LÉON THE PROFESSIONAL(輸入盤Blu-ray)

邦題:レオン/完全版

基本データ

LÉON THE PROFESSIONAL Blu-rayジャケット
  • レーベル:SONY PICTURES HOME ENTERTAINMENT
  • 制作年度:1994年
  • 上演時間:133分
  • 監督:リュック・ベッソン
  • 出演:ジャン・レノ、ゲイリー・オールドマン、ナタリー・ポートマン
  • 画面:2.35:1/アナモルフィック
  • 音声:dts-HD MA 5.1ch 英語、フランス語、ポルトガル語
  • 字幕:英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語

あらすじ

 ニューヨークのイタリア人街を根城にするプロの殺し屋、レオンはふとしたことから、近所の少女、マチルダを匿うことになる。マチルダの父は麻薬の売買をしていて、その一部をくすねたことから、麻薬の取引を行う悪徳麻薬取締官スタンの逆鱗に触れ、家族全員をスタンに殺されたのだった。マチルダは、家族の復讐を行いたいと考え、プロの殺し屋、レオンに暗殺術を習うようになる。レオンは、孤独な人生を送っていたが、マチルダとの奇妙な師弟関係から、お互いに必要な相手と感じるようになり、感情を深めていく。しかし、マチルダが一人でスタンを殺そうと考えたことから、二人に危機が迫る。

感想

 リュック・ベッソン監督の中でも、一番の出来ではないかと思われる作品が、この「レオン/完全版」です。このアメリカ盤Blu-rayでは、アメリカ劇場公開版と、完全版が同時収録されていて、メニュー画面でどちらを再生するかを選択できます。日本では「完全版」と銘打っていますが、英語では「EXTENDED VERSION」となっています。どうも監督自身は「EXTENDED VERSION」は、「完全版」と考えているわけではないようです。ちなみに英語タイトルでは劇場公開版は「THE PROFESSIONAL」であり、「完全版」は「LÉON」というタイトルになっています。

 

 ストーリー自体は、孤独なプロの殺し屋、レオンと、肉親を悪徳麻薬取締官スタンに殺されたマチルダの二人の愛情感情を描いたある種のラブストーリーではありますが、その一方でレオンの暗殺技を堪能できるアクション映画としても成立していると思います。

 

 イタリア人街で殺しを請け負うレオンは、牛乳ばかり飲んでいて、また観葉植物を愛する孤独な生活をしていますが、その分殺しには凄みを見せていて、請け負った仕事は完璧にこなす技を持っています。

 

 そのレオンとマチルダは、最初、少しだけ交流がありますが、そんなに深い関係にはありません。しかし、マチルダの父が麻薬の売買で悪徳麻薬取締官スタンに殺されてしまったことから、マチルダは頼る人間がいなくて、レオンに助けを求めることになります。

 

 そのマチルダを助けてしまったことから、レオンとマチルダの歳の差の離れた愛情関係が始まるのですが、この二人は共に孤独な状況にある、という共通点を持っています。マチルダは家族はいるとは言っても、あまり関係は良くなく、どこか一人でいるという寂しい状況に置かれています。それが同じ孤独なレオンと共同生活を送るにつれ、お互いを必要とする関係になっていくのだと思います。

 

 レオン自身もかつては人を愛したことが後で明らかになるのですが、イタリアでの事件をきっかけに孤独な生活をするようになり、アメリカに移民してきて、トニーという男の元で殺しの仕事を請け負うことになっていきます。そのレオンが、マチルダと共にトニーの仕事を請け負うのが、話の転換点であると思います。

 

 一方でマチルダは悪徳麻薬取締官スタンをなんとかして殺そうと企むのですが、スタン自身がさすがに法を守る側にいるということで、その企みは成功しないどころか、むしろマチルダとレオンを生命の危機に陥れるきっかけを作ってしまいます。スタンの自身の保護を企んだ作戦により、物語はクライマックスを迎えることになるのですが、スタンとレオンのその戦いの行方は、かなり悲しい感じがします。レオンがマチルダのためにスタンと対峙するというのが、印象に残ります。

 

 登場キャラが、どの人物もインパクトの強いキャラなので、見ていて強い印象を受けます。そのためにキャラに対して感情移入をしやすく、物語への没頭度は高くなっていると思います。また、この「完全版」では、レオンとマチルダの愛情関係がより深く描かれているので、物語に厚みが出てきていると思います。

 

 映像は冒頭のシーンで解像度が足りない感触を受けましたが、タイトルの表示が終わると、かなり高解像度で魅力的な色彩を放っています。フィルムの感触が良く出ていて、映像に引き込まれるところがあります。音響もオリジナルの劇場公開ではDOLBY STEREOですが、このBlu-rayでは、dts-HD MA 5.1chサラウンドにグレードアップしていますので、音響効果はバッチリです。終始音に包み込まれている感じがします。低音の出力も素晴らしいところがあります。

 

2015年11月1日