Apple TVで観た映画のレビュー/視聴環境

Apple TVで観た映画のレビュー

視聴環境

Apple TVで映画を観る時の視聴環境は下記の通りです。

  • 部屋のサイズ : 約 10.5 畳
    フローリングの1Kのルームである。
  • TV : SONY KJ-55A8G
     Panasonic TH-P50VT5で3D HD映画を楽しんできたが、世間ではストリーミングによる4K UHD配信が主流になりつつあることを受け、2020年2月23日より稼働を開始した4Kテレビ。Android TVなので各種ストリーミングサイトをテレビ単体でも見られるが、これまでの視聴環境から、YAMAHAのAVアンプを介してBDプレイヤー、Apple TV 4K、BDレコーダー、LDプレイヤーを接続して視聴している。
  • AV アンプ : YAMAHA RX-A770
    2018年4月1日より使用開始したAVアンプ。RX-V773で未対応だったDOLBY ATMOSやDTS:Xに対応すべく、リプレースした製品。後述のDOLBYイネーブルドスピーカーと合わせ、5.1.2chシステムを構築。地味に嬉しいのがradikoプレミアムにも対応していることで、これまでMacで楽しむしかなかったエリア外の聴取もできるのは魅力的。RX-V773に比べ、音に瞬発力がある感じ。現在は近隣クレームにより使用していない。
  • メインスピーカー : Bose AM-6III
    センタースピーカー : Bose AM-6III
    サラウンドスピーカー : Bose AM-6III
    サブウーハー : Bose AM-6III
    DOLBYイネーブルドスピーカー : ONKYO SJH-410
    2011年10月28日よりスピーカーをすべて一新してBoseの5.1chスピーカーシステム、AM-6IIIに統一。これはメイン・フロントのBose121の塗装が剥がれてきたことと、サラウンドのAMS-DMCのスピーカー部の端子が壊れていることに対する交換の意味を含んでいる。サブウーハーも含め、10年以上利用してきたので新たなシステムにしたいという意図があったが、やはりBoseスピーカーなので、音質に大きな変化はない。よりコンパクトになった分、ラックのスペースは空いている。サブウーハーがYAMAHAのYST-SW70から変わったことで、重低音の音質感の統一はとれている。2018年4月1日からはDOLBY ATMOS対応のため、DOLBYイネーブルドスピーカー、ONKYOのSKH-410も追加。本来はBOSEの余っているスピーカーをDOLBY ATMOS用に利用しようとしたが、スピーカー故障や、賃貸マンションの壁に取り付ける困難さから、DOLBYイネーブルドスピーカーで対応。現在は近隣クレームにより使用していない。
  • サラウンドヘッドフォン : Victor EXOFIELD THEATER XP-EXT1
    2020年8月28日より使用開始したサラウンドヘッドフォン。AVアンプでの映画鑑賞が近隣のクレームになり、対処方法を探していたところ、頭外定位音場処理技術「EXOFIELD」を使って、ヘッドフォンでDOLBY ATMOSやdts:Xの再生が可能なEXOFIELD THEATER XP-EXT1が発売されたことで、システムに追加をした機材。ヘッドフォンで自分の頭の頭部伝達関数を計測し、最適な音場を構成するというシステム。言ってみればBluetooth出力のついたAVアンプとも言えなくもない。残念ながらDOLBY VISIONパススルーには未対応だが、周囲に気兼ねなくイマーシヴなサラウンドが楽しめるのはアドバンテージである。
  • セットトップボックス : Apple TV 4K(第二世代)
    2021年5月22日より使い出した、第二世代のApple TV 4K。映像は4K/60fpsまで対応し、HDR10、DOLBY VISIONに対応している。また、音響はDOLBY DIGITAL PLUSベースのDOLBY ATMOSに対応し、映画をストリーミングで楽しむ準備のできているセットトップボックスである。2019年に入手した第一世代と比較すると、SoCがA10XからA12に変更され、動作の高速化に寄与している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました