佐野元春 & THE COYOTE BAND 2009年夏 全国ライブハウスツアー「COYOTE」 赤坂BLITZ

2009年7月4日

 佐野元春の傑作アルバム「COYOTE」がリリースされてから 2 年が経った。前回のツアーである「SWEET SOUL,BLUE BEAT」TOURは、「COYOTE」中心のツアーではなく、がっかりした記憶があるのだが、今回、レコーディングメンバーを連れ立って、「COYOTE」のライブハウスツアーを敢行すると聞いて、心がときめいたものである。日程的に、ツアー初日の赤坂 BLITZ がちょうどよく、ネット上でのネタバレもなく、ライブが楽しめるということもあって、初日の「COYOTE」ライブに参戦することにした。チケットの争奪も激しかったようだが、整理番号の後ろのほうとはいえ、入手も出来たのでほっと一安心していたところである。

 

 会場に開場時間の 5 時 15 分に到着すると、ちょうど整理番号順に入場が始まったところであった。赤坂 BLITZ 前の広場は人であふれかえっていた。階段に座って順番が来るのを待っていた。しばらく待っていると順番が来るので、建物内に入った。入場時に 500 円を払い、ワンドリンクを購入する。喉が乾いていたので、ジンジャーエールを購入し、一気に飲んでしまった。グッズ売り場では、T シャツとかが販売されていたが、いつも買っているパンフレットは、販売されておらず、ちょっと残念だった。

 

 ホール内に入ると、既に人、人、人の山であって、位置を確保するのに苦労してしまった。何とか元春の姿が見える位置に足を落ち着かせ、開演を待っていた。場内の SE が、今回は「元春レディオショー」の放送で、ちょうど「ついやってしまう私の癖」の特集をやっていた。耳を傾けていると、開演時間を少し過ぎたところで、放送が「黄金色の天使」を放送しているところに差し掛かった。すると会場内から歓声が上がり、手拍子が始まっていた。そろそろ開演である。

 

 COYOTE バンドのメンバーが続々とステージ上に登場する。最後に佐野元春が登場し、ステージ中央に立つ。一曲目は、予想した通りの曲だった。

 

本編

  1. 星の下 路の上
  2. 荒地の何処かで
  3. 君が気高い孤独なら
  4. ヒナギク月に照らされて
  5. 裸の瞳
  6. 折れた翼
  7. 呼吸
  8. ラジオ・デイズ
  9. Us
  10. 夜空の果てまで
  11. 壊れた振り子
  12. 世界は誰の為に
  13. コヨーテ、海へ
  14. 黄金色の天使

 一曲目は、予想したとおり、「星の下 路の上」だった。「星の下 路の上」の演奏終了後、佐野元春の MC が入る。続けて、「荒地の何処かへ」と、「君が気高い孤独なら」が演奏される。最初、ベースとドラムの音が大きくて、まるで爆音のような演奏を聞かせてくれていた。その分佐野元春のボーカルがちょっと聞きづらい面もあったと思う。「荒地の何処かへ」と「君が気高い孤独なら」は、前回の「SWEET SOUL,BLUE BEAT」ツアーでも演奏されていたので、すっかりおなじみになっていた。しかし、レコーディングセッションのメンバーによる演奏は、一味違っていたと思う。「君が気高い孤独なら」の演奏終了後、佐野元春の MC が入り、「今回のツアーでは、3 トラック EP の曲も演奏します」というアナウンスがあった。おお、と思っていると演奏されたのが「ヒナギク月に照らされて」と「裸の瞳」。イントロのアレンジが変わっているので、一瞬何の曲か分からなかったぐらいである。この 2 曲はお気に入りなので、ニコニコしながら曲に聞き入っていた。「ヒナギク月に照らされて」と「裸の瞳」が終わると、バラードコーナーに突入。アルバム通りだと、「君が気高い孤独なら」の後に続くはずの「折れた翼」と「呼吸」が、このタイミングで演奏される。じっくりと聞きたい曲である。「呼吸」の演奏が終わった後 MC があり、ラジオのことについて触れた後、演奏されたのが「ラジオ・デイズ」。グループ感たっぷり演奏だったと思う。続けて「Us」が演奏される。「Us」の後は、MC で、アルバムから時間が経ってしまったお詫びと、レコーディング中、皆で歌った曲です、という言葉と共に「夜空の果てまで」が演奏された。確か、NTT DoCoMo の CM ソングになっていた曲だと思う。曲の演奏は、アルバム順通りに続き、「壊れた振り子」の演奏の後、Music United の話を少しして、「世界は誰の為に」を演奏した。そして、海の SE 音が流れる中、アルバムでもハイライトとなっている、「コヨーテ、海へ」の演奏が始まった。佐野元春は、キーボードの前に座り、弾き語り風に演奏された。じっくり聞きたい曲だと思う。そして、本編最後は、アルバム収録順でも最後である「黄金色の天使」だった。

 

アンコール 1

  1. 僕は大人になった
  2. ヤングブラッズ
  3. ダウンタウンボーイ

 アンコール前にメンバー紹介があった。ギター・深沼元昭、ベース・高桑圭、ドラム・小松シゲル、キーボード・渡辺俊介、パーカッション・大井'スパム'洋輔という若々しい面々がメンバーになっていた。その後「元春クラシックを演奏したい」という MC と共に、演奏されたのが「僕は大人になった」。結構荒々しいアレンジで、気に入ってしまった。続けて 80 年代の曲という事で、「ヤングブラッズ」と「ダウンタウンボーイ」が演奏された。どちらも好きな曲なので、ご機嫌になってしまった。3 曲の演奏がされると、再びメンバーは袖に消えた。

 

アンコール 2

  1. 約束の橋
  2. アンジェリーナ

 アンコール 2 回目は、ライブの定番曲「約束の橋」と「アンジェリーナ」で決めた。会場内もノリノリで、アンコールにふさわしい選曲だったと思う。すべての曲が終了後、メンバーが集まり、「これから 1 ヶ月ライブツアーに出かけてくる」旨の話があった。そして「これがデビュー 30 周年記念のスタート」だという話もしていたと思う。とにかく、アルバム「COYOTE」のライブでの再現は、なかなかすばらしいものであったと思う。約 2 時間のライブで、「COYOTE」が完結したと思った。