BLACK PANTHER(4K UHD Blu-ray)

BLACK PANTHER 4K UHD Blu-rayジャケット 邦題 ブラックパンサー
レーベル BUENA VISTA HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2018年
上演時間 134分
監督 ライアン・クーグラー
出演 チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B.ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ
画面 2.39:1/DOLBY VISION
音声 DOLBY ATMOS 英語 / DOLBY DIGITAL PLUS 7.1ch 英語、スペイン語 / DOLBY DIGITAL 5.1ch フランス語
字幕 英語、スペイン語、フランス語、広東語、韓国語、北京語、タイ語

あらすじ

 はるか昔、ヴィブラニウム鉱石が宇宙から飛翔し、地球のアフリカに衝突した。そのヴィブラニウム鉱石は周囲に影響を及ぼし、アフリカ人たちの争いが勃発する。それを治めたのが初代ブラックパンサーで、彼がワカンダの国王に君臨した。時が流れて、ワカンダの国王がティ・チャカの時、ヴィブラニウムを横流ししていたティ・チャカの兄弟をティ・チャカは抹殺する。ティ・チャカの兄弟の子供はそのまま放置していた。さらに時は流れ、ティ・チャカは国連での総会の時に暗殺され、息子であるティ・チャラが国王になるべく準備していた。国王になるにはワカンダに住む部族の承認が必要で、異論がある時には決闘によって決まっていた。部族の一人、エムバクは異論を上げ、ティ・チャラに決闘を挑むが、ティ・チャラが勝利し、ワカンダの新国王に就任する。その頃、ロンドンの博物館に展示されていたヴィブラニウムが、クロウとエリックによって奪われる。それを取り戻すべく、ティ・チャラと親衛隊たちが韓国に乗り込み、戦いを繰り広げる。その結果クロウは逮捕されるのであるが、エリックの手によって脱出させられる。エリックは実はティ・チャカによって殺された兄弟の息子で、ワカンダに乗り込んだエリックは、ティ・チャラに決闘を申し込み、ティ・チャラを倒してワカンダの新国王に就任してしまう。ティ・チャラが負けたことを信じられないシュリや母たちはエムバクに援軍を頼むのだった。

感想

 マーベル・シネマティック・ユニバースの第18作目に当たり、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で初登場したブラックパンサーの秘密や、ワカンダやヴィブラニウムという名前だけ先行して登場していた場所や物を詳細に描いた新ヒーロー誕生物語が、この「ブラックパンサー」です。監督や出演者たちの大半が黒人で締められている黒人パワーが炸裂した作品で、映画の興行収入は製作費を軽く上回り、批評家、観客の評価も高い作品になっています。この映画の評価は高いだけでなく、アカデミー賞でも作品賞を含む7部門でノミネートされ、3部門を受賞するという偉業を達成しています。

 物語のテーマは、父の犯したミスを息子であるティ・チャラがカバーするというのが、基本にあります。ティ・チャラの父であるティ・チャカはワカンダの秘密である希少金属、ヴィブラニウムの横流しを防ぐために自分の兄弟を抹殺してしまいますが、彼の息子は放置していたために、後になって息子であるエリック・キルモンガーがワカンダに逆襲するという展開になっています。ティ・チャラにとってみれば親戚に当たるエリックと戦うという身内の争いが物語のテーマにあります。

 物語自体は、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」での後の話になっているので、ブラック・パンサー自体の誕生物語にはなっていないのですが、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」での出来事を受けての話にはなっていますので、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を見ていないと、多少わかりづらいと思います。この「ブラックパンサー」でも、回想シーンでその時の話を簡単に描き出していますので、初見の方でもフォローはしていますが、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を見ていた方がよりわかりやすい展開になっていると思います。

 ワカンダはヴィブラニウムの影響を受けて、超発展した文明国家になっていますが、ヴィブラニウムの存在を隠すために、対外的にはアフリカの小国で資源に乏しい国家という姿を身に纏っています。そのワカンダのヴィブラニウムを横流しにして、武器使用人たちに売り捌こうとするのがクロウという男であり、彼を利用しているのがエリックという設定になっています。最初はエリックの存在は謎のままなのですが、次第に彼の本性が明らかにされてきて、ワカンダを乗っ取ろうと策略します。

 主人公であるブラックパンサー、ティ・チャラを演じたチャドウィック・ボースマンは、新ヒーローを生き生きと演じています。残念ながら、チャドウィック・ボーズマンは癌でこの世を去り、「ブラックパンサー」の続編に出演することは叶わなくなりました。続編である「ブラックパンサー2」は、ティ・チャラに代役は立てないという制作陣からメッセージが寄せられているので、どのような展開になるのか、わからないところがあります。

 映画のエンドクレジット後のおまけ映像で、ウィンター・ソルジャーが再登場し、彼の洗脳が解けたかのような演出がなされています。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でワカンダで治療を受けていたウィンター・ソルジャーでしたが、このおまけ映像を見る限り、治療は完了したのではないかと思われます。当然、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に向けての準備といったところでしょうか。

 映像は4K/DOLBY VISIONで収録されています。この作品ではマスターフォーマットが4Kで収録されているので、4K UHD Blu-rayも4Kネイティヴの画質を誇っています。これまでのマーベル・シネマティック・ユニバースが2Kマスターのアップスケール4Kだったのに比較して、緻密な解像度を誇っていると言えます。映像自体に立体感を感じるところであります。色彩も素晴らしく、映像の魅力にあふれています。音響はDOLBY ATMOSで収録されており、かなり挑戦的なサラウンドを提供しています。登場人物のセリフをその人の立ち位置から発声するなど、ユニークな演出がなされており、またイマーシヴなサラウンドも効果を高めています。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る