

 昨晩の就寝は 23 時前に寝たような気がするが今ひとつ覚えていない。寝付きが今ひとつだったことだけは覚えている。やはり服用する薬が減ってきているからかもしれないな、というところである。朝も実は 7 時過ぎにトイレで起きて、一応休みだからと再度ベッドに入ったのだけれど、8 時には完全に目が覚めてしまった。体調の問題もあるけれど、薬の服用量が減ったことのほうが大きいような気がするな。特に花粉症対策で処方されていた抗アレルギー剤が、2 週間前に種類が変わって就寝前に 1 錠になったので、これと眠剤、さらにルボックスとワイパックスを飲めば眠気が強くても当然ではないかな、と思ったりもする。

 朝から DVD+R に KNOPPIX というディスクから起動させる Linux を焼こうとしたがうまくいかなくて、ディスク 1 枚無駄にしてしまった。3GB 以上あるからダウンロードも時間が掛かったし、何とかしたいな、というところである。

 午前中に買物に出かけて、ふと本屋の文庫本の棚をぶらぶら眺めていたら、ビート・ジェネレーションのジャック・ケルアックの作品だとか、ウィリアムズ・バロウズの作品が並んでいることに気付いた。思わず「嘘でしょ ? 」と思ってしまった。何せ日本ではビート・ジェネレーションについてまともな紹介をされたことがないのだから。僕は佐野元春の影響からいくつか読んだことがあるけれど、普及はしなかったと思う。タレントの木村拓哉が「愛読書だ。」とかいったのでジャック・ケルアックの「路上」が一時期キムタクファンに売れたけれど、そもそも木村拓哉がビートの概念を理解しているとは全然思えないので、今回の文庫本平積みは驚きの一言でしかない。何か僕に「買えー。」と言っているような気がしてきたので、今度買ってみよう。

 昼食はまた蕎麦を茹でて、おにぎりと一緒に食べた。蕎麦も何となく挽いた感じを装ったタイプのものだったので気分的においしく感じられる。

 午後は予定通り DVD を観た。続編だからということで前作を観返してまで内容把握をしてしまった「ボーン・スプレマシー」である。その割には前回観てから半月以上経っている。予想外の週末実家帰りがあるから、さらにペースダウンだが、まあ止むを得ない。前作に負けず劣らず面白かったので気分がいい。普段は観ない「削除されたシーン」まで観てしまった。

 休日恒例のコーヒーブレイクをした後は当然レビューを書き、その後は PC ゲームをしてとにかく遊ぶことをしていた。

 夕食もバランスがいいとはいえないが一応人参抜きの野菜炒めにしてみた。肉はホルモンとかがおいしそうだったが結局は野菜炒め用豚肉で落ち着いてしまった。もちろん久しぶりにいい具合に味のバランスが取れたのでグッドだった。なんだか今日はいい休日だったなと思う。

 

4月19日

 昨晩も寝付き悪しである。室温が上がりすぎていて布団が暑く感じられたからである。結局1枚少なくしたら眠れたのだけれども、その代わりに朝なんか少し涼しい感じがしてちょこちょこ目覚めてしまっていた。今の時期気候の変動が眠りに影響を与えているようで、朝起きた時はちょっと頭が重かった。

 ただ通勤時には何とかなるか、という程度にまでにはなっていたので本日はまずまずだった。有休をとった次の日に調子悪い顔じゃ実態はともかく世間体にはよくないね。そんな事言っていられないのがうつなんだけれど。調子がいいかと思えば突然悪くなる。パターンが読めない。業務制限が掛かっているのがありがたいところで、調子悪くても何とか定時時間はいることができる。

 会社に着いたら久々にどなたかの嫌がらせがあった。PC のスピーカーの向きが真横に向いていた。最初はむっとして真正面に戻したが、途中で気が変わって斜め向きにしてみた。ちょっとした僕なりのジョーク発揮である。しかし、何かこういうことする人って僕以上に精神年齢低いな、と思ってしまう。まあ僕も何だかんだで人をこの日記で非難していたりするからあまり偉そうなこともいえないけれど。

 朝は部長と個人的面談を行なう。部門内の業務内容の把握が目的だったようだ。この部長さんは日記の一番最初の方に出てきた人なので、当然面識のある人だけれど、一時期販売子会社に出向していたので、多少前とは雰囲気が変わっている気がした。僕のことを気にはしてくれていてくれたし。

 今日も JCL の資料まとめを行う。結構面倒臭い。単調作業な上に Windows 上で動かしているエミュレーターがしょっちゅうハングアップしているので、元のプログラムを大量に出したいのに一回テキストデータに出したらエミュレーターを終了させて、また立ち上げる、という作業を繰り替えざるを得ない。これだったら昔の専用端末を探してきてそれを動作させたほうが楽だよな、と思ってしまった。

