Merry Christmas Mr.Lawrence(輸入盤Blu-ray)

邦題:戦場のメリークリスマス

基本データ

Merry Christmas Mr.Lawrence Blu-rayジャケット
  • レーベル:CRITERION COLLECTION
  • 制作年度:1983年
  • 上演時間:123分
  • 監督:大島渚
  • 出演:デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、北野武
  • 画面:1.78:1/アナモルフィック
  • 音声:dts-HD MA 2.0ch 日本語及び英語
  • 字幕:英語(日本語の時のみ)

あらすじ

1942年のジャワ島。日本軍は欧米の捕虜を管理していた。その最中、朝鮮人軍属のカネモトがオランダ兵をレイプし、ハラ軍曹に自決を迫られる。その様子を見ていた連絡役のローレンスは上官であるヨノイ大尉に事態の収拾を願い出る。ヨノイ大尉は、バタビアの軍法会議でジャック・セリアズという兵士を裁判することになり、死刑の予定だったが、彼の意向でヨノイ大尉配下の捕虜収容所に送られる。しかし、セリアズは反抗的で、数々の問題を日本軍と捕虜の間に引き起こし、ヨノイ大尉の心をかき乱す。捕虜の所有物からラジオが見つかったことで、ローレンスとセリアズは独房に入れられるが、ハラの一存で釈放される。しかし、ヨノイ大尉の意向により、捕虜の半分は新しい飛行場建設に連れて行かれることになった。

感想

2013年1月に亡くなった大島渚監督の代表的な作品がこの「戦場のメリークリスマス」です。日本とイギリスの合作映画になっており、日本語と英語が入り乱れる複雑な内容の映画に仕上がっています。アメリカでは、どうもディスクとしてのこの映画のリリースは今回レビューするクライテリオン版のBlu-rayと同時発売のDVDが初めてのようで、様々なサプルメントを収録しての発売になっています。

 

物語は結構複雑です。人間ドラマが次のような関係で進んでいきます。連絡役の将校ローレンスとハラ軍曹の交流。ハラ軍曹とヨノイ大尉の上官、下士官の関係。セリアズとヨノイ大尉のプラトニックな愛に似た感情。セリアズと弟の肉親の愛憎。元々の原作がいくつかのパートに分かれて書かれていたものを1本の映画にまとめ上げたために複雑な人間模様になった仕上がりになっています。

 

ローレンスとハラの交流は、物語前半とラストでは全く違うものになっています。前半ではハラのほうが有利に働いていますが、中盤でハラが酒の力を借りてローレンスと対等になり、ラストはローレンスのほうが有利になっています。これは戦局が変わったことによる立場が入れ替わっていることにもなりますが、それ以外にも、最初は単に連絡役としてしか見ていなかったローレンスを、ハラが次第に個人として見なしはじめるという風に変化していくことがその違いを表しているかと思います。それが故にラストのハラの「メリークリスマス、ミスター・ローレンス」は心に打つものがあります。

 

ハラとヨノイの関係は上官、下士官の関係ではありますが、意外とハラが独断で行動してしまい、ヨノイが後で修正を迫られるという構図になっているように思います。

 

ヨノイ大尉とセリアズのプラトニックな愛に似た関係は、この映画の重要な位置を占めるテーマだと思います。一種ホモセクシャルな関係すら感じるこの二人の関係は、ヨノイの破滅をセリアズが導いていくという展開にもなっています。セリアズ自身はヨノイに対してそう意識していないように感じますが、ヨノイは完全に最初からセリアズに対して意識しているように思えます。それが物語の進行上次第に大きなテーマとなり、クライマックスではヨノイの暴走を止めるという行為まで発展していくことになります。

 

セリアズと弟の愛憎は映画だけではちょっとわかりづらいかと思います。元々の原作では、セリアズの弟は背中にこぶのある背むし男で、それが他の子供のいじめにあう要因になっています。その背むし男である弟をセリアズはいとおしいと思うと同時に憎らしくも思い、スクールに入って新入生を歓迎する(悪い意味で)いじめで弟の助けを呼ぶ声を無視するという行為に出てしまいます。それが捕虜になった時に過去の傷となってセリアズを苦しめています。最終的にはセリアズはその苦しみから解放されるのですが、その代償は大きいものと言わざるを得ません。

 

 

画質はぱっと見、かなり荒いです。フィルムグレインが盛大に乗っていて、いかにも古い映画のフィルムだという感じを受けます。ただし、かつて持っていた日本盤のレーザーディスクの画質に比べると、夜のシーンがとても見やすくなっているように思えます。多分夜のシーンを見やすくするためにフィルムの感度を上げて明るくした結果、フィルムのノイズが見えやすくなっているのだと思います。色乗り自体は十分ですので、慣れてくれば結構良好な画質だということもできます。音響はDOLBY STEREOの2チャンネルマスターをdts-HD MA 2.0chにエンコードしたものです。一応サラウンドは坂本龍一のサウンドトラックのみ回り込みますが、戦争映画といっても戦闘シーンがないために、環境音等は大半がフロント3チャンネルで処理されています。レンジ自体はそう悪くはありません。低域があまり出ていないところではありますが、中域から高域は結構きれいだと思います。

 

2013年1月20日