ゼロ・グラビティ

No Image 原題 GRAVITY
レーベル WARNER BROS. HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2013年
上演時間 90分
監督 アルフォンソ・キュアロン
出演 サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス
画面 2.40:1/アナモルフィック
音声 DOLBY ATMOS 英語
字幕 日本語

あらすじ

 宇宙空間で、技術者のストーン博士は、アメリカのISSの通信モジュールの修理をしていた。その最中、ロシアが自身の人工衛星をミサイルで爆破し、その破片がアメリカのISSに到着するというアクシデントに見舞われる。人工衛星の破片によってISSやスペースシャトルは破壊され、ストーンも宇宙に放り出されてしまうが、コワルスキーの機転により、なんとか助けを求められる。コワルスキーは、地球に帰るため、ロシアのISSに宇宙服の姿勢制御装置を使って移動をするが、ロシアのISSに到着した際に、ストーンを残して宇宙に取り残され、命を失う。ロシアのISS内部に入り込んだストーンだったが、こちらでもトラブルに見舞われ、最終的に中国のISSに移動して、地球に帰ることを決意する。

感想

 2013年に製作され、宇宙空間でのサバイバルという極限のシチュエーションを描いた傑作が、この「ゼロ・グラビティ」です。監督であるアルフォンソ・キュアロンの名を一躍有名にし、その作品内容から高い評価を得て、興行収入的にも成功を収めている作品であります。

 すでにこの映画は過去にGRAVITY(Blu-ray 3D)/ゼロ・グラビティ/輸入盤DVDで観た映画のレビューでBlu-ray 3Dで鑑賞しています。その時には3D効果の素晴らしさを書き込み、「この映画は3Dで鑑賞することが大切である」というニュアンスのレビューをしています。今回Apple TVで再見したのは、iTunes Moviesでのストリーミング配信で、音響効果がBlu-ray 3Dでは未収録だったDOLBY ATMOSが配信で再生可能だったことから、比較試聴の意味で鑑賞しています。

 Blu-rayでは3D Blu-rayのリリース後、DOLBY ATMOS収録の2D盤Blu-rayもリリースされましたが、すでに入手困難でプレミア価格になっているので、今回配信で視聴しましたが、DOLBY ATMOSのオブジェクト・オーディオの効果は素晴らしく、音響に包み込まれる感覚や、登場人物のセリフを意図的にセンター以外のチャンネルやオブジェクトから鳴らしているなど、DOLBY ATMOSの性質をフルに発揮していると思います。しかし、映像は2Dですので、その分のイマーシヴ感は欠ける嫌いがあります。

 上映時間が短いのもこの映画の特徴で、主人公ストーン博士がどのように宇宙で発生した事故から生還していくかを描いた、サスペンスSF映画になっているのが面白いと言えます。ストーン博士と共に生還を試みるコワルスキーが、どのような運命を辿るのかが、この映画の肝で映像の迫力は存分にあります。音響効果との合わせ技で、サスペンス度合いが上がっている好例である映画になっていると言えます。

 映像が宇宙空間での話ですので、どう撮影しているのかと疑問に思うぐらいに素晴らしい映像を提供しています。ロシアの人工衛星の破壊された破片が主人公たちに襲いかかってくる様は、CG技術もあるのでしょうが、迫力ある映像になっています。その他にも、ISSでの火災事故の映像や、中国の大気圏突入シャトルの映像など、リアリティある映像を提供していて、主人公に共感できる内容に仕上がっています。

 映像はiTunes MoviesではHD止まりの映像になっています。ディスクメディアも4K UHD Blu-rayがリリースされていないので、まだマスターとして4Kは存在していないと思われますが、HD画質でも精細感は抜群で、宇宙空間の色乗りも十二分に発揮された映像になっています。すでに書いているように音響はDOLBY ATMOS収録です。Apple TV 4KなのでDOLBY DIGITAL PlusをベースにしたDOLBY ATMOSですので、Blu-rayなどのロスレス音声によるATMOSに比べると音質的には落ちると思われますが、今回の試聴時にはそのような音質の劣化を感じる場面はありませんでした。とにかくDOLBY ATMOSのイマーシヴ感は素晴らしく、映像を補完する役割を十分に果たしていると言えます。これで映像が3Dだったら言うことないのですが。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「Apple TVで観た映画のレビュー INDEX に戻る