GAME OF DEATH(Blu-ray/CRITERION)

BRUCE LEE HIS GREATEST HITS Blu-rayジャケット 邦題 ブルース・リー/死亡遊戯
レーベル CRITERION COLLECTION
制作年度 1978年
上演時間 101分
監督 ロバート・クローズ
出演 ブルース・リー、コリーン・キャンプ、ギグ・ヤング
画面 2.35:1/SDR
音声 LPCM 1.0ch 英語 / LPCM 1.0ch 英語(日本公開版)
字幕 英語

あらすじ

 有名アクションスターとなったビリー・ローは、恋人で歌手のアンとともに、シンジケートの勧誘を受けていた。そのシンジケートの勧誘を断った有名人たちは、シンジケートによって潰されていた。しかし、ビリーはシンジケートの勧誘を断り続けた。そのために、シンジケートはビリー・ローを映画の撮影中のアクシデントに見せかけて始末する。ビリー・ローは一命を取り留めるが、世間的には死亡したことにしておく。そして、ビリーはアンの身を案じながらも、シンジケートに復讐の炎を燃やす。そのために親しい友人である新聞記者のジムにはアンの身を世話するよう頼み込む。シンジケートは、金儲けのためのマーシャルアーツの大会をマカオで開催し、シンジケートの一員であるカールは、その大会で優勝する。そのカールをビリーは抹殺し、シンジケートとの全面対決にも連れ込む。シンジケートのドクター・ランドは、ビリーの抹殺を命じる。

レビュー

 「燃えよドラゴン」の世界的ヒットにより、一躍人気スターになったものの、その時にはすでにこの世を去っていたブルース・リーが、「燃えよドラゴン」撮影前に撮影していた「死亡的遊戯」のクライマックスのアクションシーンを元に、ブルース・リーの死後、ゴールデン・ハーベストのレイモンド・チョウをはじめとする関係者が知恵を絞って5年の歳月を経て作り上げた映画が、この「ブルース・リー/死亡遊戯」です。残念ながら、ブルース・リーの勇姿を期待していたファンや批評家からは批判的評価を与えられ、Rotten Tomatoesの批評家評価では46%、観客評価でも63%と低位置に付けています。

 「ブルース・リー/死亡遊戯」の評価が低いのは、見ていると何となく分かる気がします。やはりブルース・リーが死去したために代役を立てざるを得ず、その代役が奮闘はしているものの、ブルース・リーの持つカリスマを身につけることまではできずに、結果としてブルース・リーのパチモノ映画という雰囲気を漂わせている感じがするからであります。代役のアクションシーンは結構頑張っていると思います。ブルース・リーの映画という先入観を除けば、そこそこのカンフー映画として成り立っているのではないかと思います。

 しかし、映画のクライマックスで、本物のブルース・リーが登場すると、その真の輝きが見えてしまい、それまでの代役の奮戦も虚しく、ブルース・リーの活躍に目を奪われてしまうところが、この映画の目玉でもあり、欠点でもあると言えるでしょう。しかも、この本物のブルース・リーが登場するシーンは時間にしてわずか10分程度。ブルース・リーが生前撮影していた「死亡的遊戯」のフッテージが1時間とも1時間半とも言われる中、その中のわずか10分程度しか使われていないことに、落胆する人も多かったと思います。

 ブルース・リーが生前撮影していた「死亡的遊戯」のフィルムは長い間封印されていたのですが、2000年に日本では「BRUCE LEE in G .O.D 死亡的遊戯」、アメリカでは「BRUCE LEE:A WARRIOR'S JOURNEY」として公開され、ファンを歓喜されることになりました。今回視聴したクライテリオン・コレクションの「BRUCE LEE:HIS GREATEST HITS」の中では特典映像として、アラン・カンバンが監督を務めた「GAME OF DEATH REDUX」としてその生前撮りためたフィルムを見ることができます。映像もかなりクリアで、魅力的な映像を提供しています。

 映画は、人気アクションスターとなったビリー・ローにシンジケートが契約を持ちかけるのですが、ビリーがそれを断り続けた結果命を落としかけ、一命を取り留めたビリーはシンジケートに復讐を果たすという内容ですが、代役の演技の他にブルース・リーの生前のフィルムを使っているために、「ドラゴンへの道」あたりからのブルース・リーのクローズアップショットが多く使われる結果になっています。また、死を偽装したビリーの葬式は、何と本物のブルース・リーの葬式の映像をそのまま使うという荒技を使っています。今だったら、CGで代役の顔をブルース・リーの顔に置き換えて編集するのでしょうが、1978年当時ではそれは不可能で、当時の技術的限界には挑んでいるなと思います。

 アクションシーンも、代役による格闘がブルース・リーっぽくするために結構頑張っていると思います。ブルース・リーの舎弟でもあったサモ・ハン・キン・ポーがアクションシーンの監督を務め、それなりのアクションを見せています。ただ、ブルース・リーの代役の声があえてでしょうが、怪鳥音を多用していて、ちょっとやりすぎかなと思わざるを得ません。

「BRUCE LEE:HIS GREATEST HITS」の「ブルース・リー/死亡遊戯」は4Kマスターの2K Blu-ray化されています。映像はかなりクリアで、解像度も十分にあります。色乗りも十分にあり、魅力あふれる映像を提供しています。音響はPCM 1.0chの英語音声が2つ収録されています。2つある英語音声のうち一つは、日本劇場公開版の英語音声で、ブルース・リーの怪鳥音を他の映画から持ってくるという荒技を使って、ブルース・リーの映画として成立させています。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る