 昼食後、朝飲み忘れていた野菜ジュースを勝って飲んだら昔のまずいトマトジュースベースのタイプだったので苦虫をつぶした顔で飲んでいた。当然後でコーヒーを飲んで口直しをしてしまった。

 15 時ぐらいになってから M さんから相談されて、今年度の重点商品の新製品品番登録のためのコード番号の件で「どうしたらいいのでしょうか ? 」と言われたので、何人かの人に話を聞いて彼女に投げ返したのだが、書類にコード番号が書いていないと不安だと言う。「じゃ書類の変更かける ? 」と尋ねたら、困ったような顔で「そこまでしなくていいです。」との返事だった。最近どう僕と話したらいいか分からなくなっているような感じがする。家内の女性も一部はあまり関わりたくないようだし、別の一部は話するのもいやっ、て感じだし、隣の課は何か和を乱していると思い込んでいるみたいだし、僕の方が困ってしまう。ちゃんとリンク集にうつ病関連のサイト紹介しているのだから、雑談する代わりにそのサイトを読んでくれたらいいだけだと思うのだが。皆さん TV に毒されすぎですね。TV だと精神障害者が犯罪を起こしたときに露骨な取り上げ方しているからね。普通の人のほうがもっと凶悪な犯罪をよく起こすのに。

 

4月20日

 本日、機嫌が悪い。結構怒っている。アルコールちょっと大目に飲んで憂さ晴らしていたりする。原因は診療士との面談で、人のことを判りもしないのにあーしろ、こーしろ、というのに頭来て喧嘩してた。

 そんなことの詳細はちょっと後にしてとりあえず時系列的に書いてみる。とりあえず昨晩もネットを見るのに時間が掛かってしまい、就寝時間が 23 時になってしまった。一部で流行の、YOU TUBEというサイトのアマチュアの作った映像が面白いのでつい見てしまっている次第である。でまた寝付きが悪くて布団を掛けたり外したり。朝の気分も何回となく眠りが浅くなったりするので今ひとつだった。まあ変な眠気が残らない分、ましだとは思う。

 会社では、朝一番では気分が乗らなくてだらだらしながら気分を持ち上げていくようにしていた。そんなタイミングで診療士との面談があったわけである。

 気分が乗らないとは言うものの、変な眠気もない分気力は先週よりあるかな、というところだったのだが、面談をしていて腹が立ってきたのである。腹が立った理由はいくつかあるのだけれど、例えば、元々人付き合いが苦手だと言うのを先々週話したら、「苦手なものから逃げていたら病気は治らない。」とか言われたり、人と物の見方が違うと言う話をしたら、それを全否定されるような発言されたりして、ぶちぎれた。怒気を含みながら「苦手なものを無理して合わせていたからこんな状態になったんでしょ ! 」とか、「人と物の見方はずれているが、その目から見てこの会社も日本も、世界もおかしい ! 」とか反論し返していたのである。最終的には診療士が折れてきたので、落ち着きを取り戻したけれど、他のうつ病患者と同じにするな ! といいたかった。大体本当にメンタルヘルスに気を使う会社なら僕じゃないが、何回もうつを再発している人間を何度も復職のたびに同じ部署に戻さないだろうに。本気で社員のことを考えちゃいないんだな、とむかむかしていた。

 そんな訳で多分面談は来週で終わるのではないかな、と思っている。カウンセリングはカウンセラーとの相性に大きく左右される、と聞くが残念ながら、大外れである。こちらとしては自己肯定をしてもらってからやんわりとしたアドバイスがほしかったのに最低だ。

 そんな訳で怒っていたものの、例の生体エネルギー測定器で体調測定してみたら、普通クラスのレベル上ぐらいになっていた。どうも怒っている気力があるときは、体調がいいみたいである。

 昼食を食べてとりあえず目だけはつぶって一応休息。眠気がないから寝はしなかった。

 午後はワンパターンの作業をしていたが、怒りが気力を呼び戻してしまったのか、あまり休憩を入れない割には疲れなかった印象がある。しかし怒れる気力があるかないかで脳のエネルギーがあるかないかを判断するって言うのもなんだかな、と思う。もう少し楽しいことで判断できないかなー。

 機嫌がよくないので定時を過ぎたら真っ先に帰った。で、家でビール + 韓国焼酎を少し飲んで今に至っているところである。で明日は一応実家帰省はするのである。今週は土曜の午後には帰ってくるから日曜に少しゆとりが取れそうで、嬉しい。

 

