THE BIG BOSS(輸入盤Blu-ray)

邦題:ドラゴン危機一発

基本データ

BRUCE LEE PREMIERE COLLECTION Blu-rayジャケット
  • レーベル:SHOUT! FACTORY
  • 制作年度:1971年
  • 上演時間:100分
  • 監督:ロー・ウェイ
  • 出演:ブルース・リー、マリア・イー、ジェームズ・ティエン
  • 画面:2.35:1/アナモルフィック
  • 音声:DOLBY DIGITAL 2.0ch 北京語、広東語、英語 / dts-HD MA 5.1ch 北京語、英語
  • 字幕:英語

あらすじ

 チェンは、叔父の知り合いであるシューを頼って、製氷工場で働き始める。シューの仲間たちは、チェンを快く受け入れ、すぐに親しくなる。シューは、その頃仕事仲間が失踪する事件を解決するため、工場長やその上司に掛け合うが、解決しなかった。それどころか、製氷工場を盾にしてヘロインの密輸をしていたことが発覚すると、シューたちの命も狙われる。シューたちは、失踪してしまい、チェンはその事実から次第に事件に巻き込まれていく。チェンは、母と「争いに関わらない」という誓いを立てていたが、シューが殺されていることがわかると、彼らの弔いのために、敵と戦う決意をする。

感想

 ブルース・リーの第一回主演作品が、この「ドラゴン危機一発」です。既に輸入盤DVDでこの映画を鑑賞していますが、今回改めてBlu-rayでリリースされたバージョンを入手しましたので、鑑賞し直しています。

 まず映画の感想の前にスペックについて触れたいと思うのですが、レーザーディスク及びDVD時代のブルース・リーの映画は20世紀フォクスが版権を持っていて、音声は英語バージョンがデフォルトになっていました。今回のBlu-rayでは、版権が変わってしまい、SHOUT! FACTORYという会社がリリースしています。その関係もあるのか、デフォルトの音声は北京語になっています。もちろん英語の吹き替えも入っていますが、この映画が制作された1971年は、香港映画は北京語がデフォルトだったということですので、オリジナルにより近くなってのリリースになっていると思います。

 映画は前半と後半で主役が変わる、という構成になっています。もともとジェームズ・ティエンが主役の予定で撮影されていたものの、ブルース・リーのカンフー・アクションのキレが良かったので、彼が主役に書き換えられています。なので、前半はジェームズ・ティエン扮するシューが活躍をするシーンが多いものの、途中で表舞台から姿を消し、後半はブルース・リー扮するチェンが活躍をするようになります。

 ブルース・リーのカンフー・アクションは、他の映画とは違い、怪鳥音が聞こえない映画になっていますが、それでも彼のアクション・シーケンスはキレがあり、見ていて爽快感を感じます。ただ、この映画を見ていて思うのは、結構血糊が多い映画だな、というところでもあります。その辺が妙に印象に残るところではあります。武器もナイフが多く、敵・味方問わず、ナイフで傷つけられて、血を吹き出すシーンが多いです。

 物語の設定としては、製氷工場を舞台にヘロインの密輸をしている悪のボスを相手に、切れたチェンがボスと戦うまでの展開になっていますが、物語自体は単純な構成になっています。なので、北京語音声に英語字幕でも話の筋は十分に追えるという内容になっています。

 コメディシーンもいくつかあり、全般的に楽しい映画になっていると言えるかと思います。ただ、撮影地がタイであったためか、登場キャラにタイ人が多く、その辺が香港映画としては、若干違和感を感じるかな、と思います。

 映像は、解像度はあまり芳しくない感じを出していますが、ノイズや色乗り等では不満がなく、1971年の映画としては、妥当とも言える色彩をしています。音響はdts-HD MA 5.1ch 北京語で鑑賞しましたが、5.1chのサラウンドをフルに活用しているとは言えない状況です。時折サラウンドチャンネルも音を出してはいますが、基本的にモノラル音声に近く、ハイレゾ音源であるという以外の利得はないです。また、音声自体のHi-Fi度もそんなには高くないです。

 なお、この作品は、単独でリリースされたBlu-rayではなく、「THE BRUCE LEE PREMIERE COLLECTION」というセット販売されたディスクの一つになっています。2016年の年末には、4Kスキャンされたリニューアル版も単独リリースされていますが、一部特典が追加になったほかは、内容は同じようです。

2017年5月28日