FIST OF FURY(輸入盤DVD)

邦題:ドラゴン怒りの鉄拳

基本データ

FIST OF FURY DVDジャケット
  • レーベル:20th CENTURY FOX HOME ENTERTAINMENT
  • 制作年度:1972年
  • 上演時間:106分
  • 監督:ロー・ウェイ
  • 出演:ブルース・リー、ノラ・ミャオ
  • 画面:2.35:1/アナモルフィック
  • 音声:DTS 5.1ch 英語 / DOLBY DIGITAL 5.1ch 英語 / DOLBY DIGITAL 2.0ch 広東語、北京語
  • 字幕:英語

あらすじ

 カンフーの師匠が何者かに殺害された。一番弟子であるチェンは、師匠の死が信じられずに、復讐を決意する。そんな中、日本人道場の嫌がらせがチェンの所属する道場に襲い掛かる。チェンは、怒りを爆発させ、日本人道場に殴り込みをかけるのだが、日本人の嫌がらせは激しさを増すばかりで、チェンの逮捕という事態まで招いてしまう。チェンは鈴木という日本人道場の主と対峙しようとするのだが。

感想

 ブルース・リーの香港映画第二作目となるのがこの「ドラゴン怒りの鉄拳」です。「ドラゴン危機一発」に続き大ヒットを記録した作品でもあります。

 

 今回のブルース・リーの役は、師匠の死が信じられずに、復讐を決意する青年の役を演じています。師匠の一番弟子であるチェンは、物語冒頭、師匠の死に放心状態となります。彼は、食事も取らずに師匠の死に疑問を抱いていきます。

 

 物語が方向転換するのは、日本人がチェンのいる道場に「東亜病夫」という額を送り届けるところから始まります。彼の師匠の死に関しての放心状態から、怒りへと変わっていく様が克明に描かれていきます。ここからが、チェンの復讐物語へとストーリーは方向転換して行きます。

 

 チェンは、日本人道場に殴り込みをかけ、相手をこてんぱんにやっつけてしまいますが、それが日本人を刺激し、逆に殴り込みを受ける羽目になってしまいます。物語の大半は、チェンが怒りを爆発させる→日本人が逆襲する、という具合に悪循環をしていくさまが描かれています。

 

 物語途中で、チェンは、師匠の死が日本人によるものだということを知ります。ここからがチェンの復讐が激しくなっていきます。そして、チェンの恋人とのラブシーンも描かれていきます。この辺は、チェンの人間性を描くという意味では必要なものと思います。ブルース・リーの映画としては珍しいラブシーンですが、切ないものになっております。

 

 物語後半になりますと、鈴木の知り合いという設定で、ロバート・ベイカー扮するペトロフが登場してきます。彼は、後でチェンと対峙することになるのですが、チェンに比べると圧倒的に弱く、チェンの攻撃にやられまくっているシーンが多くあります。ブルース・リーの映画全般に言えることですが、敵の強さがあまり強くなく、ブルース・リーの強さが引き立ってしまうという弱点がここに顔をのぞかせています。

 

 今回の敵は、日本人ということで、観ている僕としては、複雑な心境になっていますが、日本人の憎憎しげな描写がすぐれているために、チェンを初めとする中国人への感情移入がしやすくなっています。この話の元になったチェンの師匠の話は、実在の武道家という事で、日本人の陰謀ではないかとささやかれていることであります。

 

 画質は、1972 年の映画を彷彿とさせるもので、きれいはきれいなのですが、かつてのフィルムで撮影されたテレビドラマを彷彿とさせる質感を持っています。室内のシーンと、屋外のシーンの色調の違いが少々気になるところでもあります。音響は、DTS 5.1ch を 2ch ステレオで鑑賞しましたが、かなり音を振っているらしく、音の広がり感は凄いものがあります。しかし、音質に関して言うと、ナローバンドでいかにも作られた音だな、という感じがします。

 

2009年3月22日