4月21日

 昨日書いたように本日は実家に帰省中。これも何時まで続くか分からないけれど。昨日の診療士の衝突で「実家に帰るのはいやですか。」と言われたから「映画が観れない。」と文句をいったので、そのうち無理強いはしなくなるのではないかなと思っている。確かに食事は美味しいしそこの面の気楽さはあるものの、それ以外がなんか不自由に思える。自分の趣味のものを全部自宅に持っていってしまっているから、いくら実家に TV と DVD、LD プレイヤーがあっても 5.1ch サウンドどころか TV 付属の貧弱なモノラルサウンドでしか観られない。一度質のいい物を知ってしまうと、質の悪いものに戻れないと言う典型的な例である。

 昨日アルコールを少し多めに飲んだけれど、虫の居所が収まらず、寝つきが悪くて、思わず起きてこの日記に追加で「いらいらする、いらいらする」、とか「誰も俺の事なんか分かっちゃいない。」と言うようなことを延々書きそうになりかけていた。実際には本気でそんな事を書く前に眠りについたが、その分朝の気分は憂鬱。朝食を取ってルボックス 1 錠服用して通勤時に音楽を聴いてようやく気分が落ち着いた。

 朝一番で本社の基幹系担当者に怒りの混ざったメールを打った。2 月ぐらいから文章に配慮したりしながら相談を投げかけていたのに一切返事ももらえない、電話をすれば電源を切られていて一切連絡が取れない。さすがに「失礼じゃないんですか。」と文句のメールを打ったら、ようやく「今後はここに相談ください。」と言う返事が来たのですかさずお礼のメールを打った後に早速新しい相談先に連絡をして JCL のマスタ変更を依頼した。1 ヶ月遅れだけれど、ようやく自分の中で抱えていた壁をクリアしたな、という感覚が持てて気分が良くなった。他の人には分からない事だろうけれどね。

 落ち着いたところで、きちんと JCL のドキュメントを作ろうと思って少しずつ文章を書き始めた。あくまでぼちぼちとだけれど、イレギュラーな物をレギュラーに戻したいので、細かく作成してみようかなと思っている。夕方少し疲れたけれど、まあ集中力が戻ってきたかな、という気はする。

 で今は夕食をたっぷり食べてスパークリングワインなども飲んだりしてのんびりはしている。明日も午前中はだらだらしていると思う。何もしないというのが意外と好きなのである。何年も前から旅行で沖縄の竹富島とかに行ってみたくて、一日中ぼーっと時間の感覚を忘れたまま海辺で佇んでいたいな、とか思っているぐらいである。これでどこかからおじいの弾く三線辺りが聞こえてきたら最高だな。

 

4月22日

 昨晩の就寝時間は深夜 0 時を大幅に回ってしまった。夕食の時間が長いからで、その後この文章を書いて、風呂に入ったりするだけでも 0 時近くになってしまうことがある。この辺のリズムの崩れはよくないな、と思う。今朝は 8 時半にトイレで起きて、少しだけ布団にてもごもごした後に起きた。あまり調子がよくない。頭が重いし痛い。実家に帰るのも痛し痒しの部分があったりするんだなというところである。

 昨日愚痴の様に「誰も俺のことなんか分かっちゃいない。」と書いた。これはおなじみ佐野元春のアルバム「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」に収録されている「ブルーの見解」という曲からインスパイアを受けている。オリジナル・ヴァージョンだと表向きの自分と心の奥底に潜むもう一人の自分について歌っているニュアンスが高いのだけれど、ライブ・ヴァージョンだとファンク色が強くなってしまっていて、他人と自分との係わり合いについて歌っているように感じられてしょうがない。で今日はライブ・ヴァージョンの一部を著作権無視でこのサイトに載せようかなと思ったが、そのためのソフトを設定していないので、変わりに The Golden Ring という佐野元春公式サイトのアルバム紹介コーナーにリンクを張っておこうかなと思う。誌も全部載っているし、曲の一部もスパイウェアとして一部では評判がよくないがネット上で多く利用されている Real Player をインストールすれば聴くことができるので、今日は紹介程度にしておこうかな、と思う。ちなみに Real Player をインストールする場合には RealPlayer はスパイウェア?というページを参照するといいかもしれない。ちょっと難しいこと書いてあるけれど。

 実家に帰っても両親は早朝からテニスをしに出かけてしまっているので、実は夕食と昼食のとき以外には会話をしていない。だからおいしい夕食が食べられるということと、そのときにちょっとだけ愚痴を言えるという以外は大してメリットはない。実はこれがメリットだと言えなくもないのだけれど、毎週だとちょっと自分の気分転換がしづらいな、のんびり出来ないな、というところもある。

