アポロ11[完全版](4K UHD/iTunes Movies)

No Image 原題 APOLLO 11
レーベル UNIVERSAL PICTURES HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2019年
上演時間 93分
監督 トッド・ダグラス・ミラー
出演 ニール・アームストロング、バズ・オルドリン、マイケル・コリンズ
画面 2.20:1/HDR10
音声 DOLBY DIGITAL 5.1ch 英語
字幕 日本語

あらすじ

 1969年の7月、アメリカのNASAは人類史上初の月面着陸計画を推進する。月面に到着するのは、ニール・アームストロング、バズ・オルドリン、マイケル・コリンズの3名だった。人類未踏の地に赴くということで、世界中から注目の的になっていたこのプロジェクトは、MGMによって映画化されるべく、65mmフィルムで撮影されていたが、諸般の事情により映画化は見送られ、65mmフッテージはそのまま倉庫に入れられていた。アポロ11の月面到着50周年を記念して、トッド・ダグラス・ミラーが監督を務め、当時の65mmフィルムとNASAとアポロ11号の通信の様子、月面のスチル写真をもとに、アポロ11の成し遂げた成果をドキュメンタリーとして再構築する。

感想

 アポロ11が月面に着陸してから50周年を記念した2019年、トッド・ダグラス・ミラーが当時のフッテージを再構築し、新たな映像を加えることなくアポロ11の奇跡をドキュメンタリーにまとめた作品が、この「アポロ11[完全版]」です。日本では短縮版と完全版の2バージョンが博物館等で公開され、注目を集めていました。

 この作品がすごいと思うのは、当時、アポロ11のドキュメンタリーを作ろうとMGMが出資して65mmのフィルムで当時の状況を克明に撮影していた、という事実です。もっとすごいのは途中まで撮影していながら、諸般の事情でドキュメンタリーの制作は取りやめになり、65mmフィルムはそのままお蔵入りしてしまった、という点にあると言えます。

 そのお蔵入りしていた65mmフィルムが発掘され、当時のNASAの管制室とアポロ11の交信の様子や、月面でのスチル写真の追加を含めて、当時存在していた材料だけを使ってアポロ11月面着陸50周年を記念して、新たにドキュメンタリーを作り上げたことにこの作品の凄さがわかるところがあります。アポロ11の話は誰もが知っている話だと思いますが、それがリアルな状況で鑑賞できるというのは、2019年当時としては幸運だと思います。

 当時のロケット打ち上げの様子を見守るアメリカの観客の熱気もダイレクトに伝わってくる作風になっていますが、2020年になってもまだ月より先の宇宙に進出していない人類からすると、1969年に月に到着するというのは、やはり偉大な成果だったと言ってもいいかと思います。一部では「アポロ11の月面着陸は嘘で、地上でごまかしていた」などというジョークとも噂とも取れる話も聞きますが、このドキュメンタリーを見れば、アポロ11は月に行ったのだということがよくわかるようになっています。

 ドキュメンタリーではありますが、アポロ11が月面に着陸し、再び地球まで帰ってくるまでの展開はかなり興味深く描かれており、「実話の映画化」という触れ込みでも宣伝できるのではないかと思います。言ってみればドラマティックを描かれているのが特徴で、映画を見るようにハラハラドキドキする展開になっているのが、このドキュメンタリーの特徴ではないかと思います。

 映像は4K/HDR10で収録されています。元の素材に65mmが多く使われていることもあり、解像度は十分に高精細な映像を提供しています。もっともテレビの画面を使ったシーンやスチル写真のシーンもあり、全てが高解像度というわけでもないのですが、65mmのフッテージシーンは素晴らしい色合いと、高精細の映像を見るだけで満足するところがあります。音響はDOLBY DIGITAL 5.1chサラウンドで、かなりイマーシヴなサラウンドを提供しています。交信音や、宇宙船の警告音など、サラウンド感が満載で見ていて飽きることがありません。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「Apple TVで観た映画のレビュー INDEX に戻る