CAPSULE WAVE RUNNER RELEASE LIVE DRUM LOGOS

2015年5月15日

 Perfumeの楽曲からたどり着いたのが、CAPSULEである。アルバムは「more more more」あたりから発売日に買っているが、これまでライブには行ったことがなかった。CAPSULEの場合、全国ツアーとかはなくて、クラブで深夜に新曲を披露するという形式がいつものパターンで、夜更かしが苦手な僕にしたら、とてもじゃないが行けない、というのが実態だった。しかし、今回ニューアルバム「WAVE RUNNER」のリリースに合わせ、初めてワンマンの全国ツアーを行うと聞き、「じゃあ、行ってみるか」とチケットを確保した。週末の夜7時からの開演なので、十分楽しめると思った。

 

 会場であるDRUM LOGOSは、名前は聞いたことが何回もあるが、行ったことはなかった。6時過ぎに会場に着くと、すでに入場は始まっていたが、チケットの整理番号は全く関係ない様子で、並んだ順に入場できた。オールスタンディングの形式なので、コインロッカーに荷物を預け、真ん中辺りの位値を確保して、開演を待った。会場はライブハウスということもあって、かなり狭い。その分ステージも近くて、よく見えそうだった。

 

 開演前のBGMは、最初は中田ヤスタカプロデュースの曲を流していたが、6時半ぐらいから、なぜかテレビドラマ「サンダーバード」のテーマ曲が延々と繰り返し流された。なんか意味あるのかなと思いながら、BGMを聞いていた。

 

 開演は7時を12分押して始まった。会場の観客がゆとりを持って立ち位置を確保した結果、ぎりぎりで入場した人たちが、フロアに入れないという事態があり、スタッフが、会場整理をかけたためである。そのせいで他人との密着度が高くなり、少々きつくなった。

 

 最初不協和音の感じのするSEが流れ、それから「Wave Runner」が流れ、ライブはスタートした。

 

本編

  1. Wave Runner
  2. Another World
  3. more more more
  4. OPEN THE GATE
  5. WORLD OF FANTASY
  6. Dreamin' Boy
  7. JUMPER
  8. SPACE
  9. Stay with You
  10. White As Snow
  11. Hero
  12. Dancing Planet
  13. Transparent
  14. In The Rain
  15. Beyond The Sky
  16. FLASH BACK
  17. Love or Lies
  18. Starry Sky
  19. PRIME TIME
  20. Feel Again

 元々クラブでのライブを想定した音作りのため、スピーカーからの音圧は、かなり高い。最初にアルバム「WAVE RUNNER」から2曲続き、そこから過去曲に展開する流れだった。「more more more」も意外に感じたが、「OPEN THE GATE〜WORLD OF FANTASY」の流れには結構タイトなリズム感を感じた。

 

 曲は再び「WAVE RUNNER」からの曲に戻り、縦ノリの曲「JUMPER」へと移行する。この辺はテンポが速く、リズム感を重視している感があった。

 

 一旦中田ヤスタカとこしじまとしこはステージ上を去り、その間に中田ヤスタカ自身が「ライブでは演奏しない」と明言していた「CAPS LOCK」から「SPACE」が、BGM的に流れた。ステージ後ろの画面には映像が流れ、DRUM LOGOSの緯度と経度が表示されるという仕掛けもあった。

 

 再びステージに戻った二人は、これも意外に感じた「Stay with You」を演奏する。ここまでの流れからちょっとテンポが違い、一旦カーム・ダウンさせる感触を持った。そしてその後は「WAVE RUNNER」から3曲続く。アルバム自身がかなりダンサブルなので、「White As Snow」〜「Dancing Planet」の流れは、リズム感を感じた。

 

 続いて「STEREO WORXXX」から2曲を披露。特に「In The Rain」は、個人的に好きな曲なので、ノリにノッていた。

 

 「Beyond The Sky」で、二人は再びステージを去り、BGM的に曲が流れる。この後は、ライブ終盤ということで、かなりノリのいい曲が立て続けに演奏される。ただ、「Love or Lies」はちょっと雰囲気は違ったと思う。これまた個人的に好きな「Starry Sky」と「Prime Time」が演奏されたのは、好感触である。「Prime Time」は、以前YouTubeでWOWOWのライブ映像を見たことがあるが、こしじまとしこの振り付けがそれと同じなので、楽しんでしまった。

 

 ライブ本編は、「Feel Again」で締めを決めた。ここまでMCはなかったが、曲が終わると、御礼があって、二人はステージを去った。

 

アンコール

  1. Sugarless GiRL

 アンコールの声に押され、再び二人はステージ上に現れる。こしじまとしこがライブに来てくれたことに御礼を伝え、中田ヤスタカにマイクを向けるが、中田ヤスタカは喋らず。で、このライブの後、クラブでまたイベント出演だそうである。そして、「甘くないCPASULEを歌う」と語って、最後の曲「Sugarless Girl」を歌った。

 

 ライブ自身は1時間40分ぐらいのショーだったと思うが、元々ダンスをするための曲が多いので、かなり疲れるライブである。また、観客が手を振り上げ、リズムを取るので正直、ステージが見づらい場面も多々あった。それでも、大音量でリズム感バッチリの曲を聴け、音楽を楽しめたのはいいことだと思う。