 午前中はまたネットを見ていたらまたまた三色ネット付氏のページが出来ていた。リンク集に貼っている内容を大幅に加筆訂正をしたサイト構成で現在全 40 ページもあるのだが、ラストページを読んでいるうちに「この人、自分じゃ気付いていないけれどビート・チルドレンじゃん。だから共感したのか。」と思ってしまった。「ビート」の概念は実は僕も完全には理解できていないのだけれど、基本的にはおかしな、でも多くの人にとっては当たり前の普遍的とも言える価値感に違和感を感じた人たちの形式はどういう形であってもいいけれど、異議申し立て、だと思っている。英和辞書で「Beat」という言葉を調べてみると分かると思うけれど、「打ちひしがれた」という意味合いが載っていると思う。だから「Beat the System」なんてスローガンは「体制をぶっ壊せ」という意味合いとは全く違う。でも「今の体制はおかしくはないかい ? 」という言い方を誌的に表現したり絵に書いてみたり、ロックのサウンドに載せて歌ったり、ということはするのである。

 こんなページを午前中読んでいたら昼になってスパゲッティと、しばらくしたら母が最近パン作りにはまっているらしく、ピザが登場してきた。何か凄い。下手なイタリア料理屋を越えている。まっ、これは凄いメリットか。

 15 時過ぎに実家を後にし、途中ヨドバシカメラと通って雑貨を買ってから家に着いた。せっかくビートについて書いているので実家に置いてあったジャック・ケルアックの「路上」を持って帰ってきた。

 夕食はビデオを観ながらだらだらと食べていた。実家においてあった VHS テープを持ってきたのでそれを観ていたのだか、どちらかというとビデオ観る方に夢中になっていて、その合間に夕食を食べている感じだった。

 

4月23日

 昨晩も寝たのは深夜 0 時近く。この日記書くのに時間掛かったし、2 ちゃんねるのメンタルヘルス板を覗いたら臨床心理士(僕は間違えて診療士と書いてしまっているがこの日記内ではこれで統一してしまう。)に対する非難轟々のスレッドがあったので覗いたら結構僕と同じように「あなたが悪いんでしょ ! 」という感じで言われている人たちが多くて、怨念渦巻いていて「僕だけじゃないのか。しかもここの人たち 1 回のカウンセリングで 1 万円以上払っているから余計に酷いよな。」と納得していた。

 朝は 9 時近くまで何となく寝ていた。例により例のごとく体中が筋肉痛のようでちょっぴりだるいが、よく寝たから気分さっぱり。朝からピザ食べて洗濯と掃除をして、買物をしにご近所商店街に出かける。当然ゲームセンターでゲームをワンプレイだけするとか本屋で雑誌を立ち読みするだとかも入っている。まあこれも僕なりの気分転換。繁華街行くのもいいんだけれど、持久力なくなっているからちょっと疲れちゃう。昼はそば決定なので夕食をどうしようかと思ったが、たまにはアジの塩焼きにするか、後は野菜を少々だなというところで決まりである。

 午後何しようかなと思ったが、友人からもらった映画版「 1 リットルの涙」を観ていなかったから観てみるか、上映時間短そうだし、と思って観た。観終わっての感想は「監督と脚本家、出てこい !!! 」である。1 時間半ぐらいしかないのに 2 時間以上あるようなテンポの悪さがあったし、映画なんだから映像で説明すればいいだけの部分でわざわざ登場人物に台詞を言わたりして(しかもその部分は映像もかぶっている)無駄なことこの上ない。それと意図があるんだかないんだか分からないけれど、何で画面が全体的に青白いのよ ? 中途半端に客観視かけようとしていない ? と結構突っ込みいれたくなってしまった。

 なんか観ていて気分よかったのがベテラン俳優たちの演技だけで原作に全く登場しなかったお父さん(日活の往年のスター、浜田光夫氏)がワンクッション的に「お父さんは娘の苦労もお母さんの苦労も分かっているんだよ。」というような演技をしているのがうまいな、と思ったことと、同じくほとんど脇役に過ぎないはずの松金よね子さんのパン屋のおばちゃん演技が光っていたかな、と思う次第である。かとうかずこさん演じるお母さんは原作以上に活躍しすぎである。

 後でメイキングを観たら監督が演出をしていないことが発覚。俳優陣が勝手に演出プラン考えちゃっているのでそちらの方が面白かったな、と思ったり。監督さんは実は映画初演出だということもネットで確認してしまったから、「駄目だ、これ。」と思ってしまった。友達に一言、謝っておきます。ごめんなさい。あっ、主人公を演じていた女優さんはルックス的にはよかったので大根演技だけれど許します。

