DETROIT(Blu-ray)

DETROIT Blu-rayジャケット 邦題 デトロイト
レーベル 20th CENTURY FOX HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2017年
上演時間 143分
監督 キャスリン・ビグロー
出演 ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、アルジー・スミス
画面 1.85:1/アナモルフィック
音声 dts-HD MA 5.1ch 英語
字幕 英語、スペイン語、フランス語

あらすじ

 1967年のデトロイト、非合法のクラブに深夜黒人が集まっていたことで、デトロイト警察は黒人を大量に逮捕した。それに反発した近隣の黒人たちが暴動を起こし、街は無法地帯になる。ラリーらを始めとする黒人コーラスグループも、ショーのオープンを前にして、解散させられる。暴動の続く中、ラリーとフレッドは、アルジェ・モーテルに安住の地を得るが、そこで知り合った黒人や白人女性たちの悪ふざけから、アルジェ・モーテルに警察や国立警備兵たちを呼び寄せることになる。黒人差別主義者の警官のクラウスは無抵抗の黒人を問答無用で射殺し、生き残った黒人たちにもひどい暴力を振るう。それをラリーたちは黙って受け入れるしかなかった。

感想

 「ハート・ロッカー」でアカデミー賞を受賞した女性監督キャスリン・ビグローが、1967年に実際に起きたデトロイトでの黒人暴動の最中、アルジェ・モーテルで起きた事件を描いた意欲作がこの「デトロイト」であります。残念ながら北米での興行収入は制作費をはるかに下回り、日本でも公開は失敗作になっていますが、作品そのものは水準の出来となっています。

 映画はいまだにアメリカにくすぶる人種差別について、1967年にデトロイトで起こった警官による人種差別におけるアルジェ・モーテルでの一晩の悪夢を描いたものになっていますが、それに巻き込まれた男性コーラスグループのラリーと、その仲間であるフレッドの行方を緊迫感ある映像で力強く描き出しています。

 ラリーとフレッドは最初はデトロイトで起こる黒人の暴動から一歩離れた場所で生活をしていますが、その二人がアルジェ・モーテルに行ったことから、白人警官クラウスによる人種差別と、問答無用の暴力にさらされる結果になってしまいます。この二人の生死が映画としての見どころの一つになっているかと思います。

 黒人差別主義者である警官のクラウスの存在感もかなり大きなものになっています。アルジェ・モーテルの事件の前でも暴動の最中、ストアから物を盗み出した泥棒を背後から銃撃するという、かなりひどい人物として描かれています。その事件をめぐって警察の上層部でも問題になりますが、それを無視してアルジェ・モーテルに行ってしまい、黒人に対して暴力の限りを振るい尽くすのは、かなりのインパクトがあります。彼が暴力を振るうのは黒人だけではなく、白人の売春婦に対しても同様の扱いをするのは、クラウスという人物を描き出すのに一貫性があると言えます。

 そのクラウスに影響を受け、他の警官も黒人に対してひどい暴力を振るうようになるというのも、いかに当時のアメリカが黒人に対して偏見を持っていたかの象徴ではないかと思います。物語の中心はアルジェ・モーテルでの出来事になっていますが、ラストでは事件の後始末までつけた描き方になっていて、その結末がやはり黒人差別主義だと言われてもしょうがない結果になっているのも、事実の映画化としてはリアリティがあります。

 映像は最近では珍しく1.85:1のビスタサイズで撮影されています。パナビジョンのカメラとレンズで撮影されているので、1960年代の雰囲気をよく表した映像になっています。色乗りや解像度は十分でありますが、モーテルのシーンは暗いシーンが多いので、あまりカラフルな色彩になっているわけでもありません。ところどころ当時の様子を撮影したような映像が挿入されていますが、それが本当に当時の映像なのか、映画のためにわざと加工したのかはよくわかりません。音響はdts-HD MA 5.1chのサラウンドですが、盛大にサウンドが鳴っているわけでもなく、比較的大人し目のサラウンドになっています。ただ、要所要所では空間的広がりをちゃんと感じさせるものになっているので、不満はありません。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る