BATMAN(輸入盤DVD)

邦題:バットマン

基本データ

BATMAN DVDジャケット
  • レーベル:WARNER HOME VIDEO
  • 制作年度:1989年
  • 上演時間:126分
  • 監督:ティム・バートン
  • 出演:ジャック・ニコルソン、マイケル・キートン、キム・ベイシンガー
  • 画面:1.85:1/アナモルフィック
  • 音声:DTS 5.1ch 英語 / DOLBY DIGITAL 5.1ch 英語、フランス語
  • 字幕:英語、フランス語、スペイン語

あらすじ

 犯罪の街、ゴッサム・シティでは、謎のミスター自警団、バットマンの話題で持ちきりだった。警察もその実態をつかめずにいた。そんな折、犯罪組織のナンバー 2、ジャックがトップのグリッソムの罠にはまり、警察に追われる羽目になる。そこで、バットマンと遭遇した彼は、廃液の中に落とされ、ジョーカーとして復活し、ゴッサム・シティを混乱の渦に叩き込む。バットマンは、ジョカーと対峙し、戦いを挑んでいく。

感想

 1989 年に公開されるや、大ヒットを記録し、当時の興行収入を次々と塗り替えていったのが、この「バットマン」です。今回のストーリーは、ティム・バートンが初めて手がける大作映画であり、プレッシャーの中で完成させた作品となっています。

 

 今作は、バットマンが初めから悪党退治をしているものの、警察や、マスコミからは正義の味方だとは認知されていないというところがその特徴となっています。あまり深くは描かれませんが、バットマンの活躍に警察も困惑している様子が描かれています。

 

 組織のナンバー 2 であるジャックは、ボスの裏切りにあい、警察に取り囲まれますが、何とか逃れようとしていきます。しかし、バットマンの活躍により、廃液の中に叩き込まれ、一命を取り留めるものの、すっかり容貌が変化してしまい、ジョーカーと名乗ることになります。ジョーカーになったジャックは、元々持っていた精神異常者気質を存分に発揮し、ゴッサム・シティを恐怖のどん底に叩き込みます。

 

 ジョカーを生み出したのはバットマンですが、その宿命を悟ったのか、バットマンはジョーカーの退治に全精力をかけることになります。そして、ブルース・ウェインを愛しているビッキー・ベイルをめぐっての壮絶な争いに発展していくことになります。

 

 バットマン=ブルース・ウェインと、ジョーカーの対決は、ビッキー・ベイルをめぐっての戦いだということも出来ます。物語中盤から、後半にかけて、彼女をめぐってこの両者は対決をしていくことになっています。どちらも一般市民からしたら、少々精神異常の気があるといえる二人ですが、この両名が己の信念に従って戦いを繰り広げられていくところは見所の一つだと思います。

 

 バットマンを生み出したのは、ジャックですが、ジョーカーはバットマンによって生み出されるという運命のめぐり合わせが、この両者には存在しています。そこにビッキー・ベイルという存在が絡んでくるところが、物語の肝だと思います。

 

 ビッキー・ベイルに愛されているブルース・ウェインは、自分がバットマンだということを告げようとしますが、告げることが出来ずに苦悩します。彼の心は、少年時代に彼の両親をジャックによって殺されたというトラウマに捕らわれており、それがバットマンという闇のヒーローを生み出す原動力になっているからです。

 

 ジョーカーは精神異常者気質を存分に発揮して、ゴッサム・シティを毒ガス攻撃しますが、彼の犯罪というのがギャグそのものになっているところが、人気の元だろうと思います。

 

 戦闘シーンは、バットマンが人であることを表すためか、拳銃で撃たれると倒れてしまったり、傷付いたりと、随所にスーパーヒーローらしくないシーンが挿入されています。バットマンが使うガジェットや、ジョーカーの使う毒ガス、毒物攻撃などは、笑ってしまうギャグだと思って間違いないでしょう。

 

 画質は暗いシーンが多く、昼間のシーンも曇り空という徹底振りです。シーンによっては、ソフトフォーカス気味のところも散見されますが、全般的にクリアな画質だといえるでしょう。音響は、DTS 5.1ch を 2ch ステレオで鑑賞しましたが、1989 年当時のナローバンドっぽいサウンドデザインが立体音響で楽しむことが出来ます。

 

2008年8月30日