 ちなみに(一応)映画評論家の柳下毅一郎氏はこの作品じゃないけれど世間的に評判よかったらしい「Always 三丁目の夕日」を同じような感じでけなしまくっていたりする。詳細は彼の Web サイト映画評論家緊張日記の 2/17 - 3/14 の分(これを書いている時点では最新の日記となっている。)をどーぞ。

 でお茶を飲みつつ、昼に届いた DVD の確認をしてしまったりしてなんか結局は映像漬けの午後になってしまった。

 夕食の御飯を炊きあがったのを見て、またやってしまった。お米の量と水分量を間違えてしまい、何かおかゆ風の御飯になってしまった。最近特に物忘れが酷いときがある。全部が全部というわけでもないし、重要なことは結構覚えているのだが、ちょっとした日常のことがスポッと抜け落ちてしまい、いざというときに「またやってしまった。」という状態になる。困ったものである。

 

4月24日

 昨晩「そろそろ寝ようかな。」と思っていたら友人の一人から珍しく電話が来た。いつも書いている友人じゃなくて別の友人ね。後輩の精神状態が悪いと言う。何か変な感じと思いつつ 15 分ほど会話をして、次の日会社から、精神状態をチェックするサイト(つまり僕のサイトのリンク集にあるもの)の紹介をメールで入れる、ということになった。で電話を終わらしてから少し前に読んだ本をぱらぱら読み返して眠たくなったので、22 時半に寝た。

 いつものごとく朝はよく眠りが浅くなる。起きたとき憂鬱だった。「週初めから憂鬱だなー。」と思ったがよく考えたら月曜だから憂鬱で当たり前だと思いついた。ブルー・マンデーですね。食事をして薬を飲んだらまあ落ち着いてきた。

 会社に着いて早速変更した JCL のデータを見たら異常な数字が出ていて、「あれれ ??? 」となってしまった。当然ルボックスの効果が出ているからまったりした状態での「あれれ ??? 」なんだけれど。とりあえずルーチンの仕事と友人へのメールを済ましてから何がどうなっているのか調べだしたら、新しい基幹系担当者から電話がタイミングよくあり、「すいません、こちらの手違いで演算領域が足りずに演算エラーを起こしていました。」とのこと。とりあえずほっとする。昼過ぎには直って意図した通りのデータになったようなので一件落着である。

 もっとも夕方確認したら、まだおかしなところがありそうなことに気付いたのでもう少しプログラムを追っかけないといけないようだ。今まで「多分この更新日以降のファイルはおかしいだろう。」と思って、そこに特化して悪戦苦闘していたのだけれど、見込みが甘かった模様。それより前の更新ファイルも怪しいな、と思っていたりする。

 昼食後の昼寝はもう日常になってしまったのであえて書くこともないのだけれど、今日は割と寝たほうである。

 後は仕事上特筆する部分はないけれど、帰るときに Web を見ていたら、長野県で「障害者」が差別用語だから「障がい者」に標記を変えているという記事を見かけた。まさに「ご臨終メディア」で見事に指摘している内容そのものだな、と思ってしまったりする。「障害者」を「障がい者」に変えても差別だと思うぞ、と。長野県庁に「ゴラー。」しちゃおうかな。

 

4月25日

 昨晩の寝付きはとてつもなく最悪でちっとも熟睡できなかった。ふと時計に目をやると深夜 2 時。ちょっとしたことから余計な心配しだしてしまったので、寝られなくなってしまった。そういう時はどうも体も緊張しているらしい。朝起きたらいつもとは違うタイプの頭痛と、首の痛みに悩まされた。で結局その余計な心配事は杞憂に過ぎなくて、いたずらに「調子悪い。」一日にしてしまっただけだった。

 調子が悪いと言うが、やはり底は上がってきているな、と思う。思考力が何とかある感じである。ただ、その代わりに神経過敏になっている部分もあったように思う。

 課長が朝から英語のジョークみたいなことを言っていたが、他の人は英語が分からないからきょとんとしていた。僕は一瞬反応が遅れたが、ジョークのようで実は意味あることを言っている、と理解したので、ちょっとにんまり。夕方も軽く気遣ってもらったので幸いである。

 調子のよくないときは出来るだけ人と話さないようにしている。調子よくてもあまり話さないけれど。調子のよくないときは「しゃべるのがだるい。」だし、調子のいいときは仕事に集中しているから結局はあまりしゃべらない。他の人と打ち合わせするときは別として。

