GREEN BOOKN(Blu-ray)

GREEN BOOK Blu-rayジャケット 邦題 グリーンブック
レーベル UNIVERSAL PICTURES HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2018年
上演時間 130分
監督 ピーター・ファレリー
出演 ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ
画面 2.00:1/アナモルフィック
音声 DOLBY ATMOS 英語 / dts 5.1ch フランス語
字幕 英語、スペイン語、フランス語

あらすじ

 1962年のニューヨーク。イタリア系アメリカ人トニー・リップは、クラブでボーイの仕事をしていたが、クラブが改装休業することになり、職を失う。そんなトニーに対して、黒人ピアニストであるドナルド・シャーリーは、8週間に及ぶアメリカ南部のツアーのドライバー兼身の回りの世話をする仕事を要望する。トニーは黒人に対して偏見を持っていたが、職を得るためにドナルドの申し入れに対して受け入れ、8週間に及ぶ南部のツアーに同行することになる。ガサツなトニーと沈着冷静なドナルドは、なかなか馬が合わなかったが、次第に打ち解けていく。そして、トニーは黒人人種差別が色濃く残るアメリカ南部でのドナルドに対する扱いに対して、理不尽な怒りを募らせていくことになる。トニーとドナルドは、黒人向けのガイドブック、「グリーンブック」をもとに南部の都市を渡り歩いていくが、彼らの前には、前途多難な旅が待ち受けていた。

感想

 2018年のアカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、脚本賞の3部門を受賞した、イタリア系アメリカ人と黒人ピアニストのアメリカ南部での旅を描いた、実話の映画化が、この「グリーンブック」です。監督として、「メリーに首ったけ」等でコメディを演出していたピーター・ファレリーが単独で監督し、批評家の評価も高く、興行収入としても成功を収めている作品であります。

 映画は1962年という、まだ黒人差別が当たり前のようにあった時代を舞台にして、イタリア系アメリカ人と黒人ピアニストの交流を描いた作品になっていますが、差別を深刻に描かずに、意外と柔らかな描き方をしていて、物語のトーンがとても見やすいものになっています。主人公であるトニーが、絶えずタバコを吸い、しかもガサツな性格であるがために、愛すべきキャラクターになっているのが、映画の魅力の一つになっているかと思います。

 一方で黒人ピアニストであるドナルドは、いつも沈着冷静で、トニーに対してもそう対応していきますが、そのドナルドが物語が進むにつれ、自身の受ける差別に対して感情を露わにしていく様も、物語の展開上、面白いところだと思います。この二人の凸凹コンビが、ストーリーが進むにつれ、お互いがお互いを必要としていく様を描いているのが、この映画の醍醐味であると言えます。

 物語は、黒人向けツアーガイド「グリーンブック」をもとに南部を旅するトニーとドナルドを描いていますが、その本の存在はあまり強くなく、彼らの待ち受ける事件に対して、どう対処していくかが、この映画のストーリーの進み方を決めているかと思います。黒人差別という重いテーマを主題にしながら、その側面はあまり重い演出になっていないのは、この映画の評価を高めている要素であると言えます。

 映像は2.00:1というシネマスコープサイズとビスタサイズの中間ぐらいのアスペクト比で収録されているのが、ちょっと珍しいと言えます。解像度は十分で、色乗りもカラフルな色彩を施されていて、魅力的です。屋外のシーンは柔らかなトーンで描かれていて、少し暖色系の色彩になっています。音響は劇場ではDOLBY SURROUND 7.1ch収録のようですが、このBlu-rayではDOLBY ATMOSでの収録になっています。ドラマであるので、派手な効果は出していませんが、ドナルドが演奏するシーンなどで、音楽が室内に充満するかのような三次元サラウンドを形成していて、その効果は十分にあると思います。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る