2 FAST 2 FURIOUS(Blu-ray)

2 FAST 2 FURIOUS Blu-rayジャケット 邦題 ワイルド・スピードX2
レーベル UNIVERSAL PICTURES HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2003年
上演時間 108分
監督 ジョン・シングルトン
出演 ポール・ウォーカー、タイリース、エヴァ・メンデス
画面 2.35:1/アナモルフィック
音声 dts-HD MA 5.1ch 英語 / dts 5.1ch スペイン語、フランス語
字幕 英語、スペイン語、フランス語

あらすじ

 かつてロサンゼルス警察に勤めていたブライアンは警官を辞め、マイアミで公道レースに参加していた。そのブライアンがある公道レースで警察に捕まり、税関に引き渡される。税関は、マイアミで麻薬のマネー・ロンダリングをしているカーター・ヴェローンを逮捕しようと躍起になっていたが、カーターが尻尾を出さず、ブライアンを潜入捜査させようと考えていたのである。ブライアンも渋々潜入捜査に同意し、パートナーとして、刑務所で勤めているローマンという黒人ドライバーを選択する。ブライアンとローマンはカーターの元を訪れるが、カーターは身分を確かめるため、ブライアンたちをテストする。その試験を突破したブライアンたちは、すでに潜入捜査していたモニカという女性捜査官と接触し、カーターの麻薬のマネー・ロンダリングの現場を取り押さえようと動き出す。

感想

 大ヒットを記録した「ワイルド・スピード」の続編として、警官ブライアンが新たな任務に就くアクション大作が、この「ワイルド・スピードX2」です。作品の評価としてはそんなに高いものではありませんが、この作品も「ワイルド・スピード」に続き制作費を回収できるほどの大ヒットを記録しています。

 大ヒットを記録した「ワイルド・スピード」の続編ではありますが、前作から引き続き登場するのは、ブライアン・オコナーただ一人です。しかも彼も前作とは異なり警官ではなく、走り屋として登場してきます。今回はこのブライアンが、刑務所に捕まっているローマンという黒人とコンビを組み、マイアミで麻薬のマネー・ロンダリングをしているカーター・ヴェローンという男の元に潜入するという「ワイルド・スピード」とは異なった展開になっています。

 前作に引き続き、カーアクションが見どころの映画ではありますが、そのカーアクションが見応えあるかというと、少々退屈な感じを受けてしまいます。主役の二人が凄腕ドライバーであるために、高度なドライビングテクニックを見せるのですが、それが映像から迫力として伝わってこない一面があると言えます。また、後半の地元警察を欺くための仕掛けが、興奮を呼ぶどころか、興ざめしてしまったのも事実で、その点は前作に劣っていると言えます。

 登場人物で言えば、ブライアンとローマンのコンビは魅力に欠ける嫌いがあり、二人が別々の車に乗車して仕事をするという展開から、個々の絡みが弱い感触を受けます。また、今回の標的であるカーターもあまり悪役としてキャラが立っておらず、ブライアンとローマンの二人が追いかける悪役として弱いところがあると思います。すでに先に潜入捜査していた女性税関のモニカの存在は、カーターとブライアン、ローマンをつなぐ鍵ですが、彼女の存在が唯一キャラが立っているかなと思います。

 監督が、ジョン・シングルトンだったのは驚きですが、その映画の出来はあまり良いとは言えません。物語の盛り上がりに欠け、主人公たちのキャラは立たず、とりあえずカーチェイスシーンだけは迫力あるように撮っているだけで、映画としての爽快感は薄いと言わざるを得ません。ラストはめでたしめでたしですが、ブライアンとローマンの二人が結構ずるいこともしているので、なんだかなと思ってしまいます。

 映像は高解像度であり、また色乗りも十分にあると言えます。ただ、高解像度のため、シーンごとにグレインノイズが多々乗っていて、少々目障りに感じる部分もあります。色合いはナチュラルな色調で、発色も良く、マイアミのカラフルな環境がうまく再現できていると思います。音響はdts-HD MA 5.1chで、前作ほどではないですが、イマーシヴなサラウンド環境を提供しています。音の塊が耳につんざく感触があり、映像の迫力をサポートする効果音になっています。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る