 午後販売子会社の担当者になるはずだった人が訪れてきた。僕のパンクしたために仕事は他人に全部振られているし、そのときの方法が事業部の元上司とか S さん、E さん辺りによって傷に塩を塗りこまれるようなやり方だったのでなんか複雑である。あまり愛想のない対応をせざるを得なかった。相手もなんか分かっているのか、「体大事にね。」と静かに言っていた。ちょうどこの辺りがテンションが一番低かった。

 もっともその後 2 - 3 人から気遣いの言葉をもらったので、またテンションが上がり出した。どこかで帳尻は取れているみたい。

 調子悪いときは定時過ぎの決まった時間に帰るようにしている。余計なストレス掛ける前にとりあえず今日は撤退して、多分今日はぐっすり眠れるだろうから明日の復活を待つ。

 

4月26日

 昨晩ぐっすり寝たので調子はよかったが、また怒りっぽくなったしまった。躁転しているのかよく分からん。社内のメンタルヘルスの意識のなさに不満を抱いていることは前に書いたと思うけれど、今日そんなことの話をしていたら、課じゃなくて部の女性陣にそっぽ向かれてしまった。それどころか一部でわざと聞こえる様に皮肉をいる奴がいるからまた気分を害していたところである。その気分を文章にすると、

いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいららいらいらいららいらいらいら(以下省略)。

 ということでいらいらしっぱなしで何もしていないかというと怒っているときはテンション上がるから、JCL のおかしなところをずっと休みもせずに睨めっこしていて一つは見つけた。でもまだおかしい。トータルでは一致しているところまで直したが、細かいところが数百万ずれている。

 他にはちょっとだけありがたいなというところもあったけれど書くことで迷惑掛けるのもなんなので書かない方がいいかな。

 で休みも取らずに仕事していたから頭痛がする。本日はこの辺で。

 

4月27日

 昨晩は頭痛がしていたぐらいなので、寝た時間も早いし、熟睡度も高かった。でも起きた時はまだ頭痛がしていたし、何か一日中残っていた。天気予報が外れて半日早く雨も降っているから、気分もどんより。通勤のバスも渋滞で時間が掛かっていた。

 通勤時間が掛かるから、いつものように Web ニュースを見ようかなと思ったら、何故か画面が消灯していて、時計が 6 時 33 分で止まったままだった。「これが噂の京ぽんバグか。」と思いながらお得意の電池外しでリセット書けたら直った。別に京ぽんじゃなくても携帯電話にバグは付き物だと思うけれどね。

 気分がどよんとしていたけれど、途中から音楽をテンション高いのに切り替えたらどよんとした感じは少なくなってきた。結構音楽の力は凄い。

 会社で職場懇談会を朝から行うと言っていたけれど、上司の都合で臨床士との面談の時間とぶつかってしまった。とりあえず最後だからと思いつつ職場懇談会は欠席して面談をしに健康管理室に出かけた。

 今日は前回とは 180 度違って穏やかに進んでしまった。臨床士がちょっと意地悪な質問の仕方をしてくるが、今日は一呼吸置いて答えたりしてみた。本当意地悪で「何で会社を辞めないんですか。」とかそういう類である。正直生体エネルギーレベルが落ちていたときは会社を辞めたかったが「辞めても体動かないしな...。」とかなり弱腰だったのだけれど、最近のいらいら感とも通じるのだけれども散々会社にいやな思いをさせられてそれで自己都合で退職で退職金もすずめの涙で先も見えないということに対して「冗談じゃない ! 」と思うようになってきたので、そのことを言ったら、「あなたの考えや、行動を直せとは言いませんし、その怒りをポジティブな方向に持っていける場所を一緒に探しましょう。」という話になってしまい、カウンセリング継続になってしまった。

 職場に戻ってきたら懇談会は終わっていなくて、結構長く行っていたようだ。何をしていたか真相は知らない。上司は「年間の方向性の説明をしていた。」と後で言っていけれど、なんか違う気はする。でも今日は久しぶりに気分がいいので、気にしないことにした。

 後はいつものルーティンワークで一日は終わった。ただ一つ何か聞こえてきた雑談の中に引っかかるものがあって、「やはり S さんに直接意見すべきかな。」と思うようになっていた。今だと冷静さを失ってしまいそうだからしないけれど、彼女は僕だけじゃなく、他の女性陣に対しても酷いことをしている。一見姉御肌のようなふりをして。「なぜ人は憎しみを抱くのか」を読んですら何となく思っていたのだけれど、聞こえてきた雑談が本当なら彼女は誰に対しても失礼な人だと思う。

 本日は特例のメンタルクリニック通院日なので定時終了後即刻医者に向かう。平日の夕方ということもあるのか、少し病院の雰囲気も違う。他の患者さんの様子を眺めていたが、何となく皆さん辛そうである。面談は例により決まった内容になっているが、さすがに 2 年近くお付き合いしているからすっかり打ち解けているなとは思ってしまう。あくまで主治医と患者という関係だけれど、話すだけで気分がほっとする。

