土岐麻子 in フードクライマックス 肉フェスvs餃子フェス ヤフオク!ドーム

2016年9月4日

 今年の春に佐野元春のラジオで土岐麻子を知ってから、ベスト盤のCDと、最新アルバム「Bittersweet」を買って、聞いていた僕は、たまたま地下鉄の広告ポスターでヤフオク!ドームで「フードクライマックス 肉フェスvs餃子フェス」が開催されることを知り、インターネットで調べていたら、最終日の日曜日に土岐麻子がミニライブを行う、と知って、見に行ってみようかな、と思った。

 

 ただ、天気は台風12号が接近中ということで、ちょっと躊躇してもいた。当日、朝起きると、曇天ではあるが、台風の影響はまだ少ないと判断して、ヤフオク!ドームまで出かけて行った。

 

 土岐麻子のステージは11時からということで、ヤフオク!ドームに30分前に着くように時間調整をしていった。まだ朝のうちということもあってか、客も少ない。ステージで待っている客も、土岐麻子目当てなのか、別のアイドル目当てなのか、よく判別はし難かった。

 

 11時にヤフオク!ドームのMCの人がアナウンスをして、土岐麻子と、バックバンドの人たちが出てきた。バックバンドと言っても、ギターとキーボードのみ。ギターはKIRINJIの弓木英梨乃で、キーボードは佐野元春のサポートでおなじみ、Schroeder-Headzの渡辺シュンスケだった。

 

本編

  1. 曲名不明
  2. BOYフロム世田谷
  3. How Beautiful(4拍子バージョン)
  4. おてもやん
  5. Beautiful Day
  6. Gift ~あなたはマドンナ~

 1曲目は、知らない曲だった。だが、曲の感じはいい。「肉フェス」に来たことを感謝し、ステージが終わったら、肉を食べたい、というような話をしていた。

 

 2曲目は「東京の曲ですが」と話して、「BOYフロム世田谷」を演奏する。その後、「普段は3拍子のバラードなんですが、肉フェスに合わせて、アレンジを変えました」と、4拍子バージョンの「How Beautiful」を歌った。

 

 ギターの弓木英梨乃とキーボードの渡辺シュンスケに「肉と餃子、どちらが好き?」と土岐麻子が聞くと、どちらも「肉が好き」と答えていて、笑いを誘っていた。渡辺シュンスケは、「ご飯に合うのは肉ですね」とまで言い放って、楽しそうにしていた。

 

 「おてもやん」を挟んで、「Beautiful Day」を演奏。自身のライブスケジュールの紹介と、サポートの二人のスケジュールも紹介するという宣伝が入っていた。渡辺シュンスケは、翌週末に開催される「中洲ジャス」の紹介もしていた。

 

 最後の曲はTV CMでおなじみの「Gift」。約40分のステージだったが、土岐麻子のライブ初心者の僕としては、十分に楽しめたライブになった。