SHOOT 'EM UP

SHOOT 'EM UP DVDジャケット 邦題 シューテム・アップ
レーベル NEW LINE HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2007年
上演時間 86分
監督 マイケル・デイヴィス
出演 クライヴ・オーウェン、ポール・ジアマッティ、モニカ・ベルッチ
画面 2.35:1/アナモルフィック
音声 DOLBY DIGITAL 5.1ch-EX 英語、dts ES 6.1ch 英語
DOLBY DIGITAL 2ch 英語
字幕 英語、スペイン語

あらすじ

 深夜のバス停で人参を食べていたスミス。彼は目の前を逃げる妊婦と、それを追いかける拳銃を持った男を目撃する。気になった彼は妊婦を保護し、はからずも銃撃戦に追い込まれる。銃撃戦の最中、妊婦は子供を産むが直後に銃弾に撃たれてしまい死亡する。スミスは生まれたばかりの赤ちゃんを保護しつつ、赤ちゃんを付け狙う組織に対して戦いを挑むことになる。スミスは、情婦に援助を頼み、彼女も戦いの中に巻き込まれていくことになる。赤ちゃんには出生の秘密があり、それを消すために組織は動いていたのだった。

感想

 最近の映画にしては上映時間の短い、銃撃シーンのスタイリッシュさが目立つ本作が「シューテム・アップ」です。興行的には今ひとつの成果で終わりましたが、作品の内容的には意外と拾い物という感じのする映画でもあります。

 主人公のスミス(これは仮名で本名は明かされない)のクールさが決まっている作品かと思います。多数の敵に囲まれていても動揺一つ表さずに、冷静に対応していく様はかっこいいの一言につきます。何故か人参をしょっちゅうかじっているのも特徴的で、彼のトレードマークの一つになっています。その人参が敵を倒す武器にもなるなんて、結構笑わせてくれますが、こういう表現もありかなと思います。

 物語冒頭から銃撃シーンのオンパレードで物語がアクション一辺倒になると予感させてくれますが、実際そのとおりに進んでいって、赤ちゃんの謎とか一応明かされたりしますが、その辺りのストーリーはどうでもよくて、とにかくアクションを楽しんでくれよ、という感じの展開に爽快感を感じるものがあります。

 また、アクションシーンになるとハードロックがガンガンかかるのも作品の特徴かと思います。かなり血みどろの映画ですので、年齢制限がかかっているのではないかと思いますが、若者向けのハード・ロックを流すことで、この映画が若者向けであることを表していると思います。

 上映時間が短いのも特徴で、物語が凝縮されていると思います。展開が早いので、観ていて快感で、考える暇がありません。とにかくアクションの美に酔いしれるのがいい感じの映画であると思います。

 物語の脇を添えるのが組織のボスであるポール・ジアマッティと、情婦のモニカ・ベルッチですが、この二人がいい味出していて、特にボス役のジアマッティのキレた演技が敵役として彩りを添えているかと思います。組織のボスとして凄みを出す一方、恐妻家のような一面を見せるなど、二面性のある所が面白いと思います。また、ベルッチの情婦役も、赤ちゃんを世話する役として、中盤から欠かせない味わいを出しています。スミスと情婦のラブシーンの最中に銃撃戦があるというのも興奮させてくれる所ではあります。

 映像は独特の色調をしています。基本的に緑に寄っていて、硬い感じのする映像だと思います。スクリーンサイズは2.35:1のはずですが、少しサイズが縦長になっているようで、登場人物の顔などが細長になっているのはプリントミスあるいはテレシネミスではないかと思います。音響はdts-ESを5.1chで再生しましたが、サウンドトラックであるハード・ロック等はメインチャンネルから、銃撃戦のサウンドではリアもかなり振っているという感じでデザインされています。かなり迫力はある音声で、聞いていて爽快感を味わえる所ではあります。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る