 診察後、薬局で薬をもらっているときにちょっと医療費控除とかの話をしていたら、薬局の人が「ルボックス以外だったらジェネリック医薬品ありますよ。」と言う情報を出してくれた。今より 4 - 500 円安く出来るらしい。検討の余地、大いにありである。

 

4月28日

 ただいまようやくほっとしているところである。さっきまで疲れで眠くてしょうがなかった。何で疲れたかというと、また寝付きが悪くて、深夜 3 時ぐらいまで眠れなかったからである。雑念と、布団の暑さと、さらに胃のむかつきが眠れなくさせていたみたいで、ダウン寸前のところを何とか乗り切ったかな、といった状態である。

 朝は天気もいいから何とか空元気でいられるのだけれど、事務所の蛍光灯の中ではセレトニンの生成もないからすぐにエネルギー不足になる。ほとんど意地で仕事やっているようなものである。「冗談じゃない。」という気分がなければ、やっていられるか、というところで集中力相当欠如状態でも JCL と睨めっこしていた。その分人と話する気力は午前中はなかった。

 昼食前に上司から「パワーポイントの資料が印刷できないんだけれど。」と言われて、代わりにデータをもらったが僕の PC でも印刷できなかった。困って色々手段を考えた末に課内の共用 PC を使ったら無事印刷できたので上司に渡した。でこの資料を当然見てしまうわけだけれど、僕のいる部署のことではないが他部署の今後の方向性についての内容だった。ということは当然僕の所属する部の方向性の資料も存在するわけで、まあ何かあるのだろう。でも今回はリストラじゃなさそう。

 午後になると少しだけ眠気が抜けたので、他人と仕事の話をしたりすることは出来た。関係のあまりよくない女性陣とも少しだけだが会話をしながら仕事をした。これはもっぱら女性陣のほうが譲歩してくれたものと思っている。そういうときに意地張るのはあまりにみっともないので、複雑な感情は残っているが、ぼそぼそとしながらも一緒に仕事をしたりする。

 そんなこんなで、何とか定時を過ぎてしばらくしてから周囲に挨拶をして帰った。明日から 1 週間の休みなのでかなりの休養になるな、と思う。この 4 ヶ月間はあまりにも密度の濃い時間でもう 1 年以上過ぎたようにすら感じられる。女性の嫌らしさと優しさをものすごく体験させてもらったし、自分の精神が再び暗黒の世界に落ちかけ、ぎりぎりで踏みとどまるのも見た。自分が正気と凶器の淵の境目にいるようにも感じられるし、それをどこかで面白がっているようにも感じられる。きつすぎるが「素敵なことはまだ訪れちゃいない。」から、もうちょっと頑張るつもり。でもしばらくは休憩。

 

4月29日

 昨日寝る前に少し自分の日記をパラパラ見返して見た。とてつもなく気分のブレがあるなと思ってしまった。他人が読んだら一貫性がないよな、と自分でも思ってしまうが、自分のなかでは連続しているのである。実際書いている内容って本当のことを書いていたとしてもせいぜい 1/3 程度しか表現していないし、意図的に書きたいことを封じ込めていたりするから一貫性がなくなってしまう。でも面白いね、こういう風に自分の心境をあえて人の目に触れる場所でやってしまうというのも。

 昨日の寝不足は堪えた様で、入眠は最高の状態だった。でも朝はやっぱり時々目覚めてしまう。意識して起きた時は 7 時過ぎだったので、「ちぇ、まだ 7 時だよ。もう少し寝たいよ。」と再入眠したら 9 時近くまではしっかり寝ていた。でもテンシヨンは低いな。何か頭の中が空っぽって感じ。

 頭が空っぽだから洗濯と掃除ものんびりとしていたりするし、ご飯の買出しも時間を決めずにだらだらーとしていたりする。昨日まで頑張りすぎな反動で(やっぱり何だかんだで頑張り過ぎなのよ)、本屋もいつもは行かないフロアに行って珍しい本を読んでみたりと(要は専門書みたいなもの)、本当に何も考えていない。一番好きなぼーっとした感じかな。でもその本屋で真空管式ラジオ、アンプの組み立て方を見たときにちょっと心が揺さぶられたんだけれどね。まあ気が乗ってきたら街には出かけようかなと思っている。いつものごとく秋葉原だけれど。少し自分の原点を探しに路地裏のパーツ屋とか行こうかなと思っている。

