韓国ソウル・板門店ツアー2012年最終日/帰国

2012年5月3日

 最終日は10時25分旅行会社のバンがピックアップということだったので、少しゆっくり寝ているかと思ったが、やはり6時半に起床。食事をしに人のいない明洞にでた。昨日の焼肉とお酒が残っていて食欲がない。で韓国料理を食べる気がなく、お手軽にロッテリアでハンバーガーとコーヒーをとった。ロッテリアは当然あの有名なロッテ財閥の参加の企業の一つで、今ひとつ知名度の低い日本と違って、韓国では幅を利かせている。さすがに朝7時半ぐらいだと人もあまりおらずにゆったりとハンバーガーを食べた。

 

 ホテルに戻ってからは出発までiPhoneでネットを見ていた。今回iPhoneを持っていったのは、レンタルポケットWi-Fiで格安の料金でネットを閲覧したり書き込みをしたりすることと、緊急時の連絡先としての機能を見通してのことだったが、結構活用していた。GPS搭載しているからマップで自分の居場所を確認できるし、SNSで旅行の様子を都度レポートしたり、当然のことだが写真撮影に使ったりフル活用していた。

 

 10時25分ちょうどにピックアップ。僕のいたニューオリエンタルホテルを発った後別のホテルに寄って他の客をピックアップし、まずお土産物屋に寄った。当然ツアーのコストの中に含まれているので、店としては何か買って欲しいところだろう。僕としては今回殆どお土産は買わなかったが、会社の人用にマッコリのチョコレートだけは押さえていた。お土産買わなかったのは荷物になるという気持ちと、食べ物やお茶などでもあまり消費しないだろうという気持ちがあったからである。でチョコだけ買ってそこは終わらせていた。

 

 12時に仁川空港に到着、まずチケットを発券してもらう。その後レンタルポケットWi-Fiを返却しに行き、お腹は空いていないが、昼食を取る。最後の韓国料理ということで冷麺を頼んだ。値段が17000ウォンと高いなと思ったら、冷麺だけでなく小鉢にお粥が出てきたり、小さい皿に焼肉がついてきたり、最後にゆず茶が出たりといたれりつくせり。やっぱり満足してしまった。

 食後もうウォンは使わないと思って両替窓口で両替をする。少しウォンが余ってしまい、2200ウォンだけ手元に戻ってきたが、マクドナルドのコーヒーで2000ウォンを強引に消費したので、200ウォンが手元にある。これは姪へのプレゼントにすればいいかなと思う。

 

 両替も終わり、出国手続きをする。身体検査で何故かビープ音が鳴り、精密検査を受ける羽目になった。多分ジーンズの金具が反応していると思う。ちょっと困ったが。そして搭乗口で1時間強待っていた。ここでもインターネット大国韓国の面目躍如。フリーの無線LANが張り巡らされているので、Wi-Fi接続をしインターネットを閲覧していた。

 

 14時25分に飛行機は無事離陸。約1時間強であっという間に福岡に着く。機内ではやはり軽食が出て、もうお腹いっぱいだと思いながらやっぱり出されたものは残らず食べるという性格から全て食べてしまった。

 

 今回の旅行中ソウルは天気がまずまずで、気候もずっと夏日を越していたが、福岡帰ってくると、どんより曇り空。気温も10度近く低くてなんかびっくりしてしまう。すべて手荷物で機内持ち込みにしたので入国審査も簡単にパスし、無事日本に入国。また国際線ターミナルからバスに乗って国内線ターミナルに戻り、地下鉄に乗って家に戻った。