Suchmos TOUR FIRST CHOICE LAST STANCE 福岡DRUM LOGOS

2017年10月15日

 Suchmosという若手バンドを知ったのは、ラジオからだったと思う。Suchmosのファーストアルバム「THE BAY」から「YMM」が流れていて、それで気になったのである。その後、アルバムを買い、シングルも買って、曲を聴きこむようになった。気がつくと、ライブ情報も集めていたが、その時にはすでにチケットは完売していた。人気急上昇中のバンドで、チケットを取るのが困難だったのである。

 2017年の7月にシングル「FIRST CHICE LAST STANCE」が発売されたので、当然購入したところ、封入特典として、全国ツアーのチケット先行抽選予約のためのシリアルナンバーが書かれた用紙が入っていた。物は試しにと、プレイガイドの専用窓口でシリアルナンバーを入力し、必要事項を入力して応募したら、なんと当選してしまい、チケットが確保できてしまった。それで、初Suchmosを体感することになった。

 ライブの日当日は、一日中雨だった。会場は、福岡屈指のライブハウス、DRUM LOGOS。かつて、CAPSULEのライブでも訪れたことがある。ライブは15日と16日の2日間開催されるが、チケットは完売状態だった。開場時間は17時だったが、16時40分ぐらいにDRUM LOGOSに向かうと、すでに開場を待っている多くのファンがいた。16時45分ぐらいから、整理番号順に列を作らされる。僕は比較的若い番号だったので、列も比較的前の方だった。17時から開場。今回は転売屋対策だと思うが、基本電子チケットでの入場になっていた。スマートフォンに専用アプリを入れ、その中でチケットを発券し、チケットのもぎ取りも、専用アプリの操作で行うというものである。電子チケットでの入場後には、紙のチケットも配布された。これは、ドリンクの購入証明になっていた。

 DRUM LOGOSの収納人数は、多分500人ぐらいだと思うが、会場は若い人で溢れていた。かといって、若い人だけでもない。親子連れもいたり、どう見ても40代だろうと思える女性の姿もあった。男女比は大体半々かなと思う。意外と幅広い世代に受け入れられているという印象を受けた。

 開演時間を10分過ぎた18時10分からライブは開始。インスト曲「S.G.S」をBGMにメンバーがステージに出てきた。そして本編が始まった。

本編

  1. S.G.S
  2. A.G.I.T.
  3. YMM
  4. PINKVIBES
  5. Burn
  6. WIPER
  7. STAY TUNE
  8. FREEDOM?(新曲)
  9. Pacific
  10. MINT
  11. 新曲
  12. Miree
  13. TABACCO
  14. FACE
  15. SNOOZE
  16. DUMBO
  17. GAGA

 1曲目は、アルバム「THE KIDS」から「A.G.I.T。」を演奏、続けて、「福岡、Come On」との呼び声とともに「YMM」を演奏した。「YMM」終了後、MCが入り、「福岡、ノリノリ」とか、「VIBESを持って帰ってほしい」と話しした後、「PINKVIBES」を演奏した。曲の途中で「福岡ー」と煽る場面もあった。

 イントロの違う「Burn」を演奏、かなりアレンジが施されていた。TOURタイトルであるシングル曲から「WIPER」を演奏後、代表曲「STAY TUNE」を演奏した。その後、なんと新曲を演奏、タイトルは「FREEDOM」で正しいのか自信はないが、そう聞こえた。曲の後半で、別の曲に思える変調もあり、興味深かった。

 新曲終了後、MCがあり、「雨だねー、でも雨が好きなんだ」という話をしてから、波の音をBGMにしながら、「地元の歌です」として紹介されたのが「Pacific」だった。オリジナルよりテンポの遅い感じのアレンジが施されていた。間髪入れずに「MINT」へ移行。そして、2曲目の新曲が演奏された。タイトルは聞き漏らしたが、シングル「FIRST CHOICE LAST STANCE」のSecret Trackとして入っていた曲をきちんと仕上げたものになっていた。

 「Miree」との掛け声とともに「Miree」を演奏。「福岡ー」とか「明太子、好きだよ」、「ニコチンが好きだよ」というMCとともに、「TABACOO」を演奏した。「福岡2Daysは初めてではないでしょうか」とか「チケット取るの大変でしたでしょう」とMCを入れた後、ドラムソロが始まり、続けて「FACE」を演奏した。その後、「SNOOZE」を演奏。間髪入れずに「DUMBO」に移行した。

 キーボードをフィーチーャーしたイントロから「GAGA」を演奏、「クライマックス」と発声した。かなり長い演奏で、グルーヴ感が出ていた。「GAGA」で本編は終了し、アンコールへと続いていた。

アンコール

  1. FRUITS(新曲)
  2. Alright
  3. OVERSTAND

 MCで「福岡でちゃんとライブできるのは約半年ぶりで嬉しいです」と話しして、「3曲アンコールを演奏します」と話しした後、新曲「FRUITS」を演奏した。次の曲に行くときに「福岡 be Alright」と叫んで、「Alright」を演奏した。「福岡、グルーヴいいんだね」、「なんでか知っている?」という話をした後、最後の曲「OVERSTAND」でライブを締めくくった。

 ライブが終わったのは20時10分。たっぷり2時間のライブだった。ライブバントとしてどうかに興味があったが、どの曲も結構アレンジが施されていて、曲によっては「最初、なんの曲だっけ?」と戸惑うぐらいの場面もあった。そういう意味では、バンドサウンドが前面に出ているライブだったと思う。開場時間からずっと立ちづくめで足が悲鳴をあげていたが、ライブ自体はかなり楽しかった。何より、新曲を3曲も演奏したことに驚きと、得した気分になっていた。