Schroeder-Headz One-Man Live 2017 ROOMS

2017年11月26日

 2016年と2017年の中洲ジャズにて、Schroeder-Headzのライブは見ている。しかし、中洲ジャズはイベントなので、各アーティストの演奏時間は短い。2017年の中洲ジャズでSchroeder-Headzのライブを見たとき、11月にワンマンライブを福岡で開催されるという話を聞いた。それでプレイガイドを確認すると、若干のチケットが余っていた。それでプレイガイドでチケットを購入し、開催日を待った。

 当日、開場30分前に公演会場であるROOMSというところに着いた。大名の中というところで、どこかと思っていたら、2017年の2月にコトリンゴのライブを見に行ったHABITの上のフロアがROOMSだった。行列を作っている観客の男女比は2:8で圧倒的に女性が多い。少し居心地が悪くなる。

 16:20から整理番号順に列を並ばされ、16:30定時に開場した。僕は後方の方だったが、なんとか座席に着くことはできた。観客は150名程度だったが、全員に座席は用意されておらず、入場が後の方の人は、必然的にスタンディングでの鑑賞になってしまった。席も自由席なので、空いている後方の席を確保するのがやっとだった。

 17:05にメンバーがステージに上がり、演奏が始まった。最初の2曲はなんと新曲だったが、曲の説明はなしだった。(2018年1月23日追記:ニューアルバム「ハルシュラ」にて新曲の曲名わかりましたので、修正しています。)

本編

  1. ハルシュラ(新曲)
  2. Northern Lights(新曲)
  3. Sketch of Leaves
  4. A Cat and Vagabond
  5. no sign
  6. T.V.G.
  7. All About Extra(オマケの人生)(新曲)
  8. Seeds(新曲)
  9. Follow Me
  10. Hype
  11. Sleepin' Bird
  12. Absence of Absolutes
  13. Blue Bird
  14. Linus and Lucy
  15. Surface

 新曲「ハルシュラ」の後に「今晩は。Schroeder-Headzです。」と挨拶しながら次の新曲「Northern Lights」を演奏していた。「Sketch of Leaves」では途中で早くもメンバー紹介。ドラムは鈴木浩之、ベースは玉木正太郎という中洲ジャズと同じ面々だった。「Sketch of Leaves」の後にMCで「福岡来れて嬉しいです。中洲ジャズで毎年訪れているし、福岡の人たちはお祭り好きな人たちです」などと話ししていた。4曲目はアルバム「特異点」から、「A Cat and vagabond」を演奏し、続けて「no sign」へとなだれ込む。そして間髪入れずに「T.V.G.」へと演奏は続く。

 「T.V.G.」の後はMCが入る。「東京より福岡は暖かいが、寒い方ですかね?」などと笑いを取る。「中洲ジャズの後、レコーディングをしていて、アルバムが来年1月に出ます」という発言をし、会場を沸かせる。「今日はアルバム全曲演奏しようかなと思ったが、スタッフがアルバム出てからの方がいいですよ、と言われているので、何曲かだけにします」とまた笑い。最初の新曲は四季を感じさせるもので、最初は秋か2月ぐらいのイメージとか。「オマケの人生」というサブタイトルがついているのが面白い。

 「All About Extra」の演奏後は、またMC。「僕は映画で脇役の人の方が気をとられる」という話をして、笑いを取る。それから、次の新曲の説明をする。5月のイメージで「Seeds」という。ナスを1日乾かして食べると美味しいとか笑いを取り、この曲ではベースの玉木正太郎が、口笛で参加しているという話をする。渡辺シュンスケが口笛を吹いて、また笑いを取った。

 新曲の「Seeds」を演奏した後、「Follow Me」に続いた。間髪入れずに「Hype」。その後言葉をかぶせる「Sleepin' Bird」を演奏して、会場が盛り上がる。続けて「Absence of Absolutes」。曲が終わって、バンドのメンバー紹介をする。MCで「後半戦というか終わりが近づいている。」と話した後「中洲ジャズは来年は3回出たい」と話をする。

 MCに続いては「Blue Bird」。勢いで次は「Linus and Lucy」。これはカバー曲だが、Schroeder-Headzのトレードマークみたいな曲である。そして、本編最後の曲は「Surface」だった。

アンコール

  1. 手紙が届けてくれたもの
  2. Newdays

アンコールに応えて、渡辺シュンスケが一人で登場、ツアーグッズの紹介をして、笑いを取っていた。アンコールの1曲目は、渡辺シュンスケの初映画参加作品である「ハローグッバイ」の主題歌。今回はピアノソロで演奏してくれた。MCで「そろそろ役者に転向か」とか、映画にまつわる話をしばらくしていた。「俺は坂本龍一か」という発言まで飛びだす始末。DVDも近々発売されるようである。アンコールの最後はデビュー曲「Newdays」をバンドで演奏。1時間40分の演奏時間を終えた。