A QUIET PLACE PART II(4K UHD Blu-ray UK)

A QUIET PLACE PART II 4K UHD Blu-ray UKジャケット 邦題 クワイエット・プレイス 破られた沈黙
レーベル PARAMOUNT HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2020年
上演時間 97分
監督 ジョン・クラシンスキー
出演 エミリー・ブラント、キリアン・マーフィ、ミリセント・シモンズ
画面 2.39:1/DOLBY VISION
音声 DOLBY ATMOS 英語
DOLBY DIGITAL 5.1ch フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、チェコ語、ハンガリー語、ポーランド語、日本語、タイ語
字幕 英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、スペイン語、広東語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ギリシャ語、ハンガリー語、韓国語、マレー語、北京語、ノルウェー語、ポーランド語、ルーマニア語、スウェーデン語、タイ語

あらすじ

 厄災の第一日目、リーとエヴリンは、マーカスの少年野球の試合を観戦していた。その時、近所の人のラジオが途絶え、空から何かが燃えながら落ちてくる。そして、音に反応して人々を殺戮する怪物が現れ、街は大混乱になる。月日は流れ、リーを失ったエヴリンは聾唖者である娘のリーガンと息子のマーカス、そして赤ん坊を連れて、家を出る。他の生存者を探して歩くエヴリンたちだったが、近所の友人であるエメットと出会い、命を救われる。リーガンはラジオから音楽が流れていることを知り、リーガンの補聴器のハウリングに拒絶の反応をする怪物を退治するために、一人ラジオの発信源である島に向けて旅立つ。途中怪物に襲われるリーガンだったが、エメットに救われ、二人は島を目指す。エヴリンは、エメットが設置した罠にはまって足を負傷したマーカスの治療をするために、一人薬局まで出かけていく。そして、怪物はそれぞれのグループに襲いかかってきた。

レビュー

 低予算で製作され、予想外の大ヒットを記録した「クワイエット・プレイス」の続編が、この「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」です。新型コロナウイルス感染拡大後の営業を再開した劇場で公開され、大ヒットの目安とされる1億ドルを軽く突破し、北米だけで1.6億ドルを稼ぎ出しています。また、映画批評サイトであるRotten Tomatoesでの批評家評価は91%、観客評価は92%と、極めて高い高評価を得ています。

 映画は前作の続きでストーリーが進行しますが、冒頭シーンで厄災が始まった時の状況を描いているのが特徴です。監督であるジョン・クラシンスキーがリーとして家族と共にいるというのを描写するための展開であると思いますが、厄災の始まりを描いたことで、より物語に没入できるようになっています。空から何か隕石のようなものが落ちてきて、音に反応する怪物が人間を襲うという展開を余すところなく描写しています。

 その後は、リーを失ったエヴリンと子供たちが家を離れ、助けを求めに彷徨うという展開になりますが、途中で出会ったエメットという男と、聾唖者の娘であるリーガンが、リーガンの補聴器のハウリングが音に反応する怪物の弱点であるという事実から、リーガンが発見したラジオの音楽をもとに、ラジオの発信源を探すというトリップ物になっているのが特徴です。リーガンが今作の主役と言ってもよく、彼女の耳が聞こえないという障害を演出するために、映画がしばしば無音になるシーンがあり、それが怪物の襲いかかる音と共にインパクトを与える物になっています。

 その一方で、エヴリンは、怪我をしたマーカスと赤ん坊の世話をするために、エメットが隠れていた廃工場で怪物の襲撃から逃れている状況になりますが、エヴリンがマーカスの怪我の治療と赤ん坊の酸素供給のために街に出て、薬局から薬等を取ってくるという展開にリアル感を感じます。こちらはこちらで怪物に襲われ、怪物からどう逃れるのかというサスペンスが物語を盛り上げる物になっています。

 リーガンとエメットは最終的にラジオの発信源である島に辿り着き、生き残った人々と出逢いますが、彼らが島に渡ったことで怪物も弱点である水を逃れて島に上陸し、人々に襲いかかるところは、リーガンとエメットが厄災を引き摺り込んできた、と言ってもいいでしょう。そこでリーガンとエメットがどう怪物を退治するのかが物語のクライマックスであり、次の希望になる物であると言えるでしょう。

 画質は4K/DOLBY VISIONで提供されています。マスターフォーマットが4Kなので、4K UHD Blu-rayはネイティヴ4Kでの提供になっています。4K画質は高精細で、臨場感が抜群であります。またHDRがよく効果を出していて、暗闇での怪物の存在や、光の加減等で鮮明な映像を描写しています。音響はDOLBY ATMOSで提供され、先述のように無音の状態と怪物が襲いかかるシーン等で音のメリハリをつけているところがあります。そして、怪物が襲いかかるシーン等での三次元サラウンドは効果が抜群であり、イマーシヴなサラウンドを提供しています。

 今回視聴したイギリス版4K UHD Blu-rayは、日本語字幕、日本語吹き替え音声が収録された物になっています。アメリカ版のディスクも同様の仕様になっているようですので、全世界共通のディスクになっています。また、今回購入したのはイギリスの小売店Zavviでのみ販売されているスティールブック仕様のディスクです。すでにこのスティールブック仕様のものは売り切れで入手ができなくなっています。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る