THE WAY OF THE DRAGON(Blu-ray/CRITERION)

BRUCE LEE HIS GREATEST HITS Blu-rayジャケット 邦題 最後のブルース・リー/ドラゴンへの道
レーベル CRITERION COLLECTION
制作年度 1972年
上演時間 99分
監督 ブルース・リー
出演 ブルース・リー、ノラ・ミャオ、チャック・ノリス
画面 2.35:1/アナモルフィック
音声 LPCM 1.0ch 北京語、英語
DOLBY DIGITAL 1.0ch 広東語、英語
字幕 英語

あらすじ

 香港のニュー・テリトリーに住むタン・ロンは、ローマにやってきた。ローマで中国料理店を開いているチェンという女性が、マフィアの嫌がらせにあい、店を手放すよう脅迫を受けていたので、香港にする叔父に助けを求めたところ、タン・ロンがその助けに応じたのである。タン・ロンの田舎者っぽい仕草や服装に、チェンは失望を感じる。そして、それは中華料理店で働く店員も同様だった。しかし、マフィアの嫌がらせが始まり、それをタン・ロンがカンフーで撃退するのを見たチェンや店員たちは態度を豹変させ、タン・ロンを頼もしく思う。タン・ロンはマフィアの嫌がらせに対抗すべく準備をしていたが、マフィアの嫌がらせは段々ひどくなってきた。ついにはチェンの誘拐まで起こってしまい、タン・ロンは店員たちと共にマフィアのいる場所まで行き、対抗する。それでも懲りないマフィアは、アメリカや日本から武術家を呼び寄せ、タン・ロンを抹殺しようと企む。

レビュー

 香港で大ヒットを記録した「ドラゴン危機一発」、「ドラゴン怒りの鉄拳」に続くブルース・リーの主演第3作目が、「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」です。日本では、劇場公開が最後になりましたので、「最後のブルース・リー」というタイトルがついています。Rotten Tomatoesでは批評家評価、観客評価とも86%と高い支持を得ています。ブルース・リー生誕80周年を記念して、アメリカの画質、音質に定評のあるTHE CRITERION COLLECTIONが4KスキャンでHD画質に落とし込んだ究極のボックスセット「BRUCE LEE HIS GREATEST HITS」が2020年の7月に発売されましたので、その中に入っていた「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」の視聴をしています。

 この「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」は、ブルース・リーが製作、監督、脚本、主演と4役を務めた作品になっています。それゆえ、ブルース・リーの哲学が盛り込まれた作品になっていますが、物語は基本明るいカンフー映画として成立をしています。コメディ要素も強い映画で、物語冒頭でローマの空港のレストランで中国語しかわからないタン・ロンがスープばかり頼んでしまい、後でトイレに何回も駆け込むというギャグは、ユーモラスに溢れています。

 そんなタン・ロンですが、親戚のチェンの助けに応じて、香港からローマにやってくるところから物語は始まります。チェンはマフィアの嫌がらせにあい、中華料理店を手放しされようとしている状態で、叔父である人物に助けを求めたところ、それに応じてタン・ロンがやってくるのですが、タン・ロンの田舎者臭さがチェンには気に入らず、最初はつっけんどんに対応してしまいます。

 それは中華料理店の店員たちも同様で、空手を習っている店員たちはタン・ロンを馬鹿にした態度でいるのですが、いざ、タン・ロンがカンフーでマフィアの手下たちを一撃してしまうと、チェンも店員たちも態度を豹変させて、タン・ロンに好意を持つようになるというのが、ユニークです。タン・ロンのカンフーの腕前は、物語が進むにつれて次第に明らかになるのですが、それは相手も強力な武術家を呼び寄せ、タン・ロンを抹殺しようとするからに他なりません。

 マフィア側も、タン・ロンを抹殺すべく、著名な武術家を呼び寄せてタン・ロンを亡きものにしようと企みます。その中でも、チャック・ノリス扮するコルトとのコロシアムでの戦いは、緊迫感のあるものであり、最初はコルトの攻撃をもろに喰らい、ダメージを追うタン・ロンが、次第に自分のリズムを取り戻し、コルトに逆襲していく様は、名シーンであるといえます。その他にも日本人空手使いと店員の対決など、興奮を呼ぶアクションシーンが満載です。

 テレシネ技術には定評のあるTHE CRITERION COLLECTIONの「BRUCE LEE HIS GREATEST HITS」の「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」は、香港映画初のローマロケを行っていますが、残念ながらローマロケのシーンは画質が悪く、またピントが合っていないシーンが散見されます。室内ロケのシーンや、クライマックスのコロシアムでの戦いは、香港で撮影されているために、かなり高画質で、鮮やかな映像を提供しています。音響は北京語のPCM 1.0chモノラル音声ですが、厚みのある音が効果をちゃんと出しているといえます。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る