TOKI ASAKO LIVE 2022 “Morning Twilight” Gate’s7

TOKI ASAKO LIVE 2022 “Morning Twilight” Gate’s7

2022年2月6日

初めに

 土岐麻子のライブを見るのは、久しぶりになる。最後に土岐麻子のライブを見たのが、2020年の初頭だった。その後、新型コロナウイルスが感染拡大し、土岐麻子をはじめ多くのミュージシャンがライブの実施を延期、中止せざるを得なくなった。土岐麻子はその間、カバーアルバムを出していたが、それを持っての全国ツアーは行わなかった。2021年の秋にニューアルバム「Twilight」をリリースし、それを持って全国ツアーが開催されることが明らかになった。しかし、福岡のチケット発売日を忘れていて、気がついたら会場であるGate’s7のチケットは完売していた。その後、マチネ公演も追加で開催されることになり、気づいたところでチケットを確保し、発券していた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあるのだろうか。2022年2月5日にFacebookを見ていたところ、どうも夜の公演から昼の公演に振替してほしいという連絡が、夜の公演のチケットを買った人に連絡が入っていたらしい。昼の公演に座席の余裕があるのだろうか。

 昼の13時半に会場に着くよう、移動した。開場が14時だから時間にゆとりがあるが、強風の影響で電車が遅れるのを嫌って、早めに着いた。しばらくすると、整理番号順に列を作らされた。僕はBの1番だったので、「これはだいぶ後かな」と思っていたが、AとFの途中からBも入場できることになり、意外と早くに入場できた。入場して驚いたのが座席の設置方法。フロア一杯にテーブル席があり、テーブル席にはビニールかアクリル板か知らないが向かい合う座席の間に設置され、飛沫感染を防止していたのである。

 さらに驚いたのが、1ドリンク別オーダーで、アルコールを提供していたことである。昨年11月の佐野元春のライブの時には、アルコールの提供はなかったので、規制が緩和されていることが浮き彫りになった。当然、僕も生ビールを一杯頼み、昼からビールで楽しんでいた。

 開演時間の14時半を少し過ぎたところでバンドのメンバーがステージに上がり、演奏が始まった。アルバム「Twilight」のプロモーショナル・ツアーだから、「Twilight」からの曲でスタートかな、と思っていたら、違った。

セットリスト-本編

  1. エメラルド
  2. NEON FISH
  3. close to you
  4. ソルレム
  5. ドア
  6. WALK ON
  7. BOYフロム世田谷
  8. birthday song
  9. 美しい顔
  10. PINK
  11. Valentine
  12. Gift 〜あなたはマドンナ〜
  13. Mirrors

 最初の曲は、アルバム「PASSION BLUE」収録の「エメラルド」だった。思いがけずの選曲にちょっと驚く。続けて、最新アルバム「Twilight」から「NEON FISH」へと続き、一気に土岐麻子ワールドに入り込む。「close to you」のイントロで、「TOKI ASAKO LIVE 2022 “Morning Twilight”へようこそ」とMCを入れ、そのまま歌いはじめた。

 「close to you」が終わってからMCが入る。「福岡久しぶりです」とか、「夜公演だけの予定がチケット完売のため、昼の公演も追加しました。」というような話をする。そして、アルバム「Twilight」の解説と、ツアータイトルの意味を話ししていた。そして、新型コロナウイルス対策のための処置を施しているが、固くならずにリラックスして聴いてほしい、という話もしていた。

 「アルバムの最初の曲で、作業的にも最初に作った曲で、2020年に家にいて何をしたらいいかわからなかったので、とりあえず締切ない状態で作った曲です。」という趣旨の話をして、「ソルレム」を歌った。続けて「ドア」へとつながった。この二曲は、土岐麻子も椅子に座ってしっとりと歌った曲だった。

 MCで「気持ちをゆったりしてみてほしい」という趣旨の話をして、その後、新型コロナウイルス感染拡大化での観客の姿勢について、ちょっと話をして、メンバー紹介を行った。ベースは村田シゲ、キーボードは冨田謙、ドラムは矢野博康だった。このバンドメンバーと土岐麻子との関係、福岡と私というお題での話が弾み、意外な展開で面白かった。ドラムの矢野博康は土岐麻子が在籍していたCymbalsのドラムであり、結構昔からの付き合いとのこと。

 長いMCとメンバー紹介が終わってから、「WALK ON」、「BOYフロム世田谷」、「birthday song」と続けて歌った。「WALK ON」はかなり昔の曲なので、僕も初めて聴いた。「birthday song」は、土岐麻子のMCによると、純粋なバースディ・ソングを作りたかった、とのことである。

 ライブも終盤になり、「美しい顔」、「PINK」、「Valentine」、「Gift」と続く。そして、本編最後の曲は、「Mirrors」で締めくくった。「 Mirrors」の途中で再度のメンバー紹介と、メンバーのソロパートが挿入された。

セットリスト-アンコール

  1. 眠れぬ羊

 アンコールの拍手に押され、土岐麻子が衣装を変えてステージに再登場。最後の曲を歌う前に、ツアーグッズの紹介をしていた。そして、バンドメンバーがステージに上がり、アンコールとして「眠れぬ羊」を歌った。アルバムでは「TENDRE」と共演していた曲だが、そのTENDREの声をサンプリングしてツアーに持ってきているので、アルバムの曲をステージで再現していた。曲の終了後、「ありがとうございました」と話し、バンドのメンバーを再紹介し、「また会えることを期待しています」と話ししてライブは終了した。

 2年ぶりの土岐麻子のライブは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からか、それとも夜の公演の時間調整のためか、100分という短い時間でのライブだった。しかし、久しぶりの土岐麻子節を堪能できて、結構満足である。昼からビールも飲めたし、昼公演なので夜遅く帰ることもないし、たまには昼公演もいいのではないかと思った。

コメント