THE AVENGERS(4K UHD Blu-ray)

THE AVENGERS 4K UHD Blu-rayジャケット 邦題 アベンジャーズ
レーベル BUENA VISTA HOME ENTERTAINMENT
制作年度 2012年
上演時間 143分
監督 ジョス・ウェドン
出演 ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ
画面 1.85:1/HDR10
音声 DOLBY ATMOS 英語 / DOLBY DIGITAL PLUS 7.1ch スペイン語、日本語 / DOLBY DIGITAL 5.1ch フランス語
字幕 英語、スペイン語、フランス語、日本語、韓国語、北京語

あらすじ

 シールドはキャプテン・アメリカを氷の下から救出した時、四次元キューブをも手にしていて、それを使った秘密兵器の研究に関わっていた。そのシールドの秘密研究所にアスガルドのロキが訪れ、クリント・バートンとセルヴィグ博士の二人をマインドコントロールして自分の手先にしてしまう。そして、四次元キューブを自分の手元に置き、姿を消す。ロキは異次元の生命体チタウリと手を結び、地球を自分の支配下に置こうとしていた。シールドのニック・フューリーは、かつて検討していた「アベンジャーズ」計画を動かすことにする。それはスーパーパワーを持ったヒーローたちを一堂に集め、新たなる脅威に対抗しようとするものであった。しかし、スカウトされたキャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルクは考えがてんでばらばらで、纏まる気配はなかった。それでもロキを捕らえることには成功して、シールドの空飛ぶ航空母艦で監視する。その航空母艦にバートンやロキの配下の者たちが攻撃を仕掛け、船は墜落の危機を迎える。それを防ごうとするのがアイアンマンとキャプテン・アメリカだった。バナー博士は事故のショックでハルクに変身し、艦内で暴れまくる。そして、ソーはロキと対峙し、ロキの策略にハマってしまう。ロキの目的がチタウリを地球に呼び寄せることで、そのためにスターク・タワーが必要だと分かった時、スタークはスターク・タワーに出向き、ロキと対峙する。しかし、四次元キューブによる時空の扉は開かれ、ニューヨークはチタウリの軍団で破壊の一途を辿る。それを防ごうと戦ったのがキャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホークアイだった。

感想

 2008年の「アイアンマン」から始まったマーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ1の最後を飾るのが、この「アベンジャーズ」です。これまで単独映画として登場したスーパーヒーロー、「アイアンマン」、「ハルク」、「ソー」、「キャプテン・アメリカ」が一堂に会し、共通の敵に向かって立ち向かうという豪華映画であり、興行収入は製作費を軽く上回り、北米だけで6億ドル以上の興行収入を稼ぎ出している作品であります。また、映画批評家、観客からの評価も非常に高く、見る価値のあるヒーロー映画になっていると言えます。

 この映画の最大の特徴はと言えば、すでに書いていますが単独映画のヒーローたちが一堂に会して力を結集し、共通の敵に向かって戦いを挑むという点にあると言えます。シリーズを経るごとにスーパーヒーローたちは増加の一途を辿り、それだけ規模の大きなストーリーになっていきますが、その萌芽がすでにこの映画に現れています。アイアンマン、ハルク、ソー、キャプテン・アメリカといったヒーローたちが最初は折り合いが悪く敵愾心を持っていたものが、最終的には協力して地球の危機を救うという展開は、スカッとする快感を与えてくれます。

 一方で今回の共通の敵は、「マイティ・ソー」でソーの弟であり、ソーを亡き者にしようとしていたロキであり、ロキが謎の異星人との交渉で地球にチタウリの軍団を送り込むという設定で、最終的にはチタウリによる地球壊滅を図るという展開になっています。ロキが交渉していた謎の異星人のボスは、映画ではカメオ出演だけですがサノスであり、これが「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」、「アベンジャーズ:エンドゲーム」でアベンジャーズ最大の敵として立ち塞がることになります。

 主要登場人物は単独映画での主役や脇役と変わらない配役になっていますが、ブルース・バナー=ハルクだけは「インクレディブル・ハルク」のエドワード・ノートンからマーク・ラファロに変わっています。しかし、その後の活躍を見るにつれ、バナーがマーク・ラファロに変わったのは成功だったのではないかと思います。「アイアンマン2」で初登場したブラック・ウィドウや、「マイティ・ソー」でクレジットなしで一瞬だけ登場するホークアイも今回大活躍する場面を与えられ、スーパーパワーがなくてもアベンジャーズに参戦できることを身をもって示してくれます。

 スーパーヒーローが多数登場することで、そのヒーローの活躍に差があったり、主役的な扱いを受けるヒーローと脇役的扱いを受けるヒーローになるケースの多い映画の中では、この映画とその後のシリーズでは、各スーパーヒーローが対等な扱いで活躍をしてくれるところが、この映画の評価を高めていると言えます。それは、脚本の出来が良くないとできない離れ業であり、複数人登場するこの「アベンジャーズ」では、それが奇跡的にうまくいっていると言えます。

 フェイズ1の最終作ということもあってか、エンドクレジット後のおまけ映像は、アベンジャーズの面々がダイナーでダラダラと食事をしているシーンで終わりを告げます。この辺はなかなかユーモアがあると言えます。また、これまでの単独映画にカメオ出演していた原作者のスタン・リーはこの映画でも一瞬登場していて、世界観が統一されています。

 映像は4K/HDR10で収録されています。これまでの単独映画とは違い、アスペクト比が1.85:1と4Kテレビの画面サイズに近い比率になっていますので、シネマスコープサイズより没入感が高まっているように思います。マスターデータは2Kですが、意外と解像度を感じる映像になっています。HDR10による映像のカラフルさは健在で、クライマックスのチタウリとの戦いでニューヨークが破壊されるシーンなどは、その場にいるかのような臨場感を与えてくれます。音響はDOLBY ATMOSサウンドトラックにリミックスされています。ディズニー4K UHD Blu-rayの常としてボリュームが低いという欠点はありますが、ボリュームを上げて試聴すると、重低音は結構鳴っている感じがします。イマーシヴ・オーディオもそこそこ効果を発揮していて、映像と連動する音の移動感が優れていると感じます。

 この輸入盤4K UHD Blu-rayはアメリカのベストバイで売られていた限定スティールブック仕様のボックスセットの第1作でありますが、メニュー画面から日本語が選択でき、字幕と音声に日本語が入っています。単独で売られているディスクもその仕様のようですので、日本から輸入盤で購入しても、英語に苦労することはないと言えます。

がちゃんの部屋 TOP へ戻る」 「輸入盤DVDで観た映画のレビュー INDEX に戻る