Coraline(輸入盤DVD/輸入盤Blu-ray 3D)

邦題:コララインとボタンの魔女

基本データ

Coraline DVDジャケット
  • レーベル(DVD):UNIVERSAL STUDIOS HOME ENTERTAINMENT
  • レーベル(Blu-ray): ALLIANCE FILM INC.
  • 制作年度:2009年
  • 上演時間:101分
  • 監督:ヘンリー・セレック
  • 声の出演:ダコタ・ファニング、テリ・ハッチャー、ジェニファー・ソーンダース
  • 画面:1.85:1/アナモルフィック
  • 音声(DVD):DOLBY DIGITAL 5.1ch 英語、スペイン語、フランス語
  • 音声(Blu-ray):dts-HD MA 5.1ch 英語 / dts 5.1ch スペイン語、フランス語
  • 字幕:英語、スペイン語、フランス語

 

あらすじ

 田舎に引越しをしてきたコララインは、仕事で忙しい両親に相手にされず、機嫌を損ねる。引越しをした家で、壁に設置された小さなドアを発見したコララインは、夜、そのドアを通り抜けて別の世界に迷い込む。そこでボタンが目になっている両親と出会い、その優しさに心惹かれるコララインであったが、母親は魔女で、コララインを物にしようと狙っていた...。

DVD盤鑑賞後の感想

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」や「ジャイアント・ピーチ」などのストップ・モーション・アニメの第一人者であるヘンリー・セレックが、児童文学を映画化した作品がこの「コララインとボタンの魔女」です。

 

CG アニメ全盛の時代に人形を一コマ一コマ動かしていくストップ・モーション・アニメは、なかなかの新鮮さを感じさせるものがあります。手がかかっているせいで、主人公のコララインの表情も豊かで、観ていてそのリアルさに驚かされます。

 

物語は、少女が別世界の中で魔女の罠から逃れて、そして反撃をしていくという展開ですが、ありふれたストーリーの中で、人形による映像化が独特の世界観を構築していきます。

 

また独特の世界観を出している一つに 3D 映像が挙げられます。映画館では売り物の一つになっている 3D 映像ですが、この DVD も色調は失われるものの、TRIOSCOPICS LP というマジェンダと緑でフィルターを掛けられた映像が映像に 3D 独特の立体感を与えてくれます。当然カラーフィルターをつけられた眼鏡をつけての鑑賞となるわけです。

 

コララインは、活発な少女ですが、最初は両親に相手にされずに孤独な思いをしています。彼女が知り合う隣人達も、彼女のことを「コラライン」と呼べずに「キャロライン」と呼んでいることからも不満を持っています。その彼女が別の次元に通じるドアを通って、ボタンが目になっている両親に出会い、その優しさに心のとろけるような体験を味わいます。

 

しかし、別の母親が実はコララインが獲物で、彼女達の仲間になることを望んでいることを知り、コララインは、逃げ出します。逃げてはみたものの、実の両親が囚われの身になっていることを知り、両親を救出すべく、魔女に立ち向かっていくことになるわけです。

 

別の次元の映像は大変独特で、幻想的な映像を与えてくれますが、後半コララインが反撃をすると、幻想的な映像が壊れ、モノクロの映像になっていきます。これがまた印象深く、別の次元の真の世界観を構築するのに一役買っているものと思われます。

 

登場人物たちも個性的で、コララインを助けることになる少年ワイビーや、奇妙な隣人ボビンスキーなど、印象的なキャラクターが登場してくるのも物語に深みを与えてくれます。

 

物語前半は、両親との確執を描いているせいか、テンポが悪いと感じるところもあるのですが、後半魔女が本性を出してくるあたりから、展開が面白くなって、テンポが良くなってくるような気がします。

 

映像は、前述のように 3D のモノクロ映像で見たせいか、あまり画質について述べることはできないのですが、基本的には鮮明で、要所要所で立体感を感じさせる映像になっています。モノクロといいましたが、コララインの着ている上着の色は黄色に見えるなど、カラーと感じるところもあります。音響は作り物の立体音響という感じはするのですが、それなりに音が回り込み、ストーリーをサポートしています。

 

2010年2月28日

Blu-ray盤鑑賞後の感想

改めて、Blu-rayの3D対応盤を購入しましたので、それを鑑賞しての感想を少し書きたいと思います。

 

物語はコララインという少女が、魔法のドアを開けて、別の世界に迷い込み、その世界でのボタンの目をした母親と父親に愛されるものの、自分がその仲間にされかけ、ボタンの目にされそうになり、逃げ出したものの、元の世界に戻れずに、自身で蜘蛛のような魔女の母親と対峙するというのが物語の展開です。

 

コララインの現実の世界では、どんよりした雰囲気の色合いをしていて、コララインが世界に不満を持っているという意図を持っていますが、別の世界ではカラフルな色合いで、コララインが不満を解消されそうになるという色合いをしています。

 

しかし、その別の世界では、実は魔法の世界で、魔女がコララインを自分のものにしようと企んでいるという裏があります。それと戦って、かつ囚われた実の両親と、死んでしまった子供たちの魂を解放するために、コララインが奮闘するというストーリーは、なかなか面白いと思います。

 

DVD盤で鑑賞した時には、赤青のモノクロ3Dで鑑賞したために、色による立体感は感じられなかったのですが、Blu-rayはカラーの3Dですので、色合いがはっきりしていて、コララインが体験する魔法の世界をカラフルに描いています。特にDVD盤でも言及しましたが、最後の魔女とコララインの戦いでは、コララインが勝つごとに、カラフルな色彩が、真っ白な画面になり、世界が崩壊して行く様がきちんと表されていると思います。

 

そして、コララインを取り巻く両親や隣人などのキャラが、なかなかインパクトあるために、魔法の世界でそのコピーが登場すると、どういう立ち位置にあるかということが物語に面白さを吹き込んでいると思います。物語最後は、大団円になるのですが、そこで隣人たち一同が集結するのは、いい感じかなと思います。

 

DVD盤で見たときには、前半テンポが悪いと書いていますが、今回再見したときには、その辺りがキャラの動機付けにきちんと描かれているので、物語として必要と感じました。

 

画質ですが、Blu-ray 3Dの映像は、多少暗いと感じるものの、モノトーンの現実の世界と、カラフルな魔法の世界を綺麗に描き分けていると思います。また3D効果も抜群で、映画の奥行き感、立体感は見事なものがあります。音響はdts-HD MA 5.1chですが、かなりサラウンドに音を振っている感触はあります。映像の3D効果をさらに強化するために、誇張されたサラウンドをしていて、これが抜群の面白さを醸し出しています。

 

なお、Blu-ray 3D盤は、アメリカ盤ではなく、カナダ盤です。カナダの映画のディストリビューターであります、ALLIANCE FILMS INC.がBlu-rayをリリースしています。ただ、内容的にはユニヴァーサル盤と同等の内容のようです。

 

2015年2月27日