 昼食は 2 - 3 ヶ月前に話題になっていたお店に行ってみるかな、と思って店前に行ったのだが、まだ混んでいた。そろそろ飽きが来て閑古鳥が泣いていると思ったのだが、1 時間待ちとか言われたので呆れて別のまるで昭和 30 年代がそのまま残っている定食屋でとん汁定食を食べた。とん汁定食だよ。大盛りのご飯と具が一杯のとん汁と冷や奴と沢庵。時代が止まっているとしか思えないんだけれど、これがおいしいのでよかった。

 話がちょっとずれるんだけれど、2 - 3 ヶ月前かな、AM ラジオの永六輔さんの番組で「小学校の給食で一人の児童が「いただきます。」、「ごちそうさま。」という言葉を言わないので親に学校側が話をしに行ったところ、その親が「その言葉は儒教(だったかな ? ちょっと忘れた)の教えによるものでしょ。私の家庭は儒教を信仰しておりませんからその言葉は使いません。」という話題がでて議論になっていた。」というような話を聞いた。そういう物の見方もあるのか、と考えたときに僕はどうなのか、と我が身を振り返ってみた。で僕の場合、

  • 自宅で一人で食べているときは言わない。
  • 会社の食堂でも言わない。
  • 外食したときには代金を支払う際に店員さんに「ごちそうさま」と言う。
  • 実家に帰ったら「いただきます。」も「ごちそうさま。」も言う。
  • 友人宅に招待されて食事をした後は「ごちそうさま。」と言う。

 と結構状況に応じて使い分けているな、と思う。どちらかというとおいしい料理を作ってくれた人には(それが商売であっても)、お礼の意味で使っているようなものかな。今日の定食屋のとん汁はおいしかったからちゃんと「ごちそうさま。おいしかったですよ。」なんて言っていた。

 家に戻ってきてからは洗濯物をたたんだ以外は本当に何もしていなかった。ネットは見ていたんだけれど、何か情報を積極的に探していたりということもなくて、まさに穏やかな波でサーフィンするがごとく意味なくリンクからリンクを辿るだけ。積極的になってしまうと疲れてしまうから消極的な感じである。昼寝に入らないだけマシかもしれない。入ろうかな、とも思ったんだけれど。

 夕食もさっぱり目の惣菜で済ます。「オーシャンキング」と書かれている蟹蒲鉾を食べていた。ようやくこの辺りから少し映像見ようかな、と思ってきたので「キル・ビル」を見ながらゆっくりと食事していた。今晩も早めに休もうかな。

 

4月30日

 昨晩は予定通り 23 時には就寝してしまう。寝る前に「路上」をパラパラとはめくっていたけれど、あまり真剣になっていなかった。当然ネットサーフィンも同じ。掲示板への書き込みはしなかった。

 朝は 7 時に目が覚め、やっぱりもう一度寝て 8 時過ぎに起床する。今日は少し気力が入ってきている感じである。

 天気はいいけれど、まだどこかに出かける気分じゃないので今日はいつもの週末のように映画を観るかというところに落ち着くことにした。今日は邦画だから楽なのである。

 買物ついでにいつもゲームをやっているが、今日はやけに反射神経が悪い。であっさりと負ける。うーん、頭がほおけているなー。やっぱりテンションはまだ低めだ。

 昼に蕎麦とおにぎりを食べてから映画を観る。もう何回観たか分からない「ガンヘッド」という実写のロボットが出てくる映画である。17 年も前の作品で、バブル絶頂期だから出来た企画かな、と思う。出来はとても悪ーい映画で、先日観た「 1 リットルの涙」とは対照的に舞台説明が思いっきり不足しているので(台詞でも映像でも説明しないでいきなりぽんっと話を進めてしまうという凄いことをやっている)、日本 SF 映画史上最悪の作品とまで言われちゃっているんだけれど、個人的にはところどころ光る部分が気に入っているので好きな作品。映像自体はスタイリッシュだし、気の効いた(でも外しっぱなしのような気もするけれど)台詞が満載で、それに魅力を感じている。一応輸入盤 DVD なのでレビューは書きましたよ、邦画だけれど。でもレビューを書いたら疲れた。でこの日記を書きたくなくなってしまったので、紅茶を飲んで休憩したりする。集中力高めで考えるのがいやな状態みたい。軽く考えるのはいいみたいだけれど。

 日記は書くの疲れたから軽くに留めて置くけれど、夕食もちゃんと食べたし、また今晩もだらだらしながら過ごそうかな。考えたら去年の今頃って図書館リハビリをしていたからなんかのんびりした記憶がないんだよね。その反動で今年は本当に何もしない。でも何もしないといいながら文章を書き、DVD は観ているわけだから何かはしているとも言えるね。